ゲームプログラマーの仕事内容を徹底解剖

ゲームプログラマーの仕事内容を徹底解剖

一言でプログラマーといっても、さまざまな種類(分野)があります。そのひとつがゲームプログラマーです。プログラミングのスキルを持ち、かつゲーム開発に携わってみたいという人ならば目指してみたい職種のひとつといえます。

今回の記事では、ゲームプログラマーの仕事内容やゲーム開発における役割とポジション、ゲームプログラマーに必要とされるスキル、さらに他業種への転職によるステップアップの可能性について解説していきます。

 

ゲームプログラマーとはどんな職業?

ゲームプログラマーは、ゲームの企画や仕様書に合わせて、Java、C++、C言語などのプログラミング言語を使ってゲームが動くようにプログラミングを行うのが主な仕事です。

ゲームそのものの企画立案はゲームプロデューサーが行い、ゲームのシステム設計はゲームデザイナーが行います。出来上がった設計書(仕様書)を元にプログラミングを行うのがゲームプログラマーです。キャラクターの動き、メニュー画面の動き、演出、エフェクト、サウンド(BGMや効果音)など、ゲームの仕様書のとおりにプログラムを組んでいきます。

 

・プログラムだけが仕事ではない

プログラマーといっても、プログラミングだけが仕事ではありません。企画段階から、内容的にプログラミングが可能かどうか、仕様が間違っていないかどうかなど、幅広く開発に関わることもあります。また、ゲームが正常に動作するかのデバッグ作業(バグをみつける作業)も必須です。どこか不具合があったり、動作しなかったりということになると、ゲームの品質だけでなく会社の信頼に関わる問題になりますから、根気よく動作テストとプログラムの修正を行う必要があります。

 

・チームでの作業が普通

ゲーム開発というのは、基本的にチームを組んで進行します。ゲーム開発をまとめるゲームプロデューサー、ゲームの設計を行うゲームデザイナー、ゲームのストーリーやセリフを作るシナリオライター、キャラを作るキャラクターデザイナー、BGMや効果音を作るサウンドクリエイター。そして、ゲームの動きを作るゲームプログラマー。すべての職種が関わっていて、相談しながら進める必要があるので、各部署間での意思疎通、コミュニケーション能力も問われます。

 

また、プログラミング作業も複数のゲームプログラマーでチームを組んで進めていきます。キャラクターの動きはこの人、メニュー画面はこの人、BGM・効果音はこの人、という具合に担当分けを行って作業をするのが基本です。それぞれの担当ごとに、各部署のクリエイターとも相談・協力しながら進める必要があります。

 

よって、ゲームプログラマーとは、プログラミングだけをコツコツと行う仕事ではなく、ゲーム開発の企画・進行にも幅広く関与する仕事といってもよいでしょう。

 

ゲームプログラマーとして必要なスキルとは

・プログラミングスキル

ゲームプログラマーで最も重要なスキルはプログラミングスキルです。とはいえ、開発するゲームの種類によって、用いられるプログラミング言語は異なります。

 

■コンシューマーゲーム

コンシューマーゲームとは、PS4や任天堂Switchなど、家庭用ゲームのことをいいます。コンシューマーゲームで主に用いられる言語はC、C++、 C#などC系が多くいようです。また、ゲームエンジンスキルとして、UnityやUnreal Engineなどの知識もあれば人材として評価が高くなる傾向があります。

 

■PCゲーム

PCゲームは、PCのブラウザ上でプレイするゲームです。用いられるプログラミング言語は幅が広いですが、特に多く使われるものとしてはC系言語(C、C++、 C#)、Java、PHP、Python、Rubyなどが挙げられます。

 

■スマホゲーム

スマホゲームはiPhoneやAndroidなどスマホ画面でプレイするゲームで、近年のスマホゲームのほとんどはネット接続が必要なオンラインゲームです。使用されるプログラミング言語は、iPhoneなどのiOSではSwift、Objective-Cが、AndroidではJava、Kotlinが多く使われます。ゲームエンジンスキルとして、Unity、Cocos2d-xなどの知識が必要な場合もあります。

 

・プログラミング以外のスキル

ゲームプログラマーは、プログラミング以外でどんなスキルが必要とされるのか見ていきましょう。

 

■数学、物理、英語のスキル

2D・3D問わず、アニメーションなどでより細かな動作を表現するとき、力学計算が必要なケースも出てきます。ベクトルの演算、三角関数など数学的知識が求められます。

 

ゲームプログラマーは常に最新のプログラミング言語を勉強するのが理想ですが、新たに発表される言語の解説の多くは英語でなされます。英語力がなければ最新のテキストを読み取るのは難しいでしょう。ゲームプログラマーとして、英語を学んでおくことはメリットが大きいといえます。

 

■コミュニケーションスキル

ゲームの開発はチームで行われます。上司との会話、チームメンバーとの意思疎通、各部署のクリエイターとのやり取りなど、コミュニケーション能力は必須です。協調性がなければ、円滑なゲーム開発の足を引っ張ることになります。また、単に指示されたことをこなすのではなく、「ゲームを企画・開発する一員」として、意見やアイデアを出すことも大切な仕事です。

 

■情報収集スキル

ゲーム業界は社会的流行から大きな影響を受ける傾向が強く、近年は人気のアニメや漫画がゲーム化されることもあります。「ヒットするゲームの企画・開発」という点で、トレンドに乗り遅れない情報収集スキルも必要です。「プログラマーだから、プログラミングの知識だけあればいいや」という姿勢ではなく、常に最新の流行を敏感に察知する姿勢も大切になります。

 

 

転職しやすいゲームプログラマーの要素とは

・年収の高いプログラマーの特徴

ゲーム業界における近年の求人票の傾向を見てみると、スマホゲーム(ソーシャルゲーム)に対応できるゲームプログラマーの募集が急増しています。これはあきらかに、ここ最近のスマホゲーム市場の拡大がその背景にあります。

 

コンシューマーゲームに携わるゲームプログラマーの平均年収が280~400万円なのに対し、スマホゲームに携わるゲームプログラマーの平均年収は360~420万円となっています。つまり、コンシューマーゲーム業界からスマホゲーム業界に転職すれば、今までより年収の高いプログラマーになれる可能性があるということです。

 

・ゲーム業界でキャリアアップ

ゲームプログラマーから別の職種に変わり、キャリアアップしたいという場合は、ゲームの企画・開発において「指示する立場」「まとめ役の立場」を目指したほうがよいでしょう。例えば、ゲームプロデューサー、ゲームディレクター、またはその会社の管理職などです。これらの職種は責任ある立場なのでプレッシャーもありますが、プログラマーやクリエイター職に比べるとあきらかに年収は高くなります。

 

「自分は管理職よりも、プログラマーとしての道を極めたい」という人は、スペシャリストを目指す道があります。常に最新のプログラミング言語を取り入れつつ、さらにAI・グラフィックスなど他分野の知識とスキルも学習しながら、スペシャリストとして技術を提供する立場を目指します。

 

・転職によるステップアップ

ゲームプログラマーとしてプログラミング言語に精通しているなら、それを活かして他の分野に転職することも可能です。C++やC#などのプログラミング言語は、ゲーム業界だけでなくIT業界、システム業界でも使われます。IT技術の発展と需要の高さで、多様なプログラマーを求める企業は多く、ケースによってはゲーム会社よりも年収が高くなります。

 

まとめ

日本は現在、「売り手市場」といわれていますが、そのなかでも特に求人倍率が高いのがプログラマーです。特に、昨今の爆発的なスマホゲームブームによって、その開発に対応できるプログラマーは不足気味といえるでしょう。そのため、ゲームプログラマーとしてのスキルがあるならばゲーム業界への転職は難しくないでしょうし、場合によっては年収アップも見込めます。

とはいえ、日々進化を続けるゲーム業界で活躍を続けようと考えるのであれば、常に学び続ける姿勢は必須です。プログラミングスキルだけでなく、ゲームの開発・企画チームの一員として、多様なスキルを身に着け、キャリアアップ・ステップアップを目指しましょう。

 

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ゲーム業界専門のコンサルタントに話を聞きたい方はこちらから^^

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+