エンジニアの転職にgithubって必要なの?丁寧に解説  

  • TOP
  • 転職コラム
  • エンジニアの転職にgithubって必要なの?丁寧に解説  

エンジニアの転職にgithubって必要なの?丁寧に解説  

チームを結成して行うプログラミングにおいて欠かせない存在となった「github」。最近では同じような仕組みのサービスとしてBitbucketなども登場していますが、利用者の多さでいえば、やはりgithubのほうがプログラミングの現場において不可欠といえます。

このようにITの現場に不可欠なgithubを使用するために必要なノウハウを持ち合わせていることが、多くのエンジニアに求められていることから、転職においてもそのノウハウの有無は非常に重要な要素となります。ここでは、エンジニアの転職におけるgithubの重要性について解説していきましょう。

 

そもそもgithubってなに?

 

これからエンジニアを目指す人や、エンジニア初心者といった人の中には、githubが何なのか分からないという人もいらっしゃるでしょう。

 

githubを知るには、まずgithubで管理する「git」について理解する必要があります。エンジニアの仕事は、ひとつのプロジェクトに複数人で取り組むことがほとんどです。その際、自分以外の人が行った作業によって、プロジェクトがどの程度進行したのか把握することが難しくなってしまうことがあります。

 

gitは特定のプロジェクトで制作したファイルについて、変更履歴を記録しながら保存することができるため、例えば少し前の工程からやり直す必要が生じたときに、変更履歴をさかのぼって作業をやり直せるのです。

 

また、gitではソースコードだけでなく、Excelファイルやテキスト、画像などの多種多様なデータを保存・共有することができるため、さまざまなデータを取り扱うエンジニアの仕事では特に重宝されています。

 

githubとは、以上のような特長を持つ「git」を世界中の人たちと共有できるWebサービスのことで、日本ではギットハブ・ジャパン合同会社が運営を行っています。

 

同じような特長を持つWebサービスは他にも存在しますが、githubにはタスクを管理するための機能が充実している点や、操作性が高いといったメリットがあるため、多くの会社が活用しているのです。

 

また、最近ではエンジニアに限らず、デザイナーやライターの間でもgithubが導入されていることや、フリーランスでこれらの仕事に携わる人が増えていることなどもあり、githubの存在価値はより高まることが予想されます。

 

githubアカウントはエンジニア採用に必須?

 

githubを利用するためには個人アカウントを作成しなければなりません。そして、エンジニアの転職においては、このアカウントを作成しておく必要があるのかが議論の対象となります。

単刀直入にいえば、エンジニアの転職においてgithubアカウントが必須か否かは企業によって異なります。あくまでも、大きな傾向として、企業規模や企業の事業内容ごとにgithubアカウントの重要性について考えてみましょう。

 

・大手企業

大手企業は十分な人数のエンジニアを確保しており、例えば各プロジェクトに数名ずつ新人を配置し、プロジェクトを進行させながら育成を行うことが可能なケースも少なくありません。

このことから、大手企業ではかならずしも即戦力のエンジニアを必要としているわけではなく、例えばgithubアカウントを持っていないレベルのエンジニアであっても、大きな欠点にはならないでしょう。

したがって、転職においても大手企業ではgithubアカウントの有無を重要視しないケースが多い傾向にあります。

 

・中小ベンチャー企業

中小ベンチャー企業では、最低限の人数でプロジェクトを行っていることも珍しくありません。そのため、新たな人材の採用では、即戦力になるかどうかを重視する傾向があります。

とりわけ転職希望者の採用では、即戦力になるほどの十分な技量を持ち合わせていることが重視される傾向にあり、githubアカウントを持っていないことがマイナスとなる可能性も十分にあります。

 

・SIer

SIerはITシステムのコンサルティングを主として行う企業ですが、githubを利用するのが主としてエンジニアであるという点は、その他のIT系企業と変わりありません。そのため、githubアカウントの有無を重視されるかは企業によって異なり、「育成に力を入れているか」と「即戦力を必要としているか」の2点によってgithubのノウハウの有無の重要度は変わります。

 

・Web系企業

Web系企業ではサービスを自社で開発していることが多く、多くのエンジニアを必要とします。そのため、「育成に力を入れているか」と「即戦力を必要としているか」の2点で、githubアカウントの重要性が変わる点はWeb企業であっても同様です。

しかし、Web系企業では即戦力を必要とすることが多く、また、転職希望者に対して高いスキルを求める傾向もあるため、githubアカウントを所持していることは比較的強みになりやすいといえます。

 

 

githubはエンジニア採用にどう活用されているのか

 

githubアカウントを所持しており、すでにgithubを利用したプロジェクトに従事した経験がある方などは、githubを公開することが転職において大きな強みとなるケースもあります。続いては、githubがエンジニアの採用においてどのように活用されているかを見ていきましょう。

 

・githubを使用できることの確認

githubはエンジニアが活躍する多くの現場において導入されています。そのため、転職活動時にgithubを公開することは、それだけでgithubを使用できることのアピールになります。

採用する側からすれば、このことは業務で必要な基本的な技術の確認になるため、即戦力を必要とする企業だけでなく、育成に力を入れている企業に対しても有効なアピールになるといえます。

 

・使用可能な言語の確認

githubを公開していると、採用する側は応募者が使用できる言語を、github上で公開している成果物から確認することができます。そのため、使用可能な言語が複数ある場合は、異なる言語を使用した複数の成果物を公開するとよいアピールになるでしょう。

 

・キャリアの確認

githubにこれまで制作した成果物を時系列が分かるように公開すれば、採用する側はその人のキャリアを確認することができます。キャリアがどれくらい充実しているかはその人の技量を測る際の基準にもなるため、転職においても大きな強みといえるでしょう。

 

github公開における注意点

 

転職活動において、githubを公開する際には以下の点に注意しなければなりません。

 

・使いこなせる言語・コードの種類、数によっては欠点になってしまうことも

githubを公開すると、採用する側はその人が使いこなせる言語やコードの種類・数を知ることができます。しかし、例えば言語やコードが簡単なものであったり、基本的な種類のものしか使いこなせないことが公開した成果物から分かってしまったりすると、かえって欠点となってしまう危険性もあるため、注意が必要です。

 

・情報の取り扱い方には注意が必要

プロジェクトを行う上で、外部に漏らしてはいけない情報を取り扱うこともあります。githubにて自身が携わった成果物を公開してしまうと、機密情報の取り扱い方に配慮のない人と判断されてしまう可能性もあるため、公開する情報の選別には注意しましょう。

また、特にフリーランスのエンジニアとしてgithubを利用してきた方は、成果物を公開する際に仕事を請け負った企業に公開の許可を得ることも大切です。

 

まとめ

 

エンジニアの採用においては、とにかく技量だけを重視するという企業も多く、そのような企業のなかにはgithubのアカウントとメールアドレスだけでエントリー可能となっているところも存在します。

また、転職後のことも考えれば、エンジニアがgithubの使用を避けることは非常に難しいといえるため、githubの使用方法を事前に身につけておくことは、転職において欠点となることはまずないといってよいでしょう。

一方、githubを利用した成果物の公開は、公開方法によって欠点となりうるため、公開の仕方はよく考えておきましょう。