ゲーム業界の面接官はここを見る!アピールポイントは「〇〇」に強いこと

  • TOP
  • 転職コラム
  • ゲーム業界の面接官はここを見る!アピールポイントは「〇〇」に強いこと

ゲーム業界の面接官はここを見る!アピールポイントは「〇〇」に強いこと

時代を反映して刻々と移り変わるゲーム業界において、求められる人材像も昔と比べて大きく変わってきているようです。単に「ゲームが好き」というだけでなく、その人物にはどういう強みがあり、どれだけ会社にとって有益に働くかが明晰に判断されます。
それぞれのゲーム会社によって求める人材は違いますが、いまや単純な「ゲームへの熱意」だけでは採用が難しくなっているのも現実です。
今回の記事では、ゲーム会社の面接担当者の実際の声を紹介しつつ、面接時における重要ポイントを説明していきます。

 

数字に強い人材であるか?

ゲーム会社によっては、「熱意よりも数字に強い人材」を求めるケースが多くあります。ある面接担当者はこう語ります。

「ゲーム会社というと、斬新なアイデアで一発当てるとか、新タイトルへの参加とか、そういうイメージを持って面接に来る方も多いです。しかし、経験者でもないかぎり、入社してすぐにそのような重要な任務に就かせるということはありません。いきなり新作の企画を任せるなんてできませんから。新入社員の仕事の中心は、既存のゲームタイトルの管理、収益改善、アクセスアップなど、数値を管理する業務が中心になります。

アプリゲームならば、どうすればダウンロード数を伸ばせるか、サイトのアクセス解析の数値を見てどのように改善していけるかなど、数字に強い人ほど即戦力として採用したいと考えているのです。ゲームが好きというのは当たり前のことなので、そこをアピールされても他の人と差別化できません。ゲームに対する熱意以外の強みがほしいのです。そこで、弊社は即戦力として数字に強い人材を求めていますね。」

ゲーム会社の面接で「数学は得意ですか?」という質問が多いのは、こういう背景があるのでしょう。事前にこの点を理解できていれば、面接での対策も立てやすくなります。つまり、面接時に自身の実績として数値や具体例を出して、“自分はこれだけ数字に強い”ということをアピールすれば、「この人材は即戦力になる」という認識を与えることができるでしょう。特に、新人ではなく経験者として転職を希望する場合は、これまでの自分の実績を数値で示し、過去に収益アップの面でどれだけ貢献してきたかなどをアピールできれば、評価を得られやすいはずです。

 

本当に好きなゲームは何か?

ゲーム会社の面接時で、ほぼ確実に聞かれる質問のひとつに「あなたの好きなゲームは何ですか?」というものがあります。この質問に対し、「RPGが好きです」とか、「シミュレーションが好きです」という具合に、単にジャンルで答えてしまい、具体的なタイトル名を挙げることができないと、「この人は本当にゲームが好きなのだろうか?」という印象を与えてしまいます。具体的なタイトル名を聞かれたときに何も答えられないというのは、致命的なミスといってもいいでしょう。

大手ゲーム会社の面接担当者に聞いたところ、このような言葉が返ってきました。

「その人がこれまでどんなゲームをどれだけプレイしてきたか、なぜそのゲームが魅力的だと思ったか、そういう部分を細かに聞きたいんですよね。別に弊社がリリースしているタイトルじゃなくてもいいんです。自分がプレイしてきたゲームで、どこが優れていると思ったか、なぜそんなにハマったのか。そこの部分を深く語れる人ほど高く評価しています。数日前にネットで収集した付け焼き刃の浅い知識で語っても、すぐにバレますよ。“ああ、この人はたいしてそのゲームをやり尽くしていないんだな”って思っちゃうんですよね。

正統派のゲームでもいいし、美少女ゲームでもなんでもいいんです。特定のタイトルやシリーズに対して、深く、長く、コアに語れる人ほど評価したいです。」

どんなゲームに熱中してきて、そのゲームのどこが素晴らしいと思ったか、この点について面接前にしっかりと語れる準備をしたほうが賢明でしょう。そのゲームシリーズについて語るだけでなく、影響を受けたキャラクターデザイナー、好きなシナリオライターやプランナーなども合わせて語れるならば面接官への印象もさらに良くなります。
ゲーム会社において自分の希望のポジションがどこかということを踏まえ、複数のゲームシリーズや、そのシリーズに関わっている開発陣の名前、またなぜそれらが好きなのかを答えられるようにしておくとよいでしょう。

 

強みは作家性の高さか?それともコミュニケーション能力か?

ゲーム会社の役割として、いわば職人のようにビジュアルやデザイン方面で活躍する人と、開発の取りまとめなどディレクション方面で能力を発揮する人の二通りがあります。この2つは、求められる能力とスキルが全く違うので、自分はどっちに当てはまるのかを見極めることが大切です。

数多くの人気スマホゲームを手掛けるC社の面接担当者に聞きました。

「作家性の強い人は、これが自分の武器です、こんな絵が描けます、とサラっと紹介してくれる人ほど魅力的に感じます。特定の狭いジャンルだけでなく、“こんな方向のキャラも描けます”とか、その人の幅広い強みを見せてもらえると“この人は会社にとって新しい風を起こしてくれそうだな”って思って採用したくなるんですよね。なので、自信がなくても、自分の作品や創作物をどんどんアピールしてほしいです。本人はそれほどではないと思っても、磨けば光ると感じるケースが多いんですよ。

ディレクション側で採用したいと思える人材は、やはりコミュニケーション能力の高さです。ゲーム開発というのは、単独で行うものではなく、必ずチームを組んで行います。つまり、デザイナー、ライター、プログラマーなど、各セクションの人たちとスムーズにコミュニケーションを取らなければなりません。面接時に“チームでの開発経験はありますか?どれくらいの人数で開発しましたか?”という質問をするのは、そういう部分での実績を知りたいからです。あと、チーム開発でその人がどういうポジションで活躍してきたか、という点も重要なポイントになります」

作家性が強く、入社後もビジュアル・デザインのポジションで自身の能力を活かしたいと考えている人は、面接時に自分の能力を視覚的にアピールできるポートフォリオを用意するのは絶対条件といえます。ひとつの世界観に偏ったものではなく、さまざまな方向性や可能性をもったビジュアルを見せることができれば評価も高まるでしょう。
自分の能力を、開発そのものを進行させるディレクション側で活かしたいと考えている人は、チーム開発の実績や、チーム開発における自分の役割や貢献、チーム開発で発生した問題や困難をどう乗り越えてきたかなど、過去の経験を具体的に語られる準備をしておくのがベストです。

 

まとめ

ゲーム会社の面接では、ゲームに対する熱意だけでは大きなアピールポイントにならないのが現実です。熱意だけでなく、それ以外に何が強みなのか、「熱意プラスα」が必須といえます。とりわけ、「この人材は会社の収益アップに貢献してくれるのでは」と思わせられるような、数字的な実績は必ず注目されるポイントです。
作家性の強い人材、ディレクション側の人材、どちらであっても、自分が担当したゲームはどれくらいの売り上げを記録したのか、収益アップにどれだけ貢献したかという数字的なアピールは極めて重要です。
漠然とした熱意や具体性のないアピールではなく、視覚的にも実績的にも「この人材ならばわが社で活躍してくれる」と思ってもらえるような材料をしっかりと用意して面接に臨みましょう。