市場価値の高いエンジニアになるために身につけた方が良いスキルとは?

  • TOP
  • 転職コラム
  • 市場価値の高いエンジニアになるために身につけた方が良いスキルとは?

市場価値の高いエンジニアになるために身につけた方が良いスキルとは?

「エンジニアとして活躍したい」「エンジニアとして能力を発揮できる会社に転職したい」と考えている人は少なくありませんが、エンジニアとして本当に必要なスキルは何なのかということを知らなければ、活躍の場は狭まり、転職もなかなかうまくいきません。

エンジニアに求められるスキルとは何なのか、何が原因で転職に失敗してしまうのか、エンジニアにはどんなキャリアパスがあるのかについて詳しく解説していきます。

 

そもそもエンジニアってどんなことが求められているの?

エンジニアにもさまざまな種類があり、仕事の内容は多岐にわたります。代表的なエンジニアの種類には、以下のようなものがあります。

 

■エンジニアの種類と仕事

 

・システムエンジニア

企業などで使用されるコンピューターのシステム開発・設計に携わるエンジニアです。

 

・プログラマー

システムエンジニアが作った設計図を元にプログラミング作業を行います。

 

・WEBエンジニア

WEBサイト、ECサイト、WEBアプリなど、WEBを利用してシステム開発を行います。

 

・インフラエンジニア

サーバーやネットワークなどの基盤(インフラ)の開発を専門とするエンジニアです。

 

・ネットワークエンジニア

ITにおけるネットワークシステムの開発に特化したエンジニアです。

 

・ゲームエンジニア

コンシューマーゲーム、ソーシャルゲーム、スマホゲームなど、ゲーム開発を専門とするエンジニアです。

 

・その他の分野

ほかにもサーバーエンジニア、セールスエンジニア、データベースエンジニア、フロントエンドエンジニアなど、さまざまなエンジニアの形があり、それだけ携わる業務も異なります。

 

■エンジニアに求められるスキル

エンジニアに求められるスキルは、単に専門的な技術のみではありません。より総合的な能力が幅広く求められるのもエンジニアの特徴です。

 

・プログラミングスキル

エンジニアの仕事をする上でプログラミング能力は必須です。エンジニアの種類によって扱うプログラミング言語は異なりますが、エンジニアである以上、常に新たに開発・更新され続けるプログラミング言語を積極的に身につける必要があります。

 

・コミュニケーション能力

どのようなエンジニアであっても、一人でずっとパソコンと向き合って仕事をするということはほとんどありません。開発は「チーム」によって行われるものなので、チームスタッフとのコミュニケーションは必ず生じます。開発をよりスムーズに、円滑に進めるためにも、コミュニケーション能力は必要です。

エンジニアの種類によっては、クライアントとの打ち合わせ、プレゼンテーションなどが発生するため、より高いコミュニケーション能力が求められることもあります。

 

・マネジメント能力

開発チームのリーダー(責任者)ともなると、チーム全体をまとめるための統率力やマネジメント能力が問われます。チームにおける進捗状況の把握、人員の配置(マッチング)など、エンジニアでもマネジメント能力が求められるケースは少なくありません。

 

・文章作成能力

開発における設計書の説明、クライアントへの説明、プレゼンテーション資料の作成、メールでの細かな意思疎通など、文章によって伝えなければならないシーンも数多く出てきます。チーム内でのやり取りや、クライアントの要望・意図をできるだけ正確に伝えるためにも、高い文章能力と表現力が必要とされます。

 

エンジニア面接の具体的な落選理由例

エンジニアになりたいのに、いつも面接試験で落ちてばかり…一体何が原因になっているのでしょうか?

・スキルがマッチしていない

企業がその人材を不採用とする大きな理由のひとつとして、「希望しているスキルを持っていなかった」という点が挙げられます。企業側は、「~のスキルを持った人を採用したい」という理由で募集していることが多いので、いくら本人に意欲があり、性格の面で優秀だとしても、企業が求めるスキルと本人のスキルがマッチしなければ、採用される可能性は低くなります。

そのため、その企業が求めるスキルを自身が保持しているかどうかが重要なポイントになります。需要の高いスキルを持っている人材ほど市場価値の高いエンジニアと見なされるので、“自分はどのスキルを身につけるべきか”ということは慎重に判断する必要があるでしょう。

 

・企業が期待するポジションを任せられそうにない

「このポジションを任せたい」と募集をかけている企業であれば、当然そのポジションに適合する人材でなければ採用されません。単に技術面のみならず、例えばチームをまとめることに秀でた人材、プレゼンテーション能力が優れた人材など、企業によって人材ごとに任せたいポジションは異なります。

その企業がどういう人材を求めているか、どういうポジションを任せようとしているか、その点を求人情報から読み取って、自分の能力と合致しているかどうかを判断する必要があります。

 

・キャリアアップやスキルアップの気持ちが足りない

単に「やる気は負けません」「一生懸命頑張ります」といったことは誰でも言うことができます。しかし、面接のときに「これからどんなスキルを学びたいですか?」「新しい勉強はしていますか?」と聞かれると、意外に答えられない人が多いです。ここで明確に答えられないと、「口だけで本当は成長したいという気持ちはないんだな」という印象を与えてしまいます。

企業側は現状維持の人材よりも、常にスキルアップの意欲を持ち、エンジニアとして成長が見込める人材を採用したいと考えています。面接官から問われたときに、例えば「もっと幅広いWEB開発が可能となるよう、RubyやPythonなどの新しいプログラミング言語を勉強しています」といった具合に、より詳しく明確に答えられるなら、「この人は成長が見込めるな」と思ってもらえるでしょう。

 

 

目指すキャリアによって違う!理想のキャリアに近づくために身に着けた方が良いスキル

 

エンジニアの種類が多くなるにつれて、エンジニアのキャリアパスも多様化しています。近年はどのようなキャリアパスが台頭してきているか、またそこに行きつくまでにはどういったスキルが必要かを解説します。

 

・プロジェクトマネージャー(プロジェクトリーダー)

従来のエンジニアのキャリアパスとしても有名な職種です。開発プロジェクトの管理者、責任者に当たります。プロジェクトの企画・開発、進行、管理、人員配置、社内における他部署とのコミュニケーション、クライアントとの交渉など、プロジェクト全体を統括する立場です。

総合的なマネジメント能力、チームをまとめる統率力(リーダーシップ)、開発を円滑に進めるためのコミュニケーション能力、交渉力が求められます。

 

・ITスペシャリスト

特定のIT分野を極めた専門家を指します。システム管理、WEB、サーバー、ネットワーク、データベースなど、それぞれの分野のプログラミング言語や専門知識を非常に高いレベルで習得している人材です。

特定分野に特化した専門家という位置づけなので、その分野の専門知識、技術力、トラブル処理能力、問題解決能力が求められます。「この分野を徹底的に極めてスペシャリストになりたい」という人ほど向いています。

 

・ITコンサルタント

クライアントの要望により経営戦略を立てる、あるいは経営課題の解決を提案する仕事です。クライアントからヒアリングを行い、経営状況や業務モデルを詳しく把握した上で、ITエンジニアとして培ったシステム開発能力やマネジメント能力を活かして的確なコンサルティングを行います。

クライアントの経営課題全般を解決することが求められるため、開発・技術力だけでなく、ITや経済における最新の情報分析能力、情報収集能力、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力、リーダーシップなどが必要になります。

 

・独立・起業

近年はエンジニアとして独立したい、起業したいという人も増えています。独立・起業といっても方向性はさまざまで、上場を目指してベンチャー企業を立ち上げようとする人もいれば、会社の組織に縛られずにフリーランスで伸び伸び仕事をしたいという人もいます。最近はエンジニアの需要が非常に大きく、案件に困ることも少ないという理由からフリーランス(個人事業主)に転身する人がかなり多いようです。

起業する場合は、資金力、営業力、経営力、マーケティング能力のほか、社員をまとめるリーダーシップ、マネジメント能力など幅広いスキルが必要になります。フリーランスの場合は、いわば「エンジニアとして腕一本で食べていく」という立場ですが、それでもやはり技術力のみならずある程度の営業力や経営力は必要になります。

 

まとめ

IT技術の発達によってエンジニアの需要は大きくなり、その分エンジニアの業界では転職もしやすい状況になっています。しかし、市場価値の高いエンジニアとして見なされなければ、転職活動時も独立時もなかなか上手くいかない可能性は少なくありません。
最新のIT業界の動向を鋭敏に察知し、「これから先、どんなスキルを磨いていけばよいか」ということを慎重に考え、判断し、常に“価値あるエンジニア”としてみられるように日々スキルアップを行いましょう。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

エンジニア専門のコンサルタントに話を聞きたい方はこちらから^^

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+