ゲーム業界で働くって、やっぱり楽しい?

ゲーム業界で働くって、やっぱり楽しい?

ゲーム業界への転職を考えている人や興味のある人は、ゲーム業界の仕事内容が気になるのではないでしょうか。そこで、ゲーム業界での仕事内容や未経験でも活躍できる職種を紹介していきます。また、ゲーム業界で働く人から見た現在のゲーム業界動向をはじめ、ゲーム業界の給料、ゲーム業界で活躍するためのポイントなども、参考にしてみてください。

 

ゲーム業界の仕事の内容は? 未経験からでも活躍できる?

ゲーム業界の仕事にはさまざまな種類があります。そのなかで、未経験からでも応募ができ、活躍も可能な職種についてご紹介します。

 

・ゲームプランナー

どのようなゲームを作るか、そのゲームの企画やアイデア、世界観などを生み出す仕事です。ゲームの内容、ストーリー、キャラクター、バトルシステム、イベントなど、いわばゲームの骨格作りを行います。さらに、売り上げやユーザー数を増やすためのマーケティング戦略の考案も行うなど、幅広い業務を担当する職種です。

特別な資格は必要ありませんが、ヒットタイトルや新しい世界観を生み出すセンス、企画やアイデアを魅力的に発表するプレゼンテーション能力、社内や営業先でのコミュニケーション能力などが求められます。未経験であっても、能力と実績のある人材であれば即戦力として採用されることも多くあります。

 

・プログラマー

企画・開発が決定したゲームの制作仕様書をもとにプログラミングし、実際にゲームそのものが動くようにする仕事です。キャラクターの動き、ユーザー画面の設計、サーバーの構築など、その作業は多岐にわたります。プログラマーがいなければ、どれだけゲームをプランニングしても実際に動かすことはできないため、ゲーム制作の中核を担う仕事であるといえるでしょう。開発したゲームのWEBサイトや、ゲーム開発に関わる特殊なツールを作る場合もあります。

プログラマーとして働く場合に必要とされる主なプログラミング言語には、C言語、C++、Java、JavaScript、PHP、Objective-Cなどがあります。ゲーム業界では、unity、Unreal Engineといった専用のゲーム開発エンジン(プラットフォーム)を利用して開発することも多いです。

ゲーム業界未経験であっても他業界でプログラマーとしての実績があれば、その実績が評価されて採用されるケースも十分にあります。

 

・デザイナー

ゲームのキャラクター、背景、アイテム、武器、魔法演出、エフェクトなど、ゲームにおけるビジュアル制作を担当します。これらの項目を平面で制作する場合は2Dデザイナー、立体で制作する場合は3Dデザイナーと区別されているケースが多いようです。さらに、背景グラフィックを専門とする場合はグラフィックデザイナー、キャラクター作成を専門とする場合はキャラクターデザイナー、エフェクトを専門とする場合はエフェクトデザイナーと細分化されています。それぞれ必要とされるスキルが異なるため、自身のスキルを証明できる作品の提出が求められるケースもあります。

 

・デバッガー

制作されたゲームが仕様通りに動作するか検証し、バグやエラーがないかをチェックする仕事です。実際にゲームをプレイしつつ、不具合が起きないか細かく確認していきます。資格や特別なスキルは必要ないため、未経験でも転職しやすい職種といえるでしょう。

 

・サウンドクリエイター

ゲーム内の音楽、効果音の制作および編集を行う仕事で、もともと音楽が得意な人に向いている職種です。資格は必要ありませんが、BGMや効果音を作るソフトや編集ツールを使いこなす技術が必要になります。

 

 

ゲーム業界で働く人の本音とは? 経験者が語る

ゲーム業界で実際に働いている人は、現在のゲーム業界についてどう思っているのか、またゲーム業界で働くことの楽しさや喜びとは何なのか、経験者のコメントをご紹介します。

 

・ゲーム開発者の需要について

「昔は据え置き型ゲームが主流で、ゲーム開発というと少し敷居が高い印象がありました。しかし、現在はスマホゲーム(ソーシャルゲーム)が爆発的に広がったことにより、ゲーム開発者の需要は昔よりもはるかに高くなっています。年間何百本という新しいゲームが開発され、開発費用も3億を超えるのが普通です。開発人員もそれだけ必要になるので、昔よりも今のほうがあきらかに採用されやすいでしょう。
ゲーム開発はチームで動きますから、幅広いクリエイターが求められます。そのため、たとえゲーム業界未経験であっても、即戦力として評価される人材であれば採用される可能性は非常に高いです。」

 

・ゲーム業界の給料について

「給料の良し悪しは、職種の違いだけでなく、自分のスキルとセンス次第で大きく変わってきます。たとえば、 デバッガーのような特殊なスキル・経験をあまり必要としない仕事はアルバイトでの採用も多く、低い給料になることがほとんどです。ゲームプランナーになると、自分が企画・開発したゲームがヒットして、社内でヒットメーカー的な存在になれば地位も上がり、年収も大幅に増えます。プログラマーはどの企業でも重宝されるので、平均年収は高めです。しかし、プログラマーとしてのスキルを常に維持・向上させる必要があるでしょう。」

 

・ゲーム業界で働くことの楽しさ

「ゲーム開発でいちばん楽しい、うれしい、幸せだと思えることは、自分が関わったゲームが実際に世に出て、多くの人がそれをプレイして遊んでいると実感するときです。長い年月をかけてチーム一丸となって作ったものを、手に取って遊んでもらえる、楽しんでもらえるというのは、やはりゲーム開発をしていていちばんの喜びですね。さらに、開発したゲームがヒットして、国内だけでなく海外でもリリースされたときは、海を越えて世界中の人々がそのゲームを手にし、夢中になってくれるので、言葉にならない喜びを感じます。
開発したゲームが雑誌やWEBで紹介されたり、ユーザーから高い評価を受けたりしたときも、同じように喜びを感じますね。」

 

 

 

こんな人がゲーム業界で活躍する

ゲーム業界で活躍する人の特徴には、どんな点が挙げられるのでしょうか。重要なポイントついていくつかご紹介しましょう。

 

・なによりもゲーマーであること

ゲーム業界で活躍する人のほとんどはゲームが好きでたまらないゲーマーで、ゲームが好きだからこそゲーム業界で働きたいし、ずっとゲームに携わっていたいと強く願っている人たちです。ゲームが好きだから、多少業務がきつくても苦にならない。長く続けられるし、仕事にやりがいや喜びを感じるのでしょう。

しかし、単にゲームが好きというだけでは優秀なゲーム開発者にはなれません。遊び手から作り手に変わるわけですから、今度は「どんなゲームを作れば面白いと思ってもらえるか」を考えなければならないのです。もともとゲーマーであるならば、何が面白いか、どんなゲームをプレイしたいかがわかり、想像もできます。そういうゲーマー心理を深く理解している人ほど、優秀なゲーム開発者になれる可能性が高いといえます。

 

・特定の職種だけに絞らないこと

「どうしてもゲームプランナーになりたい」「キャラクターデザイナーを目指したい」など、特定の職種にこだわっている人も多いです。しかし、このように職種を絞ってしまうと、自分の能力が限定され、可能性を狭めてしまうおそれもあります。

企業によっては技術の熟練度よりも、その人の人間性や発想力、柔軟性に期待して採用するケースも多いようです。最初はキャラクターデザイナーにこだわっていたけれど、今はゲーム会社の営業職で楽しく働いているという人もいます。プログラマーやサウンドクリエイターなどの技術職になると専門的なスキルが必要になりますが、営業、プランナー、デバッガー、シナリオライターなどであれば、未経験でスキルがなくても、これまでの実績や才能次第で採用される可能性は大いにあります。

ゲーム業界のなかでどんな役割を担うことが自分の能力をいちばん発揮できるか、そして自分が本当に楽しめるか。それを見つけるためにも、ひとつの職種に絞りすぎず、可能性の余白を広げて就職・転職活動をしていきましょう。

 

・「こんなゲームを作りたい」という情熱

志望動機が「ゲーム業界で働きたいから」ではなく、「作りたいゲームがあるから」という強い思いを持った人ほど、ヒットメーカーになりやすい傾向があります。ただ漠然と「ゲーム業界で働いてみたい」ではなく、「前からこんなゲームを作ってみたかった!」という情熱がある人です。ゲームが好きで、ゲーマーであるからこそ、開発してみたいゲームがある。世界中の人々に遊んでもらいたいゲームがある。そういう志の高さと情熱は、技術以上に重要な要素といってもいいでしょう。

 

 

まとめ

ゲーム業界で充実感を持って働ける人の大きな特徴は、仕事に必要な専門スキルがあることだけでなく、なによりゲーム好きのゲーマーであり、「こんなゲームを世に出したい」「ずっとゲーム開発の現場に携わっていたい」という熱意があることです。そうした情熱がある人であれば、ゲーム業界で働くことは大きなやりがいがあり、楽しんで取り組めるでしょう。
たとえ未経験からの転職であっても、職種や会社側の求める人材によっては採用される可能性も十分にあります。面接の際は、得意分野やスキルの自己アピールだけでなく、ゲームに対する熱い想いもしっかりと語れるように準備して臨みましょう。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

ゲーム業界専門のコンサルタントに話を聞きたい方はこちらから^^

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+