IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

インフラエンジニア、転職に必要なスキルとは?

インフラエンジニア、転職に必要なスキルとは?

ITビジネスの急拡大にともない、エンジニアの需要も大きく拡大しています。転職マーケットにおいてもエンジニアの求人数は右肩上がりで、人材も活発に動いています。エンジニアにも様々な専門領域がありますが、そのなかでも近年は「インフラエンジニア」を目指す人が増加傾向にあるようです。今回は、ITエンジニアの職種の一つであるインフラエンジニアの仕事内容や、インフラエンジニアになるために必要なスキルなどについて解説していきましょう。

インフラエンジニアとは・・・

インフラエンジニアとは・・・

インフラエンジニアを理解するうえでは、まずは「インフラ」という言葉の意味を理解する必要があります。

インフラとは「インフラストラクチャー」を略した言葉であり、「基盤」「土台」「下支えするもの」といった意味があります。ニュースなどで「インフラ設備」という言葉が使われますが、これは私たちの生活を支えている様々な基盤施設のこと。たとえば、水道、電気、ガス、道路、通信網など、生活や産業の基盤として整備・提供されているものはすべてインフラであると言えます。

現在、インターネットは私たちの生活に必要不可欠なものになりました。インターネットを利用するにも基盤となる「ITインフラ」が必要であり、このITインフラの構築・運用・保守を請け負うエンジニアがインフラエンジニアです。

インフラエンジニアの役割

インフラエンジニアの主な仕事は、ITインフラの構築・運用・保守などです。私たちが当たり前のように利用しているインターネットは、ITインフラがなければ使うことはできません。ITサービスを24時間稼働させるためにもインフラエンジニアは不可欠な存在であり、いわばIT業界における「縁の下の力持ち」と言えます。

業種別:インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアは業種によって仕事内容が異なります。ここからは、業種別にインフラエンジニアの仕事内容とその特徴について見ていきましょう。

SIerで働くインフラエンジニア

インフラエンジニアの仕事はITインフラを構築することですが、大手のSIerで働くインフラエンジニアの場合、プロジェクトマネジメントの仕事が中心になるため、実際に現場でシステムを構築することはほとんどありません。

中小のSIerの場合、基本的に大手SIerからの受託案件が多くなります。中小のSIerで働くインフラエンジニアは、大手から請け負った案件のシステム構築(設計・構築・テスト)をおこなうほか、下流工程であればシステムの運用・保守のみをおこなうケースもあります。

WEB業界で働くインフラエンジニア

一般的なWEB系企業でインフラエンジニアとして働く人も多くいます。WEB業界におけるインフラエンジニアの主な仕事は、社内システムの管理・運用です。企業によっては、社内システムだけでなく、WEBサイトの管理・運用、セキュリティ対策業務、ビッグデータの活用業務、デバッグ業務、パソコンの設定など、WEB業界特有の仕事を担当することもあります。

社内で新しいシステムを立ち上げる場合は、基本的に外部のSIerに依頼する企業がほとんどなので、一からシステムを開発・構築するケースは稀です。

ゲーム業界で働くインフラエンジニア

近年のゲーム業界は、スマホアプリも含めオンラインでプレイするゲームが主流になっており、それにともなうサーバーやネットワークの構築が欠かせません。

ゲーム業界におけるインフラエンジニアは、オンラインゲームで必要となるサーバーやネットワークの構築で力を発揮します。それ以外にも、ゲームデータの管理・保存、課金システムの構築・管理など、ゲーム業界特有の仕事も多くなります。

職種別:インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアはITインフラを構築するエンジニアの総称であり、専門分野によって以下の5つの職種に分類されるのが一般的です。

・サーバーエンジニア
・ネットワークエンジニア
・データベースエンジニア
・クラウドエンジニア
・セキュリティエンジニア

それぞれのエンジニアについて簡単にご説明します。

サーバーエンジニア

WEBサイトの公開、メールの送受信など、ネット上でデータをやり取りしたり蓄積したりするためには「サーバー」が必要になります。このサーバーの構築・運用を担うのがサーバーエンジニアです。クライアントの要望に沿ったサーバーの構築や、システム運用のためのOS・ソフトウェアの導入などがサーバーエンジニアの主な仕事になります。

ネットワークエンジニア

インターネット上でデータを受け渡すにはネットワーク回線が必要です。ITインフラのなかでも、ネットワークの基盤を構築する役割を担うのがネットワークエンジニアです。コンピューターとサーバーをネットワーク機器(ルーターやスイッチ)で接続したり、データの送受信を正常におこなうための基盤を構築するなど、ネットワークの構築・運用を担います。

データベースエンジニア

データベースエンジニアとは、データベースの設計・構築・運用をおこなうエンジニアのことです。企業にとってビッグデータの活用が欠かせなくなっている今、データベースエンジニアの需要が高まっており、他のエンジニアからデータベースエンジニアに転職する人も増えています。

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアとは、クラウドサービスを利用してシステムの設計・構築・運用をおこなうエンジニアのことです。コスト削減や開発のスピードアップのためにクラウドサービスを導入する企業が増えており、それに比例するようにクラウドエンジニアのニーズも拡大しています。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは、ネットワークやシステムのセキュリティ確保をミッションとするエンジニアのことです。サイバー攻撃やウイルス感染などによるシステム障害や機密情報の漏洩事故が増えている昨今、セキュリティエンジニアの重要性が高まっており、転職市場でもセキュリティエンジニアの求人数が増加しています。

インフラエンジニアの求人から見える「転職に必要なスキル」とは?

インフラエンジニア求人から見える、転職に必要なスキルとは?

転職サイトなどでインフラエンジニアの求人を探すと、応募資格として「実務経験必須」と「未経験者歓迎」の両方の求人が見られます。

「実務経験必須」の求人例

「実務経験必須」の求人の場合、未経験者とは求められるスキルが異なります。ここでは、その一例をご紹介しましょう。

【必須要件】
・Linux系OSやネットワーク(Switching/Routing)などの知識と実践経験1年以上
・IT系・ネットワーク系の認定資格保持者
・インフラエンジニアとしてキャリアアップを目指したい方
・社会人経験(2年以上)

【歓迎要件】
・構成管理ツールを使用したことがある方
・アプリケーション・ミドルウェアのチューニング経験がある方

「実務経験必須」のインフラエンジニアに求められるスキル

上記の求人内容を踏まえると、「実務経験必須」のインフラエンジニアには以下のようなスキルが求められると推察されます。

サーバーに関する知識とスキル

インフラの設計・運用・管理においては、サーバーおよび機器全般に関する知識・スキルが必須です。サーバーに用いられるOSとして主流なものとしては、Unix、Linux、Windowsなどがあります。

ネットワークに関する知識とスキル

インフラエンジニアとして働く場合は、サーバーを結びつけるネットワークに関する知識・スキルが求められます。ネットワークに関する知識・スキルを証明する資格としては、「ネットワークスペシャリスト試験」や「シスコ技術者認定試験」などが代表的です。これらの資格の有無が、転職活動の成否や転職後の労働条件に影響することもあるようです。

プログラミングスキル

WEB業界でインフラエンジニアとして働く場合、サーバーやネットワークの運用でプログラミング業務を担当することもあります。WEB系のプログラミング言語には様々なものがありますが、人気の高い言語としてはPHPやRuby、JavaやJavaScriptなどが挙げられます。インフラエンジニアとして仕事の幅を広げたい人は、WEB系のプログラミング言語を学ぶのが良いでしょう。

これからのインフラエンジニアに求められるスキル

これからのインフラエンジニアに欠かせないと言われているのが、クラウドに関する知識・スキルです。近年の傾向として、多くの企業が、サーバーやデータベースといったインフラ設備を自社に保有せず、クラウドサービス上でサービスを運用するようになっています。今後はさらにクラウドサービスの利用が一般的になっていけば、クラウドに関する知識・スキルを持ったインフラエンジニアも活躍の場を広げていくでしょう。

代表的なクラウドサービスとしては、Amazonが提供しているAWS(Amazon Web Services)や、Microsoftが提供している「Microsoft Azure」、Googleが提供している「Google Cloud Platform(GCP)」などがあります。このなかでも、特に大きなシェアを誇っているのがAWSです。インフラエンジニアのなかでも、AWSの設計・構築・運用や、AWSへの移設作業を専門とするエンジニアは「AWSエンジニア」と呼ばれ、転職マーケットにおいても注目の職種になっています。今後、インフラエンジニアが有利な転職を目指すなら、AWSの知識・スキルは必須のものだと考えておきましょう。

「未経験者歓迎」の求人例

インフラエンジニアは「未経験者歓迎」の求人もありますが、「同職種勤務の経験は問わない」というケースと、「IT関連知識の有無を問わない」というケースがあります。ここでは、「同職種勤務の経験は問わない」ケースの求人例をご紹介します。

【必須要件】

・独学あるいは学校等でインフラ関連知識を学んだ方
・熱意のある方

【歓迎要件】

・サーバーに用いられるOSの要件定義・設計・構築等の実務経験

このように条件的にはかなりハードルが下がっていますが、そのぶん「実務経験必須」の求人と比較すると給与などの待遇も下がる傾向にあります。

なぜインフラエンジニア未経験でも採用されるのか?

上述のように、インフラエンジニアの求人のなかには「未経験者歓迎」の求人情報も見られます。未経験者を登用している企業の多くは、インフラエンジニアの研修制度を導入して、社内でインフラエンジニアを育成しています。

研修制度の内容は企業によって様々ですが、資格取得を目指した研修をおこなっている企業もあれば、実務経験に近い現場研修を通して育成をおこなっている企業もあります。研修期間は数週間、長ければ数ヶ月に及びます。インフラエンジニアとしての経験がない人でも、このような研修制度を導入している企業であれば転職できる可能性が見えてくるでしょう。

インフラエンジニアに向いている人とは?

インフラエンジニアとして長く活躍するためには、インフラエンジニアとしての「適性」も重要です。一般的に、以下のような人はインフラエンジニアに向いていると言われます。

機械をいじるのが好きな人は適性あり!

インフラエンジニアは日々の業務のなかで、サーバー機器やネットワーク機器などのハードウェアを取り扱います。HDDやSSD、スイッチングハブや配線などを触る業務も多々あります。そのため、コンピューターなど機械をいじるのが好きな人は、インフラエンジニアに向いていると言えるでしょう。自分でパソコンを自作できる人などは、特に適性が高いです。

裏方として力を発揮する職人タイプの人は適性あり!

インフラエンジニアはIT業界のなかでも「縁の下の力持ち」の存在です。決して目立つ仕事ではありませんが、インフラエンジニアがいなければITインフラは成り立たず、あらゆるビジネスやサービスが立ち行かなくなります。そういった意味で、表に出て活躍したいというタイプより、裏方として自分の役割を遂行したいという職人タイプの人のほうがインフラエンジニアに向いています。

リスクマネジメント能力が高い人は適性あり!

インフラエンジニアは、あらゆるリスクを想定して対策を施し、万が一のトラブルが生じたときにもびくともしないインフラを構築する必要があります。このような仕事の性質を考えると、日頃からリスクに備えた準備ができる人はインフラエンジニアに向いていると言えるでしょう。「あらかじめやっておく」「念のためやっておく」といった慎重さがあり、リスクを見逃さず、リスクの芽を一つひとつ摘んでいけるような人は、インフラエンジニアとして高い適性があります。

インフラエンジニア、転職に必要なスキルとは?の【まとめ】

近年、ITビジネスの拡大を背景にインフラエンジニアの需要が高まっており、転職マーケットにおける求人数も右肩上がりで増加しています。一方で、インフラエンジニアの数はまだまだ少なく、インフラエンジニアの採用に苦労している企業は少なくありません。そのため、インフラエンジニアとしての経験がない人でも積極的に採用し、育成する動きも盛んになっています。エンジニアとしての将来性を考えるなら、インフラエンジニアは有力な選択肢の一つになってくるでしょう。

経験者であれ未経験者であれ、インフラエンジニアとして有利な転職をするためには転職エージェントの活用が必須です。R-StoneはIT業界に特化した転職エージェント。業界を熟知したコンサルタントが、あなたの転職を成功へと導きます。

>> R-Stoneについて

インフラエンジニアの求人一覧を見る
求人情報一覧