IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

PL(プロジェクトリーダー)に転職するために必要なスキル・資格とは?

PL(プロジェクトリーダー)に転職するために必要なスキル・資格とは?

PL(プロジェクトリーダー)は開発プロジェクトの現場管理者であり、プログラマーやシステムエンジニアなどのメンバーを束ねて、開発現場の指揮・統括をおこないます。プログラマーやシステムエンジニアとして一定のキャリアを重ねた人が、プロジェクトリーダーにキャリアアップするケースは少なくありません。

今回は、プロジェクトリーダーの役割や仕事内容、プロジェクトマネージャーとの違い、求められるスキルや資格などについて解説していきます。

PL(プロジェクトリーダー)とは?

PL(プロジェクトリーダー)は、開発プロジェクトの現場管理者としてプロジェクトチームを牽引するリーダー職です。開発会社やプロジェクトの規模によってプロジェクトリーダーの仕事内容は変わってきますが、一般的な仕事内容としては以下の3点が挙げられます。

PL(プロジェクトリーダー)の仕事01:開発現場の監督・管理

プロジェクトリーダーは最適な人員配置をおこない、品質やコスト、スケジュールなどを管理しながら開発プロジェクトをゴールへと導いていきます。プロジェクトリーダーが、自ら手を動かして仕様書を作ったりプログラミングをしたりすることはほとんどありません。プログラマーやシステムエンジニアなどのメンバーに指示を出し、各工程の進捗状況を管理するのが大きなミッションになります。

PL(プロジェクトリーダー)の仕事02:PM(プロジェクトマネージャー)の補佐

開発プロジェクトの総監督に当たるのがプロジェクトマネージャーであり、プロジェクトマネージャーを補佐するポジションがプロジェクトリーダーです。プロジェクトマネージャーはシステム開発に関する広範な知識を持っていますが、各領域について高度な専門性を持ち合わせているわけではありません。そのため、プロジェクトリーダーのアドバイスを受けて判断しなければならないことも多々あります。重要な意思決定はプロジェクトマネージャーがおこないますが、その判断材料を提供するのはプロジェクトリーダーの役割だと言えます。

PL(プロジェクトリーダー)の仕事03:トラブル対応

開発工程においては、必ずと言っていいほど予期せぬトラブルが生じるものです。技術的な不具合だけでなく、クライアントから仕様変更の要望が出たり、開発メンバーが欠けてしまったりするケースもあります。このようなトラブルに対応するのもプロジェクトリーダーの重要な役割です。作業スケジュールの調整や人員の補充など、最適な方法でトラブル解決を図ります。

PL(プロジェクトリーダー)とPM(プロジェクトマネージャー)の違い

PL(プロジェクトリーダー)と混同されがちな職種にPM(プロジェクトマネージャー)があります。両者にどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

役割が違う

プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体を統括する存在です。一方、プロジェクトリーダーは開発現場の指揮・統括を担うポジションです。プロジェクトマネージャーが「総監督」だとすると、プロジェクトリーダーが「現場監督」というイメージです。

プロジェクトマネージャーが「計画」し、プロジェクトリーダーが「実行」するという関係になります。プロジェクトマネージャーは、予算やスケジュール、品質やリスク、人員やステークホルダーなど、開発プロジェクトの管理項目を計画し、その実行状況をチェックしていく立場にあります。一方、プロジェクトリーダーは、プロジェクトマネージャーが計画した管理項目を実行し、管理状況を随時プロジェクトマネージャーに報告します。

責任が違う

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの目的が最終的に達成されるかどうかという達成責任を負います。一方、プロジェクトリーダーはプロジェクトが計画どおりに遂行されるかどうかの責任を負います。各プロジェクトメンバーが決められたタスクをスケジュールどおりに進められているか、全体の進捗に遅れがないかを確認し、都度調整をおこないながら開発プロジェクトを完了へと導いていきます。

ポジションが違う

プロジェクト全体の統括責任者としてプロジェクトマネージャーが存在しており、その下にプロジェクトマネージャーを補佐するプロジェクトリーダーが存在します。基本的にプロジェクトマネージャーは一人ですが、プロジェクトリーダーは一人とは限らず、大規模な開発プロジェクトになると開発フェーズごとにプロジェクトリーダーが置かれるケースもあります。

なお、プロジェクトの規模によってはプロジェクトリーダーが立てられず、プロジェクトマネージャーがプロジェクトリーダーを兼務する場合もあります。プロジェクトマネージャーに関しては以下の記事でも詳しく解説しています。
>> PMの将来性や年収、転職に必要なスキルとは?

PL(プロジェクトリーダー)に求められるスキルとは?

PL(プロジェクトリーダー)に求められるスキルとしては、以下のようなものが挙げられます。

PL(プロジェクトリーダー)に必要なスキル01:豊富な知識と技術力

プロジェクトリーダーは技術的な責任者でもあるため、開発プロジェクトに必要な知識・技術を総合的に習得している必要があります。不具合が発生したときには解決方法を導き出せるだけの知識が必要ですし、メンバーに対して技術的な指導をおこなうのもプロジェクトリーダーの役割です。そのため、プログラミングスキルはもちろん、ネットワークやサーバー、データベースやセキュリティなどに関する知識なども身に付けていると理想的です。

PL(プロジェクトリーダー)に必要なスキル02:コミュニケーション能力

プロジェクトリーダーは、立場の異なる多くの関係者に対してプロジェクトを計画どおりに進めるために必要な要求をおこないます。メンバーとの関係では仕事の指示を出すだけでなく、相談などのフォロー業務も発生しますし、クライアントとの関係では要件の説明などをおこなうケースもあります。そのため、高度なコミュニケーション能力が欠かせません。

PL(プロジェクトリーダー)に必要なスキル03:リーダーシップ

プロジェクトリーダーには、プロジェクトメンバーを率いてゴールへと導いていくリーダーシップが必要です。各プロジェクトメンバーが最大限の力を発揮できるようにするのはプロジェクトリーダーの重要な仕事であり、そのためには、メンバーを一つに束ねる求心力や、メンバーに信頼してもらえる誠実さ、チーム内の不調和やトラブルを解決できる資質などが重要になってきます。

PL(プロジェクトリーダー)に転職するにはどんな経験・資格が必要?

PL(プロジェクトリーダー)に転職するために必要な経験や資格についてご説明します。経験に乏しいうえ、何の資格のない人がいきなりプロジェクトリーダーになるケースはほとんどなく、一定の実務経験や資格が求められます。

ITエンジニアとして実務経験を積む

プログラマーやシステムエンジニアとしての実務経験がなければ、プロジェクトリーダーとなって彼らを管理することはできません。プロジェクトリーダーになるには、プログラマーやシステムエンジニアとして様々な開発プロジェクトで経験を積む必要があります。ITエンジニアとして幅広い業務に携わったうえでプロジェクトリーダーなるのが、一般的なキャリアパスです。

マネジメント経験を積む

開発経験があるだけでは、プロジェクトリーダーは務まりません。プロジェクトリーダーはチームを管理していくポジションなので、サブリーダーやチームリーダーとしてマネジメント経験があると理想的です。マネジメント経験に乏しい人は、プロジェクトマネジメントを学ぶのも有効です。プロジェクトリーダーの先にはプロジェクトマネージャーというポジションがあるので、プロジェクトマネジメントを学んでいれば将来的にも役立ちます。

資格を取得する

プロジェクトリーダーになるために資格は必須ではありませんが、以下のような資格を持っていると知識・スキルの証明になります。転職する際もアドバンテージの一つになるでしょう。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、高度なIT人材として、技術から管理、経営まで幅広い知識と応用力を持ち、システム開発、IT基盤構築などの局面で高いパフォーマンスを発揮できることを認定する国家資格です。応用情報技術者試験の資格を持っている人は、プロジェクトリーダーを任せられるケースも多くなります。
>> 応用情報技術者試験の詳細はこちら

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任を持ち、前提・制約のなかでプロジェクトを確実に成功に導くことができることを認定する国家資格です。プロジェクトマネージャーを目指すのに役立つのはもちろん、プロジェクトリーダーとして働くうえでも能力・スキルの客観的な証明になります。
>> プロジェクトマネージャ試験の詳細はこちら
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_11seido/pm.html

PMOスペシャリスト認定資格(NPMO認定PMO-S)

PMOスペシャリスト認定資格(NPMO認定PMO-S)は、プロジェクトの現場業務において、基本として習得すべきプロジェクトマネジメントの知識と技術を確認し、それを認定する資格です。プロジェクトリーダーの仕事に通じる部分も多いため、プロジェクトリーダーとして働くうえでも役立ちます。
>> PMOスペシャリスト認定資格の詳細はこちら

PL(プロジェクトリーダー)に転職するためには?の【まとめ】

PL(プロジェクトリーダー)には、幅広いスキルと豊富な経験が求められます。ITエンジニアとして実務経験を重ねるとともに資格取得も視野に入れて、理想のプロジェクトリーダーを目指していきましょう。

プロジェクトリーダーは求人需要の高い職種ですが、だからと言って、独力で転職を成功させるのは簡単なことではありません。プロジェクトリーダーとして理想の転職をしたいなら、IT業界やWeb業界に強い転職エージェントを味方につける必要があります。R-StoneはIT業界・Web業界に特化した転職エージェント。業界を熟知したコンサルタントが、あなたの転職を成功へと導きます。

>> R-Stoneの詳細はこちら

PL・PMの求人情報一覧はこちらから
求人情報を見る