IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

プログラマーで年収2,000万​は稼げる?必要なスキルやおすすめの資格をご紹介

年収2,000万円は、プログラマーにとって夢のまた夢でしょうか?

実は、プログラマーの世界では、単なる技術力だけではなく、戦略的なキャリア形成が年収を大きく左右します。

本記事は、市場価値の高いプログラマーになるための知識、スキルの磨き方、そして収入を増やすための戦略を、深堀りしてご紹介します。市場価値を高め、高額な報酬を実現するための道筋を明らかにしていきましょう。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!

 

  1. Contents

    そもそもプログラマーの仕事内容は?

 

プログラマーの仕事は、主にコンピュータプログラムの設計と作成に関わる活動です。彼らは、Webサイト、アプリケーション、システム、またはソフトウェアの基盤となるコードを書き、日常生活やビジネスで使用されるさまざまなデジタル製品やサービスを開発します。

仕事の内容は、プロジェクトの種類や職場によって異なりますが、一般的には以下のような流れで進みます。まず、クライアントやプロジェクトマネージャーと打ち合わせをおこない、何を実現するためのプログラムを作るかを決定します。次に、プログラムの仕様を明確にし、どのような機能が必要か、どのプログラミング言語を使用するかなどを決めます。

次に、実際にコードを書き始めます。コードを記述する過程では、ロジックを考え、問題解決のための効果的なコードを作成する必要があります。コードが完成したら、テストをおこない、バグや不具合を見つけて修正します。また、プロジェクトによっては、システムの維持管理やアップデートもおこないます。

プログラマーには、さまざまな専門分野があり、幅広い分野の中から自らの専門分野を選び、そこで専門家として活動します。

それぞれの分野は使用する技術や言語、必要なスキルに大きな違いがあり、簡単に一言では説明できないほどです。

以下ではそれぞれの領域の特徴をご紹介します。

多様なプログラマーの役割を知ることで、プログラミングに対する深い理解と、プログラマーとしてのキャリアアップへの道が見えてくるはずです。

 

  1. WEB系プログラマー

Web系プログラマーは、日常生活に不可欠なインターネットサービスの中核を担います。オンラインショッピング、SNS、旅行予約サイト、求人サイトなど、Webブラウザを介した多彩なサービスの開発・運用をおこないます。

Web系分野は、ユーザーインターフェイスを構築するフロントエンド開発(HTML、CSS、JavaScript)と、サーバーサイドでのデータ処理を司るバックエンド開発(PHP、Java、SQL他多数)の2つに大きく分けられ、それぞれ異なるスキルセットが必要とされます。

 

  1. アプリケーションプログラマー

アプリケーションプログラマーは、パソコンやスマートフォンのアプリを開発する役割を担います。iOSやAndroidなどの違うOSで動作するアプリを作るため、SwiftやKotlinなど、プラットフォーム特有の言語スキルが求められる職業です。ユーザーがダウンロードして使用するアプリケーション、つまり身近なソフトウェアの製作を手掛けます。

また、パソコン向けにオフィスソフトや動画編集、年賀状ソフトなどパッケージ販売されるソフトもあります。OSに応じて、C#やC++、Objective-Cなどのスキルが必要です。

 

  1. オープン系プログラマー

オープン系プログラマーは、仕様がUNIXやWindowsなど公開されたOSを基盤とし、効率的で汎用性の高いシステムの開発に従事します。オープン系の分野では、C言語、Java、PHPなど多様な技術が使用され、オープンソースの活用で開発コストを削減できる点が特徴です。

役割としては、さまざまなビジネスや産業で必要とされる汎用的なシステムを構築し、効率的でコスト効果の高いソリューションを提供します。オープン系プログラマーによって、ビジネスの多様なニーズに対応した効率的なシステムが生み出されます。

 

  1. システム構築・運用プログラマー

 

システム構築・運用プログラマーは、企業の基幹システムや社内ネットワークの開発・改善に携わる職種で、安定稼働とセキュリティ強化が求められます。重要な情報を扱うため高い専門知識が必要で、COBOLやJavaなど安定した言語の使用が多いですが、最新技術の採用によるシステム更新も重要な業務です。

機能要件の設計からデータベース構築、運用・保守まで、幅広い業務を担い、企業の運営に直結するシステムの確実な運用を支えています。上記システムにより、組織内の効率化や業務の最適化を実現し、ビジネスの成長に貢献します。

 

  1. 通信系のプログラマー

通信系プログラマーは、インターネットの普及にともない重要視される職種で、ネットワーク機器のソフトウェア開発に従事し、情報の流れを効率よく制御します。主にC言語、C++、Javaを使用し、通信プロトコルの設計や実装をおこない、データ通信の最適化やセキュリティの強化に貢献します。

社会インフラを支える核心的な技術を扱い、情報伝達の安定性と速度、セキュリティを確保するための重要な役割を果たしています。通信系プログラマーは、現代の通信技術を基盤としたサービスやビジネスの成長に不可欠であり、高度な技術力と専門知識が求められる分野です。

 

  1. ゲーム系プログラマー

ゲーム系プログラマーは、家庭用ゲーム機、パソコン、スマートフォンアプリなど多岐にわたるプラットフォームで動作するゲームの制作に従事します。

ゲーム系の分野では、物理エンジンの構築やグラフィックス処理など、技術的な要求が高いため、C++やC#などのプログラミング言語の知識に加え、数学や物理学の深い理解が必須です。ゲーム開発はコーディングに留まらず、創造性と技術的なスキルが融合する高度な分野であり、革新的なゲーム体験を生み出すためには、常に最先端の技術とアイデアが求められます。

 

  1. 組み込み系プログラマー

組み込み系プログラマーは、家電製品や自動車などの内蔵システムを開発する職種で、ハードウェアとの密接な連携が特徴です。

組み込み系プログラマーは、家電製品や自動車などに内蔵されるシステムの開発を担います。組み込み系ではハードウェアと密接に関わり、C言語やC++を用いてリアルタイムシステムの内部制御をおこないます。ハードウェアへの理解とソフトウェア開発スキルが同時に要求されるため、特殊な知識が必要です。

IoTの普及にともない、家庭内のさまざまな製品で需要が増加しており、組み込み系プログラマーは日々進化する技術の最前線で活躍しています。

 

  1. プログラマーで年収2,000円はいるの?

 

プログラマーで年収2,000万円を稼ぐ方は、実際に存在するのでしょうか。

厚生労働省がおこなった「賃金構造基本統計調査」によると、プログラマーの中で年収2,000万円を超えるのは、稀なケースなことがわかります。具体的には、プログラマーの約1万人に1人未満の、かなり低い割合でしか存在していないのが実情です。つまり、プログラマーが高額年収を得るには、特別なスキルや経験が必須と考えられます。

 

  1. プログラマーの平均年収の現状

 

プログラマーとして働く場合、幾らくらいの収入を期待できるのでしょうか。さまざまな角度から見ていきましょう。

参考:令和3年賃金構造基本統計調査

  1. プログラマーの平均年収は約550万円

一般的なプログラマーの平均年収は約550万円と、厚生労働省の統計によって示されています。左記は全国的な平均値であり、職種や技術、地域によって差異は存在します。例えば、Web開発やモバイルアプリの開発など特定の専門分野では、平均を大きく上回ることも少なくありません。

また、男性と女性で見ると、男性のほうが女性に比べて高い年収を得ている傾向があります。さらに、東京都などの大都市圏では、地方に比べてプログラマーの年収が高いケースもあります。理由は、大都市圏には多くのIT企業が集中しており、競争が激しいため、優れたスキルを持つプログラマーへの需要が高いことが理由の1つです。

以下で、3つの異なる視点で年収の違いを見ていきます。

 

  1. 職種別

プログラマーは、職種によって求められる技術も、収入も異なります。

例えば、Webプログラマーは多様なWebサービスを開発し、20代で平均350万円からスタートします。一方、通信系プログラマーは、通信機器の開発を担い、40代で平均800万円と、他の職種に比べて高い年収が期待できます。給与は、専門性の高さや市場での需要によって決まるため、転職やキャリアアップを検討する際には、それぞれの職種の特徴を理解するのが大切です。

 

  1. プログラミング言語別

プログラマーの収入は、習得しているプログラミング言語によって異なります。例えば、PythonやGo、Scalaは平均600万円程度と高めの傾向があります。一方で、PHPは約700万円とさらに高い水準です。プログラミング言語の希少性や市場での需要が収入に影響を及ぼしますが、言語の需要は年々変動する可能性があるため、最新動向を追いかけ、適切な言語を選ぶことが重要です。

 

  1. 雇用形態別

プログラマーの年収は雇用形態によって大きく変わります。例えば、正社員の平均年収は約450万円ですが、地域によって異なる傾向があります。一方でアルバイトやパートの場合、平均時給は約1,100円です。

フリーランスの場合は、成功したプログラマーは年収数千万円を稼ぐことも可能です。また、アメリカなどの海外は、年収が高い傾向にあり、プログラマーの年収も1000万円を超えることが珍しくありません。

 

  1. 若くても高収入を狙える

プログラマーは、他の業界に比べ若い世代でも高収入が可能です。経済産業省が発表した資料によると、IT業界で労働者の平均年齢は38歳で、一般の就業者の平均年齢より約8歳も若く、早い段階でのキャリアアップが期待できます。

経験年数ではなく、個々のスキルや成果が評価されやすいため、年齢に関係なく高収入を目指せる状況は、若い時から経済的に豊かな生活を送りたいと考える方にとって、大きな魅力となるでしょう。

 

  1. プログラマーの年収が2,000万円と500万円の違いは?

 

プログラマーの年収が2000万円を超えるか、500万円程度で留まるかの違いは複数の要因で決まります。

まず、プログラミングスキルの高さが重要です。複数の言語を扱え、難易度の高いプロジェクトを成功に導けるプログラマーは高く評価されます。次に、使用するプログラミング言語によっても収入に差が出ます。データ分析やAI開発など特定の分野で求められる言語を習得している場合、希少価値により報酬が上がることがあります。

さらに、フリーランスとして独立し、自己のスキルを直接市場に提供し、社員と比べ高収入を得ることも可能です。

企業の規模も影響し、大手企業や外資系企業は一般的に高収入の傾向にあります。

 

  1. プログラマーで年収2,000万円稼ぐには何が必要?

 

本項では、高額な年収を稼いでいるプログラマーが共通して備えている要素を見ていきます。

 

  1. 圧倒的な英語力

プログラミングでは、エラーメッセージがすべて英語で表示されるため、英語を理解し適切に対処する能力が求められます。さらには、プログラミングの最先端技術は主に英語で発信されることが多く、翻訳されるまでタイムラグがあるため、英語が読めれば新しい知識をいち早く取り入れることができます。

また、特に英語圏では日本よりも高年収が期待できるため、英語力を身につけることは年収アップの要因となります。キャリアを高め、より多くの選択肢を持つためには、英語でのコミュニケーション能力を鍛えることが不可欠です。

 

  1. 上流工程のスキル

プログラマーが年収を大幅にアップさせるためには、上流工程の理解と習得が重要です。上流工程とは、システムの要件定義や基本設計など、プロジェクト初期段階の作業を指し、通常はシステムエンジニアが担当します。しかし、プログラマーが上流工程の技術を身につけ、プロジェクトの初期段階から関わることができれば、市場価値を高めることが可能です。

上流工程に携わることで、プロジェクトマネージャーやより上位のポジションへのキャリアアップにもつながり、結果として年収アップに直結するスキルとなります。

 

  1. 言語のトレンドを掴む

年収アップを目指すプログラマーにとって、需要の高いプログラミング言語を習得するのは重要です。特に、Webやアプリ開発に使われるRubyやPHP、AI開発のPythonなどは市場で求められており、習得すれば多様な案件に参加でき、収入増につながります。

ただし、流行に飛びつくだけでなく、市場ニーズの分析や将来性を踏まえた選択が重要です。成長著しい分野への注目と、キャリアアップにつながるスキルの習得は、安定した高収入を実現するための戦略です。将来を見据えた選択で、プログラマーとしての価値を高めましょう。

 

  1. 実務経験・経歴

プログラマーの年収向上には実務経験が不可欠です。プログラミング言語の知識だけではなく、プログラミングをどのように活用してきたかが評価されるため、さまざまなプロジェクトでの経験があることが強みになります。

例えば、大規模システムの開発や運用に携わった経験は、スキルの高さを示す証明となります。また、多様な業界のプロジェクトに参加することで、業界特有の知識や問題解決能力を身につけることができ、他のプログラマーとの差別化につながります。経験を積むことで、より複雑かつ高度な仕事を任される可能性が高くなり、結果として年収が向上します。

 

  1. 高いコミュニケーションスキル

プログラマーが高収入を目指すうえで、技術力だけでなく高いコミュニケーションスキルも重要です。クライアントやプロジェクトチームとの円滑なコミュニケーションは、要求理解と期待の一致のため重要です。

また、チーム内での情報共有や問題解決の場でも、クリアなコミュニケーションは円滑な進行と相互理解を促し、プロジェクトの成功に寄与します。仕事の成果が評価されることで、信頼と実績が築かれ、高年収につながる案件やポジションが得られる可能性が高まります。

 

  1. フリーランスプログラマーの年収が2,000万円なりやすい理由

フリーランスには、スキルを活かして会社員より高額の収入を得ている方が多いです。

フリーランスがなぜ高い報酬を得やすいのか。2,000万円オーバーの年収となるための秘訣をお伝えします。

 

  1. 信頼関係を築けたらクライアントから仕事をもらいやすい

信頼関係を築けば、フリーランスプログラマーは継続的に仕事を受注しやすくなります。クライアントに認められることで、新規の案件探しが不要となり、安定した収入につながります。

高度な技術力や納期の確かさ、丁寧な対応がクライアントの信頼を勝ち取るためには不可欠です。信頼されると上流工程の重要な仕事も任され、高収入の機会が増え、精神的余裕も生まれ、質の高い仕事に集中できます。

 

  1. スキルが高ければ高収入が目指しやすい

プログラマーとして高収入を目指すには、技術力の向上が必須です。業界には絶えず新しい技術が誕生し、技術の波に乗るためには常に学習を続ける心構えが求められます。

新技術をいち早く習得し、専門性を高めることで、より高単価のプロジェクトに参画するチャンスが増え、高収入へとつながります。フリーランスプログラマーの場合、市場価値を高めるためにも、最新のスキルを常にアップデートし続けることが、収益アップに直結します。

 

  1. プログラマーで年収2,000万円をアップさせる方法

プログラマーの方が、年収を2,000万円まで底上げする具体的な戦略をいくつかご紹介します。

 

  1. 複数案件を掛け持ちする

プログラマーの収入向上策として複数案件の同時進行は効果的です。在宅勤務が可能な案件を選べば効率的に仕事を進め、多くのプロジェクトに取り組むことができ、年収アップにつながります。

しかし、同時進行には計画性と時間管理が必須で、スケジュール管理や複数案件の質の維持は経験豊富なプログラマーにとっても難しく、初心者には特に体力的な負担が大きいため、スキルと体調を考慮して案件を選ぶ必要があります。

 

  1. 海外で活躍する

海外での活躍はプログラマーの年収を大幅に上げる可能性があり、アメリカでは平均年収が約760万円、1,000万円を超えるケースも多いです。

すなわち、海外でキャリアを追求するのは年収1000万円超を現実にするきっかけとなります。しかし、海外の物価は日本より高く、例えばアメリカの住宅費は日本の約倍です。さらに、英語でのコミュニケーション能力が必要で、言語の壁を越える努力も求められるため相応の準備が必要です。

 

  1. 大手の外資系IT企業に転職する

外資系大手IT企業への転職は、能力と実績に応じた報酬体系によりスキルを活かした高収入を目指せるチャンスがあります。

転職時は学歴や使用する言語の知識が重視され、英語のコミュニケーション能力が重要で、ハードルは高いですが、要件を満たせば、プログラマーで年収2,000万円も可能です。しかしながら、日常業務や出張で英語が必須となるため、英語に自信のない方には高い壁になり得ます。

 

  1. フリーランスで活躍する

フリーランスのプログラマーは自由度が高く、高収入を目指せます。日本では年収1,000万円以上を稼ぐ例も珍しくなく、年収2,000万円以上も1.5%ですが、不可能ではありません。

技術力に加え、営業力や自己管理能力も重要です。事務やスキルアップは自身でおこなう必要があるものの、スキルを生かして仕事の選択肢を広げられます。企業に属さなくても、継続的な学びと高品質な成果を提供することで高収入を得られます。

 

  1. 2つ以上の言語のプログラミングスキルを身につける

プログラマーが年収向上を図るには、複数のプログラミング言語を習得することが有効です。C言語、Java、Python、C#など、プロジェクトに応じて使い分け、精通することで需要が高まり、年収が向上します。

2つ以上の言語習得には努力が必要ですが、幅広いスキルセットを構築し、市場価値を高めることができます。異なる分野で活躍できる能力を持つことで、より多様な案件に対応し、高収入を得る機会が拡がります。

 

  1. 上流工程のスキルを身につける

プログラマーが年収を大幅に増やすには、上流工程のスキルを磨くことが重要です。上流工程での業務はプロジェクト全体に大きな影響を与え、そのため報酬も高額です。上流工程に携わるには、技術的知識だけでなく、ビジネス理解や提案力が必要です。

上流工程のスキルを持つプログラマーは、平均年収が下流工程のエンジニアより約20%高いとされています。上流工程のスキルはプロジェクトの成功に寄与し、高い評価と収入向上に結びつきます。

 

  1. プログラマーで年収アップを期待できるおすすめの資格

プログラマー職では、資格が技術力の客観的証明となり、年収アップの一助となります。特に高い専門性を求められる資格は、取得することで専門知識の深化はもちろん、転職市場での価値を高めることが期待できます。

  • ・応用情報技術者試験(AP)
  • ・Javaプログラミング能力認定試験
  • ・C言語プログラミング能力検定試験
  • ・PHP技術者認定試験

上記の資格は、それぞれが高い専門性と実践的な技術力を要求されるため、取得にはかなりの努力が必要ですが、成功すればプログラマーとしての市場価値を大きく高め、年収アップにつながる可能性を秘めています。

以下、それぞれの資格を詳しく見ていきましょう。

 

  1. 応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験は、IT分野の広範な知識と高度な応用力を評価する国家資格です。合格すると、プログラミングだけでなく、ITを利用した戦略立案やシステムの企画・要件定義など、上流工程での活躍が期待されます。

具体的には、組織や社会が直面する課題に対して、ITを駆使した解決策を提案し、価値あるシステムを構築する能力が身につきます。また、サービスの安定運用に関する知識も習得でき、プロジェクトマネジメントやチームリーダーとしての役割を果たすための技術水準が求められます。

試験は、午前と午後の部に分かれ、多肢選択式と記述式の問題が出題されます。出題範囲は経営戦略からプログラミング、情報セキュリティまでと幅広く、IT業界での幅広いキャリア形成に役立つ資格です。プログラマーとしてのキャリアを積み、年収を高めるためには、応用情報技術者試験のような資格が示す専門性と応用力が、組織内での立ち位置を高める一助となります。

 

  1. Javaプログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験は、Javaに関する基本知識を有し、オブジェクト指向プログラミングを基盤としたアプレットやアプリケーションを設計できる能力を認定します。

Javaプログラミング能力認定試験には3つの級があり、それぞれプログラミングの深さを問う内容が設けられています。例えば、1級ではオブジェクト指向に基づく分析・設計能力や、実際の業務システムの保守ができるレベルが求められます。2級や3級はそれぞれJavaの一般知識や基本的な知識に関する評価に重点が置かれています。

 

  1. C言語プログラミング能力検定試験

C言語プログラミング能力検定試験は、プログラミングの基礎から応用までを測る指標として開発されました。試験を通して、C言語による効率的かつ正確なコーディング能力が証明されるため、技術力のアピールに役立ちます。

特に、1級試験では、実際の開発現場を想定した応用プログラムの作成が求められ、高度な問題解決能力と言語の理解が必要とされます。高収入を目指すプログラマーにとって、実力を示す機会となりえます。実技試験中心のため、単なる知識の詰め込みではなく、実際にコードを書き、プログラムを動かす力が試されます。

例えば、大規模なシステム開発では、C言語の深い知識が要求されることがあります。1級保持者ならば、大規模プロジェクトで重要な役割を果たし、結果として年収を向上させる可能性が高まるでしょう。また、テキストエディタとコンパイラだけを使用しての試験となるため、IDEに依存しないコーディングスキルが身につき、どのような環境でも即戦力として活躍できるでしょう。

 

  1. PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、PHPプログラミングの基本知識を問う試験で、プログラマーとしての実力を証明する一助となります。経済産業省が定めるITスキル標準(ITSS)にも準拠しており、PHP8技術者認定上級/準上級試験はそれぞれレベル3と2、PHP8技術者認定初級試験はレベル1に位置づけられています。

初級試験の受験料は12,000円となっており、全国的に受験が可能です。試験は60分で40問を解き、7割以上の正答で合格となります。主教材は『独習PHP 第4版』とされており、PHPの基本からオブジェクト指向構文まで幅広い知識が求められます。

模擬問題も提供されており、受験前の準備に活用できます。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!
この記事では、プログラマーとして年収2000万円を目指す方法について記載してきました。他にも、プログラマーとして年収1000万円を目指す方法や、他の職種の年収などについてもまとめていますので、自分の状況に合った年収アップについてご参考にしていただけたらと思います。
 
  1. まとめ

 

プログラマーとして年収2,000万円を目指すための方法や考え方をご紹介しました。

  • ・プログラマーの平均年収は約550万円。
  • ・年収2,000万円を目指すには特別なスキルや経験が必要。
  • ・英語力、上流工程のスキル、トレンド言語の習得が重要。
  • ・フリーランスは信頼関係と高スキルで高収入が狙いやすい。
  • ・資格取得は年収アップに有効。

年収アップのため、あなたのスキルを活かせる企業への転職をお考えの方に、弊社アールストーンではIT・Web・ゲーム業界に特化し、業界熟知のコンサルタントがあなたに最適なアドバイスと転職サポートを提供します。

あなた専属のコンサルタントが直接企業と交渉し、内定や年収アップを目指します。私たちは、あなたに寄り添う支援に注力。チーム体制でフォローし、あなたのキャリアを一緒に考えます。約20,000人のキャリア相談経験と、多数の企業との取引実績を活かし、あなたの高収入を実現させるためのサポートをいたします。アールストーンで、あなたの可能性を思い切り引き出してみませんか。まずは、無料相談から始めてください

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ