ゲームプランナーの仕事とは?必要なスキルや資格について

ゲームプランナーの仕事とは?必要なスキルや資格について

ゲームプランナーとは、その名のとおりゲームを企画する職種です。国内のゲーム市場は近年、右肩上がりで成長を続けており、特に2020年は、ムが脚光を浴びるようになりました。そんななか、ゲームプランナーの需要も拡大しており、転職マーケットにおいても注目の職種になっています。

今回は、ゲームプランナーの仕事内容や役割、ゲームプランナーになる方法や必要なスキル、気になる年収などについて解説していきます。

ゲームプランナーの仕事内容とは?

ゲームプランナーのミッションはゲームを企画することですが、役割はそれだけにとどまりません。企画したゲームが完成するまで、またゲームがリリースされた後も様々な役割を果たしていきます。具体的な仕事内容としては、以下のようなものが挙げられます。

 

ゲームの企画立案

ゲームはチームで制作していきますが、一般的にプロジェクトの総監督に当たるのがゲームプロデューサーであり、制作の現場監督に当たるのがゲームディレクターです。ゲームプランナーは、プロデューサーやディレクターの指揮のもとでゲームの企画を立案します。

 

ゲームのジャンルやユーザー層、プラットフォームなどの決定事項をもとに、どのようなゲームを作るのかを企画し、ゲームの世界観やストーリー、登場するキャラクターのイメージやイベント内容などを盛り込んだ企画書を作成します。企画書によってゲームのおもしろさが決まると言っても過言ではなく、ゲーム制作における最重要工程だと言えます。

 

ゲームの仕様書作成

企画が通ったら、次はゲームの仕様書を作成します。仕様書とは、ゲームのシナリオやルール、ゲーム中のマップやエリアのデザイン、キャラクターやアイテム、サウンドなどをまとめたもの。グラフィックデザイナーやプログラマーは、ゲームプランナーが作成する仕様書をもとに開発・制作を進めていくため、仕様書の精度は非常に重要です。

 

ゲーム開発・制作のサポート

仕様書を作成したら、ゲームの開発・制作工程に入ります。上述のとおり、実際に制作者として手を動かすのはデザイナーやプログラマーですが、開発・制作工程のなかで問題が生じたり仕様書とズレが生じたりしたときは、ゲームプランナーが指示を出して問題解決や軌道修正に努めます。デザイナーやプログラマーとコミュニケーションを図りながら、円滑な制作をサポートしていきます。

 

ゲームのテストプレイ

ゲームの開発・制作が終わったら、ゲームプランナーは試作品でテストプレイをおこない、仕様書どおりに仕上がっているかを確認します。不具合や改善点があれば、デザイナーやプログラマーに修正指示を出します。

 

ゲームの運用

ゲームがリリースされた後は、ユーザー数やユーザーの評価、プレイ時間や課金額などを分析し、改善施策を講じていきます。ヒットしたゲームは数年にわたって運用が続くため、ゲームプランナーも中長期的に携わっていきます。既存のゲームを改善するのはもちろん、次回作を企画するうえでも重要な仕事です。

 

ゲームプランナーに求められる人物像とは?

転職マーケットにおいて、ゲームプランナーに求められる人物像としては以下の3点が挙げられます。

 

発想力のある人・アイデア出しが得意な人

すべてのゲームプランナーが目指すのは、ヒットするゲームを生み出すこと。そのために欠かせないのが発想力や豊富なアイデアです。ヒットした作品を真似ることなら誰でもできますし、それでは次のヒット作を生み出すことはできません。

 

ゲームプランナーには、市場のニーズを敏感に察知し、そのニーズを先回りして形にするような発想力が求められます。発想力が豊かで、常に新しいゲームのアイデアを考えているような人はゲームプランナーに向いていると言えるでしょう。

 

コミュニケーションが得意な人

ゲーム制作には多くのスタッフが関わるため、スタッフ間でコンセプトや方向性、約束事などを共有することが重要です。これができないと、せっかく魅力的な企画だったとしてもゲームのクオリティは低くなってしまいます。

 

ゲームプランナーは各職種のスタッフの橋渡し役となるケースも多いため、各スタッフにコンセプトや意図を正確に伝え、共通認識を醸成できるコミュニケーション能力が必要です。その意味で、コミュニケーションが得意であることはゲームプランナーとして重要な資質だと言えます。

 

とにかくゲームが好きな人

当然のことですが、ゲームプランナーとして活躍するには誰よりもゲームが好きな気持ちが大切です。特定のジャンルのゲームや特定のタイトルが好きであることも重要ですが、ゲームプランナーの仕事は自分が好きなゲームを作ることではなく、ユーザーに求められているゲームを作ることです。

 

そのためには、ゲーム市場に対して幅広い関心を持ち、ジャンルにかかわらず流行りのタイトルや最新のニュースを押さえておかなければいけません。ゲーム業界のトレンドに敏感であることは、ゲームプランナーとして活躍するために必須の条件だと言えるでしょう。

 

ゲームプランナーに必要なスキルとは?

ゲームプランナーに必要なスキルとしては、以下の3点が挙げられます。

 

マーケティングスキル

優れたゲームを企画するには、入念な市場調査が欠かせません。そのため、ゲームプランナーにはヒットするゲームの傾向やユーザーの動向、類似ゲームの機能や課金プランなど、様々なデータをもとに市場を分析するマーケティングスキルが求められます。運用しているゲームの改善点を導き出すためにも、マーケティングスキルは重要です。

 

プレゼンテーションスキル

ゲームプランナーは、自らが企画したゲームを社内外でプレゼンすることになります。その場にいる人の納得・共感を得られなければ企画は通らず、自分が思い描いたゲームを世に送り出すこともできません。

 

企画を通すには、企画自体のおもしろさも重要ですが、それを魅力的に伝えるプレゼンスキルも重要です。「なぜ、そのゲームを企画したのか?」「類似ゲームに比べてどこが優れているのか?」「ユーザーに継続してプレイしてもらうための仕掛けは何なのか?」といったことを論理的かつ魅力的にプレゼンできる人が求められています。

 

マネジメントスキル

制作スタッフを束ね、ゲーム制作の指揮をとるのはゲームディレクターの仕事ですが、プロジェクトの規模によってはゲームプランナーがその役割を担うケースもあります。それゆえ、ゲームプランナーにもマネジメントスキルは必要です。

 

プロジェクト全体のスケジュール管理や、制作スタッフのリソース管理、ゲームの品質管理、場合によっては予算管理まで、幅広いマネジメントスキルがあると理想的です。

 

ゲームプランナーの年収とは?

ゲームプランナーの年収は、未経験者の場合で250~400万円程度、経験者の場合で300~700万円程度が相場だとされています。

 

ちなみに、求人ボックス 給料ナビが2021年1月6日に更新した「ゲームプランナーの仕事の年収・時給・給料情報」によると、ゲームプランナー(正社員)の平均年収は500万円となっています。年収の幅は321〜754万円と広く、働く会社や経験・スキルによって差があることが分かります。

※出典:ゲームプランナーの仕事の平均年収は500万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

https://bit.ly/2LNOt93

 

ゲーム業界は実力主義の会社が多いので、若くてもゲームプランナーとしてインパクトのある実績を残せれば高収入を狙うことが可能です。

 

ゲームプランナーになる方法

ゲームプランナーの採用では、やはり経験者が優遇される傾向にあります。未経験からゲームプランナーを目指すなら、まずはアシスタントとしてゲームプランナーのサポート業務を経験するのが近道になるでしょう。

 

アシスタントとしてひと通りゲームプランナーの仕事を経験し、スキルや将来性を認められれば、ゲームプランナーとしてのポジションを獲得できる可能性はあるでしょう。もし、アシスタントとして働く会社でのキャリアアップが難しい場合も、転職活動ではアシスタント経験がアピール材料になります。

 

専門学校で学ぶのも一つの手

ゲームメーカーやゲーム開発会社で働くゲームプランナーは、ゲーム専攻のある専門学校の出身者が多くいます。そのため、専門学校のゲーム専攻科で学ぶのも一つの選択肢になるでしょう。専門学校に通うことでゲームプランナーとして必要な知識・スキルを身に付けられるほか、ゲーム業界への就業サポートを受けられるのも魅力的です。

 

ゲームプランナーの将来性

いわゆるコンシューマーゲームから、近年はモバイル系、オンライン系まで、ゲームプランナーが活躍できるフィールドは広がっています。2020年はコロナ禍の巣ごもり需要によって、ますますゲームに注目が集まるようになりました。特にオンラインゲーム市場はユーザー数が急増しており、ヒット作も続々と登場しています。各メーカーは新作の開発に余念がなく、今後もゲームプランナーの需要は継続すると考えられます。

 

ゲームプランナーのキャリアパス

ゲームプランナーは、ネクストステップとしてゲームディレクターになり、最終的にゲームプロデューサーを目指す、というキャリアパスを描くのが一般的です。

 

ゲームディレクターは、ゲームプランナーをはじめ、デザイナーやプログラマーなど制作チーム全体を統括するポジション。ゲームの制作に関して責任を持ちます。一方、ゲームプロデューサーは、開発費の調達やスタッフの人選、広告・販促などをおこない、プロジェクト全体を取りしきるポジション。ゲームの売上に関して責任を持ちます。

 

まとめ

近年、ゲーム業界は活況で、人材の動きも活発になっています。優秀なゲームプランナーを確保しづらいという現状もあり、異業種から転職してくる人も増えています。ゲームプランナーの転職は経験者が有利ですが、発想力やコミュニケーション能力に自信があり、何よりゲームが好きだという人なら異業種からの転職も不可能ではありません。ぜひゲームプランナーの求人情報をチェックして、あなたが活躍できる場を見つけてください。

> ゲームプランナーの求人情報一覧はこちら

 

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ