SE(システムエンジニア)の平均年収・給料を徹底解説!【年代・業種別】 | IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone

SE(システムエンジニア)の平均年収・給料を徹底解説!【年代・業種別】

ITテクノロジーの目覚ましい進化により、あらゆる分野の企業においてシステムの利活用が進んでいます。それにともない、需要が高まっているのがSE(システムエンジニア)です。SEは平均年収も比較的高い職種ですが、より高収入を目指して転職する人も多く、転職マーケットも活発になっています。

今回は、高収入を目指すSEの方に向け、SEの平均年収やSEに必要なスキル・資格、また年収1,000万円を目指す方法などを解説していきます。

SE(システムエンジニア)の平均年収の推移

求人ボックス 給料ナビによると、SE(正社員)の平均年収は497万円となっています。年収の幅は327〜849万円と広く、働く会社や経験・スキルによって差があることが分かります。

 

なお、求人ボックスが厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」をもとに算出したSEの平均年収は556万円でした。過去10年をさかのぼってみても、平均年収は500万円台で推移しており、高い水準をキープしていることが分かります。

※出典:システムエンジニアの仕事の平均年収は497万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

 

年齢・性別ごとのSE(システムエンジニア)の平均年収

 

SEの年代別・男女別の平均年収は以下のとおりです。

 

SEの平均年収(年代別)

年代

平均年収

20~24歳

339万円

25~29歳

445万円

30~34歳

533万円

35~39歳

573万円

40~44歳

621万円

45~49歳

651万円

50~54歳

666万円

55~59歳

652万円

※出典:システムエンジニアの仕事の平均年収は497万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

 

SEの平均年収(男女別)

年代

男性平均年収

女性平均年収

20~24歳

339万円

345万円

25~29歳

447万円

432万円

30~34歳

541万円

489万円

35~39歳

589万円

493万円

40~44歳

639万円

553万円

45~49歳

659万円

554万円

50~54歳

695万円

591万円

55~59歳

682万円

588万円

※出典:システムエンジニアの仕事の平均年収は497万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

 

地域別・都道府県別のSE(システムエンジニア)の平均年収

 

SEの地域別・都道府県別の平均年収は以下のとおりです。

 

エリア

平均年収

都道府県別

北海道・東北

429万円

宮城県:450万円、山形県:424万円、秋田県:421万円 など

甲信越・北陸

407万円

富山県:426万円、石川県:425万円、福井県:404万円 など

関東

477万円

東京都:537万円、神奈川県:508万円、埼玉県:489万円 など

東海

442万円

愛知県:461万円、三重県:449万円、岐阜県:432万円 など

関西

453万円

大阪府:477万円、兵庫県:477万円、滋賀県:475万円 など

中国

402万円

広島県:440万円、山口県:410万円、岡山県:406万円 など

四国

396万円

香川県:426万円、徳島県:410万円、愛媛県:390万円 など

九州・沖縄

410万円

福岡県:448万円、大分県:410万円、佐賀県:406万円 など

※出典:システムエンジニアの仕事の平均年収は497万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

 

職種・領域別のSE(システムエンジニア)の平均年収

 

2017年8月に経済産業省が発表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、SEの領域別に平均年収が公開されています。

 

職種

平均年収

高度SE・ITエンジニア(基盤世界担当・ITアーキテクト)

778.2万円

SE・プログラマ(顧客向けシステムの開発・実装)

593.7万円

SE・プログラマ(ソフトウェア製品の開発・実装)

568.5万円

SE・プログラマ(組込みソフトウェアの開発・実装)

603.9万円

※出典:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果|経済産業省

 

SE(システムエンジニア)の年収が高い理由

SEの年収が高い理由として大きいのは、IT産業全体の人材不足だと言われています。

 

経済産業省の調査によると、2015年のIT人材(IT企業およびユーザ企業の情報システム部門に所属する人材)は約90万人であるのに対し、約17万人が不足していました。今後はさらに需要と供給の差が広がり、2030年には、楽観値で約41万人、悲観値では約79万人ものIT人材が不足すると予測されています。

※出典:経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」

 

ITテクノロジーを活用した製品・サービスが急速に普及する一方で、IT人材の数が不足しているのが現状です。そのため、多くの企業がSEなどのIT人材の獲得に投資するようになっています。

 

SE(システムエンジニア)に必要なスキル

 

SEに求められるスキルは多岐にわたりますが、少なくとも以下の3つのスキルは必須だと言えます。

 

コミュニケーション能力

SEは、クライアントとプロジェクトメンバーの間に立って橋渡しをするポジション。クライアントの要望を的確に把握したうえで、システムの仕様をプログラマに正しく伝達できなければいけません。そのためには、高度なコミュニケーション能力が必要になります。プロジェクトの成否は、SEのコミュニケーション能力にかかっていると言っても過言ではありません。

 

マネジメント能力

SEは自らプログラミングをするケースもありますが、一般的にはシステムの企画・設計を担当し、仕様書を作成してプログラマへ指示を出します。クライアントが求めるシステムを、決められた納期までに、予算の範囲内で構築する必要があります。そのためには、スケジュール管理、品質管理、予算管理などのマネジメント能力が欠かせません。

 

システム開発に関する幅広い知識

SEの中心となる業務は、クライアントが求めるシステムに必要な機能を洗い出し、システムの要件を固めることです。これを的確におこなうには、システム開発に関する幅広い知識が必要になります。プログラマに指示を出すにはプログラミング言語に関する知識も必要ですし、ハードウェア、ネットワーク、データベースなどプログラミング以外の知識も欠かせません。

 

SE(システムエンジニア)におすすめの資格

 

SEとして仕事をするために必須の資格はありませんが、特定の資格を持っていると社内での評価も上がりやすく、転職する際にも有利になります。SEにおすすめの資格を5つご紹介します。

 

基本情報技術者試験・応用情報技術者試験

基本情報技術者試験は、ITの基本的な知識と技能があり、実践的な活用能力を身に付けているかどうかが問われる試験です。基本情報技術者試験の上位資格に当たるのが応用情報技術者試験です。ITの応用的知識と技能があり、高度IT人材として方向性を確立しているかどうかが問われます。

>> 基本情報技術者試験・応用情報技術者試験の詳細はこちら

 

データベーススペシャリスト試験

データベースに関する技術を活用し、情報システム基盤の企画などにおいて中心的な役割を果たすことができるかどうかが問われる試験です。データベースの設計に携わるSEの方におすすめです。

>> データベーススペシャリスト試験の詳細はこちら

 

 システムアーキテクト試験

情報・組み込みシステムの開発に必要となる要件を定義し、それを実現するためのアーキテクチャを設計できるかどうかが問われる試験です。

>> システムアーキテクト試験

 

 プロジェクトマネージャ試験

システム開発の責任者としてプロジェクトの全体計画を作成できるかどうか、必要となる要員や資源を確保し、責任を持ってプロジェクトを管理・運営できるかどうかが問われる試験です。

>> プロジェクトマネージャ試験の詳細はこちら

 

ITコーディネータ試験

ITと企業経営の知識を兼ね備え、IT戦略における意思決定を支援できるかどうかが問われる試験です。提案型のSEを目指す方におすすめです。

>> ITコーディネータ試験の詳細はこちら

 

 

SE(システムエンジニア)が年収1,000万を目指すには?

 

SEとして実績を重ねていけば、年収1,000万円を手にするのも決して不可能ではありません。年収1,000万円を超えるため、どのようなキャリアを歩めばいいのかを解説します。

 

管理職になる

SEが年収を上げる方法として、真っ先に考えられるのが管理職になることです。プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャといったポジションに就くことができれば、年収1,000万円も現実のものになってきます。そのためには、マネジメント能力を磨くのはもちろん、社内での評価を高めて昇進・昇格を果たさなければいけません。

 

転職する

上述のとおり、IT業界は深刻な人手不足に陥っています。多くの企業は優秀なIT人材を求めており、SEも高待遇の求人が増えています。実際に転職によって年収アップを実現するSEは多く、高度な専門性を持つスペシャリストなら年収1,000万円を叶えるのも夢ではありません。

 

もちろん、「転職=年収アップ」であるとは限りません。転職をきっかけに年収アップを目指すなら、専門性に磨きをかける必要があり、そのためにはプログラミング言語を習得するのも有効です。プログラミングはSEのメイン業務ではありませんが、高度なプログラミングスキルを持つSEや、複数の言語に精通したSEは希少であり、それだけ市場価値も高くなります。需要の高いプログラミング言語を習得することで、応募できる求人の選択肢が広がり、高待遇が期待できるでしょう。

 

フリーランスになる

年収アップのためには、フリーランスとして独立するという選択肢もあります。一定以上のスキル・経験を持ったSEであれば、フリーランスになったほうが年収は増える傾向にあります。ただし、独立にはリスクがあるのも事実であり、自ら仕事を獲得できなければ逆に年収が下がってしまいます。SEとしてのスキル・経験だけでなく、経営に関するノウハウや営業力、人脈を持った人なら年収1,000万円を目指せるでしょう。

 

まとめ

SEの年収は比較的高い水準にありますが、現在の年収が適正なのかどうか疑問に感じているSEの方は少なくありません。「自分はもっともらえるはず!」と思っているなら、ぜひR-Stoneの適正年収診断を! あなたの年齢や実務経験、スキルや普段の取り組みなどを入力するだけで適正年収が分かります。

>> 適正年収診断はこちら

 

IT人材が不足する今、高待遇でSEを迎え入れる企業が増えています。ぜひ最新の求人情報をチェックしてみましょう。SEのみなさんが、転職でキャリアアップを果たすことを願っています!

>> SE(システムエンジニア)の求人情報一覧はこちら

 
 
最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ