Unityエンジニアとは?特徴から仕事内容、年収まで徹底解説!

  • TOP
  • 転職コラム
  • Unityエンジニアとは?特徴から仕事内容、年収まで徹底解説!

Unityエンジニアとは?特徴から仕事内容、年収まで徹底解説!

スマホの普及により、ゲームはより身近な存在となりました。それに呼応する形でゲーム開発に携わる仕事がしたいと考えるエンジニアも多くなっており、そのためのスキルを身につけることにトライしている方も多いかもしれません。

ここでは、最近のゲーム開発において欠かすことのできないプラットフォーム「Unity(ユニティ)」を使用するエンジニアの仕事内容や年収などについて解説します。

 

そもそもUnityってどんなもの?

 

Unityとはゲームを開発するうえで欠かせないゲームエンジンで、3Dはもちろん、2Dゲームにも対応しています。

最近のゲームの特徴として「ハードが多岐にわたる」という点が挙げられ、例えば同じゲームをパソコンやスマホ、プレイステーションなどの複数のハードでプレイできることは珍しくありません。このようなことが可能となっているのは、Unityで開発したゲームが複数のハードに対応しているためで、この点はUnityの大きな特徴といえます。

ゲーム開発は難易度が高いため、駆け出しのエンジニアがいきなりゲーム開発の領域で働くのは難しいのでは、と考える方も少なくないでしょう。確かにかつてのゲーム業界では、十分な技量・知識を兼ね備えた優秀なエンジニアでなければ、ゲーム開発の第一線で活躍することは困難でした。しかし、Unityが広く使用されるようになった現在、「C#(シーシャープ)」といった有名言語を使用したゲーム開発が可能となっており、経験の少ないエンジニアでもゲーム開発に携わりやすくなっているのです。

このような特徴から、現在のゲーム業界においてUnityは幅広く活用されており、特にスマホ向けゲーム開発を行っている企業では、もはや必要不可欠な存在となっています。また、最近ではVRを利用するゲームの開発もUnityを使用して行われることが少なくありません。

 

さらに、ゲームエンジンとして開発されたUnityは、今やゲーム以外の業界でも活用されています。例えば医療現場における手術前のシミュレーションでは、Unityを活用したVRが応用されることもあり、開発者のアイデア次第で、多種多様な応用が可能なツールともいえるでしょう。

繰り返しになりますが、Unityは現在のゲーム業界で幅広く活用されているゲームエンジンであるとともに、他分野への応用範囲も期待できるうえ、経験の浅いエンジニアでも使いこなすことが可能という魅力を持つプラットフォームです。そのため、これからゲーム開発を目指すエンジニアや、エンジニアになったばかりの人にとって参入しやすいといえるでしょう。

 

気になるUnityエンジニアの仕事内容

 

ゲーム業界におけるUnityエンジニアの主な仕事内容としては、以下のようなものがあります。

 

・オーソドックスなゲーム開発

Unityエンジニアであっても、ゲーム業界における主な仕事はオーソドックスなゲーム開発作業となります。この仕事ではシナリオやサウンドなどの各項目に合わせたプログラミングを行うことが主な作業となり、一般的なゲームエンジニアの仕事と大きな違いはありません。

 

・データ収集・解析

ゲーム開発では収集したデータを解析し、その結果をもとにゲーム開発の方向性を明確にしていくことも大切です。Unityエンジニアの仕事には、このようなデータ収集・解析作業が含まれることもあります。

 

・行動ロジックの調整

キャラクターやゲーム内で使用するAIの行動ロジックを調整する作業も、Unityエンジニアが担います。この仕事はAI技術が進歩し、ゲームにAIを組み込むことが当たり前になると、より重要度が増すことが予想されます。

 

・開発したゲームのテスト・修正・保守

試作段階のゲームをテストし、問題点が見つかった場合、その修正を行うのもUnityエンジニアの仕事です。また、ゲームをリリースした後のメンテナンスなどの定期的な保守業務もUnityエンジニアが行います。

 

 

 

リアルなUnityエンジニアの年収

 

エンジニアの仕事は年収の幅が広いという特徴があり、満足な収入を得られていないことを理由に転職を志す方も少なくありません。そうした背景から、Unityエンジニア志望の方のなかには、どれくらいの年収が期待できるのかを知りたいという方も多いでしょう。

一般的なエンジニアと同様に、Unityエンジニアに関しても、実務経験が豊富で、スキルが高いほど年収が多いという傾向があります。Unityエンジニアの平均年収は500万円程度といわれていますが、未経験者の場合、スタート時の年収は300万円台ということもあります。

ただし、Unityエンジニアの年収は、実務経験を積んでいけば700万円台に達することも珍しくありません。したがって、目標をもって働き続けることができるという点はUnityエンジニアの魅力といえるでしょう。

また、企業勤務のUnityエンジニアが活躍する一方、最近ではフリーランスで働く方も少なくありません。フリーランスの年収は「実務経験なし~実務経験1年程度」の場合は300万~400万円程度、「実務経験3年程度」で600万~700万円程度とされています。

フリーランスには、自分のペースで働きながら経験を積めるというメリットがあるため、収入だけではなく、仕事と私生活のバランスを重視したい方にはおすすめです。

 

Unityエンジニアを目指す人はどんな人?

 

Unityエンジニアを目指す人には、以下のような傾向があります。

 

・「こんなゲームを作りたい」というゴールが明確な人

Unityエンジニアの仕事は、アイデアを出しながらゲームを一から開発していくため、「こんなゲームを作りたい」というゴールが明確な人は、一般的なエンジニアではなくUnityエンジニアを目指すことが多いようです。

 

・VRなど最先端技術を活かしたゲーム開発のノウハウを身につけたい人

Unityエンジニアの仕事では、VRをはじめ、最先端技術を活かしたゲームの開発に携わることもできます。したがって、このような最先端のゲーム開発ノウハウを身につけたいという方もUnityエンジニアを目指す傾向があるようです。

また、Unityを使用したVR技術は、上述したとおり、医療業界などでも活用されているため、VR技術の応用ノウハウを身につけたいという方がUnityエンジニアとして活躍するケースもあります。

 

・将来性のあるエンジニア職に就きたいという人

エンジニア職は収入に幅があるという特徴があり、業界によっては、同じエンジニア職であっても将来性に少なからず不安が残るところも。一方、ゲーム業界には安定した需要があることから、Unityエンジニアの仕事も安定しており、将来性のあるエンジニア職に就きたいという人がUnityエンジニアを目指すことも珍しくないようです。

 

・ゲームに特化したプログラミング経験を一から積み上げていきたいという人

Unityエンジニアは未経験からでも始めることができ、ゲームに特化したプログラミング経験を一から積み上げていきたいという人が目指すこともあります。
ちなみに、Unity未経験の方がUnityエンジニアを目指す場合は、Unityの操作スキル以外にC#やJavaScriptなどの言語を習得しておくのがおすすめです。

 

まとめ

 

Unity自体は直感的な操作が可能なので、プログラミング未経験からでも始められますが、自分が本当にUnityエンジニアとしてやっていけるのか不安という方も多いはずです。当社の転職支援サービスは、今後Unityエンジニアとして転職することを考えており、自分に可能性があるかを知りたいといった方のご相談も受け付けていますので、ぜひお気軽にご相談ください。