ゲーム業界に転職するのに必要なスキルとは

ゲーム業界に転職するのに必要なスキルとは

ゲーム業界にもさまざまな職種があり、求められるスキルもそれぞれ異なります。他分野からゲーム業界へ転職を希望する場合、自身の持っているスキルがゲーム業界で活かせるかどうかを見極める必要があるでしょう。たとえゲーム業界が全く未経験であっても、所有スキルや実績によっては採用される可能性も十分にあります。

今回は、ゲーム業界の職種の違いや、それぞれの職種に求められるスキル・能力、またゲーム業界未経験者がゲーム業界への転職を目指す場合のポイントについてご紹介していきます。

 

ゲーム業界にも様々な職種が!

一言でゲーム業界といっても、そのなかにはさまざまな職種があるのです。具体的にどんな職種があり、またゲーム開発における担当者としてどんな仕事をこなすのかを見ていきます。

 

■ゲームプロデューサー

ゲームプロデューサーはゲーム開発の取りまとめを行う仕事です。ゲームの企画立案、世界観やシナリオの決定、予算やスケジュールの管理、広告活動など、ゲーム開発における進行と取りまとめを行います。

ゲーム開発におけるまとめ役を担うので、デザイナーやプログラマー、現場責任者のディレクターなど、スタッフとのやり取りも非常に多く、コミュニケーション能力や、チームをまとめるリーダーシップが求められます。

 

■ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは企画・設計されたゲームの仕様書に沿って、ゲームが実際に動くようにプログラミングを行うのが仕事です。使用されるプログラミング言語には、Java、C++、C言語、Swift、Objective-Cなどさまざまなものがあります。

 

基本的にはプログラミング作業が中心になりますが、場合によってはゲームの企画立案の段階で参加し、意見やアイデアを求められることもあります。

 

■ゲームデザイナー(ゲームプランナー)

ゲームデザイナーは新しいゲームの企画や構想、仕様書の作成、修正・改善といった幅広い業務を担当します。「デザイナー」という言葉どおり、プロデューサーやディレクターの指示により、ゲームの世界観や登場キャラクター、アイテムや背景、演出や動き、音楽の挿入など、ゲーム全体をデザインするのが仕事です。広告業務、販売後の売れ行きやユーザー評価の分析なども行います。

 

■クリエイターやデザイナー

ゲーム開発におけるクリエイティブな分野を担当します。キャラクターのデザインならキャラクターデザイナー、CG制作ならばCGデザイナー、BGMや効果音の作成ならばサウンドクリエイターになります。それぞれが、ゲームデザイナーからの指示や仕様書に従って制作を進めていきます。

 

ゲーム業界の職種それぞれに求められるスキルとは

ゲーム業界のそれぞれの職種で、どのようなスキルと能力が求められるかを具体的に見ていきましょう。

 

■ゲームプロデューサーに求められるスキル

ゲームプロデューサーはいわば、ゲームプロジェクトの「総責任者」にあたるため、ゲームの企画、予算組み立て、人員の配置、スケジュール管理、プロモーション・広告など、総合力が問われます。クリエイターとは違い、専門的な知識は必要とされませんが、その分、チームをまとめるコミュニケーション能力や統率力、売れるゲームを作るための客観性や情報収集能力、さらに他企業との交渉能力などが必要とされるのです。

 

■ゲームプログラマーに求められるスキル

ゲームプログラマーに必要なスキルは、なんといってもプログラミング能力です。使用されるプログラミング言語は開発するゲームの種類によって異なります。

 

PS4や任天堂Switchなど家庭用ゲーム(コンシューマーゲーム)ならば、C、C++、 C#などのC系言語、PCブラウザゲームならば、C系言語、Java、PHP、Pythonなど、スマホゲーム(ソーシャルゲーム)ならば、Swift、Objective-C、Java、Kotlin、といった具合に開発されるゲームによって求められる言語スキルが違ってきます。プログラミング能力以外には、演算などの数学力、基礎情報・応用情報の能力が求められることもあるようです。

 

■ゲームデザイナーに求められるスキル

ゲームデザイナーは、ゲーム企画、仕様書の作成、スタッフへの指示など、総合的な判断能力やコミュニケーション能力が求められます。優れたアイデアがあっても、プレゼン能力や会話力がなければそのプロジェクトの魅力を伝えることができません。また、コミュニケーション能力があっても、発想力や企画力がなければ人気ゲームの開発は難しいでしょう。このように、総合的な能力が問われます。

 

プロデューサー同様、専門的なスキルは必要としません。ただし、仕様書作成や販売本数の管理、開発ゲームのプレゼンなどのため、ワードやエクセル、パワーポイントといった基本的なソフトのスキルは必要です。

 

■クリエイター職に求められるスキル

ゲーム開発におけるクリエイター職は、それぞれの職種によって専門的なスキルが異なります。グラフィックデザイナーならばグラフィックデザインに必要なPhotoshopなどのスキルが求められますし、CGデザイナーならばCG作成ソフトの技術が必要です。

 

このようなソフト面での技術以前に、クリエイター職はクリエイターとして「センス」「発想力」「創造力」が問われます。だからこそ、デザインの専門学校や美術系大学を卒業した人ほど採用される傾向が強いようです。技術と才能、または実績があれば、クリエイターとして他分野からゲーム業界に転職することもできます。

 

■ゲーム業界未経験でも転職しやすい職種

ゲーム業界未経験の人がゲーム業界に転職したい場合、採用されやすい職種にはどんなものがあるでしょうか。

 

営業・マーケティング職であれば、ゲーム業界以外の分野でも同じような仕事があるので、自身の経験や実績を活かしてゲーム業界に転職することも可能です。ほかにも、ネット広告、宣伝業務、PDCAサイクルなど、ゲーム業界でも通じる経験が転職に有利に働くことも多いでしょう。

 

プログラマーは他業界でプログラミング実績のある方であれば採用されることも少なくありませんが、プログラミング未経験で採用されるケースはほとんどないでしょう。ただし、デバッガーとしてなら未経験でも幅広く採用されるので、まずはデバッガーとして仕事をこなし、そこからステップアップしていくことも可能です。未経験からゲームデザイナーやゲームディレクターを目指したいという人は、デザイナーアシスタント、ディレクターアシスタントのアルバイトから始めるのもよいでしよう。

 

 

専門的スキル以外に重要なポイントは?

ゲーム業界への就職を目指すにあたって大前提となるのが、「ゲームが好きである」という強い気持ちです。ゲームが好きだからこそゲーム開発に携わりたいし、ゲームが好きだからこそ「もっと面白いゲームを世に出したい」という情熱があるでしょう。ゲーム会社にとっても、ゲームに対する熱量の高い人ほど採用したいと考えます。

 

さらにいえば、ゲーム会社といっても扱うゲームのジャンルはさまざまですから、「なぜそのゲーム会社を選んだのか」ということを明確にする必要もあります。格闘アクションゲームが好きだからこの会社を選んだ、どうしても恋愛シュミレーションゲームを作りたいからこの会社を希望した、というふうに、自身が本当に関わりたいジャンル、情熱を注いで作りたいジャンルが明確になっていれば、それが就職活動や転職の際に強いアピールポイントとなるのです。この点がアピールできないと、採用される確率は下がってしまうでしょう。

 

ヒットタイトルを生み出すためには、ゲームに対する情熱だけでなく、現在進行形の流行やトレンドをキャッチすることも大切です。どれだけ熱量があっても、「ヒットするもの」を企画できなければ会社にとって利益にはなりません。ですから、情熱だけでなく最新のトレンドに対する鋭敏な感覚、情報収集能力も必要になります。

 

まとめ

ゲーム業界未経験者がゲーム業界に転職する場合、営業、マーケティング、宣伝など、他の業界で養った能力を活かすパターンや、アシスタントやデバッガーからステップアップを目指していくパターンなどがあります。ほかにも、キャラクターデザイナーやイラストレーターなどのクリエイター系は、実績や才能によってゲーム業界でも採用される可能性がありますし、プログラマーも確かなスキルがあれば、他業界からゲーム業界のプログラマーに転職することも可能です。

 

ゲーム業界への転職を希望する人は、まずは自分が保持しているスキルと、ゲーム業界との親和性を確かめることが大事です。自分のスキルとマッチする企業があるかどうかを探したいときは、転職支援サービスを利用してみるのもよいでしょう。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ゲーム業界専門のコンサルタントに話を聞きたい方はこちらから^^

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+