IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

プロジェクトマネージャーとは?必要なスキルと資格を紹介

開発プロジェクトを進めていくには、プロジェクト全体を管理する人が必要になります。この役割を担うのが「プロジェクトマネージャー」です。大きなやりがいがある反面、責任が重い立場でプロジェクトの成功を左右する重要な職種でもあります。今回は、プロジェクトマネージャーへの転職をお考えの方に向けて、気になる平均年収や求められるスキル、キャリアパスなどについて解説していきます。

 

プロジェクトマネージャー とは

プロジェクトマネージャー(PM)とは、プロジェクト全体をマネジメントする管理者であり、プロジェクトを成功に導くことをミッションとする職種です。プロジェクトメンバーやスケジュール、予算、品質、納期、成果物などに対して全責任を持ちます。プロジェクトを成功へと導くため、プロジェクト全体に関わる意思決定をするのがプロジェクトマネージャーの役割です。

プロジェクトの責任者として、全体の方向性を決めていくのはプロジェクトマネージャーの職務です。プロジェクトマネージャーがどんな方向に舵を切るかによって、プロジェクトの成否が左右されると言っても過言ではありません。

また、大規模なプロジェクトでは参画メンバーも多くなりますが、個々のメンバーがバラバラに作業を進めるとメンバー間での行き違いや認識のズレなどが発生しやすくなり、その影響も大きなものになります。このように、プロジェクトの規模が大きくなるほど、プロジェクト全体を管理するプロジェクトマネージャーの重要度は増していきます。

プロジェクトの規模などによってプロジェクトマネージャーが手がける業務は変わってきますが、一般的には以下のような業務はプロジェクトマネージャーの業務だとされています。

・プロジェクトの企画と立案
・プロジェクトメンバーの選定と手配
・プロジェクト全体のスケジューリング
・システム開発
・チームにおける対人関係のサポート
・リリース計画の策定
・プロジェクト終了後の振り返り など

上記に挙げたものは、プロジェクトマネージャーがおこなう業務のほんの一部です。プロジェクトマネージャーの仕事内容には、上記以外にもクライアントとの折衝や他部署との連携など、対外的な業務も多々発生します。プロジェクトマネージャーは予算やスケジュールに関する調整・管理が必要となることから、IT技術者としてのシステム開発能力よりも、管理者やリーダーとしての能力のほうが重要になってきます。

また、プロジェクトマネージャー以外のメンバーは、プロジェクトが終了すると作業を終えるのが一般的です。しかし、プロジェクトマネージャーはプロジェクトが終了した後にも、問題点や課題がなかったかどうかを振り返る必要があります。

 

プロジェクトマネージャーとリーダーとの違いとは

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは業務範囲が似ている部分があり、両者が混同されることもありますが、基本的には別の職種になります。プロジェクトマネージャーは、マネジメントに特化した職種です。予算やスケジュールの管理をおこなうことでプロジェクトを円滑に進行させるのが主な役割で、IT関連のスキルとともに経営者的なスキルも必要となります。

一方、プロジェクトリーダーの役割は、現場のリーダーとしてプロジェクトメンバーに指示を出すことです。メンバーとのコミュニケーションを図り、チームの意見をまとめ、メンバーがフォローを必要としている場合はプロジェクトリーダーが対応します。また、プロジェクトリーダーはプロジェクトマネージャーに比べて現場サイドでの作業が多いため、プログラミングスキルなどの技術力を生かしやすい職種だと言えます。

また、クライアントとのコミュニケーションの内容にも違いがあります。プロジェクトマネージャーは主に予算やスケジュールについてのコミュニケーションを図りますが、プロジェクトリーダーは仕様に関する確認や成果物についての説明を担います。

プロジェクトマネージャーの平均年収と市場価値

プロジェクトマネージャーの平均年収は、経済産業省や人材系企業によってデータが公表されています。調査機関によって差がありますが、一部を抜粋してご紹介しましょう。

経済産業省の調査による平均年収

経済産業省がおこなった「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は891.5万円となっています。
※参考:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果 平成29年8月21日 経済産業省

dodaの調査による平均年収

大手転職情報サイト「doda」がおこなった調査によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は664万円となっています。男女別、年代別の平均年収は以下のようになっています。

男性 女性
690万円

535万円

 

20代 30代 40代 50代
463万円 699万円 774万円 894万円

※参考:【163の職種別】平均年収ランキング 最新版 |転職ならdoda(デューダ)

求人ボックスの調査による平均年収

求人情報に特化した検索エンジン「求人ボックス」がおこなった調査によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は618万円となっています。
※参考:プロジェクトマネージャーの仕事の平均年収は627万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス(更新日:2021年8月4日)

これらの調査結果からも分かるように、プロジェクトマネージャーの平均年収は比較的高水準にあると言えるでしょう。実績豊富なプロジェクトマネージャーになると年収1,000万円を超える人もいますし、転職マーケットにおいても高年収の求人がたくさんあります。

プロジェクトマネージャーの年収が高い理由はいくつか考えられますが、大きいのは絶対数が少ないことでしょう。プロジェクトマネージャーになるには、エンジニアやシステムエンジニア、プロジェクトリーダーとして経験を重ねる必要があります。プロジェクトマネージャーになるまでに時間がかかりますし、誰でも経験を積んだらプロジェクトマネージャーになれるわけではなく、知識面・技術面で高度なレベルが求められます。そのため、プロジェクトマネージャーの人材が不足しており、各企業が高待遇で迎え入れているのが現状です。また、業務内容からも分かるように、プロジェクトマネージャーはプロジェクトの代表者として大きな責任を負うため、対価としての給与も高い水準になっています。

 

プロジェクトマネージャーに必要なスキルとは

プロジェクトマネージャーは、クライアントや取引先など多方面の人との交渉をはじめ、プロジェクトの管理、プロジェクトリーダーやメンバーのサポートなど幅広い業務を手がけます。それゆえ、非常に幅広いスキルが求められます。特に、以下の3つのスキルは転職時の選考においても重視されるポイントになってきます。

・マネジメントスキル

プロジェクトの規模や予算を的確に把握し、スケジュールどおりにプロジェクトを進めていくマネジメント能力は、プロジェクトマネージャーに欠かせないスキルの一つです。チームの進捗を常に把握し、スケジュールや人員などをハンドリングする必要があります。

計画どおりに進めることはもちろん重要ですが、イレギュラーな事態が発生した場合には、リカバリー策を立案してすみやかに軌道修正を図らなければいけません。プロジェクトマネージャーとして転職するには、プロジェクト全体を俯瞰で見渡し、臨機応変なマネジメントができる能力が必要です。

・コミュニケーションスキル

プロジェクトマネージャーのコミュニケーションは広範囲に及びます。プロジェクトを滞りなく進めていくためには、関係各所に対して提案・交渉・連絡など、適切なコミュニケーションを図ることができる能力が欠かせません。

・リーダーシップ

プロジェクトの先頭に立って成功へと導くのがプロジェクトマネージャーの役割であり、そのためにはリーダーシップが欠かせません。もちろん、すべてを自分一人で決めるということではなく、プロジェクトリーダーもうまく活用しながら、チームとして必要なリーダーシップを発揮する必要があります。

 

プロジェクトマネージャーのキャリアパス

プロジェクトマネージャーに転職するにはどうしたら良いのでしょうか。また、プロジェクトマネージャーにはどのようなキャリアパスがあるのでしょうか。「プロジェクトへのキャリアパス」と「プロジェクトマネージャーからのキャリアパス」をそれぞれ解説していきます。

・プロジェクトマネージャーへのキャリアパス

新人からプロジェクトマネージャーを目指す場合、まずはエンジニアなど、プロジェクトメンバーの一員としてキャリアをスタートするのが一般的です。プログラミングをおこなうエンジニアから、設計などの上流工程を担うシステムエンジニア、そして開発現場を取りまとめるプロジェクトリーダーといった順で経験を重ね、その後にプロジェクトマネージャーに転職するのが一般的なキャリアパスです。システム開発の業界経験がない人が、いきなりプロジェクトマネージャーへと転職するケースはまずありません。

・プロジェクトマネージャーからのキャリアパス

プロジェクトマネージャーをキャリアのゴールと捉えている人もいますが、別のステージへ進む人も多くいます。プロジェクトマネージャーの先にあるキャリアパス・転職先としては、以下のような選択肢が挙げられます。

・ITコンサルタント

プロジェクトマネージャーからITコンサルタントに転職する人は少なくありません。ITコンサルタントは、クライアント企業の経営課題を抽出し、IT導入によって課題解決を図っていく職種です。プロジェクトマネージャーに比べると、よりクライアント企業の経営に近いポジションで問題解決に当たるのが特徴で、プロジェクトマネージャーの上流工程を担います。

・フリーランス

プロジェクトマネージャーからの転職ではなく、フリーランスのプロジェクトマネージャーとして独立する人も増えています。スキル次第で年収アップを狙えること、自分の好きなプロジェクトを選べること、働き方の自由度が高いことなどが、フリーランスのプロジェクトマネージャーになるメリットです。フリーランスになると自分の営業力で仕事を獲得しなければいけませんが、近年は案件紹介サービスやエージェントも増えており、プロジェクトマネージャーの案件数も増加傾向にあります。

・経営者・役員

プロジェクトマネージャーとして経験を重ねたうえで、自ら事業を興して会社の経営者になる人もいます。また、プロジェクトマネージャー経験者の知識・スキルを求める企業は多く、スタートアップ企業やベンチャー企業の役員として迎え入れられるケースもあります。

 

プロジェクトマネージャーとは?必要なスキルと資格を紹介の【まとめ】

プロジェクトマネージャーには非常に幅広く高度な知識・スキルが求められますが、それだけに転職マーケットにおける需要も高く、高収入が期待できる職種です。自分の手腕一つでプロジェクトの成否が変わってくると言っても大げさではなく、大きな責任とプレッシャーをともなう仕事ではありますが、それをやりがいと感じられる人ならプロジェクトマネージャーに向いていると言えるでしょう。今は至らない部分があったとしても、マネジメントスキルやコミュニケーションスキル、リーダーシップに磨きをかけて、プロジェクトマネージャーへの転職を目指してみてはいかがでしょうか。

プロダクトマネージャーの求人一覧を見る
求人情報一覧