Warning: The use statement with non-compound name 'RstoneBreadcrumb' has no effect in /home/xs781375/rstone-jp.com/public_html/rstone/wp-content/mu-plugins/rstone-wrapper/rstone-hooks.php on line 3
今すぐ転職をしないほうがいい人に当てはまる4つの特徴 - IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone
IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

今すぐ転職をしないほうがいい人に当てはまる4つの特徴

この記事に辿り着いた方は、みなさん「転職」を考えている方だと思います。転職は人生の一大イベントとも言えるもので、あなたの未来を大きく変えることになります。転職をする人が全員成功するわけではなく、転職したことを後悔する人もたくさんいるので、ひとときの感情だけで転職をするのはあまりおすすめできません。一度立ち止まって、冷静な気持ちでご自身の状況やキャリアを棚卸しして、本当に転職すべきかどうかを考えてみましょう。

今回は「転職しないほうがいい人」の特徴をピックアップしてみました。一つでも当てはまる項目があるのなら「今すぐの転職」はやめたほうがいいかもしれません。

転職しないほうがいい人の4つの特徴とは?

転職しないほうがいい人の特徴を4つ挙げています。言い換えるとしたら、「転職活動をしても採用されにくい人」、もしくは「転職できたとしても、また転職を繰り返す可能性が高い人」です。

やりたいことが不明確な人

やりたいことが明確になっていない段階で、転職すべきではありません。どの企業の面接でも退職理由と志望動機は聞かれるはずです。そのときに、退職理由と志望動機がリンクしていない人は採用される可能性も低くなります。「私は将来、◯◯がやりたい。前職では◯◯ができなかったが、御社であれば◯◯にチャレンジできる」というイメージができるようになるまでは、転職しないほうがいいでしょう。

他責にする人

失敗を人のせいにする人や、自分の不遇を会社のせいにする人には転職をおすすめしません。転職面接で退職理由を聞かれたときに「上司が悪い」「会社が悪い」といった発言をする人は「この人はどんな職場で働いても環境のせいにするだろう」と思われます。採用される可能性は低いと思ったほうがいいでしょう。このような「他責」思考の人は、自分自身の課題に気付けないので改善もできません。自分で成長の可能性を閉ざしてしまっていることを認識しましょう。

逃げの姿勢で転職を考える人

自分の嫌なことやストレスから逃れる手段として転職を考える人も、転職には向かない人だと言えます。転職は自分の将来のためにすべきものであり、現実から逃避するためにするものではありません。このような人は、「自分が働きたい会社」ではなく「今よりマシな会社」しか選択できないので、まずは逃げのスパイラルから抜け出すことが大切です。

こだわり強く柔軟性がない人

自分のこだわりが強く、柔軟性に欠けるタイプの人にも、転職はおすすめできません。仕事はチームでおこなうものであり、どんなチームにも守るべき方針があります。自分の考え方・やり方にこだわりすぎる人は、実績やスキルがあったとしても「面倒くさい人」「扱いづらい人」というレッテルを貼られ、採用するリスクが高い人だと判断されてしまいます。

今すぐ転職をしないほうがいい人に当てはまる4つの特徴の【まとめ】

上述した4つのいずれかに当てはまる人は今すぐの転職は避けるべきですが、それでも転職したいと考えるなら転職エージェントに相談しましょう。転職エージェントに相談すると、第三者の立場から客観的なアドバイスをもらえるので、自分自身を冷静に見つめ直すきっかけになります。その結果、転職を成功させるために必要なことが見えてくるでしょう。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ