フルスタックエンジニアに必要な3つのスキル

フルスタックエンジニアに必要な3つのスキル

最近、さまざまな種類があるエンジニアから「フルスタックエンジニア」を目指す人が増えています。変化の速い業界にあって、なぜ今、フルスタックエンジニアに注目が集まっているのでしょうか。

 

今回の記事では、フルスタックエンジニアの基本的なことから、フルスタックエンジニアの年収相場、さらにフルスタックエンジニアに求められる必要なスキルや、今後の将来性について解説します。

 

フルスタックエンジニアとは

 

フルスタックエンジニアとは何か。またフルスタックエンジニアが求められる背景について見ていきましょう。

 

・フルスタックエンジニアとは

フルスタックエンジニアとは、WEB開発やシステム開発、運用から保守まで、エンジニアリングの業務におけるすべての工程を1人でできるエンジニアのことです。

 

通常、エンジニアは特定の技術を専門とした業務を行います。例えば、WEB開発ならばWEBエンジニア、システム開発ならばシステムエンジニア、ネットワーク開発ならばネットワークエンジニアという具合です。それぞれが専門分野を担当して業務にあたります。

 

フルスタックエンジニアは、そのような専門分野の業務をすべて1人で担うことができる人材として捉えられることから、マルチエンジニア、万能エンジニアと呼ばれることもあるのが特徴です。

 

・フルスタックエンジニアが求められる背景

フルスタックエンジニアの定義は、企業によって多少異なり、また実際の求人を見ても、求められる技術などには違いがみられます。そのため、同じフルスタックエンジニアであっても、さまざまな採用基準があるとみてよいでしょう。

 

フルスタックエンジニアのような敏腕エンジニアは、ベンチャー企業やスタートアップ企業からのニーズが非常に高いようです。なぜなら、本来であれば分担しなければならない作業をたった1人でこなすことができるので、ベンチャー企業やスタートアップ企業にとっては、魅力的な人材なのです。

 

フルスタックエンジニアの年収相場

 

すでに説明したように、フルスタックエンジニアはいわば通称であり、具体的な職種名ではありません。そのため、「フルスタックエンジニアの年収相場はこれ」と断定することは難しいです。実際に、フルスタックエンジニアの具体的な平均年収のデータを探すことは困難。しかし、フルスタックエンジニアは、スキルはもちろん、対応できる専門分野も多岐にわたるため、一般的なエンジニアよりも年収が高くなる傾向があります。

 

・求人から見るフルスタックエンジニアの年収相場

大手求人サイトなどで「フルスタックエンジニア」で検索すると、多数の求人が見つかります。ここ最近の求人では、以下のような年収での募集がありました。

〇株式会社S(港区) フルスタックエンジニア / 年収1,000万円~1,200万円
〇株式会社M(千代田区) フルスタックエンジニア / 年収500万円~1,000万円
〇株式会社R(中央区) 自社サービス・フルスタックエンジニア / 年収700万円~900万円

上のように、フルスタックエンジニアの年収には、かなり幅があることが分かります。場合によっては年収が1,000万を超えることもあるようです。

経済産業省が公表している一般的なエンジニアの平均年収592万円に比べ、はるかに高い年収を実現することも可能でしょう。

 

必要な3つのスキル解説

 

フルスタックエンジニアになるためには、どんなスキルを身につけておくとよいのでしょうか。必要スキルを確認しておきましょう。

 

・プログラミングスキル

エンジニアとして最も基本的なスキルといえるのが、プログラミング能力です。同じエンジニアでも、プログラミングの作業を行わない人もいますが、フルスタックエンジニアであればプログラミング能力は必須のスキルです。具体的なプログラミング言語としては、HTML、JavaScript、PHP、Ruby、Pythonなどがあります。すべてのプログラミング言語を身につけるというのは難しいですが、現在業界で需要の高いとされる言語を習得していれば、それだけエンジニアとしての市場価値を高められるでしょう。

 

・OSやミドルウェアのスキル

OSやミドルウェアを扱えるスキル・知識もフルスタックエンジニアに求められる能力のひとつです。OSというのはWindows、Linux、iOS、Androidなどのコンピュータ管理システムそのものにあたります。ミドルウェアは、OSの機能の強化や、OSとアプリケーションの橋渡しの役割を担うソフトウェアのことです。代表的なミドルウェアには、Apache、HTTP Server、MySQLなどがあります。

 

・クラウドサービスのスキル

近年はコスト削減や開発スピードのアップを実現するために、多くの企業がクラウドサービスを導入しています。クラウドサービスを扱えることも、フルスタックエンジニアにとって重要なスキルです。クラウドサービスにはさまざまな種類がありますが、その中で特に有名なものとしてAWS(Amazon Web Services)が挙げられます。

 

フルスタックエンジニアの将来性

 

最後に、フルスタックエンジニアの今後の将来性や需要について解説していきます。

 

・フルスタックエンジニアの強み

特定のプログラミング言語やスキルしか習得していないエンジニアの場合、それらの言語やスキルの需要がなくなってしまうと自身の職がなくなってしまう恐れがあります。

例えば、現在需要が高いとされるプログラミング言語であっても、それらがいつ使われなくなるかは誰にも分かりません。しかし、フルスタックエンジニアの場合、複数のプログラミング言語を習得しているので、特定の言語のトレンドの影響を受けることはありません。

プログラミング言語に限らず、エンジニアの仕事における多種多様なスキルを習得していることで、フルスタックエンジニアは常に市場価値の高い存在となることができます。

 

・フルスタックエンジニアの需要

フルスタックエンジニアは複数の業務を1人で担当できるため、多くの企業で重宝されます。先述したように、スタートアップ企業やベンチャー企業からのニーズが非常に高く、この傾向は今後も続くでしょう。これらの企業は、マルチなスキルを保持した、即戦力を求める傾向があるからです。

クラウドサービスの台頭によって、専門のエンジニアでなくともサービスの運用・保守が容易になってきていることも、フルスタックエンジニアにとっては有利な状況です。サービスの運用・保守の担当者数や業務負担が減る分、フルスタックエンジニアは他のさまざまな業務で求められ、活躍するシーンが増えていきます。

 

まとめ

 

「エンジニアとして生き残るには、フルスタックエンジニアになるのが一番」と言われることがあるほど、フルスタックエンジニアの市場価値と需要の高さは安定しています。多種多様なスキルを習得しているということは、それだけニーズが高く、将来的にも安定しているということです。変化の速い業界動向を見据え、フルスタックエンジニアという道を検討してみてはいかがでしょうか。