IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

フロントエンドエンジニアになるための方法とは?

Web制作やアプリ開発において、ユーザーが直接触る「フロントエンド」部分の開発を担当するのがフロントエンドエンジニアです。今回は、フロントエンドエンジニアとしての転職をお考えの方に向け、フロントエンドエンジニアの業務内容や平均年収、フロントエンドエンジニアになるための方法や、スキルアップした先のキャリアパスなどについて解説していきます。

 

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、Web制作やアプリ開発の現場において、主にフロントエンド部分の開発を請け負うエンジニアのことです。フロントエンドとは、ユーザーの目に見える部分やユーザーと直接データのやり取りをおこなう領域のことを言います。表示される画面やパーツなどユーザーが直接見て操作する部分の実装と、操作された際の処理をプログラミングするのがフロントエンドエンジニアの役割です。フロントエンドエンジニアの具体的な仕事内容について、簡単にご説明します。

 

・HTML、CSS、JavaScriptなどでの構築

Webページ、Webアプリなどの見た目は、HTMLやCSSなどのマークアップ言語で作成されています。フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーが作成したデザインをもとに、画面やパーツの色・形・レイアウトなどを作っていきます。また、WebページやWebアプリに動きを加えたい場合は、JavaScriptなどのプログラミング言語を使用して機能や処理を追加していきます。

これらの業務はフロントエンドエンジニアがすべてを担当することもありますが、コーダーやマークアップエンジニアなどと協力しておこなうこともあります。コーダーなどにプログラミングに関する技術的な指示やアドバイスをおこなうのも、フロントエンドエンジニアの役割です。

 

・CMSを使用した構築や調整

Webサイトを構築する際は、サイトを一元管理できる「CMS」というシステムを利用することがあります。デザインどおりのページを制作し、設計書どおりの機能を実装するためにはCMSを使いこなせる必要があるので、フロントエンドエンジニアにもCMSに関する知識やスキルが求められます。

 

・デザイン制作

Webサイトのデザイン制作は基本的にWebデザイナーが担当しますが、Webデザイナーが作ったデザインをWeb上で実現できるかどうかという視点から、フロントエンドエンジニアがデザイン制作に携わるケースもあります。フロントエンドエンジニアがWebページのデザイン案にあたる「ワイヤーフレーム」を作成することもあるようです。Web制作の現場によって差はありますが、デザイン制作もフロントエンドエンジニアの仕事内容に含まれる場合があることは知っておきましょう。

 

・SEO対策

SEOは「検索エンジン最適化」の意味で、SEO対策とは、特定のキーワードで検索されたときにWebページを上位表示させるための対策のことです。HTMLやCSSなどプログラミングの書き方やCMSの設定によって、検索順位が変わってくるケースは多々あります。そのため、SEO対策を踏まえて開発をおこなうこともフロントエンドエンジニアの重要な業務になってきます。

 

フロントエンドエンジニアの平均年収と市場価値

フロントエンドエンジニアとしての転職を検討している方なら、平均年収が気になると思います。2017年(平成29年)の経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、インターネット関連企業のエンジニア・プログラマーの平均年収は592.2万円というデータが出ています。

スマートフォンの普及により、新しいコンテンツが次々と開発されています。コンテンツのプラットフォームにあたるWebサイトやアプリの開発現場には必ずフロントエンドエンジニアが必要になるため、フロントエンドエンジニアの市場価値は上昇傾向にあります。

なかでも、より市場価値が高いとされるのは「UI/UX」設計に精通したフロントエンドエンジニアです。「UI(ユーザーインターフェース)」とは、Webサイトやアプリの使いやすさや、目的のページやコンテンツへのアクセスのしやすさを指します。「UX(ユーザーエクスペリエンス)」とは、ユーザーがコンテンツやサービスを利用することで得る体験のことです。Webサイトやアプリのクオリティは、文字の大きさやフォントの種類、レイアウトといったUI/UXに配慮できるかどうかで大きく変わってきます。

プログラミング業務はプログラマーがメインでおこないますが、UI/UX設計はフロントエンドエンジニアの領域です。そのため、UI/UXに関する知識を身に付け、スキルアップを図ることで、一般的なフロントエンドエンジニアよりも高年収で転職しやすくなります。

なお、近年ではUI/UX設計が重視されるようになっており、UI/UX設計に精通したフロントエンドエンジニアのことを「UI/UXエンジニア」を呼ぶのが一般的になっています。

 

フロントエンドエンジニアになるための方法

フロントエンジニアになるために必要なスキルにはどのようなものがあるのでしょうか? また、フロントエンドエンジニアにはどのような人が向いているのでしょうか? それぞれ簡単にご説明していきましょう。

<フロントエンジニアになるための必要なスキル>

・プログラミングスキル

Webサイト制作やアプリ開発を担当するエンジニアは、プログラミングスキルが必須です。当然、フロントエンドエンジニアとして転職する際もプログラミングスキルが求められます。HTMLやCSSといったマークアップ言語は必須ですし、動的なページを作るためのJavaScriptも不可欠です。プログラミング初心者の方は、まずはHTML、CSS、JavaScriptにおいてスキルアップを図りましょう。

・CMSに関する知識

Web制作の現場では、CMSを使用してWebサイトを構築するのが一般的になっています。どれだけプログラミングスキルが高くてもCMSの知識がなければ、設計どおりのWebサイトを構築することはできません。もっとも高いシェアを誇るCMSである「WordPress」はPHPという言語で構築されているため、WordPressをカスタマイズするためにはPHPに関する知識・スキルが欠かせません。フロントエンドエンジニアの転職面接でも必ずチェックされるポイントになるので、有利な転職をしたいならPHPを身に付けておいたほうが良いでしょう。

 

・SEOに関する知識

フロントエンドエンジニアは上述のとおり、Webサイト制作においてSEO対策を担うケースも多々あります。自分が開発したWebサイト・Webページを上位表示させるためには、検索エンジンのアルゴリズム(Webサイトデータの収集におけるルール)を把握しているのはもちろんのこと、ページ内部におこなう内部施策と被リンクを増やす外部施策を考案・実装できるスキルが求められます。SEO対策に精通したフロントエンドエンジニアはそれほど多くないため、SEO面でのスキルアップを図ることができれば、転職活動においても大きなアドバンテージになるはずです。

 

<フロントエンジニアに向いている人>

・コミュニケーション能力の高い人

フロントエンドエンジニアは、プログラマーやWebデザイナー、システムエンジニアなど様々な職種のスタッフと関わります。業務をおこなううえで社内でのコミュニケーションが不足していると、認識のズレから修正が発生しがちになり、結果的に納期遅延や予算オーバー、顧客満足度の低下へとつながるおそれがあります。その意味で、フロントエンドエンジニアはコミュニケーション能力の高い人が向いていると言えるでしょう。

・トレンドに敏感で、常にスキルアップを図れる人

フロントエンドエンジニアが用いる知識・技術は、常にアップデートされています。既存の知識・技術にとらわれているフロントエンドエンジニアは、最前線の現場で活躍することはできません。好奇心が旺盛で、Webまわりのトレンドに敏感で、常に最新技術を採り入れてスキルアップできる人は、フロントエンドエンジニアに向いていると言えるでしょう。

・ユーザーの反応を楽しめる人

フロントエンドエンジニアは、特にユーザーに近い部分の設計を担います。自分が作成したWebページやアプリでユーザーに驚きを与えたり、面白さや快適さを感じさせたりすることができます。こういったユーザーの反応を楽しめる人は、より良い設計・プログラミングができる資質があり、フロントエンドエンジニアとして大きな可能性を秘めていると言えるでしょう。

 

 

フロントエンドエンジニアのキャリアパス

フロントエンドエンジニアとして転職するのであれば、将来のキャリアについてよく考えておくことも大切です。フロントエンドエンジニアとして目指せる一般的なキャリアパスをご紹介します。

・ITスペシャリスト

フロントエンドエンジニアとしてスキルアップすることで、ITスペシャリストへの転職も現実的なものになってきます。ITスペシャリストとは、プロジェクト開発において特定の業務を専門とするエンジニアのこと。ネットワーク、データベース、セキュリティ、アプリケーションなどの分野に分かれているので、フロントエンドの業務をひと通り経験したうえで、自分が得意とする分野のITスペシャリストを目指すのが良いでしょう。

・バックエンドエンジニア

バックエンドエンジニアは、ユーザーが直接触らない部分である「バックエンド」の開発をおこなうエンジニアのこと。システムやサーバー、データベースの構築などを担当します。バックエンドエンジニアは、フロントエンドの開発スキルが生かせる職種です。フロントエンドとバックエンド、両方のスキルがあるエンジニアは市場価値が高まり、転職でも有利になります。フロントエンドエンジニアとして十分な経験を積んだら、バックエンド方面でスキルアップを図るのも良いでしょう。

・Webディレクター

フロントエンドエンジニアとして経験を積んだ人は、Webディレクターへの転職も視野に入れることができます。Webディレクターは管理系の業務が中心になるため、制作メンバーの管理、スケジュール管理、クオリティ管理などのスキルアップが必要になります。フロントエンドに関する知識・スキルのあるWebディレクターはクライアントからの技術的な要求にもスムーズに対応できるので、転職する際にもアドバンテージにはるはずです。Webディレクターに関しては以下の記事でも詳しく解説しています。
>> Webディレクターとは?転職前に確認。仕事内容や資格は?

・Webデザイナー

フロントエンドエンジニアの業務に従事しているなかで、デザインに興味を持つようになる人も少なくありません。配色やレイアウトなどデザインの基礎知識や、Photoshop・Illustratorなどのデザインソフトを使いこなすスキルを身に付ければWebデザイナーに転職することも可能です。デザインのスキルを身に付けたフロントエンドエンジニアは、「デザインもできるエンジニア」「開発・実装もできるデザイナー」として、転職マーケットでも高い評価を得られるはずです。
>> Webデザイナーが転職して年収アップ・キャリアアップするには?

・UI/UXエンジニア

フロントエンドエンジニアとして働くなかで、サービスの機能性や操作性などユーザー体験の向上に興味を持った人はUI/UXエンジニアへの転職も選択肢になってきます。上述のとおり、転職市場においてUI/UXエンジニアの需要は右肩上がりで、好条件の求人も多くなっています。UI/UXエンジニアはフロントエンドエンジニアと親和性の高い仕事なので、スキルアップを狙うには最適な職種だと言えるでしょう。
>> 30代でUI/UXデザインをスキルに転職したい方に

まとめ

Webサイトやアプリが続々と開発されているなか、フロントエンドエンジニアは安定した将来性が見込める職種だと言えるでしょう。継続してスキルアップを図れる人なら、転職による収入アップを実現することも可能です。これを機に、フロントエンドエンジニアへの転職を検討してみてはいかがでしょうか。

フロントエンドエンジニアの求人情報を見る
求人情報一覧