IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

20代女性のエンジニア転職とは

ITエンジニアの需要が高まる昨今、ITエンジニアとして活躍する20代女性も増加しています。とはいえ、会社によっては残業が多い職場もあり、「パートナーと過ごす時間が減った・・・」「将来、この仕事を続けていけるかな・・・」といった悩みから転職を考える女性も多いようです。今回は、「20代の女性ITエンジニア」にフォーカスして、その転職事情などを解説していきます。

ITエンジニアの仕事内容

20代の女性ITエンジニアの転職では、仕事内容を変えずに転職するケースもありますが、より良い条件で働くことやスキルの幅を広げることを目的に、別のエンジニア(職種)へとキャリアチェンジするケースもあります。最近はエンジニア職の専門化・細分化が進んでいるため、あらためてITエンジニアの種類や仕事内容を押さえておきましょう。

システムエンジニア

システムエンジニア(SE)は、システム開発において提案から設計・開発・テストまでの一連の工程に携わるエンジニアのことです。クライアントの要望に合ったシステムを設計し、開発・テストを経て納品するまでを管理していきます。

プログラマ

プログラマは、システムエンジニアが作成した仕様書をもとにプログラミングをおこない、機能を実装していく仕事です。

インフラエンジニア

サーバーの構築やネットワークの管理、クライアント端末の設定など、IT基盤の構築を担当するのがインフラエンジニアです。

ネットワークエンジニア

インフラのなかでも、特にネットワークシステムの設計、構築、運用をおこなうのがネットワークエンジニアです。

サーバーエンジニア

サーバーの構築、運用をおこなうのがサーバーエンジニアです。クライアントの目的に合ったサーバーを選定・設計し、障害が起きたときはスピーディーな復旧に努めるなど、安定したサーバー利用を支えていきます。

Webエンジニア

WebサイトやWebアプリケーションの設計、開発、運用をおこなうのがWebエンジニアです。開発言語のほか、ネットワークやセキュリティに関する知識も必要です。

フロントエンドエンジニア

Webサイトの画面など、ユーザーが直接見たり触れたりする部分を開発するのがフロントエンドエンジニアです。HTML、CSS、JavaScriptなどの言語でWebページのコーディングをおこないます。

データベースエンジニア

データベースの設計、開発、運用をおこなうのがデータベースエンジニアです。企業がビッグデータを有効活用していくには、データベースエンジニアの手腕が欠かせません。

組み込みエンジニア

家電製品や自動車、産業用機器などに搭載されているコンピューターの制御システムを設計、開発するのが組み込みエンジニアです。あらゆるモノがインターネットにつながるIoT化によって、組み込みエンジニアの需要も高まっています。

20代・女性ITエンジニアが働く業界

20代の女性ITエンジニアが転職を考える際、大きな分岐点になるのが「SI業界かWeb業界か」という選択です。SI業界かWeb業界かによって、エンジニアの働き方は大きく変わってきます。

SI業界

SI業界は、大規模なシステムを受託開発する業界です。クライアントが求めるシステムを開発し、導入後も比較的長期にわたって運用をサポートしていきます。

クライアントは銀行や官公庁などが中心で、大規模なシステム開発を手がけることが多いため、平均年収は後述するWeb業界に比べ100万円ほど高い傾向にあります。世の中の根幹を支えるような大規模なシステム開発に携わりたい人は、SI業界が向いていると言えるでしょう。また、クライアントと向き合って課題解決をすることにやりがいを感じる人もSI業界向きです。

Web業界

Web業界は、自社でWebサービスを開発する業界です。LINEやInstagramなどは分かりやすいWebサービスだと言えるでしょう。Web業界は新しい考え方や技術を積極的に取り入れていくので、エンジニアとしてスキルアップを図るには理想的な環境です。企画からジョインすることも多いので、ゼロから新しいサービスを作りたい人に向いています。リモートワークやフレックスタイム、私服勤務など、多様な働き方ができるのもWeb業界の特徴です。

 

Web業界は実力主義の会社が多いため、年齢・性別にかかわらず高年収を得られる可能性があります。ただし、他SI業界からの転職の場合は経験してきた開発環境や手法等が大きく異なったりする場合、年収が下がってしまうケースもあります。

20代の女性ITエンジニアの転職事情と意識すべきこと

20代の女性ITエンジニアの転職事情や、転職活動で意識しておきたいポイントについてご説明します。

20代女性に広がるチャンス!

今、ITエンジニア市場は慢性的な人手不足に陥っており、どの会社も人材獲得に躍起になっています。業界全体として外国人人材や女性人材の活用が進んでいますが、外国人はスキルが高くても言葉の壁がネックになります。そこで、期待がかけられているのが20代を中心とした若手の女性ITエンジニアです。

20代の女性ITエンジニアを獲得し、長く働いてもらうため、多くの会社ではリモートワーク・在宅勤務や産休・育休などの制度を整えています。また、正社員だけでなく業務委託や副業などのワークスタイルに対応している会社も多々あります。結婚や出産・育児でライフスタイルが大きく変わる女性にとって、多様な働き方を選べるのは大きな魅力。転職をきっかけにワークライフバランスに優れた働き方にシフトする女性も少なくありません。

柔軟性でポテンシャル採用を勝ち取る!

女性のITエンジニアも30代での転職になると、「即戦力になれるかどうか」が問われます。一方、20代であれば「成長が期待できる」と判断されれば、ポテンシャル採用によって好条件の転職を実現することも可能です。

また、中堅のITエンジニアは自分が培ってきた知識・スキルにこだわりがちで、新しい知識・スキルを軽んじる人も少なくありません。その点、20代の若手エンジニアは新しい技術を取り入れることに対して、あまり抵抗がありません。新しい技術習得への意欲や、変化に順応できる柔軟性をアピールできれば、転職活動を有利に進められるでしょう。

転職活動では企業研究に時間をかける!

20代の女性ITエンジニアのなかには、今の仕事が忙しいために「早くこの状況を変えたい」と焦って転職活動をする人もいます。ですが、企業研究が不十分なまま「とりあえず応募してみよう」というスタンスで転職活動をしていると、後悔することになりかねません。

理想の転職を実現するには、応募企業やその競合企業などのリサーチが不可欠です。その際は、企業が自ら発信している情報だけでなく、口コミサイトやSNSなども活用し、多角的な情報収集に努めましょう。「それを知っていたら応募(入社)しなかったのに・・・」といった後悔をしないよう、企業研究には十分な時間をかけるようにしてください。

IT業界について理解を深める!

20代の女性ITエンジニアの多くは、1~2社程度の勤務経験しかなく、業界全体のことを把握できている人はあまりいません。目まぐるしく変化するIT業界なので、転職活動をする際はあらためて業界理解を深めるようにしましょう。今の会社から離れた視点でIT業界を見渡してみることで、新たな発見や気付きがあるものです。

業界理解を深めるために活用したいのが、IT業界に特化した転職エージェント(転職コンサルタント)です。IT業界を熟知した転職エージェントに相談すれば、IT業界の最新動向・トレンドを把握できるほか、転職に有利になる情報を得ることもできます。

 

まとめ

20代の女性ITエンジニアの需要は高まっていますが、「今の自分で大丈夫かな・・・」と、転職をためらっている人もいると思います。そのような方は一度、転職エージェント(転職コンサルタント)に相談してみましょう。転職のプロに相談することで、自分の市場価値を知るきっかけになり、「どんな転職をすべきか?」が明確になってくるはずです。

 
エンジニアの求人情報はこちらから
求人情報一覧へ