ゲーム業界の職種、徹底解剖!未経験でも転職できる?

  • TOP
  • 転職コラム
  • ゲーム業界の職種、徹底解剖!未経験でも転職できる?

ゲーム業界の職種、徹底解剖!未経験でも転職できる?

昔からゲームが好きで、「ゲーム業界で働きたい!」という思いを持つ人も多いのではないでしょうか。近年のゲーム業界は、未経験であっても能力とメリットを感じる人材であれば積極的に採用する企業が増えてきています。
そこで今回の記事では、ゲーム業界にはどんな職種があり、それぞれどの程度の需要があるのか、また未経験者がゲーム業界に転職するためにはどうすればいいのか、そのコツやポイントは何か、といったことを詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

ゲーム業界の職種を紹介

ゲーム業界にはどんな職種があるのかを見ていきましょう。

 

・ゲームプランナー(ゲームデザイナー)

ゲームの企画・立案、ストーリーやシナリオの制作、仕様書作成など、ゲームの骨組みと全体の構成・管理を担当する職種です。これらの業務を一人で担当するということではなく、それぞれ分担して取り組みます。

キャリアを積んだ人ほど、ゲームの企画・提案やストーリーの制作など、そのゲームのコアな部分を担当できるようになります。ゲームの売れ行きや顧客の評価などを分析するマーケティング作業を行うこともあるようです。

前職の実績を評価して未経験で採用する企業も多いですが、新卒や実績のない新入社員の場合は、デバッガー(デバッグ作業)やレベルデザイン調整の仕事が中心となるでしょう。

 

・ゲームディレクター

ゲーム開発の総監督的な立場に当たります。ゲームの監督、演出の指示、予算・スケジュールの管理、現場スタッフの管理など、ゲーム開発においてまとめ役を担います。

ゲームデザイナーやプログラマー、サウンドクリエイターなど、チーム内の各スタッフをとりまとめ、的確に指示を行う必要があるので、高いリーダシップやコミュニケーション能力が求められる職種といえます。総監督的な立場であるため、未経験で目指すのは高いハードルとなるでしょう。

 

・ゲームプログラマー

実際にそのゲームを動かすためのプログラミング作業を担当します。企画や仕様書に合わせたシステムの設計・構築、キャラクターの動作の設定、BGMや効果音の設定、エフェクトの設定など、ゲームの根幹となるプログラムを担当する重要な職種です。

快適な操作性、処理の最適化、エラーやバグの修正など、繊細な作業と根気・集中力が必要とされます。専門性が高く、業界内では重宝される存在で、需要も求人数も非常に多くなっています。

 

 

・デザイナー(アーティスト)

キャラクターデザイナー、CGデザイナー、グラフィックデザイナー、エフェクトデザイナーなど、それぞれの分野のビジュアルデザインを担当します。専門性が異なるので、チーム内で分担して業務を行うところがほとんどです。

企画書やディレクターの指示に沿ってイメージやアイデアを具現化するだけでなく、デザイナーとしての発想力や想像力、さらに自分が思い描くビジュアルの動きをプログラマーに正しく伝える表現力も求められます。未経験での求人も多いですが、やはりある程度の専門的なスキルは必要です。

 

 

・サウンドクリエイターやシナリオライター

サウンドクリエイターはゲームのBGMや効果音の制作を担当し、シナリオライターはゲームの物語やシナリオ、キャラクターのセリフなど脚本を担当します。音楽やシナリオというジャンルは、スキルよりは本人の才能の比重が大きくなる傾向があります。

 

ゲームプログラマーの人気急上昇!

ゲーム業界の数ある職種のなかで、とりわけ人手不足のために需要が高いといわれるのが「ゲームプログラマー」です。ゲームを実際に動かすための高度なプログラミングスキルが求められるので、ニーズは高いものの常に人手不足が叫ばれている職種といえます。

 

しかし逆を言えば、プログラミングスキルさえ身に付けていれば就職は容易で、むしろ引く手あまたの存在であるといっていいでしょう。そういう意味では、ゲーム業界で就職しやすい(転職しやすい)職種ともいえます。

 

未経験の場合、何もスキルがないのにゲームプログラマーとして就職することはほぼ不可能です。何もない状態からゲームプログラマーを目指すには、ゲームプログラマーを養成する専門学校で学ぶのがいちばんの近道といえるかもしれません。独学でプログラミングを学ぶことも可能ですが、やはり時間がかかりすぎてしまう懸念があります。

 

いちばんおすすめしたいのは、ゲーム業界への転職を専門としたオンラインスクールを利用することで、オンライン上で教師と一緒にマンツーマンで質の高い授業が受けられます。とりわけプログラミングを学ぶ場合、教師と一対一のほうが密度の高い授業となり、会話や質問を介しながらスムーズにプログラミングスキルを習得していくことができるでしょう。

 

また、オンラインスクールであれば住んでいる地域は不問で、足で通う専門学校よりも受講料が非常に安いというメリットがあります。

 

プログラミングを学ぶうえで重要になるのが「どのプログラミング言語を習得するか?」ということです。この点でいえば、「自分はどんなゲームを作りたいか」で判断するのがよいでしょう。つまり、ブラウザゲームを作りたいのか、スマホゲームやPCゲームを作りたいのか、それとも「PS4」や「NitendoDS」などのコンシューマーゲームを作りたいのか。自分が作りたいゲーム、開発に携わりたいゲームに合わせてプログラミング言語を学ぶことが重要です。

 

PS4やXboxなどの家庭用ゲーム機用の開発では主にC言語やC++が使われており、スマホゲームであれば、iOS用のswift、android用のJavaなど、主要となる言語は開発するゲームによって異なります。それぞれのゲーム開発において即戦力となるプログラミングスキルを有している人材ほど、採用されやすくなるでしょう。

 

また、スキルだけではなく実務経験があれば、同じジャンルのゲーム開発をする現場へ転職しやすくなります。プログラミング言語を学ぶ場合、選択と集中によってより専門性の高いゲームプログラマーになることで、就職だけでなく転職もしやすくなるといえるでしょう。

 

会社によってはゲームプログラマーの地位は非常が高く、「プランナーやデザイナーの人たちは、ゲームの中核を担うプログラマーには頭が上がらない」という雰囲気もあるようです。

 

 

未経験でゲーム業界に転職するには

未経験でゲーム業界に転職する場合、就きたい職種によって専門スキルを学ぶことが第一歩となります。ゲームプログラマーであればプログラミング言語を学ぶ必要がありますし、キャラクターデザイナーやグラフィックデザイナーであればビジュアルを表現するための特定のスキルが必要です。専門学校やオンラインスクールでそうした技術を習得して、ある程度のスキルを身に付けたうえで就職や転職を目指すことになります。

 

ゲームプランナーの場合、特別なスキルは必要としません。スキルの代わりに必要なのは、企画力や管理力、仕様書を作れる能力、収益向上のためのマーケティング能力などです。ゲームプランナーであれば、前職がゲーム業界でなくても実績や能力次第で採用される可能性は十分にあります。そのため、前職でどういう実績を挙げ、その会社の収益アップのためにどれだけ貢献したかという実例をまとめておけば、書類審査や面接時に有効にアピールすることができるでしょう。

 

特別なスキルがなく、前職での実績がないという場合でも、デバッガーであれば未経験で採用する会社は多いです。デバッガーは、専門スキルをほとんど必要としないため、アルバイトとしての求人も多く、まずはそこからゲーム業界に飛び込んでみるという選択肢もあります。最初はデバッガーとして仕事をしつつ、社内で経験を積んでそこから別の職種にステップアップしていくことも可能です。

 

会社によっては、ゲームデザイナーやディレクターのアシスタントを募集していることもあります。まずはアルバイトや非正規でアシスタント業務をこなし、頑張りが認められればそのまま正社員として採用されることもありますし、アシスタント業務で得た経験と実績を活かして別の会社の正社員を目指すこともできるでしょう。

 

ゲーム業界で働いたことがなくても、前職の実績や自分の強みを活かしてゲーム業界への転職を目指したいという方は、転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。転職エージェントを利用すれば、本人の人物像や実績、強み、能力を細かに分析し、応募書類の書き方から面接対応まで幅広くサポートし、なおかつ適切な会社の紹介とマッチングを提供してくれます。自分に合った会社を見つけ、書類審査や面接の通過率を上げるためにも転職エージェントを有効に活用してみましょう。

 

 

まとめ

未経験であっても、アシスタントやデバッガーとして下積みを経験し、そこから憧れの職種に就ける可能性も十分にあります。スキルさえあれば、需要の高いプログラマーも目指せますし、前職とは業界が違っても、実績と能力が認められれば正社員として即採用されることもあります。
まずは、自分がゲーム業界でどんな職種に就きたいのかを明確にし、その職種に就くためにはどの手段と方法を取るのがベストなのかを見極めるようにしましょう。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ゲーム業界専門のコンサルタントに話を聞きたい方はこちらから^^

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+