サーバーサイドエンジニアとは?仕事内容・スキル・給料を徹底解説!

サーバーサイドエンジニアとは?仕事内容・スキル・給料を徹底解説!

サーバーサイドエンジニアは、私たちが利用するWebアプリケーションやECサイト、業務システムなどの裏側でおこなわれている処理をプログラミングするエンジニアのこと。「裏側」の処理がメインの業務になるため、具体的にどんな仕事をしているのかイメージしにくい職種だと言えるかもしれません。今回は、サーバーサイドエンジニアの仕事内容から必要なスキル、おすすめの資格、気になる年収事情まで解説していきます。

 

サーバーサイドエンジニアとは?

サーバーサイドエンジニアとは、WebアプリケーションやECサイト、業務システムなどにおいてサーバー側で動作するプログラムを開発・管理するエンジニアのことを言います。

 

一般的に、WebアプリやECサイトなどの開発領域は、画面の設計などユーザーから見える「フロントエンド」と、データベースの処理などユーザーから見えない「サーバーサイド」に分類されます。イメージしやすい例として、たとえば、ユーザーが通販サイトで「マイページ」のボタンをクリックしたとしましょう。この操作に応じて、フロントエンドはサーバーサイドに「このユーザーのマイページ情報をください」とお願いします。フロントエンドからのリクエストに対して、データベースから必要なデータを取り出してフロントエンドに送るのがサーバーサイドの役割です。

 

サーバーサイドエンジニアとバックエンドエンジニアの違いは?

サーバーサイドエンジニアと似た言葉に、「バックエンドエンジニア」という言葉があります。両者の違いが気になる人もいると思いますが、企業によって呼び方が異なるだけで、実質的な違いはほとんどありません。

 

ユーザーの目に見える表側(フロントエンド)のプログラミングを担当するのがフロントエンドエンジニアであり、その対義語に当たるのが、ユーザーの目に見えない裏側(バックエンド)のプログラミングを担当するのがバックエンドエンジニアです。この「裏側」というのは、見方を変えれば「サーバー側(サーバーサイド)」と捉えることもできるので、サーバーサイドエンジニアという呼称も存在しています。

 

サーバーサイドエンジニアの仕事内容

サーバーサイドエンジニアのメインとなる仕事内容は、サーバー側の処理に必要なプログラムを開発すること。ユーザーの操作内容に応じたプログラムの開発をおこなうほか、サーバー側で扱う顧客情報などのデータ管理、データベースにあるファイルへのアクセスなど、ユーザーの目に見えない処理を担当します。たとえば、Webアプリの会員登録機能やログイン機能、フォーム機能や決済機能などは、サーバーサイドエンジニアが開発します。

 

新規のプログラム開発をおこなうのはもちろん、既存システムの変更や機能追加、Webサービスなどの安定稼働を担保する運用業務もサーバーサイドエンジニアの仕事です。また、サーバーへの不正アクセス処理などのセキュリティ管理をおこなうケースもありますし、小規模の開発案件ではインフラエンジニアの役割も兼ねてサーバーやネットワーク機器の設定をおこなうこともあります。

 

サーバーサイドエンジニアに必要なスキル・知識

サーバーサイドエンジニアに求められる主なスキル・知識としては、以下のようなものが挙げられます。

 

プログラミングスキル

サーバーサイドエンジニアにとって、プログラミング言語の習得は必須です。どの言語が必要になるかは会社や案件によって異なりますが、開発するシステムに応じて最適な言語を選択できるよう、複数の言語を習得しているエンジニアも少なくありません。

 

サーバーサイドのプログラミング言語は、インタプリタ言語とコンパイラ言語に分類できます。

 

▼インタプリタ言語

インタプリタ言語は、人間が書いたプログラムをコンピュータが実行する際に機械語に変換していく言語です。代表的なインタプリタ言語としては、「Ruby」「PHP」「Python」などがあります。

 

▼コンパイラ言語

コンパイラ言語は、人間が書いたプログラムをコンピュータが理解できる機械語に変換する言語です。代表的なコンパイラ言語としては、「Java」「C」「C++」などがあります。

 

フレームワークスキル

現在のシステム開発の多くは、フレームワークを用いておこなわれます。フレームワークとは、開発を効率的に進めるために必要な機能をまとめたもの。代表的なフレームワークとしては、Rubyの「Ruby on Rails」やJavaの「Spring」、PHPの「Laravel」などがあります。

 

データベースの知識・スキル

ECサイトであれば顧客情報や商品情報など、ほとんどのサーバーサイドの処理はデータベースと連携しています。サーバーサイドの開発ではデータベースを更新・管理する必要があり、そのためにはデータベースに関する知識や「SQL」などデータベース言語の習得が必須です。

 

OS・仮想環境の知識・スキル

小規模な開発案件では、サーバー環境構築など、本来インフラエンジニアの役割とされる業務もサーバーサイドエンジニアが担うケースが少なくありません。そのため、サーバーサイドエンジニアには、OSや仮想環境、クラウドに関する知識・スキルも求められます。

 

サーバーサイドエンジニアの年収

Indeedが公開している「日本のサーバーサイドエンジニアの給与」によると、サーバーサイドエンジニアの平均年収は約585万円(5,854,563円)となっています。近接する職種であるフロントエンドエンジニアの平均年収が「約543万円」であり、インフラエンジニアの平均年収が「約433万円」であることを考えると、サーバーサイドエンジニアの年収はエンジニアのなかでも比較的高いと部類に入ります。

 

※出典:日本でのサーバーサイドエンジニアの給与|Indeed(インディード)

https://indeedhi.re/2Npi6Os(2021年2月11日更新)

 

サーバーサイドエンジニアにおすすめの資格

サーバーサイドエンジニアとして一定のスキルを証明するには、資格取得が有効です。サーバーサイドエンジニアにおすすめの資格を5つピックアップしました。

 

PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、PHPの知識・スキルを証明できる認定試験で、「初級」「上級」「認定ウィザード」の3つのグレードがあります。上級を取得すれば、マニュアルを参照しながらPHPプログラミングをおこなえるスキルがあるとみなされます。

 

Oracle認定Javaプログラマ

Oracle認定Javaプログラマは、日本Oracle社が主催するJavaの知識・技能をレベル別に認定する試験です。現行の最新の試験バージョンは「Java SE 8」で、グレードは「Bronze」「Silver」「Gold」の3段階に分かれています。

 

Ruby技術者認定試験

Ruby技術者認定試験制度は、Rubyベースのシステムを設計・開発・運用するエンジニアなどを対象とした認定試験です。階級は「Silver」「Gold」の2つがあり、Goldを取得すれば、Rubyによる高い水準のシステム開発能力を持つ技術者であることが認定されます。

 

Linux技術者認定試験(LPIC)

Linux技術者認定試験(LPIC)は、Linux技術者として一定のスキルを身に付けていることを認定する試験で、レベル1~3の3段階が用意されています。200ヶ国以上のエンジニアが受験している資格で国際的なバリューもあります。

 

AWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイト

Amazon社のクラウドサービス「AWS」が提供するAWS認定資格は全11種類あり、そのうちのAWS認定ソリューションアーキテクト-アソシエイトは、主に設計者向けの中級レベルの資格です。AWSのサービスを利用して効率良くクラウド環境を設計・構築できることの証明になります。

 

サーバーサイドエンジニアになるためには

サーバーサイドエンジニアになるためには、プログラミング言語の習得が必須です。1つの言語だけでなく、2つ、3つの言語を習得できれば理想的です。

 

初学者がプログラミング言語を習得するためには、プログラミングスクールに通うのが確実です。オンラインで受講できるスクールもあり、社会人を続けながらプログラミングスクールに通って言語を習得する人も増えています。また最近では、プログラミング言語の習得を支援するアプリやネット上の教材も登場しており、独学でマスターする人も少なくありません。

 

業務上の実績がなくても、自分でWebアプリを開発した経験があれば転職活動でアピール材料になります。ある程度、プログラミング言語やフレームワークの知識・スキルが身に付いてきたら、自作アプリの開発にチャレンジしてみましょう。実際に自分で開発してみると足りない部分が明確になるので、さらなるレベルアップにつながります。

 

サーバーサイドエンジニアの将来性

日本のITエンジニアは慢性的な人材不足に陥っていることもあり、サーバーサイドエンジニアの需要も高く、将来的にも安定した雇用が見込まれています。

 

ただし、サーバーエンジニアに求められる知識・スキルは時代の流れとともに変わっていきます。たとえば、近年はオンプレミスからクラウドへの移行が顕著であり、AWSやGoogle Cloudなどクラウドの知識・スキルを持ったサーバーエンジニアが評価されやすくなっています。このように新しい知識を積極的に取り入れていく姿勢があれば、サーバーサイドエンジニアとして長く活躍していけるでしょう。

 

サーバーサイドエンジニアのキャリアパス

サーバーエンジニアのキャリアパスとしては、上流工程を担当するエンジニアや、プロジェクトマネージャーを目指すのが一般的です。

 

また、データベースエンジニアやセキュリティエンジニアなど近接領域の経験を積み、一人で様々な開発を手がけられる、いわゆる「フルスタックエンジニア」を目指す人もいます。フルスタックエンジニアを名乗れるレベルにまでスキルアップできれば、どんな企業にも好待遇で迎えられ、年収1,000万円超えも現実のものになってくるでしょう。

>> フルスタックエンジニアに必要な3つのスキル

 

 

まとめ

サーバーサイドエンジニアは、Webアプリ開発、スマホアプリ開発、ソーシャルゲーム開発など様々なプロジェクトで必要とされる存在。転職マーケットも活発であり、転職によって年収アップを実現するサーバーサイドエンジニアも少なくありません。

 

ひと口に「サーバーサイドエンジニア」と言っても、会社によって事業の特色が異なり、任される仕事や求められるスキルも変わってきます。最新の求人情報をチェックして、あなたの能力を存分に発揮でき、やりがいを持って働ける会社を探してみましょう。

 

サーバーサイドエンジニアの求人情報一覧はこちら
求人情報一覧へ