今すぐできる!エンジニアのスキルアップに必要な3つの行動

  • TOP
  • 転職コラム
  • 今すぐできる!エンジニアのスキルアップに必要な3つの行動

今すぐできる!エンジニアのスキルアップに必要な3つの行動

エンジニアはSE(システムエンジニア)やPM(プロジェクトマネージャー)などのさまざまな職種へ細分化されており、各職種に重要な役割があります。そのため、就職・転職市場におけるエンジニアの需要は比較的高く、より多くの収入を得るためにこの仕事を選ぶ方も少なくありません。

しかしながら、今やエンジニアであるというだけで高収入を得ることは難しくなっており、より多くの収入を得るためにはスキルアップを図ることが大切です。ここではエンジニアのスキルアップに必要ことを解説します。すでにエンジニアとして働いている方のみならず、エンジニアとして働くことを検討している方も、ぜひ参考にしてみてください。

 

エンジニアとしての悩み

 

エンジニアとして働く人の悩みには、「残業が多い」「自分の能力やプロジェクトへの貢献度を給料に反映してもらえない」といったものが多くあります。これらには、さまざまな業界でエンジニアが必要とされているため、給料の水準に幅があり、業界全体で慢性的な人材不足に陥っていることなどが関係しているといえます。

 

一方で、エンジニアの悩みには「さらにスキルアップしたい」「自分のスキルが満足に伸ばせない」といったスキルに関するものも多くあります。エンジニアはキャリアアップが十分に可能であり、業界全体としても実力主義的な傾向が強く、スキルのレベルが昇給や昇進に直接関係することから、この悩みを生じさせているといえるでしょう。

 

これらのことから、エンジニアとして働きながら、希望する役職に就き、十分な給料を得るためには、エンジニアに求められるスキルを身につけることが大切であるといえます。

 

そもそもエンジニアとしての「スキルアップ」とは…

 

「よりよい条件でエンジニアとして働くためにはスキルアップが必要である」ということを理解しても、具体的にどのようなスキルを身につければよいか分からないという方も多いかもしれません。エンジニアに求められる具体的なスキルアップの例としては、以下のものが挙げられます。

 

・新しい言語の習得

エンジニアが扱うプログラミング言語にはトレンドがあり、一度習得した言語が数年後には主流ではなくなっていることも珍しくありません。そのため、エンジニアとしてよりよい条件で働き続けるためには、常に新しい言語を習得するための努力を惜しまないことが大切です。

 

・PMに近づくためのスキルの習得

よりよい条件でエンジニアとして働くためには、昇進を目指すことも大切です。エンジニアの仕事には、プロジェクト全体を統括するPM(プロジェクトマネージャー)というポジションもあることから、このポジションに就くためのスキルを身につけることを目標とするのもよいでしょう。

例えば、PMに求められるスキルとしては、プロジェクト全体を統率するリーダーシップや顧客との交渉を有利に進める折衝力が挙げられます。これらを身につけることで、より高いステージでPMとして働くことが可能になります。

 

・マネジメント能力の習得

駆け出しのエンジニアは自分の仕事をこなすのに精一杯になってしまうため、どうしても「個人プレー」に走りがちです。しかし、特にプロジェクト内で作業を進める上では、他のエンジニアとの連携も大切になります。

このことから、「個人プレー」を脱し、連携力のあるマネジメント能力を身につけてプロジェクトの舵取り役に適した人材になることで、よりよい条件でエンジニアとして働くことができるようになります。

 

・外国語の習得

エンジニアの仕事は国内に限らず、国外にも無数に存在します。そのため、高待遇を求めて、国外で働くことを視野に入れるとういう方法も。例えば英語や中国語などの外国語を習得できれば、国外でエンジニアとして働くチャンスは広がります。

 

 

 

まずはスキルアップのための準備

 

エンジニアとしてのスキルアップを目指す上では、自分がどのようなステップを経る必要があるのかを準備段階で明確化することが大切です。続いては、この準備段階で意識すべきポイントについて見ていきましょう。

 

・目標を明確にする

エンジニアとしてのスキルアップを図る上では、目標を明確にし、「なんのためのスキルアップなのか?」を常に意識することが大切です。例えば、ただ市場価値の高いエンジニアになりたい人と、PMやコンサルタント領域まで踏み込む職種に就きたい人ではスキルアップにおいて心掛けることも異なります。

したがって、スキルアップの目標を明確にすることは、後述する「スキルアップのための具体的な行動」を決める際の基準にもなります。

 

・どれくらいの時間がとれるかを考える

現在の仕事をしながらスキルアップを図るのであれば、割ける時間も限定されるでしょう。エンジニアとしてのスキルアップを準備する段階において、どれくらいの時間をスキルアップのために確保できるのかをよく考えておくことも大切です。

・スキルアップを実現するための具体的な行動をリストアップする
準備段階では、スキルアップを実現するために行う、具体的な行動をリストアップしておくことも重要です。

 

スキルアップができる具体的な行動

 

続いては、スキルアップを目的とした具体的な行動の一例を見ていきましょう。

 

・新しい言語を習得する場合

新しい言語を習得するためには、とにかく自主的に勉強をすることが大切です。そのためには、副業としてもエンジニアの仕事をしながら、本業では使うことのない言語を使用し、慣れていくというのもよいでしょう。

また、自主的な勉強が難しいという方には、セミナーや勉強会へ参加するのもおすすめです。自主的に勉強をする場合に比べると時間的な制約は多いのですが、他のエンジニアと交流しながら、モチベーションを高められるという点で大きなメリットがあります。

 

・特定の職種を目指す場合

特定の職種を目指すためのスキルアップを図る際には、実際にその職種に就いている人のそばで働くのが近道です。例えばPMが担う仕事内容は、その直近にいる人たちもある程度理解していることから、優れたPMの近くで働けるプロジェクトへ参加させてもらうというのもおすすめです。

また、自身が目標とする職種に就いている人と、できるだけ交流するのもおすすめ。例えば、セミナーなどでその職種に従事している人と知り合った場合、頻繁に連絡を取るようにし、その人の経験を自身のスキルアップに活かすこともできるかもしれません。

 

・外国語の習得を目指す場合

語学を習得すること自体は、スクールなどに通えば比較的簡単と思いがちですが、海外でエンジニアとして働く上では、この職種ならではの専門用語を、その国の言葉で使いこなせるようになっておかなければなりません。

エンジニアとして、海外で働くことを目的に外国語を習得する際には、スクールなどを通じた交流会に積極的に参加し、その国のエンジニアと接する機会を仕事・プライベートを問わず、多く持つことように心がけることが重要です。

 

まとめ

 

エンジニアの仕事は、求人数が多い一方で給料の幅が広いという特徴があります。

そのため、常によりよい環境や条件で働きたいという考えを持つ方も少なくありません。

その意思を実現する上で、スキルアップが欠かせないのは、これまで紹介してきた通りです。

エンジニアのスキルアップにおいては、まず目標や目的を定めることが重要。

次に精緻に準備し、自身がやるべき具体的な行動をリストアップしましょう。

この「スキルアップ計画」を立てることができたら、あとは実行して、目標の実現を目指すのみです。