SIerからの転職 注意点と転職方法について

SIerからの転職 注意点と転職方法について

SIerから他業界へ転職するSEは少なくありません。SIerの仕事は「きつい」というイメージがありますが、転職理由は人によって異なり、必ずしも仕事がきついから転職するという人ばかりではありません。SIerからの転職先は様々な選択肢がありますが、納得のいく転職ができる人もいれば、転職したことを後悔する人もいます。今回は「SIerから転職」にフォーカスして、その選択肢や注意点などを解説していきます。

 

SIerはなぜ大変だと言われるのか?

SIerの仕事に対して「きつい」「帰れない」「休めない」という印象を持っている人は少なくありません。ひと口にSIerと言っても様々な会社があり、業務のハードさは会社によって変わってきます。当然、きつくないSIerもたくさんあります。

 

にもかかわらず、SIerは大変だと言われるのはなぜでしょうか? 一つの理由として考えられるのは、SIerの業界構造です。SIerは顧客のシステム開発を受託する業態ですが、まず一次請けのSIerが開発案件を受注して要件定義や基本設計をおこないます。その後、開発フェーズになると下請けのSIer、さらに孫請けのSIerへと発注されるのが一般的です。このような多重下請け構造は不動産を開発するゼネコンに似ていることから、「SIerはITゼネコンだ」と揶揄する声もあります。

 

システム開発の工程では顧客から急な仕様変更の要望が出ることも多く、一次請けのSIerは顧客に翻弄されがちです。そして、そのシワ寄せを受けるのは下請けのSIer、孫請けのSIerになってきます。そのため、下流工程のSIerほど業務が圧迫されるという傾向はあるでしょう。

 

そのうえ、IT業界は慢性的な人材不足に陥っています。SIerも例外ではなく、一人のSEに割り振られる業務量が増加しており、プロジェクトの途中で退職者が出るとさらに負荷がかかるという悪循環を辿ります。このあたりがSIerの問題点であり、SIerは大変だと言われる要因になっていると考えられます。

 

SIerからの転職理由について

SIerを辞めて転職したいと考える人の理由としては、以下のようなものが挙げられます。

 

やりがいを感じられない

下流工程を担当するSIerのSEのなかには、顧客の顔が見えず、やりがいを感じられないという人も少なくありません。大規模な開発案件になると、自分が携わっているシステムが何に使われるシステムなのかも分からないまま作業をしているケースもあり、社会の役に立っているという実感を得ることもできません。このような仕事に嫌気がさして転職を考えるSEは多くいるようです。

 

一方で、上流工程を担当するSIerのSEは、開発の現場から離れ、顧客とのやり取りやマネジメント業務が中心になります。プログラミングが好きなSEはモノづくりをしている実感を得られず、「つまらない」「もっと手を動かして働きたい」といった理由から転職を考えるケースが多いようです。

 

仕事がきつい

上述のとおり、SIer業界はゼネコンのような多重下請け構造なので、下流工程にいくほど業務がハードになる傾向があります。残業が多い下流工程のSIerで働くSEは、「仕事がきつい」「プライベートを充実させたい」といった理由で転職を考える人が少なくありません。

 

上流工程のSIerの場合、顧客折衝が主な仕事なので、何らかのトラブルが生じたときに矢面に立たされます。プロジェクトが炎上するのも珍しい話ではなく、精神的に疲弊してしまい転職を検討するケースも多々あります。

 

スキルアップ・キャリアアップしたい

上流工程のSIerで働くSEは、自ら開発をするケースはあまりありません。開発の現場を離れることで、自分のスキルが鈍ってしまうのではないかと不安を覚える人もおり、純粋にSEとしてのスキルアップを求める人はSIerを辞めて転職を考える傾向にあります。

 

逆に、下流工程のSIerで働くSEのなかには、開発ばかりの業務に疑問を感じ、「顧客とコミュニケーションを図りながら仕事をしたい」「いつかはプロジェクトマネジメントの仕事をしたい」と考えて、転職によるキャリアアップを目指す人もいます。

 

SIerで働くメリットについて

SEがSIerで働くメリットとしては、一般的に以下のような点が挙げられます。

 

様々なプロジェクトを経験できる

SIerでの働き方は基本的に、一つのプロジェクトが終わったらまた次のプロジェクトに配属されるという形で様々な案件に携わっていきます。プロジェクトが変わるたびに異なる技術に触れるチャンスがありますし、幅広い企業のプロジェクトに携わることで知見も深まっていきます。様々なプロジェクトを経験して幅広い学びを得られるのは、SIerで働くメリットだと言えるでしょう。

 

大規模な開発に携わることができる

社会的意義の大きい開発に携わることができるのも、SIerで働くメリットです。会社によって異なりますが、官公庁や医療機関のシステム、銀行やクレジットカード会社のシステムなど、大規模な開発を手がけることができるのはSIerならではです。

 

人間関係の悩みが少ない

上述のとおり、SIerでの仕事は、一つのプロジェクトが終了すればそのチームも解散になります。そしてまた、新しいプロジェクトで新しいメンバーと仕事をします。人間関係が長く続かないため、多少嫌なことがあったりしても深く悩まなくて済みます。これも、人によってはSIerで働く一つのメリットになるでしょう。

 

SIerから転職する際の選択肢

SIerからの転職やキャリアチェンジを考えるとき、よく選択肢とされるのが以下の5つです。

 

Web系エンジニア

SIerからWebサービスの開発を手がける、いわゆるWeb系エンジニアに転身するパターンです。Web系のIT企業は大手からベンチャーまで様々な会社がありますが、多くの会社では、少人数でスピード感を持ってアジャイル開発を進めていきます。

 

業務系エンジニアとは開発手法や言語環境が異なるため、一定のスキルを身に付けてから転職を検討したほうが有利になるかもしれません。

 

ITコンサルタント

ITコンサルタントの仕事は、上流工程のSIerと共通するところが多々あります。そのため、SIerのSEからITコンサルタントを目指すことも十分に可能です。

 

ITコンサルタントは顧客の経営課題を抽出し、ITの力を活用して課題解決に取り組みます。SIerは「こんなシステムを作りたい」を叶える仕事ですが、ITコンサルタントは「経営課題を解決するためには、どんなシステムを導入すべきか」を考える仕事です。そのため、システムに関する知識だけでなく企業経営に関する知識も必要になります。

 

社内SE

自社内で使う業務システムを開発するポジションが社内SEで、SIerから社内SEに転職する人も少なくありません。

 

社内でシステムの設計・開発・運用のすべてをおこなう会社もありますが、外注を使っている会社もあります。その際は社内SEが指揮をとり、ベンダーとのやり取り・調整をおこないます。その他、社員のパソコンのキッティングやトラブル対応などを任されることもあります。

 

フリーランス

近年、フリーランス・個人事業主として独立するSIer出身のSEが増えています。安定的に仕事を獲得するにはSEとしてのスキル・実績だけでなく営業力も必要になりますが、高収入を目指せることや自由度の高い働き方ができることなどは、フリーランスの大きなメリットだと言えるでしょう。

 

他のSIer

同じSIerで転職先を探す人も少なくありません。より良い条件を求めて大手のSIerに転職する人もいれば、より自分のキャリアプランに合った仕事をするために、大手のSIerから中小規模のSIerに転職する人もいます。

 

SIerから転職する際の注意点

SIerから転職する際の注意点として、以下の3点は押さえておきましょう。

 

給与などの待遇が下がることも!

SIerの給与水準は比較的高く、福利厚生が充実している会社も多くあります。一方で、Web系のIT企業は残業代が出なかったり、ボーナスが出なかったり、住宅手当などの福利厚生が充実していなかったりする会社も多くあります。中堅・大手のSIerからWeb系のIT企業に転職する場合は、給与などの待遇が下がるケースが多いことは認識しておいたほうがいいでしょう。

 

また、社内SEの待遇は会社によって変わってきますが、直接、会社の売上に結び付かない間接部門(情報システム部門)に所属することになるため、SIer時代に比べると評価が上がりにくい場合もあります。

 

スキルアップが難しい場合も!

SIerから社内SEに転職する人は一定数いますが、SEとしてスキルアップを図るのが難しいケースもあります。

 

本来、社内SEの役割は社内システムを開発して業務効率化やコスト削減を実現することですが、会社によっては開発業務をすべて外注しているところもあります。このような会社の社内SEは、委託先企業に対する窓口業務やヘルプデスク業務がメインになるため、SEとしてスキルアップするのは難しくなるかもしれません。開発スキルを磨きたい人は、その会社の社内SEの業務内容をよく確認するようにしましょう。

 

独立は慎重に!

SEに限った話ではありませんが、フリーランスはすべての責任が自分にあります。SEとしてシステム開発をおこなうのは当然として、案件を獲得するのも自分ですし、経理・会計などのバックオフィス業務に対応するのも自分です。

 

収入はすべて自分のものになりますが、仕事を獲得できなければ収入はありませんし、病気で働けなくなった場合も同様です。実力次第で高収入を目指せる一方でリスクも高いため、独立は慎重に検討する必要があります。

 

まとめ

同じSIerでも会社が違えば、SEが置かれる状況や働き方は大きく変わってきます。今の仕事への不満から、他業界への転職やキャリアチェンジを考える方も増えていますが、今の会社と相性が合わないだけで、他のSIerに行けば納得・満足して働ける可能性は大いにあります。

 

「SIerが嫌だから転職したい」という考え方ではなく、他のSIerも含め「もっと自分らしく働ける職場があるはずだ」というモチベーションで転職活動に臨めば、きっと道は開けます。SEのみなさまが、満足度の高い転職を実現できることを願っています!

>> システムエンジニアの求人情報一覧はこちら

 

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ