社内SEへの転職を検討中の方は必見! | IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone

社内SEへの転職を検討中の方は必見!

社内SEへの転職を検討中の方は必見!

SEの働き方としてよく議論されるのが、「SIerか?社内SEか?」という点です。特に近年は、多くの企業が社内にSEを抱えようとする傾向にあり、社内SEの求人が増加しています。それにともない、SIerを辞めて社内SEに転職する人も増えています。今回は、社内SEへの転職を検討しているエンジニア向けに、社内SEの仕事や必要なスキル、気になる年収などについて解説していきます。

社内SEの仕事とは?

社内SEの仕事は会社によって大きく異なり、極端に言えば「その会社が社内SEに求める業務のすべて」が仕事内容になります。そのため、入社してから「思い描いていた仕事内容と全然違う・・・」といったミスマッチが起きるケースも少なくありません。応募企業における社内SEの仕事内容はしっかりと把握しておくことが重要です。

一般的な社内SEは会社の情報システム部門に所属して、以下のような業務に携わります。

社内システムの開発・管理

社内SEの仕事として代表的なのは、基幹システムを始めとする社内システムの開発・管理です。新たに社内システムを開発する場合、社内SEが自らプログラミングをして開発するケースは少なく、要件定義や設計などの上流工程のみを手がけて、下流工程は外部のベンダーに発注するのが一般的です。

IT資産管理

社内SEは、会社が所有しているパソコンやスマホ、ネットワーク機器などのハードウェア、OSやミドルウェア、アプリケーションなどのソフトウェア、またクラウドサービスやソフトウェアのライセンスなど、会社が保有するIT関連の資産を管理します。その他、IT資産のコスト削減を任されることもありますし、従業員に貸与しているパソコン・スマホのトラブルに対応するのも社内SEの仕事です。

セキュリティ対策

セキュリティ対策も社内SEの重要な仕事の一つです。OSやアプリケーションをアップデートしたり、従業員のパソコンにウイルス対策ソフトを導入したりします。また、「外部のクラウドサービスを利用するかどうか」「アクセス権限を誰に与えるか」「取引先にどんなセキュリティ対策を求めるか」といった内容を定める情報セキュリティポリシーの策定を任されるケースもあります。

社内SEが取り扱う基幹系システム

社内SEが取り扱う代表的な基幹系システムについてご説明します。

生産管理システム

社内SEは、生産管理システムの開発・管理に携わります。生産管理システムは主に製造業において、適切な生産計画を立て、一定の品質を担保し、工程どおりに生産を進めるのを支援するシステムです。一般的な生産管理システムは、在庫管理や倉庫管理、購買管理や仕入先管理、原価管理や不良率管理、需要予測などの機能が備わっています。

販売管理システム

販売管理システムも社内SEが開発・管理を手がけるシステムの一つです。販売管理システムは、受発注、出入荷、請求、入金など、販売に関わる業務を一元的に管理して業務を効率化するためのシステムです。集計データを分析することで、販売業務の全体を俯瞰して課題を洗い出すことができます。受注や売上を管理するだけでなく、購買管理や在庫管理などの機能を備えているケースも多くあります。

人事システム

社内SEは、会社の人事情報や組織情報の管理、社員の就業管理や給与管理を支援する人事システムの開発・管理をおこないます。一般的な人事システムには、社員情報、組織情報、勤怠管理、給与計算などの機能がありますが、勤怠管理や給与計算などは、独立したシステムとして管理するケースも少なくありません。

財務・会計システム

社内SEは、会計部門や経理部門の業務効率化を支援する財務・会計システムの開発・管理に携わることもあります。財務・会計システムは、会計処理や財務諸表の作成などの業務を効率化するとともに、現状分析や課題抽出を通して経営層の意思決定を支えるためのシステムです。財務・会計は税法などとの関連性が高い分野なので、法改正に対応したシステム運用が重要になってきます。

転職時に社内SEに求められるスキル

社内SEへの転職を検討しているエンジニアの方に、社内SEに求められるスキルについてご説明します。

開発スキル

社内SEになると自ら手を動かしてプログラミングをする機会は少なくなる一方で、システム開発をベンダーに発注する立場として、ベンダーの選定や進捗管理・品質管理などの業務がメインになります。的確なベンダーコントロールをおこなうためには、上流から下流までひと通りの開発知識・スキルを有している必要があります。

インフラ関連の知識

社内SEは、社内におけるシステム全般の保守・運用を担う存在です。そのため、開発スキル以外にも、サーバーやネットワークなどインフラ関連の知識も必要になります。

コミュニケーションスキル

社内SEにとって重要なスキルの一つが、コミュニケーションスキルです。社内SEは社内の要望を汲み取ったり、開発・導入するシステムについて社内関係者に説明したりするケースが多々あります。専門的な内容を分かりやすく伝える能力はもちろん、システムのメリットを感じさせるプレゼン力も重要になってきます。

業界知識

社内SEは、特定の開発プロジェクトに従事するというより、その会社の業務全般に貢献するというスタンスで仕事に取り組むことになります。そのため、その会社が属する業界知識があることも重要です。業界やビジネスに関する知識があれば、社内システムを開発する際も「どんな機能を持たせるべきか?」を的確に判断することができ、システムのクオリテイも高いものになります。

柔軟な対応力

社内SEの業務は多岐にわたるため、マルチタスクを並行して処理できる能力が必要です。突発的に発生するシステムトラブルに対応したり、ベンダーや従業員からの問い合わせに対応したりしなければならないケースも多々あります。マルチタスクを柔軟にさばいていける対応力がなければ、社内SEとして活躍するのは難しいでしょう。

30代の社内SEの平均年収

社内SEの求人増加にともない、社内SEへ転職する人が増えています。20代で経験を積んだエンジニアが30代になって将来を考えたとき、次のキャリアとして社内SEを選択するケースは非常に多いようです。

社内SEが人気の理由の一つとして、平均年収の高さが挙げられます。求人情報に特化した検索エンジン「求人ボックス」によると、社内SEの平均年収は「495万円」となっています。

※出典:求人ボックス(更新日:2021年4月19日)

また、2020年12月にdodaが公開している平均年収ランキングでは、社内SE(IT戦略/システム企画)の平均年収は「575万円」となっています。性別で見ると、男性は602万円、女性は470万円。年代別では、20代が405万円、30代が546万円、40代が671万円、50代以上が749万円となっています。同ランキングにおける一般的なSEの平均年収は417万円なので、SEのなかでも社内SEは高待遇であることが分かります。

※出典:転職ならdoda(デューダ)

なお、一般的なSEはIT業界で働きますが、社内SEはあらゆる業界が選択肢になります。どの業界の社内SEを選ぶかによって年収も変わってくるでしょう。

社内SEへの転職を検討中の方は必見!まとめ

あらゆる企業において、デジタルトランスフォーメーション(DX)が大きな経営課題とされるなか、DXを牽引する存在として社内SEに大きな期待が寄せられています。

社内SEとして転職を成功させるには、自分のスキルやキャリアプランに合った企業を選ぶことが重要です。転職エージェントをうまく活用して、ぜひ満足のいく転職を実現しましょう!

社内SEへの転職をお考えの方は、以下の記事も参考にしてください。

>> SIerからの転職 注意点と転職方法について

エンジニアの求人情報一覧はこちらから
求人情報を見る