IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

ゲームプログラマーの仕事内容を徹底解剖

ゲームプログラマーへの転職!

一言でプログラマーといっても様々な分野で活躍するプログラマーがいますが、近年、注目を集めているのが「ゲームプログラマー」です。他の分野でプログラミングの仕事をしていた人が、「ゲーム開発に携わってみたい」とゲームプログラマーに転職するケースが増えています。

今回の記事では、ゲームプログラマーの仕事内容やゲーム開発における役割とポジション、ゲームプログラマーに必要とされるスキル、気になる年収事情などについて解説していきます。

ゲームプログラマーへの転職希望者必見!どんな仕事内容?

ゲームプログラマーへの転職希望者必見!どんな仕事内容?
ゲームプログラマーの主な仕事は、ゲームの企画や仕様書に合わせて、プログラミング言語を使ってゲームが動くようにプログラミングをすることです。

ゲームそのものの企画立案はゲームプロデューサーやゲームプランナーがおこないますが、できあがった設計書(仕様書)を元にプログラミングをおこなうのはゲームプログラマーです。キャラクターの動き、メニュー画面の動き、演出、エフェクト、サウンド(BGMや効果音)など、ゲームの仕様書に沿ってプログラムを組んでいきます。

・プログラミングだけが仕事ではない

ゲームプログラマーの中心となる仕事はプログラミングですが、それだけが仕事ではありません。ゲーム会社によっては、ゲームの企画段階からジョインして「プログラマーの視点から見て実現可能なゲームか?」「懸念点はないか?」「仕様はどうするべきか?」など、プロジェクトに関わっていくケースもあります。

また、ゲームが正常に動作するかのデバッグ(バグを見つける作業)は「デバッガー」がおこないますが、バグを修正するのはゲームプログラマーの仕事です。不具合があるままリリースすると、ゲームに対する信頼だけでなく会社に対する信頼も失われてしまうため、根気よく動作テストとプログラムの修正をおこなう必要があります。

・チームでの連携が不可欠

ゲーム開発プロジェクトは、基本的にチームを組んで進行していきます。プロジェクトを統括するゲームプロデューサー、ゲームの企画・設計をおこなうゲームプランナー(ゲームデザイナーと呼ばれることも)、ゲームのストーリーやセリフを作るシナリオライター、ゲームのキャラクターなどをデザインする2D/3Dデザイナー、BGMや効果音を作るサウンドクリエイター、そして、ゲームが実際に動くように組み立てるゲームプログラマーなど、様々な職種のスタッフが協同して一つのゲームを作っていきます。そのため、部署間・スタッフ間での連携が不可欠です。

また、プログラミングのフェーズだけを見ても、複数のゲームプログラマーがチームを組んで進めていきます。キャラクターの動きはAさん、メニュー画面はBさん、BGM・効果音はCさんというように分担してプログラミングを進めていくのが基本です。

ゲームプログラマーと言うと、黙々とプログラミングをしているイメージがあるかもしれませんが、プロジェクトチームの一員として高度なコミュニケーション能力が求められます。転職面接などでも、プログラミングスキルだけでなく、コミュニケーションスキルが見られることは認識しておきましょう。

ゲームプログラマーとして必要なスキルとは?

ゲームプログラマーとして必要なスキルとは?
ゲームプログラマーに求められるスキルは多岐にわたりますが、基本となる「プログラミングスキル」と、「プログラミング以外のスキル」に分けて見ていきましょう。

・プログラミングスキル

プログラマーである以上、プログラミングスキルは必須です。開発するゲームの種類・プラットフォームによって用いられるプログラミング言語は変わってきます。ゲーム業界への転職を目指すプログラマーの方は、どんなプログラミング言語が必要になるのか知っておきましょう。

コンシューマーゲーム

コンシューマーゲームとは、PlayStation5やNintendo Switch、Xbox Series XやXbox Oneなど、家庭用ゲーム機でプレイするゲームのことを言います。コンシューマーゲームの開発に用いられるプログラミング言語としては、「C#」や「C++」が多いようです。また、「Unity」や「Unreal Engine」を使って開発するケースが増えているため、これらのゲームエンジンに関する知識・スキルも必要になります。

PCゲーム

PCゲームは、PCのブラウザ上でプレイするゲームのことで、プラウザゲームとも呼ばれます。PCゲームの開発に用いられるプログラミング言語は多々ありますが、特に多く用いられる言語としては「C言語」「C++」「C#」「Java」「PHP」「Python」「Ruby」などが挙げられます。

スマホゲーム

スマホゲームはiOSやAndroidで動くゲームのことです。近年のスマホゲームのほとんどは、ネットにっ接続してプレイするオンラインゲームです。スマホゲームの開発に用いられるプログラミング言語としては、iOSの場合は「Swift」や「Objective-C」、Androidの場合は「Java」「Kotlin」が主流になっています。ゲームエンジンとしては、「Unity」や「Cocos2d-x」などの知識・スキルが必要になります。

・プログラミング以外のスキル

プログラミングスキルがあるのはゲームプログラマーとして当然のこと。転職時に差別化を図るポイントとしては、以下のようなプログラミング以外のスキルが重要になってきます。

数学や英語のスキル

2Dゲームであるか3Dゲームであるかを問わず、アニメーションなどでより細かな動作を表現するためには力学計算が必要なケースも出てきます。その際、ベクトルの演算や三角関数など数学的知識があると役立ちます。

また、ゲームプログラマーは常に最新技術を取り入れて開発に生かしていかなければいけません。プログラミングに関する最新情報は海外で発信されるケースが多いため、英語ができるゲームプログラマーは最先端とトレンドに触れながら、自らのプログラミングスキルを磨いていくことができます。

コミュニケーションスキル

上述のとおり、ゲーム開発プロジェクトはチームで進めていきます。プロジェクトを成功させるためには、他の職種も含めたチームスタッフと円滑に意思疎通を図る必要があり、コミュニケーションスキルが重要になってきます。ゲームプログラマーだからと言って仕様書に従って黙々とプログラミングをしていればいいわけではなく、積極的に意見・アイデアを出してゲームのクオリティをより高めていく姿勢が必要です。

情報収集スキル

ゲーム業界は社会的な流行に影響を受ける傾向が強く、近年は人気のアニメや漫画がゲーム化される例が増えています。ヒットするゲームを開発するという意味で、人気ゲームや最新ゲームのトレンドを把握する情報収集スキルも欠かせません。たとえば、ヒットしているゲームをプログラミングの視点から分析し、良いところを開発に取り入れていく姿勢はゲームプログラマーとして非常に重要です。

ゲームプログラマーの平均年収とは?

ゲームプログラマーの平均年収はどのくらいなのでしょうか? 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会が発表している「ゲーム開発者の就業とキャリア形成2019」のデータを元に、平均年収を見ていきましょう。

・ゲームプログラマーの平均年収(他の職種との比較)

ゲームプログラマー(ゲームエンジニア)の平均年収は「566.9万円」となっています。その他の、ゲーム関連職種の平均年収は次のとおりです。

・役員/管理職:800.0万円
・ゲームプロデューサー:683.9万円
・ゲームディレクター:615.9万円
・テクニカルアーティスト:522.5万円
・サウンドクリエイター:540.0万円
・アーティスト:560.2万円
・品質管理、品質保証、テスター、デバッガー:457.0万円
・ゲームデザイナー(ゲームプランナー):548.5万円

ゲーム業界全体の平均年収が「551.6万円」なので、それを上回っている職種はゲームプログラマー(ゲームエンジニア)、ゲームプロデューサー、ゲームディレクター、役員/管理職ということになります。

・ゲームのプラットフォーム別の平均年収

どのプラットフォームのゲーム開発に携わっているかによっても平均年収は変わってきます。もっとも平均年収が高いプラットフォームはVR・ウェアラブル端末で「692.7万円」。次いで、業務用ゲーム機が「597.7万円」、携帯型ゲーム機が「578.2万円」となっています。それ以降は次のとおりです。

・PC:576.4万円
・据置型ゲーム機:569.9万円
・スマートフォン、タブレット:555.5万円

・ゲーム業界の経験年数別の平均年収

ゲーム業界の経験年数によっても平均年収は変わってきます。もっとも平均年収が高いのが18年超で「749.3万円」、次いで15年超18年以下が「637.0万円」、12年超15年以下が「644.5万円」となっています。それ以降は次のとおりです。

・9年超12年以下:567.4万円
・6年超9年以下:572.3万円
・3年超6年以下:497.9万円
・3年以下:407.8万円

・最終学歴別の平均年収

従業員の最終学歴によっても平均年収は変わってきます。もっとも平均年収が高いのが大学院博士課程修了で「794.0万円」、次いで高校卒業が637.9万円、大学院修士課程修了が「574.1万円」となっています。それ以降は次のとおりです。

・大学卒業:572.9万円
・専門学校卒業:502.1万円
・中学卒業:467.5万円

・就労形態別の平均年収

就労形態によっても平均年収は変わってきます。もっとも平均年収が高いのは経営者(執行役員以上)で883.5万円、次いでフリーランス・独立開発者が「580.6万円」、正社員が「552.6万円」となっています。それ以降は次のとおりです。

・契約社員:470.8万円
・派遣社員:351.3万円
・アルバイト・パート:278.2万円

※参考:ゲーム開発者の就業とキャリア形成2019|一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会

ゲームプログラマーが年収アップを狙うには?

ゲームプログラマーが年収アップを実現する方法について見ていきましょう。

・ゲームプログラマーとしてキャリアを重ねる

ゲームプログラマーとして経験を重ねるのは、年収アップの手堅い方法だと言えるでしょう。上述した調査結果を見ても、業界歴が12年を超えてくると年収が600万円を超えることが分かります。もちろん、ただ長く働いているだけでは年収は上がりません。常に最新のプログラミング言語を取り入れながらスキルを磨き、スペシャリストとして技術を提供する立場を目指すことが重要です。

・他の業界のプログラマーに転職する

ゲームプログラマーとしてプログラミング言語に精通しているのであれば、他の業界のプログラマーに転職することも可能です。当然ですが、プログラミング言語はゲームの開発だけでなく、ITシステムの開発やWebの開発などでも使われています。IT業界でもWeb業界でもプログラマーは不足しており、優秀なプログラマーを好待遇で迎え入れる企業が増えているため、転職による年収アップも期待できるでしょう。

・ゲームディレクターに転職する

ゲームプログラマーとしてネクストキャリアを考えるとき、ゲームディレクターへ転職する人も少なくありません。上述の調査結果を見ると、ゲームディレクターやゲームプロデューサーは、ゲームプログラマーよりも平均年収が高いことが分かります。ゲームディレクターとして経験を重ねて、最終的にゲームプロデューサーになるというキャリアパスは一つの王道だと言えるでしょう。ゲームディレクターは責任のある立場ですが、そのぶん高年収・好待遇が期待できます。

・開発するゲームのプラットフォームを変える

上述の調査結果を見ると、開発するゲームのプラットフォームによって平均年収が変わることが分かります。ゲームプログラマーとして年収を上げたいなら、開発するゲームのプラットフォームを変えてみるのも一つの手です。平均年収が高いVR・ウェアラブル端末や、業務用ゲーム機は狙い目だと言えるでしょう。

ゲームプログラマーへの転職!仕事内容を徹底解剖の【まとめ】

現在、プログラマー全般が売り手市場だと言われていますが、そのなかでも特にニーズが高いのがゲームプログラマーです。他業界のプログラマーからゲームプログラマーに転職する人は年々増加しています。プログラマーとしてのスキル・経験を持っている人なら、ゲームプラグラマーへの転職もそれほど難しいのものではありません。ぜひ、ゲームプログラマーへの転職で年収アップ・キャリアアップを実現しましょう。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ