ITコンサルタントとは?スキル・平均年収は? | IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone

ITコンサルタントとは?スキル・平均年収は?

ITコンサルタントとは?スキル・平均年収は?

コンサルタントという職種はさまざまな分野で活躍しており、現在では特定の分野に特化したコンサルタントが数多く存在します。

ITコンサルタントもそのひとつであり、多くの企業が業務のIT化を図る際にそのサポート役として必要としています。ここでは、そんなITコンサルタントという職種の特徴について見ていきましょう。

ITコンサルタントの仕事内容

コンサルタントとは、企業が日々行っている業務の問題点などをリストアップし、それらを解決して、業務効率化から業績向上を図ることを主な目的とする職種です。ITコンサルタントには、ITを活用してこの目的を達成することが求められており、その過程では以下の3つが主な仕事内容となります。

・課題の整理・明確化

ITコンサルタントのサポートを必要としている企業は、業務のシステム上に何らかの課題があると認識しており、それを解決することが業績向上に直結すると期待しています。そのため、ITコンサルタントは、初期の段階でこの課題を把握し、自身が行うコンサルタント業務におけるミッションを明確化する必要があるのです。
クライアントへのヒアリングや業務分析はもちろん、その企業の業界全体の傾向などを把握し、クライアントにどのような課題があるのかを整理・明確化することも重要な仕事内容のひとつです。

・課題を解決する方法の提案

課題を整理・明確化したら、ITコンサルタントには解決するための提案が求められます。例えば、現行のシステムに問題がある場合、新たなシステムの導入やそのために必要な費用の算出などが必要です。
また、解決手段の有効性について、クライアントにプレゼンテーションを行うこともITコンサルタントの仕事です。そのためには分析や調査の過程で多種多様なデータを収集し、有効性を示す根拠となるエビデンスを提示できるようにしておくことが大切です。

・総合的なマネジメント業務

解決策をクライアントが納得したら、実行する段階へと移行します。この段階でITコンサルタントは、課題解決を目的とするプロジェクトを結成。さらに、プロジェクトを構成する各々の部門担当者に必要な作業などの落とし込みを行います。
プロジェクト始動後は、それぞれの部門の進捗状況の把握や成果物のクオリティーの管理などもITコンサルタントの仕事。クライアントの目線から、問題点を指摘することなども重要です。

ITコンサルタントとSEの接続としては、下記のようになります。

①まずITコンサルタントがクライアントの課題を解決するために新しいシステムの導入の検討・提案を行う

②ITコンサルタントがSEに、課題解決のために必要な、新しいシステムの要望を伝える

③SEがその要望に沿うシステムの開発を行う

ITコンサルタントに必要なスキルとは

ITコンサルタントに必要なスキルとは

ITコンサルタントは未経験で始められる仕事ではなく、IT業界において十分な経験を積んだ人が活躍できる職種といわれています。ITコンサルタントになることを目標としてIT業界で働く場合、以下のスキルを身につけることを日々の業務のなかで意識するとよいでしょう。

・課題を正確につかむための理解力

ITコンサルタントが企業におけるIT化に関するアドバイスや解決策の提案を行う際には、ITコンサルタント自身が課題を正確に把握していることが必須です。そのためにはヒアリングやクライアント企業の業務内容の分析から、課題を正確につかまなければなりません。このことから、ITコンサルタントとして働くためには、課題を正確につかむ理解力を身につけることが大切です。

・ITに関する広範な知識

ITコンサルタントが課題を正確につかむためには、ITに関する広範な知識が必要となります。例えば、クライアント企業の業務システムに問題が見つかった場合、IT技術を活用して解決しなければなりません。そのためには、ITに関する幅広い知識が不可欠となります。そのため、ITコンサルタントとして働くためには、実際にIT業界で働くことでしか身につけられないものを含む、広範なITに関する知識が必要なのです。

ITコンサルタントの仕事のやりがいと厳しさ

ITコンサルタントの仕事には厳しさが多い反面、やりがいを実感できる機会が多いという側面もあります。その具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

・IT業界の変化に常に対応していかなければならない

ITコンサルタントはその時代に合った提案をし、クライアント企業が時代の変化に対応できるようサポートをすることが求められます。IT業界は特に変化の多い世界でもあるため、その変化に自身が対応できないと仕事を続けることが難しくなってしまうという厳しさがあるのです。

・企業のトップと関わる機会が多い

ITコンサルタントによる提案は、企業の未来を左右する重要なものとなるケースも多く、交渉の場に企業のトップが同席するというケースも珍しくありません。そのような状況でプレゼンテーションすることには、大変な緊張を強いられることもあるでしょう。企業のトップにプレゼンテーションできるやりがいとともに、仕事の厳しさが共存する瞬間です。

・自分の仕事によるクライアント企業の大幅な業績アップ

ITコンサルタントが行う提案は、企業の大幅な業績アップへつながることもあります。自分の提案によって、クライアント企業の業績を好転させることができれば、ITコンサルタントとしての評価も上がり、仕事そのものに対するやりがいを実感できるでしょう。

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントの平均的な年収は600万円程度となっていますが、一方で年齢や実績によって幅があるということにも注意しなければなりません。

20代のITコンサルタントの平均的な年収は500万円程度ですが、この年齢で業務上必要なITに関する広範な知識を身につけることは難しいでしょう。実際には平均を大きく下回っているITコンサルタントが存在することも考えられます。また、30代になると年収が700万円を超える人も多くなりますが、この年代でもやはり知識・経験の豊富さが収入に大きな影響を与えるといえるでしょう。

一方、ITコンサルタントにはフリーランスとして働くという選択肢もあり、ある程度の経験を積んだ上で独立すれば、比較的若い年齢でも年収が1,000万円を超えるケースがあります。

ITコンサルタントがより多くの収入を得るためには、知識を身につけることだけでなく、自身のキャリアについてもよく考えることが大切であるといえるでしょう。

ITコンサルタントのキャリアパスとは

ITコンサルタントのキャリアパスとは

上述したように、未経験者がいきなりITコンサルタントとして働くことは難しいです。この職種の志望者は、キャリアパスを明確にした上で、必要な業務経験を積んでいく必要があります。ITコンサルタントを目指す場合のキャリアパスについては、特に以下の点に注意するとよいでしょう。

・SEやプログラマーなどのIT関連の仕事から転向する

IT職未経験の場合、まずはSEやプログラマーなどの職種に就き、少しずつ経験を積んでいくのがよいでしょう。これらの仕事ではITコンサルタントの業務で必要な知識を身につけることも可能です。将来を見据えながら、必要なスキルを習得することを常に心掛けましょう。

・コンサルティングファームに入って地道に経験を積む

IT職である程度の経験を積んだら、ITコンサルタントが所属するコンサルティングファームに入り、さらに経験を積んでいくのが有効です。このような企業での仕事は、ITコンサルタントの主業務。経験豊富なスタッフの中で、地道に経験を積むことは十分な価値があるといえるでしょう。
また、このような企業には独立を目標としている人も多いことから、将来を見据えた人脈づくりの場としても理想的なようです。

ITコンサルタントとは?スキル・平均年収は?についてのまとめ

ITコンサルタントは、着実に経験を積んでいくことで、高収入も望める魅力的な職種であるといえます。すでにIT関連職に従事している方や、エンジニア職などを希望している方は、ITコンサルタントになることを将来の目標としながら働くのもよいでしょう。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ