タバコとコーヒーが手放せないあなた 口臭対策はできていますか?

仕事のストレスからついつい喫煙

クライアントからの無茶ぶりや、チームのメンバーの怠慢にストレスがたまる毎日。ついついタバコに手を出してしまい、一日一箱じゃ済まない日が続いている。当てはまるという方は多いのではないでしょうか? また、喫煙者の方のあるあるですが、タバコを吸うと一緒にコーヒーが飲みたくなるようですね。 しかし、このコーヒーとタバコの美味しい組み合わせ、口臭を発生される黄金の組み合わせでもあるのです。

口臭がきつくなる原因はこれだったのか

タバコによる口臭の原因 タバコの口臭にはタールとニコチンという成分が影響しています。タールは舌や歯につくと、独特のヤニ臭さを発生させます。またニコチンは毛細血管の収縮を促し、これにより口内の唾液が減り、口が渇き口臭が引き起こされます。 コーヒーによる口臭の原因 コーヒーに含まれるコーヒー豆の微粒子が舌に付着すると、口からコーヒー臭がします。またそれだけではありません。コーヒーにはカフェインが含まれているので利尿作用があり、タバコと同様に口内の唾液が減ることで口臭が発生します。

タバコとコーヒーのダブルパンチ!

上記のことから、喫煙ルームでタバコとコーヒーを楽しんだ後、席に戻るとあなたはストレスから解消されているのに対し、周りのメンバーは不快な思いをしているかもしれません。 それでもやめられないあなたのために、簡単にできる口臭対策を紹介します。 それは水を飲むこと。 どちらも口内の唾液を減らす作用があるので、水分をしっかりとることで口の渇きを抑えることができます。また少し口内をゆすぐように水を飲むことで、舌に付着しているタールやコーヒー豆の微粒子を流すことができます。 恐らくこれだけでかなり口臭対策になりますが、一番の対策はタバコを吸わないこと。タバコは口臭だけでなく肺にも悪影響を与えるため、健康面からも吸わない方が良いでしょう。 ストレス対策にタバコを吸っている方は、そのストレスを軽減する対策(クライアントやチーム内の情報共有アプリを導入するなど)を考えてみてはいかがでしょうか。