フロントエンドエンジニアになるための方法とは?

フロントエンドエンジニアになるための方法とは?

Web制作やアプリ開発の現場で、ユーザーが直接触るフロントエンド部分の開発を担当するのがフロントエンドエンジニアです。フロントエンドエンジニアを目指しているのであれば、フロントエンドエンジニアになる方法はもちろん、業務内容や平均年収などを把握しておきたいのではないでしょうか。今回は、フロントエンドエンジニアになるための方法を紹介します。

 

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、Webサイトやアプリ開発において、フロントエンド部分の業務を担当するエンジニアです。フロントエンドとは、ユーザーに直接目に見える部分やユーザーと直接データのやり取りを行う仕組みを指します。フロントエンドエンジニアは、表示される画面と画面内のパーツなどユーザーが直接見て操作する部分の実装と、操作された際の処理をプログラミングするのが主な作業となります。そんなフロントエンドエンジニアの仕事内容は、以下の通りです。

 

・HTML、CSS、JavaScriptなどでの構築

Webページ、Webアプリなどの見た目は、HTML、CSSなどのマークアップ言語で作成されています。フロントエンドエンジニアはWebデザイナーが作成したデザインを基に、画面やパーツの色・形・レイアウトなどを作っていきます。また、Webサイトに動きを加える場合は、JavaScriptなどのプログラミング言語を使用して機能や処理を追加していきます。これらの業務はフロントエンドエンジニアがすべて担当することもありますが、コーダーやマークアップエンジニアなどと協力して行うこともあります。コーダーなどにプログラミングに関する技術的な指示やアドバイスを行うことも、フロントエンドエンジニアの役割です。

 

・CMSを使用した構築や調整

Webサイトの作成では、「CMS」というサイトの一元管理ができるシステムを利用することがあります。デザイン通りのページを制作して設計書通りの機能を実装するためには、CMS側の設定を変更しなければならないこともあります。たとえば、URLの設定やページ構造の変更などもCMS上で行える場合があるため、フロントエンドエンジニアにはCMSの知識やスキルが求められます。

 

・デザイン制作

デザイン制作は基本的にWebデザイナーが行いますが、フロントエンドエンジニアもコーディングやCMSを用いて実現できるかどうかという視点から、デザイン制作に携わる場合があります。なかにはWebページのデザイン案にあたる「ワイヤーフレーム」を作成することもあるようです。Web制作の現場によって、どの程度まで担当するかに差がありますが、デザイン制作もフロントエンドエンジニアの仕事内容に含まれる可能性があるといえます。

 

・SEO対策

SEOとは「検索エンジン最適化」と呼ばれ、SEO対策とは、特定のキーワードで検索されたときに上位表示させるための方法です。実際に、プログラミングの書き方やCMSの設定によって、SEO順位に影響を与える可能性があります。SEO対策を踏まえた開発や調整を行うことも、フロントエンドエンジニアの大切な業務のひとつです。

 

フロントエンドエンジニアの平均年収と市場価値

フロントエンドエンジニアの年収相場はどれくらいなのでしょうか。

 

2017年(平成29年)経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、インターネット関連企業のエンジニア・プログラマーの平均年収は592.2万円です。

 

スマートフォンの普及により、新しいコンテンツが次々と開発されています。コンテンツのプラットフォームにあたるWebサイトやアプリの現場にはフロントエンドエンジニアが必要となるため、市場価値は高い傾向にあります。

 

なかでも、フロントエンドエンジニアとして、より市場価値が高いとされるのは「UI/UX」設計の知識や経験がある人材です。「UI(ユーザーインターフェース)」とは、そのサイトやアプリの使いやすさ、目的のページやコンテンツへのアクセスのしやすさを指します。「UX(ユーザーエクスペリエンス)」とは、ユーザーがコンテンツやサービスを通して得られる体験のことです。サイトやアプリにおいて、文字の大きさやフォントの種類、レイアウトを、UI/UXを考慮した上で制作することで、クオリティは大きく改善されるのです。

 

実際にプログラミングに関してはプログラマーがメインで行う面もありますが、UI/UX設計については、フロントエンドエンジニアが関与する専門的な部分となること多い傾向にあります。したがって、上記のようなスキルが豊富であれば、通常のフロントエンドエンジニアよりも高い年収が狙える可能性があるでしょう。

 

フロントエンドエンジニアになるための方法

フロントエンジニアになるために必要なスキルにはどのようなものがあり、どのような人が向いているのでしょうか。必要なスキルと向いている人をご紹介します。

 

<フロントエンジニアになるための必要なスキル>

・プログラミングスキル

Webサイト制作やアプリ開発を担当するエンジニアは、プログラミングスキルが必須です。もちろんフロントエンドエンジニアも、プログラミングスキルが求められます。フロントエンドエンジニアになるためには、HTMLやCSSといったマークアップ言語はほぼ必須ですし、データの取得やユーザーの操作によって画面表示を変更させる、といった動的なページを作るためにはJavaScriptなどのプログラミング言語が使われます。

 

・CMSに関する知識

Web制作の現場では、CMSを使用してWebサイトを構築することがあります。このとき、プログラミング能力だけあってもCMSの知識がなければ、設計通りにWebサイトを構築することはできません。需要の高いCMSである「WordPress」はPHPという言語で構築されており、カスタマイズ時にPHP言語の知識が必要となることもあります。

 

・SEOに関する知識

フロントエンドエンジニアは、Webサイトの制作においてSEO対策を行うこともあります。検索エンジンのアルゴリズム(Webサイトデータの収集におけるルール)を把握し、キーワードや構造といったページ内部に行う対策と、外部からのリンクを増やす対策を考案・実装できるスキルが求められます。

 

<フロントエンジニアに向いている人>

・コミュニケーション能力のある人

フロントエンドエンジニアは、プログラマーやWebデザイナー、システムエンジニアなどさまざまな職種の人々と関わります。業務を行う上で社内でのコミュニケーションが不足していると、制作するのに効率が悪くなったり、認識のずれで修正作業が発生したりしてしまう恐れがあるため、フロントエンドエンジニアはコミュニケーション能力がある人の方が向いているといえます。

 

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアとして働くのであれば、キャリアについてよく考えておくことも大切です。フロントエンドエンジニアとして目指せるキャリアを紹介します。

・ITスペシャリスト

フロントエンドエンジニアとしてスキルや実務経験を積んでいき、ITスペシャリストになるキャリアパスがあります。ITスペシャリストとは、プロジェクトの開発において特定の業務を専門とするエンジニアで、通常のフロントエンドエンジニアやプログラマーが解決できないようなプログラミングや調整業務を担当します。ネットワーク、データベース、セキュリティ、アプリケーションなどの分野に分かれているので、フロントエンドの業務を一通り経験した後に得意な分野のITスペシャリストを目指すとよいでしょう。

 

・バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、ユーザーが直接触らない部分である「バックエンド」に関する開発を行います。業務内容では、システム構築、サーバー構築、データベース構築などが挙げられます。バックエンドエンジニアはフロントエンドの開発スキルを活かせるため、実際にフロントエンドエンジニアからバックエンドエンジニアになるキャリアパスを選ぶ人も少なくありません。フロントエンド開発を通して、バックエンド側にも興味を持った人に向いているキャリアパスです。

・フリーランスとして独立する

フロントエンドエンジニアとして、知識や経験が十分にあれば、フリーランスとして独立することも可能です。フリーランスは、会社員として働くよりも時間や働き方の自由度が増すというメリットがあります。また、スキルがあれば企業で働くよりも高い収入を得られる可能性もあります。自由に働きたい人や高い収入を狙いたい人に向いているでしょう。

 

まとめ

スマホが主流の現代ではWebサイトやアプリが開発され続けています。そのため、フロントエンドエンジニアの将来性も安定しているといえるでしょう。複数のプログラミング言語が扱え、実務経験が一定以上あれば、転職で収入アップを実現することも可能です。これを機にフロントエンドエンジニアへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ