転職で年収が上がるエンジニアの特徴、教えます!

  • TOP
  • 転職コラム
  • 転職で年収が上がるエンジニアの特徴、教えます!

転職で年収が上がるエンジニアの特徴、教えます!

エンジニアの仕事に就くためには専門的な知識や技術の取得が不可欠です。そのため、この仕事に就くために努力したのだから、それに見合った年収を得たいと考えるエンジニアも多いことでしょう。

しかしながら、エンジニアの仕事は多種多様な職種に細分化できる上に、数多くの企業で必要とされていることからその年収には幅があります。したがって、就職する企業や担当業務によっては、希望年収に届かないケースも考えられます。

ここでは実際に年収が上がったエンジニアの転職例を紹介しながら、エンジニアが満足できる転職をする際のポイントと注意点を紹介します。

 

年収が上がるのはニーズがあるから!まずは企業のニーズを把握

 

エンジニアはさまざまな職種に細分化することができます。さらに、それぞれの職種によって企業からのニーズが異なります。そのため、職種によって年収は異なる傾向があり、エンジニアとしての転職においては、職種ごとにどのような人材が求められているのかを知ることが大切です。ここでは職種を細分化し、転職市場で求められる人物像を見ていきましょう。

 

・SE(システム・エンジニア)

オールラウンダーのエンジニアといえるSEには、エンジニアとしての幅広い知識と技術が求められます。そのため、転職市場においては豊富な経験があるかどうかが重視される傾向が強く、それまでに携わったプロジェクトの内容などが転職の際に大きく影響します。

また、SEには具体的なスキルとしてコミュニケーション能力や資料の読解力も求められます。これはSEに顧客の希望をくみ取り、開発に反映させることが求められるためです。

 

・PM(プロジェクト・マネージャー)

プロジェクトをまとめ上げるPMには、エンジニアとしての十分な実績や実力だけでなく、全体を統率するリーダーシップが備わっていることも求められます。また、プロジェクトを円滑に進めるためのマネジメント能力もPMには不可欠なスキルといえるでしょう。

 

・インフラ系エンジニア

ネットワークやデータベースの設計や構築、保守といった幅広い業務を担うのがインフラ系エンジニアです。専門的な知識が求められるこの職種には、エンジニアとしての実績のなかでも特にインフラ関係の実績が豊富な人材が求められます。

 

・フロントエンドエンジニア

Webサイトのデザインや実装を担うフロントエンドエンジニアに対するニーズは、スマートフォンの普及に比例して増加しています。この職種では「HTML」「CSS」「JavaScript」「PHP」「jQuery」「AngularJS」などを使いこなすスキルが求められます。

 

・セールスエンジニア/フィールドエンジニア

セールスエンジニアとフィールドエンジニアは、営業とカスタマーサービスを担うエンジニアです。そのため、エンジニアとしての基本的な知識が十分にあることだけでなく、顧客との交渉を円滑に進めるためのコミュニケーション力が備わっていることも求められます。

 

年収が上がった!実例集

 

エンジニアとしての転職を考えているが、実際に合った転職事例を見てから行動を起こしたいと考える方も少なくありません。ではどのように行動したらよいのでしょうか。ここでは3つの成功事例をご紹介します。

 

・20代後半 Sさん(男性)のケース

証券会社のSEとして働いていたSさんは、職場環境に対する不満はなかったものの、さらに多くの年収を得たいと考えたことから、同じSEとして働ける転職先を探し始めました。その結果見つけた転職先では、SEとしての経験だけでなく、証券会社で働いていたことで得た知識も評価され、年収は440万円から560万円にアップしました。

Sさんのような、年収アップを目的とした転職を目指す場合は、エンジニアとしての実績以外の強みも評価してくれる企業を探すことが成功のカギを握るといえそうです。

 

・30代前半 Mさん(男性)のケース

PMとして働いていたMさんの年収は800万円。この世代では十分といえるほどの年収です。しかし、残業が多くて労働時間に見合ったほどの収入は得られていないと感じていました。そこでMさんは、労働時間のコントロールがしやすく、PMとしての経験も活かせる社内SEとしての転職を決意し、その結果、理想の転職先を見つけることができました。

 

転職先での年収は微増とはいえ、前職の800万円を上回る830万円。その上、残業時間を大きく減らすことができた、とMさんはこの転職に満足しており、将来的には現在の会社でPM職に就くことも考えているそうです。

 

一方、次のようなケースのエンジニアの転職においては、一時的な年収の減少があったとしても、将来的な年収アップを見越して、長期的に働ける職場を見つけることを優先する方が良い場合があります。

 

・20代後半 Tさん(女性)のケース

TさんはSEとして入社し、400万円の年収を得ていました。しかし、以前から多くの人と関わる仕事のほうが自分には向いていると考えていたことから、SEとしての経験も活かせる仕事への転職を決めました。

 

その結果、Tさんはセールスエンジニアの職に就き、現在はエンジニアとしての経験も活かしながら、顧客対応なども担当。また、年収も80万円増加し、将来的には、さらに幅広い分野の活躍を考えているそうです。

 

女性のエンジニアは男性に比べて少なく、転職事例も若干少ない傾向があります。しかし、エンジニアとして長期的に働くことを考えている女性は多いとみられ、十分なスキルや希望がはっきりしていれば、転職はもちろん、転職に伴う年収アップも十分に可能だといえるでしょう。

 

 

 

年収を考える際の注意点

 

エンジニアとしての転職で年収について考える際には、以下の点に注意する必要があります。

 

・年収の定義を正しく理解する

年収とは、税金や各種保険料などが引かれる前の総収入額の1年分を意味します。しかし、この定義を誤って認識してしまう方も多く、そのことが転職の失敗を招いてしまうこともあります。

例えば面接時に、税金や各種保険料が引かれた収入額の1年分を年収として伝えてしまった、という失敗事例は少なくありません。年収の定義は正しく理解しておくことが大切です。

 

・現在の年収の適切性を確認する

収入に対する不満をきっかけに、転職活動を始めるエンジニアは多いとみられますが、企業によっては、その人のスキルや実績に伴わない給与を支払っている場合もあり、転職先企業で期待されるスキルを発揮できない場合、逆に年収が下がってしまうというケースもあるのです。

このことから、現在の収入に不満を感じている転職希望者ほど、その年収額が本当に自分の能力に見合っていないのかどうかを客観的な立場から見極めることも大切です。

 

・年収は月収とボーナスに分けて確認する

年収は月収とボーナスの合計であるため、転職先企業から提示された年収は多いものの、月収は少なく、ボーナスが多いということもあります。転職時には、年収における月収とボーナスのバランスを確認することも忘れないようにしましょう。

 

・不安がある場合はエージェントを利用するという選択肢もある

エンジニアのみならず、多くの人にとって転職にはさまざまな不安がつきものです。例えば年収の交渉に不安がある方は、自力で転職活動するのではなく、エージェントを利用することも検討してみましょう。

 

まとめ

 

エンジニアの職種は年収の幅が広く、現状に不満を感じ、年収アップを目的とした転職を考えている方も多いでしょう。しかし、エンジニアの転職では失敗事例も少なくないことから、スキルや実績を評価してくれる企業や業界を調べること、自分の強みを知っておくことは不可欠といえそうです。

アールストーンでは適正年収診断サービスの提供を行っていますので、年収アップを目指す転職希望のエンジニアの方はぜひご利用ください。