IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

30代、IT業界の転職事情

30代のITエンジニアは、多くの人が転職を視野に入れながら仕事をしていると思います。キャリア的には安定した時期に入っていますが、一方で「今の環境で40代・50代になっても働けるのか・・・」「子どもが大きくなったとき、今の収入でやっていけるのか・・・」「もっと自分のスキルを高めていきたい・・・」など、様々な葛藤が生まれる時期でもあります。今回は、30代のITエンジニア向けに、転職前に準備すべきことや必要なスキルなどについて解説していきます。

30代のITエンジニアが転職前に準備すべきこと

多くの企業が採用に力を入れているのが「30代」のITエンジニアです。20代のITエンジニアは「経験が足りない」「教育コストがかかる」などの不安がありますし、40代のITエンジニアになると、開発現場から離れてマネジメントの方向へシフトしていくのが一般的です。その点、30代のITエンジニアはいちばん脂が乗っていて、即戦力として大きな期待がかけられている層だと言えます。

だからと言って、30代のITエンジニアなら必ず転職に成功するわけではありません。より満足のいく転職を実現するため、以下の3点を徹底するようにしましょう。

転職する目的を明確にする

30代のITエンジニアに限った話ではありませんが、転職をするにあたっては「目的」を明確にすることが重要です。目的が曖昧なまま、今の会社への不満だけで転職をすると後悔することになってしまいます。

たとえばですが、「年収を上げたい」「長く働き続けたい」「マネジメント経験を積みたい」「ワークライフバランスを重視したい」といった目的はよく聞かれます。また、ITエンジニアとしてさらにスキルを高めたいという人もいれば、ITエンジニアには見切りをつけて別の職種へチャレンジしたいという人もいるでしょう。転職の目的がいくつかある場合も、自分にとって最重要な目的を軸にして転職活動に臨むことが大切です。

転職する業界のトレンドを把握する

30代のITエンジニアで転職を考える人のなかには、転職経験がなく、新卒で入社した会社で働き続けている人も少なくないと思います。10年近く、もしくはそれ以上の間ずっと同じ会社で働いていると、「井の中の蛙大海を知らず」の状態に陥りがちです。特にIT業界は移り変わりが激しく、日々様々な変化が起きています。

IT業界は一般的に「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」「Web業界」「通信業界」「情報処理サービス業界」などに細分化されます。同じ分野で転職するにせよ、違う分野に転職するにせよ、自分が進む業界の最新動向やトレンドは把握しておかなければいけません。

転職する企業の情報収集をする

今の会社への不満が大きい人は特に「どこで働いても今よりマシなはず」と、十分な企業研究をしないまま転職活動をする人がいます。ですが、それでは転職に失敗する原因になってしまいます。

気になる会社があれば、経営理念や業績などを確認するのはもちろん、転職サイトや口コミサイト、SNS、転職フェアや転職エージェント(転職コンサルタント)を活用して情報収集をおこないましょう。企業の採用サイトにある社員インタビューなどもチェックして、様々な角度から「どんな会社なのか?」「どんな人が働いているのか?」を知る努力をして転職に備えてください。

 

30代のITエンジニアに求められるスキル・強み

30代のITエンジニアを採用する企業側は「即戦力になれるかどうか」を、大きな判断基準にしています。その意味で、最低でも「開発スキル・実績」「コミュニケーションスキル」「マネジメントスキル」は備えている必要があるでしょう。

開発スキル・実績

30代のITエンジニアが即戦力として活躍するためには、開発スキルや実績が不可欠です。そのため、「どんな言語・フレームワークを用いた開発経験があるのか?」「どんなプロジェクトに携わり、どんな成果をあげてきたのか?」「ITエンジニアとしてどんな強みがあるのか?」といったことを堂々とアピールできなければいけません。

コミュニケーションスキル

30代のITエンジニアは、若手エンジニアの教育・サポートをおこないますし、近い将来はPM・PLとして活躍することも期待されています。その意味で、指示能力や折衝能力を含む、コミュニケーション能力は非常に重要になってきます。実際に、ITエンジニアの募集要項に「コミュニケーション能力の高い人」と明記している企業も少なくありません。

コミュニケーションスキルは面接での受け答えで判断されるほか、面接で直接、「仕事上のコミュニケーションで心がけていることはありますか?」と聞かれることもあります。しっかりとシミュレーションをして面接に臨むようにしましょう。

マネジメントスキル

ITエンジニアは30代後半になると、PM・PLとしてプロジェクトの責任者を任されるケースが増えてきます。その際には当然、マネジメントスキルが求められます。

面接では、「この人に数年後、PM・PLを任せられるか?」「プロジェクトの中心を担える人物なのか?」といった点が見られます。これまでにプロジェクトを率いた経験があれば理想的ですが、マネジメント経験がなくても、PM・PLの「候補者」としてのその資質を感じさせることが大切です。

30代のITエンジニアから他職種への転職

30代のITエンジニアは、ITエンジニアとしてより良い条件を求めて転職する人もいる一方で、転職によって他の職種へのキャリアチェンジを図る人もいます。ITエンジニアから他の職種へキャリアチェンジする際、候補になるのは以下のような職種です。

Webエンジニア

30代になり、ITエンジニアからWebエンジニアに転身する人は少なくありません。Webエンジニアが働くWeb業界は急成長を遂げており、魅力的な会社も多く登場しています。顧客の課題解決を図るというより、世の中に必要とされるであろう新しいサービスをゼロから生み出したい人には向いているでしょう。

Web業界は新しい考え方や技術を積極的に取り入れていくので、エンジニアとしてスキルアップを図るには理想的な環境です。ITエンジニアとの親和性も高く、Web開発に必要なプログラミング言語を習得できれば、即戦力として活躍できる可能性もあります。また、リモートワークやフレックスタイムなど、柔軟な働き方ができるのもWebエンジニアの特徴です。

ITコンサルタント

30代でITエンジニアを辞め、ITコンサルタントになる人もいます。ITエンジニアに比べると求人数は少ないものの、好待遇の求人も多く、年収アップにつながりやすい転職だと言えるでしょう。

当然、これまでの開発経験を活かすことができますが、それとは別に、高度なコミュニケーションスキルやプレゼンスキルが必要になります。「開発はもういいかな」という人や、「開発するよりクライアントとコミュニケーションを図るのが好き」という人は、ITコンサルタントへの転職するのも一つの手です。

UI/UXデザイナー

ITエンジニアとして一定の経験を重ねた人が30代になり、「このままでいいのだろうか・・・」と葛藤した結果、ネクストキャリアとしてUI/UXデザイナーを目指すケースも少なくありません。

 

近年、UI/UXデザインに力を入れる企業が増えており、数年前からUI/UXデザイナーの需要が拡大しています。ユーザーの利便性や利用体験を向上させるデザインが売上を左右する時代になっており、それができるUI/UXデザイナーは好待遇で迎え入れられる傾向にあります。

> 30代でUI/UXデザインをスキルに転職したい方に│R-Stone

まとめ

30代での転職は、以降のキャリアや年収を左右するターニングポイントになります。一方で、本編でご説明したように「何のために転職するのか?」が明確になっていないと、後悔することになりかねません。30代という年齢を考えると焦りもあるかもしれませんが、目的を明確にしたうえでしっかりとプランを立て、満足のいく転職を実現しましょう。

 

 
IT業界の求人チェックはこちらから
求人情報一覧へ