ITコンサルタントとは?未経験でもなれるの?

ITコンサルタントとは?未経験でもなれるの?

多分野に広がるITの発展を受け、IT系人材の需要は高くなっています。

IT系の職種は数多くありますが、そのなかでもITコンサルタントは、ITの知識だけでなくマネジメント力やコミュニケーション力、さらに営業力やチーム管理力など、総合的な能力が多く問われる職種です。

今回の記事では、ITコンサルタントに関する基本的な知識から、ITコンサルタントに求められるスキルや将来のキャリアパス、さらに未経験者がITコンサルタントに転職できる可能性についても説明します。

 

ITコンサルタントとは…職務内容の解説

 

まずはITコンサルタントの仕事内容と、実際の求人情報を紹介します。

 

ITコンサルタントとは

ITコンサルタントは、企業の要望や経営内容に合わせてIT戦略の策定と提案を行います。具体的には、新しいシステムの開発、既存のシステムの最適化や改善、効果検証、動作検証などIT戦略に関するさまざまな仕事を担っています。

 

ITコンサルタントの仕事の進め方は、以下の3つの過程に分けて説明することができます。

 

1.ヒアリングと分析

クライアントの依頼を受け、詳しいヒアリングを実施します。業務ジャンル、目指すシステムの方向性、現在の課題、経営戦略、業務フローなどの情報をヒアリングし、課題を分析します。

 

2.提案・プレゼンテーション

分析結果を踏まえて、クライアントにとって最適なシステムの提案を行います。何が問題なのか、何を導入すればよいのかなど、クライアントが納得できる回答を用意し、プレゼンテーションを行います。

 

3.マネジメント・管理

クライアントから提案の承認を受けたら、そのプロジェクトの管理者としてマネジメントを行います。システム構築に必要な人材の確保、チーム編成、進捗状況の管理など、業務の範囲は多岐にわたります。

 

ITコンサルタントの具体的な求人内容

 

ITコンサルタントの求人には、具体的にどのような内容のものがあるのか、例をいくつか紹介します。

 

・A社の場合

年収 / 年収360万円~500万円
仕事内容 / 企業の根幹となるIT経営戦略の立案、ビジネスプロセスの提案・具体化、効果的なITソリューションの実現まで、幅広いサービスの提供
必須条件 / ITエンジニア経験
歓迎要件 / コンサルタント経験者、コンサルティングファーム経験者。将来的にITコンサルタントを目指したいITエンジニア未経験者も歓迎!

 

・B社の場合

年収 / 年収450万円~850万円
仕事内容 / 中小企業の経営トップに対して、より効果的なシステムコンサルティングサービスを実施。システム診断、ITベンダー評価選定、システムアドバイザー、プロジェクトマネジメントなど
必須条件 / 3年以上のシステム開発経験。顧客折衝経験
歓迎要件 / 基板系・業務系のシステム開発経験

 

ITコンサルタント経験がなくても、エンジニアとして経験があれば応募が可能な求人が多く見られます。

 

ITコンサルタントとして身につくスキル、やりがい

ITコンサルタントの仕事をすることで修得できるスキルや、仕事のやりがいについて紹介します。

 

ITコンサルタントで身につくスキル

 

1.セルフマネジメント(問題解決能力)

ITコンサルタントとは、クライアントの問題点を自ら見つけ出して改善を提案し、実行に向けて指示していくという極めて能動的な仕事です。そのため、「問題を自ら見つけ、解決を導き出す」というビジネスシーンで最も重要といえる能力が身につきます。

 

2.最新の業界知見

IT業界の進歩、変化はとどまることを知りません。その流れに合った最新のソリューションを提案できなければ、クライアントの満足を得る結果は望めません。ITコンサルタントには、ITに関する最新の知見や流行を把握することが求められるため、必然的に業界知見が身につきます。

 

3.マネジメント力

ITコンサルタントの仕事は、提案したら終わりというものではありません。提案したプロジェクトの成功を目指して、管理・運営まで行うのが仕事に含まれるため、綿密な計画と実行力が問われます。「決められた期限・予算内で物事をスムーズに進めていく」というマネジメント力は、どの業界においても通じる重要なスキルです。

 

ITコンサルタントのやりがい

 

1.自分の提案次第で企業を救うことができる

ITコンサルティングを依頼してくる企業には、業績不振で「何とかしてほしい」という切羽詰まった状況に陥っているケースも少なくありません。そんなときに、企業にとって頼りになるのがITコンサルタントの存在です。

もしも、自らの提案によって業績が回復すれば、企業側にとってはそのコンサルタントは救世主となります。自分の力で企業を救うことができる。そこには、大きな達成感や喜びがあります。

 

2.年収1000万超えの高収入も期待できる

コンサルティング業界には実力主義が浸透しているため、若くても結果を出せばそれだけ収入が上がる傾向が強いようです。特に、外資系コンサルティング企業は徹底した実力主義を採用していることが多く、能力と結果次第で収入を大幅に増やすことも可能です。

大手コンサルティング企業の場合、20代であっても実力次第で年収1000万を超えることもあり、高収入を目指せるという魅力があります。

 

ITコンサルタントのその後のキャリアパス

 

ITコンサルタントとして活躍した後には、どのようなキャリアップが見込めるのでしょうか。キャリアパスの選択肢について見ていきましょう。

 

1.管理職や役員への出世

ITコンサルタントとして現場で仕事をして結果を出し、その活躍が認められると、プロジェクトマネージャーや管理職といった、より地位の高い役職に就くことができます。そこでさらに活躍すると、企業の経営層に入れるようにもなります。

役職が上がれば上がるほど、現場のコンサルティング業務から離れて、業務の割り当て、指示、任命、本社と支社との調整役など、主に管理・運営の仕事が中心になります。さらに出世できれば、他企業の外部役員や顧問といった道も開けてきます。

 

2.ITコンサルタントのスペシャリストを目指す

管理職や役員ではなく、常に現場で仕事をしていたいという人も多いはずです。そういう場合は、現場で働くITコンサルタントのスペシャリストを目指すという道もあります。

ITコンサルタントとして経験を積み、年次を重なるほど、コンサルタント力も上がります。当然、大手クライアントを担当する機会は増え、インセンティブ制度を導入している場合、得るものは少なくないはずです。また、大手クライアントを担当するくらいになると、プロジェクトマネージャーとしての役割を兼務することもあります。

大手クライアントを担当したという実績は、次の転職に活かすこともできます。

 

3.他業種を目指す

ITコンサルタントとして仕事をしてきた能力と実績を活かし、IT系の別の業種を目指すという選択肢もあります。経験豊かなITコンサルタントを採用したいというITベンダー企業は数多くあるほか、大手企業のIT部門への転職、ITコンサルタントと互換性の高い大手SIerへの転職など目指せる道はさまざまです。

 

 

ITコンサルタントはどうやったらなれるのか?

 

ITコンサルタントになるために必要なスキルと、未経験者がITコンサルタントに転職できる可能性について説明します。

 

ITコンサルタントに必要なスキル

 

1.ITに関する専門知識

ITの専門知識は必須です。課題は同じでも、求められるシステムはクライアント企業によって異なり、それだけ幅広い知見が要求されます。ITコンサルタントが求められる専門知識には、ITレイヤー、下流工程、技術トレンド、開発プロセス手法、設計手法などさまざまなものがあります。

 

2.コミュニケーション能力

ITコンサルタントは、ヒアリングや提案、交渉、開発チームとの対話など、コミュニケーション力やプレゼンテーション力が求められる場面が多くなります。また、プロジェクトのまとめ役ともなると、チームのモチベーションを上げるための人間力も必要になるでしょう。

 

3.マネジメントスキル

上述したセルフマネジメント(問題解決能力)や、プロジェクトをスムーズに進行させるためのプロジェクト管理能力など、柔軟なマネジメントスキルが求められます。

 

未経験でもITコンサルタントへの転職は可能か?

 

すでに説明したように、ITコンサルタントにはITの専門知識が必要です。しかし、企業によってはITコンサルタント未経験であっても、条件によっては積極的に採用するケースも多くみられます。

ITコンサルティングの経験はなくとも、同じIT系の企業でエンジニア経験のある人材、営業経験のある人材、プロジェクトマネージャーの経験がある人材など、これまでの経歴とスキルによって採用されることがあります。

IT業界以外で仕事をしてきてWEBリテラシー(業界に共通する重要な知識)が全くない場合であっても、情報システム系の会社でシステム開発の実績がある人や、金融・ロジスティクス・公共系など他分野の実務経験がある人は、能力やスキル次第でITコンサルタントへの転職が成功することがあります。

 

まとめ

 

ITコンサルタントは、ITの知識が必要になる分野ですが、未経験であっても能力や条件次第で転職が目指せる職種でもあります。業種は違っても、営業力やマネジメント力が評価され、採用につながるケースがある一方、エンジニアからITコンサルタントを目指す人もいます。ITコンサルタントという仕事を通じて、自分の力を発揮したい、という方にとっては転職を目指してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

 

◆——————————————————◆

ITコンサルタントの求人を見たい方はこちら

◆——————————————————◆