IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

30代でアプリ開発エンジニアに転職する前に知っておくこと

30代でアプリ開発エンジニアに転職する前に知っておくこと

Web系やゲーム系、組み込み系などITエンジニアには様々な領域に分かれますが、ここ数年で特に需要が高まっているのが「アプリ開発エンジニア」です。30代を迎えてからアプリ開発エンジニアに転身・転職する人も少なくありませんし、アプリ開発エンジニアとして働く女性も増えています。今回は、アプリ開発エンジニアにフォーカスして、転職時に知っておきたい基礎知識をお伝えしていきます。

転職前に押さえておきたいアプリ開発の種類

アプリ開発エンジニアが携わるアプリの種類は、大きく「Webアプリ」「スマホアプリ」「業務系アプリ」の3つに分けることができます。

Webアプリ

Webアプリとは、Webブラウザ上で利用するアプリのこと。後述するスマホアプリのように、デバイスにインストールすることなく、Webブラウザからアクセスして利用します。多くの人が日常的に利用しているYouTubeやAmazon、TwitterやInstagramなどもWebアプリの一種です。

スマホアプリ(ネイティブアプリ)

スマホアプリ(ネイティブアプリ)とは、スマホにインストールして利用するアプリのこと。大きく、iOSアプリとAndroidアプリに分けられ、ユーザーはApp StoreやGoogle Play経由でアプリをインストールします。スマホアプリはデバイス上で動くため、基本的にオフラインでも利用できます。また、スマホのプッシュ通知や位置情報を使った機能を実装できるのもスマホアプリの特徴です。

業務系アプリ

業務系アプリとは、主に企業の業務効率化・業務支援を目的に開発されるアプリのこと。顧客情報の管理や生産管理、販売管理、従業員の勤怠管理や給与管理などをシステム化したアプリなどは、代表的な業務系アプリと言えるでしょう。

アプリ開発エンジニアに求められるスキル

アプリ開発エンジニアとして転職する際は、少なくとも以下のようなスキルが求められます。

プログラミングスキル

アプリ開発エンジニアとして不可欠なスキルがプログラミングスキルです。必要なプログラミング言語は、開発するアプリの種類や企業の開発方針などによって変わってきます。転職するに際しては、自分が作りたいアプリの種類を明確にするとともに、応募企業の開発方針を把握することが重要です。30代の場合は、複数のプログラミング言語に精通していたほうが転職活動を有利に進められるでしょう。

Webアプリ、スマホアプリ、業務系アプリ、それぞれの開発で用いられることが多いプログラミング言語は以下のとおりです。

▼Webアプリ

Webアプリ開発には、フロントエンド言語とバックエンド言語が必要です。フロントエンド言語としてはHTML、CSS、JavaScriptなどが、バックエンド言語としてはRuby、PHP、Python、Java、Goなどが用いられます。

▼スマホアプリ(ネイティブアプリ)

iOSアプリの開発言語としてはSwiftとObjective-Cが代表的ですが、最近はSwiftで開発するのが一般的です。Androidアプリの開発言語としてはKotlinとJavaが代表的ですが、最近はKotlinが主流になっています。

▼業務系アプリ

務系アプリ開発でよく使われるプログラミング言語としては、JavaやPHP、C#やVBなどが挙げられます。

コミュニケーションスキル

アプリ開発エンジニアにとって重要なスキルの一つがコミュニケーションスキルです。アプリ開発においてはチーム内での意思疎通が欠かせませんし、アプリ開発エンジニアが直接クライアントからヒアリングをして要望を汲み取るケースもあります。このときに重要になるのがコミュニケーションスキルであり、エンジニアのコミュニケーションスキルによってアプリの完成度を左右されるケースも少なくありません

マネジメントスキル

アプリ開発エンジニアは、30代後半に差しかかると上流工程を担うようになり、PM・PLとしてプロジェクトの責任者を任されるケースも増えてきます。その際に必要になるのがマネジメントスキルです。転職活動中にマネジメント経験を問われることもありますが、マネジメント経験がない場合もPM・PLの「候補者」としての資質を感じさせることが大切です。

 

 

30代でアプリ開発エンジニアに転職する魅力とは?

30代を迎えてからアプリ開発エンジニアに転身・転職する人も少なくありません。30代でアプリ開発エンジニアに転職する魅力としては、高年収が期待できることや、キャリアパスを描きやすいことなどが挙げられます。

高年収を期待できる

アプリ開発市場は拡大の一途を辿っており、ITエンジニアのなかでも特にアプリ開発エンジニアは需要が高まっています。好待遇でアプリ開発エンジニアを迎え入れる企業も増えており、平均年収も比較的高い水準にあります。

求人情報に特化した検索エンジン「求人ボックス」によると、アプリ開発エンジニア(アプリエンジニア)の平均年収は「547万円」。全体の給与幅は333〜921万円となっており、実力次第では800万~900万といった高年収も期待できます。

※出典:アプリエンジニアの仕事の平均年収は547万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス(更新日:2021年4月19日)

また、厚生労働省の賃金構造基本統計調査には、「アプリ開発エンジニア」としての統計はありませんが、「システムエンジニア」は以下のとおり、年代・性別による平均年収が公開されています。

▼男性
・30~34才:541万円
・35~39才:589万円

▼女性
・30~34才:489万円
・35~39才:493万円

※出典:賃金構造基本統計調査|厚生労働省

システムエンジニアのなかでもアプリ開発エンジニアは特に需要が高い職種なので、この平均年収よりも高い水準の年収を得ていると考えられます。

 

キャリアパスを描きやすい

30代のアプリ開発エンジニアは一定の経験を積んだ後、PM・PLとしてプロジェクトを牽引する機会も増えてきますが、一方でエンジニア以外のキャリアパスを描くこともできます。

たとえば、アプリ開発エンジニアからITコンサルタントに転身するパターンもあります。クライアントの経営課題を解決するためにアプリやシステムの導入を提案するITコンサルタントは、アプリ開発エンジニアとしての経験を存分に生かすことができます。アプリ開発に関する知識だけでなく、経営に関する知識や高度な問題解決力が求められる仕事ですが、1,000万円近い年収を稼ぐ人も少なくありません。

また、アプリ開発エンジニアとしての経験を生かして起業する人もいます。開発したアプリをヒットさせて新事業を立ち上げるなど、エンジニア出身の経営者が増えているが昨今の傾向です。

 

 

女性も活躍するアプリ開発エンジニア

「IT技術者向けスキル診断2016年度調査レポート」によると、アプリケーションスペシャリスト(アプリ開発エンジニア)の男女比は「男性約82%:女性約18%」となっています。
※出典:IT技術者向けスキル診断2016年度調査レポート|ITスキル研究フォーラム(iSRF)
https://www.isrf.jp/home/event/chousa/docs/2016skillreport_it.pdf

この男女比だけを見ると、女性がアプリ開発エンジニアとして活躍するのは難しいように思えるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。そもそも、IT業界は女性比率が非常に低い業界であり、業界全体で見るとアプリ開発は女性の進出が進んでいる仕事だと言えます。

女性のアプリ開発エンジニアが働きやすい環境に

今、アプリ開発エンジニアは慢性的な人手不足に陥っており、あらゆる企業にとってエンジニアの獲得が急務になっています。このような状況のなかで注目が集まっている人材が外国人エンジニアと女性エンジニアですが、外国人はスキルが高くても言葉の壁がネックになります。そこで、大きな期待がかけられているのが女性のアプリ開発エンジニアです。

女性のアプリ開発エンジニアを獲得し、長く働いてもらうため、多くの会社がリモートワーク・在宅勤務や産休・育休などの制度を設けるようになりました。正社員だけでなく業務委託や副業など、柔軟なワークスタイルに対応する会社も増えており、女性エンジニアが働きやすい環境が整いつつあります。

 

30代でアプリ開発エンジニアに転職する前に知っておくことまとめ

アプリ開発エンジニアとしての転職を考えてはいるものの、「今の自分で大丈夫だろうか・・・」と不安になっている人も多いのではないでしょうか。そのような方はぜひ、転職エージェント(転職コンサルタント)に相談してみましょう。

R-StoneはIT業界に特化した転職エージェント。業界を熟知したコンサルタントが、あなたの転職を成功へと導きます。アプリ開発エンジニアとして転職をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

エンジニアの求人チェックはこちらから
求人情報一覧へ