UI・UX・WEBデザイナー、それぞれの違いは?必要なスキルと共に解説

  • TOP
  • 転職コラム
  • UI・UX・WEBデザイナー、それぞれの違いは?必要なスキルと共に解説

UI・UX・WEBデザイナー、それぞれの違いは?必要なスキルと共に解説

パソコンやスマホで表示・使用されるWEBサイトやアプリのデザインは多様化が進んでおり、「見やすいこと」と「使いやすいこと」という2点を重視して設計する必要があります。

WEBデザイナー、UIデザイナー、UXデザイナーといった職種は、この2点を担う重要な存在です。ここでは、これら3職種の詳細な仕事内容や求められるスキル、市場価値を高めるためのポイントについて見ていきましょう。

 

WEBデザイナーとは?

 

WEBデザイナーはWEBサイトをデザインするのが仕事です。WEBサイトを制作する際には、ユーザーの目を惹くデザインが重要となるため、ユーザー目線に立って、見やすく使いやすいWEBサイトのデザインを考える必要があります。

 

WEBデザイナーの仕事は、最初にクライアントにヒアリングを実施し、それに応じた構成やレイアウトを決めていきます。クライアントが設定するターゲットに合ったデザインが求められるため、案件によって要求が変化するという点がWEBデザイナーの仕事の大きな特徴といえます。

 

WEBデザイナーが行うデザインの作業では「Illustrator」や「Photoshop」などのソフトを使用するのが一般的です。また、WEBサイトの企画、構成、おおまかなデザインから詳細なデザインまでを広く任されることがあります。これらのほか、プログラミング言語を使用して設計通りのWEBサイトを制作していく「コーディング」という作業もWEBデザイナーの仕事に含まれることがあるようです。

 

求人情報サイトなどで出されているWEBデザイナーの求人では、「ランディングページの制作」や「ECサイトの制作」などといった、より具体的な仕事内容が記載されています。したがって、WEBデザイナーの仕事内容についてより詳しく知りたいという方は、できるだけ多くの求人情報をチェックし、その内容を比較してみましょう。

 

UIデザイナーとは?

 

UIデザイナーの仕事内容について理解するために、まずは「UI」という言葉の意味をご説明しましょう。

 

UIとは「User Interface」の略称で、「パソコンやスマホなどの機器とそのユーザーの接点」という意味があります。この「接点」に該当するものは多岐にわたりますが、例えばWEBサイトやアプリに表示されるボタンや画像などは代表的なUIです。

 

このことから、UIとは「WEBサイトやアプリの外観にかかわるすべての情報」と定義することができます。そして、このUIをデザインする人のことを「UIデザイナー」と呼び、この職種も、現在では多方面で欠かせない存在となっています。

 

UIデザイナーの仕事も、最初はクライアントへのヒアリングから。ヒアリングを踏まえ、UIデザインを決定し、実際にWEBサイトなどを構築していくという流れが基本です。これらの仕事のなかにはWEBデザイナーと重複するものもありますが、UIデザイナーの仕事はあくまでもUIの精度を高めることが目的です。そのため、構成なども含めたWEBサイト全体という視点で、使いやすさを高めていくことを追求します。

 

UIデザイナーの求人には、一からWEBサイトやアプリを立ち上げるプロジェクトにかかわるものも少なくありません。その一方で、すでに運用されているWEBサイトやアプリのUI向上を目的としたものが散見されるのもUIデザイナーの求人の特徴といえます。

 

UXデザイナーとは?

 

UXデザイナーの仕事内容を理解する上でも、先に「UX」という言葉を解説しましょう。

 

UXとは「User Experience」の略称で、こちらには「WEBサイトやアプリを使用することでユーザーにもたらされる経験」という意味があります。UXデザイナーとは、ユーザーの経験をデザインする職種のことで、そのなかにはUIデザイナーが担う仕事も含まれます。

 

WEBサイトやアプリを使用することで、ユーザーにもたらされる経験にはさまざまなものがあります。例えばECサイトを利用した場合、そこで商品を購入したという経験がUXとなります。また、同様に天気予報アプリを使用したのであれば、明日の天気予報を知ることがUXです。

 

UXデザイナーの仕事では、このようなユーザーにもたらされるUXから逆算してWEBサイトやアプリのデザインを行います。その過程ではクライアントへのヒアリングだけではなく、想定ユーザーを対象としたアンケートやサイト解析、テストなどの多種多様な作業を行わなければなりません。

 

UXデザイナーの仕事には上述したUIデザイナーの仕事も含まれており、実際の求人ではUI/UXデザイナーとして募集されていることも多くあります。UXデザイナーの場合、UIデザイナーに比べて「プラスα」の能力があると言えるため、企業からより歓迎されるでしょう。

 

それぞれに必要なスキル

 

上述した3つの職種に就くためには、以下のスキルを身につけるのが有効です。

 

・WEBデザイナー

WEBデザイナーはこれら3つの職種の中では最も基礎的な位置づけの職種です。クライアントの希望に沿ったWEBデザインをするために必要なスキルは、HTML・CSSといったマークアップ言語、JavaScriptなどWEBサイトで使われるプログラミング言語が挙げられます。また、デザイン案や画像などを作るのに使う「Illustrator」「Photoshop」といったソフトを使いこなすスキルも必須です。

 

 

・UIデザイナー

UIデザイナーの仕事でもWEBデザイナーと同様のスキルが求められるため、マークアップ言語やプログラミング言語や「Illustrator」「Photoshop」といったソフトを使いこなすスキルは身についている必要があります。それに加え、UIデザイナーの仕事では、ユーザーが使いやすいWEBサイトの色使いや全体のバランス、WEB構成などをデバイスごとに考慮してデザインする設計力が必要です。

 

・UXデザイナー

UXデザイナーの仕事でも、UIデザイナーと同様にプログラミング言語や「Illustrator」「Photoshop」といったソフトを使いこなすスキル、WEBサイトの設計力が必要不可欠です。また、この仕事ではユーザーの経験から逆算して必要なものをリストアップし、それらをひとつずつ形にしていかなければなりません。そのためにはマーケティングやブランディングに関連するスキルも必要です。

 

兼任することもある!マルチなスキルを身につけよう

 

WEBデザイナーやUIデザイナー、UXデザイナーは別々の職種として求人が出されていることも多く、求人サイトを利用する際にはそれぞれの名称で検索すると見つけることができます。しかし、求人によってはこれらの職種をまとめて募集しているケースもあるため注意が必要です。

 

例えばUIデザイナーとUXデザイナーの両方を募集している企業では、「UIUXデザイン」といった表現を使用しているケースもあります。これは2つの職種の仕事内容に重複する部分があるためで、このような求人はWEBデザイナーを対象としたものも含めている場合があります。

 

WEBデザイナー、UIデザイナー、UXデザイナーの3つを、1人が兼任するケースも少なくありません。したがって、現在WEBデザイナーとして働いている方が、キャリアアップしてUIデザイナーやUXデザイナーを目指すということも可能です。

 

また、これら各々の職種では求められるスキルも異なることから、これらの職種を兼任できる人にはマルチなスキルが備わっているといえます。マルチなスキルが備わっている人材は市場価値も高く、転職もしやすくなるでしょう。マルチなスキルを身につけるためには、日ごろから仕事に関する新しい知識に対して積極的な姿勢をとることも大切です。

 

まとめ

 

WEBサイトやアプリのデザインはユーザーに与える印象を大きく左右します。そのため、WEBデザイナーやUIデザイナー、UXデザイナーといった職種では、WEB制作やゲーム制作、システム開発などの現場で必要とされています。

この仕事に就くためには、それぞれに求められることをよく理解し、それぞれの職種で求められるスキルを身につける必要があります。これらの職種への転職を検討されている方は、まずは3つの職種の違いをよく理解し、すでに自身が身につけているスキルがどの職種で活用できるのかをよく考えてみることが大切です。