ゲーム業界転職志望者必見!求人傾向を徹底解説

ゲーム業界転職志望者必見!求人傾向を徹底解説

ゲーム業界への転職では、開発に携わるゲームの種類や、その会社の業界におけるポジションによって求められるスキルが異なるということを知っておかなければなりません。ここではそんなゲーム業界への転職を希望される方向けに、ゲームの種類や会社のポジションごとに求められるスキルや年収の違いなどをご紹介します。

 

ゲーム業界と一口にいっても、種類は様々!

一口にゲーム業界といっても、その種類はゲームのタイプから主に以下の4つのタイプに分類することができます。

 

・コンシューマーゲーム

コンシューマーゲームとは家庭向けゲームのことを指します。ゲーム業界の発展を支え、王道中の王道ともいえるこのタイプのゲームには依然として高い需要があり、その制作に携わる会社の中には、ゲーム業界全体において「大手」と呼ばれているところも少なくありません。

 

・オンラインゲーム

インターネットの普及によって人気を得たのがオンラインゲームです。従来のコンシューマーゲームに比べてやり込み要素が高く、別の場所にいる他のプレイヤーと協力できるという点は最大の特徴であり、魅力でもあります。

 

・アプリ

スマートフォンの普及によって、アプリタイプのゲームへの需要も急速に高まりました。このタイプのゲームは課金をすることが攻略のカギを握るというケースが多く、コンシューマーゲームやオンラインゲームより気軽に始められる点でも人気を得ています。

 

・遊技機

ゲームセンターに設置されている筐体やパチンコなどの遊技機もゲームの一種として数えられます。設置するお店の減少などから需要は減りつつありますが、今後も一定の需要は維持し続けることが予想されるタイプといえるでしょう。

 

ゲーム業界に転職するためには、これらのうちのどのゲームの制作に携わりたいのかを明確にする必要があります。また、これらのゲームそのものの種類とは別に、ゲーム業界の仕事は以下の2種類に分類することもできます。

 

・上流

上流と呼ばれる会社ではゲーム開発のプランニングや基本的なデザインなどを決めます。一般的に知名度の高いゲームメーカーのほとんどはこの上流に分類することができます。

 

・下請け

ゲーム開発はすべての業務を上流の会社が行うのではなく、特に細かな業務に関しては下請けの会社へ委託することが多くあります。そのため、ゲーム業界では有名ゲームメーカーでなければ開発に携わることができないということはありません。実際にゲームを作り上げる仕事を希望するのであれば、こちらのほうが向いていると言えます。

 

以上のことから、ゲーム業界への転職を希望される方は、上流・下請けのどちらの会社で働きたいのかも決めておくと転職先の候補を絞りやすくなるでしょう。

 

ゲーム業界でも企業のポジションによってミッションは大きく異なる?

・ゲームの種類によって収益モデルは異なる

ゲーム業界で求められるスキルは、その企業が制作するゲームの種類とその収益モデルによって変化します。

 

例えばコンシューマーゲームでは、ゲームそのものを販売することで得たお金が主な収益となります。また、それとは別にゲームに登場するキャラクター関連のグッズなどの収益を得やすいこともあり、このような収益モデルに対応できるスキルを持った人材が、コンシューマーゲームの開発を主な業務とする企業には求められるようです。

 

一方、スマートフォン向けのアプリタイプのゲームでは、ゲームそのもののダウンロードは無料であることがほとんどのため、ゲーム内での課金が主な収益になります。よって、そうした収益モデルや、収益モデルに見合ったゲーム難易度のバランス調整などを考え、作り上げられるスキルを持った人材がアプリ開発企業では重宝されるでしょう。

 

このようにゲーム業界で必要とされるスキルは、企業ごとの収益モデルからある程度判断することができます。

 

・上流と下請けでも収益モデルには違いがある

収益モデルという観点で必要なスキルについて考えると、企業が上流と下請けのどちらに属するのかでも違いが生じるといえるでしょう。

 

例えば上流に属する企業の場合、主な収益はゲームそのものの販売や課金によって得たお金となりますが、下請け企業の場合は、上流企業から発注される業務を請け負うことで支払われる報酬が主な収益となります。このように、収益を得るための方法は同じゲーム業界に属する企業であっても上流か下請けかで大きく異なり、それぞれに合ったスキルを持った人材が必要とされるのです。

 

・各企業に求められることの違い

例えばゲームの基礎となるプランニングやキャラクターデザインなどを行う上流企業では、全体を総括する業務が発生するのに対し、下請けの企業では上流企業からの依頼を高い精度で再現することが求められます。また、さらに業務内容を詳しく見ていくと、制作するゲームの種類によっても求められるスキルは変わるといえるでしょう。

 

以上のことから、ゲーム業界における転職で求められるスキルは、その企業が制作するゲームの種類と業界におけるポジション(上流か、下請けか)から判断することができます。

 

 

どのタイプの企業にどのポジションの求人が多いのか、傾向を抑えよう!

・上流・下請け企業で需要のある職種

ゲーム業界に属する企業の中でも上流企業では、主にゲームの基礎となるアイデアの創出や基本的な設計、キャラクターやゲーム画面などのデザイン、全体の総括といった業務を行います。このことから、「プランナー」「デザイナー」「プロデューサー」「ディレクター」といった職種に就くためのスキルを持ち合わせた人材は需要が高いようです。

 

一方、下請け企業ではゲームを正常に稼働させるためのプログラミングなどの業務を行うことから、「プログラマー」の需要は高くなっています。また、ごく初歩的なプログラミング業務も行っている下請け企業では、未経験のプログラマー志望者の採用も行うケースがある点は魅力といえるでしょう。

 

・アプリやオンラインゲーム業界での需要が高い「QAエンジニア」

スマートフォン向けのアプリタイプのゲームやオンラインゲームでは、障害が発生することで大きな損失が出てしまうこともあります。このことから、これらのゲームの制作に携わる上流企業では、「QAエンジニア」の求人を行っていることも少なくありません。

 

このQAエンジニアとは障害発生時の対応や開発段階でのテストなどの業務を担当することが多く、アプリタイプのゲームやオンラインゲームの普及に伴って需要が高くなった職種でもあります。

 

・高いスキルを持つ人ほど年収も多くなる

ゲーム業界での転職を希望される方の多くは、転職後の年収も気にされていることでしょう。ゲーム業界に限った話ではありませんが、高いスキルを持った人ほど年収は高くなる傾向があり、より多くの収入を得るためには転職後にスキルアップを図ることも重要です。

 

また、上述したとおりゲーム業界においては企業が開発するゲームの種類や業界におけるポジションによって求められるスキルも変化するため、同程度のスキルを持った人材であっても、転職先が違うだけで年収に大きな差が生じることは十分にありえます。

 

以上のことから、ゲーム業界の転職では高いスキルを持つ人のほうがより多くの収入を得られるといえますが、より多くの収入を得るためには自分のスキルを活かせる企業を探すことが大事である、といい換えることもできるでしょう。

 

まとめ

ゲーム業界への転職を検討されている方は、まずは自分のスキルでどのような仕事ができるのかを明確にしたうえで、そのスキルを評価してくれる企業を探してみるとよいでしょう。また、転職先企業を探す際には、自分のスキルを評価してくれる企業の特徴やゲームの種類をよく理解しておくことも大切です。

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ゲーム業界専門のコンサルタントに話を聞きたい方はこちらから^^

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+