IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

プログラマーで年収1,000万​は夢じゃない?収入アップする方法を解説

年収が1000万円を超えるプログラマーの存在は、遥か彼方の目標のように感じられるかもしれませんが、戦略的に動くことで実現可能な目標です。

成功への道は1つではありませんが、データに基づき抽出した成功のパターンを理解するのが重要です。本記事では、年収を大きく左右する要因や、高収入を得ているプログラマーの特性を深掘りし、あなたが収入アップを実現するための実践的な手段をご紹介します。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!
  1. Contents

    現実は?プログラマーの平均年収

 

プログラマーとしての経験、技術、職場環境により年収は大きく異なります。

日本のプログラマーの平均年収を、性別や勤続年数、労働時間のデータに基づいて見ることで、実際のところの年収がどれくらいなのか具体的な数字で理解しましょう。

賃金構造基本統計調査より、男女計のプログラマーの平均賃金は月額約30万円、さらに年間の賞与も含めると、平均年収は約304万円から600万円程度となっています。

国税庁によると一般的なフルタイムの平均給与は461万円となっているので、比較してもそれほど大きな開きはなく、高額なイメージとは異なる可能性があります。

 

  1. 雇用形態別

雇用形態によってプログラマーの収入は大きく変わります。正社員、アルバイト、フリーランスなど、それぞれに見合った相場があることを理解し、自身のキャリアプランに沿った選択をするための参考にしてください。

 

  1. 正社員の場合

正社員のプログラマーの場合、相場となる年収は平均約450万円程度です。

企業による安定した雇用形態により、生活基盤を固めながら専門技術を磨く環境が得られます。地域による給与の差も見受けられ、キャリアと給与アップのチャンスも地方の仕事を探す際の検討材料となるでしょう。

 

  1. アルバイトの場合

プログラマーとしてアルバイトで仕事をする場合、時給は平均約1,100円が相場です。

フルタイムでの勤務が難しい状態や、別の仕事との兼業でスキルを活かしたい場合に選ぶケースがありますが、勤務地が限られることも、アルバイトのプログラマーの特徴です。

 

  1. フリーランスの場合

フリーランスのプログラマーでは、年収はピンからキリまで存在します。

経験が浅い場合は年収100万円程度からスタートする場合もありますが、実績や技術力次第で年収を大きく伸ばす可能性を持っています。高い自由度にともなうリスクを理解したうえで、プロとしてのキャリアを積むことが求められます。

 

  1. 職種別

プログラマーといっても活躍範囲は広く、Webサービス関連からゲーム開発、制御系まで多岐に渡ります。

職種別の年収をご紹介します。

  1. WEBサイト・インターネットサービス関連

Webサイトやインターネットサービスに携わるプログラマーの平均年収は経験年数によって変動します。具体的には、20代では350万円前後、30代になると450万円前後、40代では550万円前後と成熟するに連れて収入も上昇する傾向にあります。

Webの分野はプログラマーのなかでも比較的平均的な年収水準のため、専門の技術を身につけ、キャリアを積むことが収入向上の鍵となります。

 

  1. フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、ユーザーインターフェースを設計し、実装するのが主な職務です。アプリケーション市場のニーズが高いため、年収はプログラマーのなかで比較的高めに設定されており20代で380万円前後、30代では480万円前後、熟練すれば年収をさらに高めることが可能です。

テクノロジーの進化にともない、新しいフレームワークやライブラリの習得が将来的な年収アップへつながると考えられます。

 

  1. ゲーム・アミューズメント系関連

ゲームおよびアミューズメント産業に特化したプログラマーの平均年収は、他の分野に対してやや高めであり、20代で400万円前後、30代では480万円前後、40代になると550万円前後となっています。

特にヒット作に携わることで収入が大きく跳ね上がる可能性を秘めています。アミューズメント業界はプロジェクトの成功に対する報酬が大きいため、スキルだけでなくヒット作を生み出すためのクリエイティビティが求められるでしょう。

 

  1. 制御関連

制御系エンジニアの年収は、プログラマーのなかでも高年収とされており、平均して600万円と魅力的です。

組み込みシステムや工業制御などの専門知識が求められるため、高度な技術力が持つことでより高い報酬を望むことができます。

 

  1. プログラミング言語別

使用するプログラミング言語によってもプログラマーの年収には違いが出ることがわかっています。

  1. Java

Javaは広く使用されている汎用プログラミング言語で、Webサービス、エンタープライズシステム、モバイルアプリケーションなど多岐にわたります。平均年収は約520万円と言われており、特に大規模なエンタープライズシステムを扱う開発者は、さらに高い収入を得る可能性があります。

  1. PHP

PHPは主にサーバーサイドで使用されるスクリプト言語であり、特に開発速度の速さから広く利用されています。平均年収は約700万円と高く、特に開発者のなかにはフリーランスとして独立し、高収入を実現している人も多いです。

  1. Python

Pythonは汎用性とコードの読みやすさから、AIやデータ分析など新しい技術分野で需要が高まっています。結果、プログラミング言語のなかでも平均年収が約600万円と高く、技術革新が進むこれからの業界でのニーズはさらに高まると考えられます。

  1. Ruby

Rubyは日本発祥のプログラミング言語で、Web開発の生産性の高さが特徴です。平均的な年収は約560万円で、特にスタートアップ企業など新しい事業を立ち上げる際に多く採用され、将来の収入増加につながる可能性をもっています。

  1. Go

Go言語はGoogleが開発した比較的新しい言語で、シンプルで効率的なコンカレンシー処理に適しています。平均年収約600万円であり、システムのスケーラビリティやパフォーマンスが重視される今日、Go言語のエンジニアの需要は高まっています。

 

  1. 国内・海外の事情

プログラマーの年収は国境を越えても大きく変わります。国によっては年収が倍以上になることも珍しくありません。

 

  1. 国内の場合

国内プログラマーの平均的な年収は338万円と言われており、日本の平均年収と比べて若干低めの傾向があります。

ただし、経験やスキルによって年収には幅があり、いわゆるコアスキルを持つプログラマーはより高収入を得るチャンスが増えます。安定して需要のあるスキルや専門技術を身に着けることが、日本での収入向上への一歩となります。

 

  1. 海外の場合

海外、特にアメリカのプログラマーの平均年収は日本を大幅に上回り、約940万円から960万円と高額です。

アメリカではプログラマーの地位は高く、技術者不足も影響して収入も上昇傾向にあります。ただし、生活コストも高いため、単純な数字の比較だけではなく、全体的な生活水準とのバランスを考慮する必要があります。

 

  1. プログラマーで年収1,000万円稼ぐ人の特徴

1,000万円を稼ぐプログラマーは、人気・需要の高い言語を駆使し、成功したプロジェクトに携わり、最新ITトレンドに適応し、豊富な実務経験を持ち、フリーランスで高単価案件に対応し、優れたコミュニケーション能力を兼ね備えています。

  • ・プログラミング言語が使える人
  • ・携わったプロジェクトがヒットした人
  • ・プログラマーに必要なスキルを持っている人
  • ・豊富な実務経験を持っている人
  • ・フリーランスで活躍している人
  • ・コミュニケーション能力が高い人

以下で詳しくご紹介します。

 

  1. プログラミング言語が使える人

プログラミング言語は重要なスキルであり、特に人気があり需要が高い言語を扱える人は、高い年収を得る可能性が高いです。例えば、フロントエンドエンジニアやiOSエンジニア、そしてAndroidエンジニアなどの職種では、Ruby、PHP、Python、JavaScriptなどの言語が求められます。さらに、JavaやKotlin、Swift、Goのような言語はアプリ開発でよく用いられるため、使いこなせる人は市場価値が高くなります。実際にプロジェクトで使用し、成果を上げる能力が、年収を上げる鍵となるでしょう。

 

  1. 携わったプロジェクトがヒットした人

市場に出回る製品やサービスの開発に携わった経験がある人は、製品の高い需要によって高い年収につながることがあります。

特に、市場で高いシェアを占めている会計ソフトや顧客情報管理ソフト、スケジュール管理ソフト、大手金融系や保険業界の開発に携わる機会を持っている人は、ソフトが安定して売り上げを生むことで、高い報酬や利益分配を享受する可能性があります。特定の分野で圧倒的なシェアを持つ製品の開発に関われるチャンスを活かすことが、高年収への道となるでしょう。

 

  1. プログラマーに必要なスキルを持っている人

技術の進化は日進月歩であり、最新のITトレンドを常に監視し、必要なスキルを身につけているプログラマーは、高収入を期待できます。

例えば、AIや機械学習などの高度な技術や、希少な言語を習得している人は市場で貴重であり、専門性が高い報酬をもたらすことがあります。また、医療や法律など特定の専門分野に対応できる技術力は、需要の高さから高年収を得られる可能性が高いです。専門分野で独自の知識と経験を積み重ね、業界内での需要を見極めることが成功への近道です。

 

  1. 豊富な実務経験を持っている人

長期にわたり多様なプロジェクトでの実務経験を持つプログラマーは、経験から培われた豊かな知識とスキルで高年収を得ることが可能です。

実務経験があると、予期せぬトラブルへの対処や、効率的なプロジェクト遂行にも一役買うため、企業から高く評価されます。さらに、さまざまな業界や技術領域のプロジェクトに携わることにより、知見を新たな領域に適用して、より大きな成果と報酬を手に入れる機会が増えるでしょう。

 

  1. フリーランスで活躍している人

フリーランスとしてプログラミングの分野で仕事を請け負う選択は、プログラマーにとって大きな収入を得る近道のひとつです。独立して仕事をすると、自身のスキルや市場価値に見合った高単価案件に携わる機会が増え、結果として年収の増加が期待できるからです。

例えば、経験と実績を兼ね備えたプログラマーは、月単位で100万円近い報酬を提示されるプロジェクトもあり得ます。こうしたプロジェクトを継続的に受注できれば、年収1,000万円を超えるのも夢ではありません。しかし、高額な案件を確保するには、市場で求められる専門技術を常に磨き、信頼できる業務実績を築くことが重要です。

 

  1. コミュニケーション能力が高い人

プログラミングスキルだけでなく、コミュニケーション能力の高さもプログラマーの年収を左右する要素です。プロジェクトでクライアントやチームメンバーと円滑にコミュニケーションをとることは、単に仕事を進めるうえで必要な技術ではなく、「信頼される人間性」を築くうえでもカギを握ります。

人間性が評価されれば、優れた条件の案件を得やすくなるため、結果として年収向上につながります。ただし、コミュニケーション力がすべてを決定するわけではなく、高年収を得るためには技術力も必要不可欠です。また、日常的な雑談から業務に関わる意見交換まで、さまざまな場面でコミュニケーションをとることは、良好な人間関係を築き、結果としてキャリアアップにも役立ちます。

 

  1. プログラマーで年収1,000万円を稼げる企業の特徴

年収1,000万円を稼げる企業は、上流工程に携わる企業、大規模システム開発の大手企業、自社ソフトが市場でヒットした企業です。

  • ・上流工程の仕事をしている企業
  • ・大規模システムを開発している大手企業
  • ・自社ソフトがヒットした企業

以下で詳しくご紹介します。

  1. 上流工程の仕事をしている企業

高い年収を得るためには、上流工程に携わることが1つのポイントです。上流工程はシステムの企画や要件定義などお客さまと直接コミュニケーションを取り、プロジェクトの方向性を決定する役割です。

上流工程に従事している企業には、顧客からの信頼が厚く、元請けとして直接仕事を受注し、プロジェクト全体のコントロールを担うため、信頼に見合う収入が期待できます。

例えば、ITコンサルティング会社や大手のシステムインテグレーター等が上流工程のタイプにあたります。こうした企業は、提案力と技術力を兼ね備えたプログラマーを重宝し、能力に見合った年収を提示する傾向があります。

 

  1. 大規模システムを開発している大手企業

次に、大規模なプロジェクトを扱う大手企業も高年収が期待できる場所です。本項で言う大手とは、多くの従業員を有し、顧客基盤も大きい企業のことを指します。

大手企業は国や自治体などの公的機関とも取引があり、巨額の予算が動くプロジェクトを手掛ける機会が多いです。そのため、こうした企業で活躍するプログラマーは、企業から重要なポジションを任されることが多く、責任にともなう高い年収を得ることができます。

 

  1. 自社ソフトがヒットした企業

自社開発したソフトウェアが市場でヒットしている企業です。自社製品が多くの顧客に利用されている状況は、企業の業績を直接的に押し上げ、利益は社員の報酬に反映されやすいです。

特に評価されるのは、安定した売上を生み出すB2Bのソフトウェアや、一般消費者向けのヒット製品を開発した場合です。具体的には会計ソフト、データベースソフト、デザイナー向けのクリエイティブ系ソフトなどがあります。

売れている自社製品がある企業で働くプログラマーは、高い技術力とイノベーションを活かして、企業の成長に貢献しているため、貢献に見合う報酬を得られる傾向にあります。

 

  1. プログラマーで年収1,000万円以上を目指す方法

 

多くのプログラマーたちは、技術に習熟し、高い年収を目指して日々のスキルアップに励んでいます。特に日本で、年収1,000万円以上を手にする人たちは、ある共通の特徴や戦略を持っています。

  • ・マネージャーになって知識を広げる
  • ・5年以上の実務経験を積む
  • ・新しくスキルを身につける
  • ・副業でスキルを磨く
  • ・大手企業狙いで転職する
  • ・雇用形態を重視する
  • ・働く地域を重視する

以下で詳しくご紹介します。

 

  1. マネージャーになって知識を広げる

プログラマーとして一定の経験を積んできたならば、マネージャーへの新たなキャリアパスが考えられます。

マネージャーには、プロジェクトを顧み、全体を率いる「プロジェクトマネージャー」と、より大規模な戦略を描く「プログラムマネージャー」の2種類があります。後者は特に年収1,000万円を超える機会が増え、幅広い業務と高度な知識が必要とされます。したがって、経験を積んで信頼を得ることが、マネージャーへの道への第一歩です。

 

  1. 5年以上の実務経験を積む

プログラマーとしてのスキルは、年収の上昇に直結しています。実務経験はただの数字ではなく、技術や知識の深化を意味し、収入アップにつながります。

新しい言語や技術を学ぶのも大切ですが、知識を生かすためには、具体的なプロジェクトでの経験が欠かせません。正社員として少なくとも5年の経験をもつことが、年収1,000万円を越える階段を上るために重要です。実績を作り、信頼あるプログラマーとしての立場を固めることで、大きな飛躍が期待できます。

 

  1. 新しくスキルを身につける

プログラム言語のなかには、市場で特に需要が高く、習得してより専門性を高め、給与を増やすことが可能なものがあります。

例えば、C言語やPython、Go、Rなどの言語は現代のIT業界で求められており、言語のスキルがあれば多様なプロジェクトへの参加が容易になります。上記の言語のプロジェクトに関わることができれば、専門性がより高い報酬に直結するのが期待できます。

需要のある言語に関する能力を身につけることは、プログラマーのキャリアで重要です。自身の適性に合った言語を選び、継続的にスキルアップを図ることで、年収の増加を目指すことが可能です。

 

  1. 副業でスキルを磨く

プログラマーとして経験を積み、高年収を目指すためには、副業を通したスキルアップが効果的です。現在の勤務先のプロジェクトだけでは得られない経験を副業で得ることができ、本業で扱っていない言語や技術に挑戦して、専門知識を広げることができます。

さらに、報酬を得ながら実務経験を増やせるため、副業はキャリアアップにも経済的利益にもつながります。市場で求められるスキルを身につけ、さまざまなプロジェクトに参加し、プログラマーとしての価値を高めていくことが、高い年収を得るための1つの方法となります。

 

  1. 大手企業狙いで転職する

大手企業への転職は多くのプログラマーが目指すゴールであり、多くの場合、高年収を得る近道となります。大手企業は資本力やブランド力があり、給与水準も高めに設定されていることが一般的です。

しかし、大手企業への転職は競争が激しく、必要なスキルや実績が求められるため、準備に時間が取られます。準備も含め転職活動を効率化し、適切なアドバイスを受けるために転職エージェントの利用が推奨されます。転職エージェントは業界の動向や企業情報を把握しており、希望する企業への扉を開く鍵となります。

書類選考のサポートから面接対策、さらには年収交渉まで、プロの支援を受けることで転職成功の可能性を高めることができます。

 

  1. 雇用形態を重視する

プログラマーの年収に大きく影響を与えるのが雇用形態です。全体的に見て、正社員として働くプログラマーは、フリーランスやアルバイトと比べて安定した収入を得ることができます。

正社員であれば、企業が提供する福利厚生や昇給、ボーナスの恩恵を受けることが可能で、年収を形成する重要な要素となります。また、キャリア形成でも、正社員は長期的な視点でスキルアップや昇進を図ることができるため、年収アップに向けて計画的なキャリアパスを描くことができるでしょう。そのため、年収を上げるためには、雇用形態を見直し、正社員としてのポジションを目指すことが1つの手段となります。

 

  1. 働く地域を重視する

地域によってプログラマーの年収に差が出ることは、キャリア形成で重要な要因です。一般的に都市部、特に東京などの大都市圏では、企業の本社や大規模なプロジェクトが集中しているため、給与水準が高く設定されています。地方都市では、企業数が少なく、大手企業の拠点も限られているため、比較的低い年収の傾向にあります。

しかし、最近ではリモートワークの普及により、地方に住みながら都市部の企業で働く働き方が可能になっています。リモートワークを取り入れることで、地方での生活コストを抑えつつ、都市部の高い年収を得ることができる可能性があります。そのため、年収アップを目指すには、地域の給与水準を考慮し、自身の働き方を見直すことが重要です。

 

  1. プログラマーで高年収が期待できる5つの資格

 

プログラマーが将来のキャリアアップに向けて、高い年収を実現するための手段として、資格の取得は大変効果的です。資格は、専門知識を客観的に証明し、より複雑なプロジェクトや上位ポジションでの活躍を可能にします。

  • ・基本情報技術者試験
  • ・応用情報技術者試験
  • ・プロジェクトマネージャ試験
  • ・システムアーキテクト試験
  • ・ITコーディネータ試験

以下に、高年収を狙うプログラマーにおすすめの上記資格をご紹介します。

 

  1. 基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、IT分野での専門的なキャリアを構築するための第一歩として位置づけられています。試験を通じて、プログラミングやシステム設計などの基本的な知識を身に付けることで、今後の技術開発や応用力の向上に直結するスキルが養われます。

特に初心者や若手のエンジニアにとって、基本情報技術者試験は自らの実力を測るよい機会となるでしょう。試験は覚えるべき情報が多岐にわたりますが、IT全般に関する基本事項を理解し、各種の実務に活かす能力が問われます。また、ソフトウェア開発だけでなく、情報セキュリティの確保などの運用面での知識も重要視される点が特徴です。

試験は多肢選択式で出題され、時間内に適切な解答を導き出す力が求められます。

 

  1. 応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、ITエンジニアとしてさらなるステップアップを目指す方に適した資格です。

経営やマネジメントの要素を含む幅広い知識を習得し、システムの企画から運用まで総合的な能力が求められます。受験者は、IT戦略の立案や、具体的なシステム設計から安定運用までを一貫してこなす力量を身に付けることができます。試験では、単に技術的な問題解決だけでなく、経営者の視点も理解し、ビジネス全体への貢献を考慮した提案ができるかが評価の対象となります。

試験は午前と午後の部に分かれ、多肢選択式と記述式の問題で構成されており、実務に近い形式で知識の深さが問われる構造になっています。プログラマーが高年収を目指すにあたって、応用情報技術者資格は必要なスキルを広げるための大きな契機となるでしょう。

 

  1. プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、プロジェクトを成功に導くための知識や技術を証明する資格です。試験に合格すれば、プロジェクト全体を見渡し、チームをリードして目標達成へと導く能力があると認められます。

主に、プロジェクト計画の策定、チーム編成、ステークホルダーとのコミュニケーション、リスク管理などの幅広いスキルが求められます。プロジェクトの目的実現に向けて、柔軟な対応と適切なプロジェクトマネジメントをおこなうことができる人材が対象です。

試験は午前と午後の部があり、多肢選択式から論述式まで幅広い出題形式で、応募者の知識と実践能力が測られます。

プロジェクトマネージャは高い専門性とマネジメントスキルが必要とされる仕事で、高年収の実現に直結します。

 

  1. システムアーキテクト試験

システムアーキテクト試験は、情報システムの設計や開発を主導する上級エンジニアを目指す方に適した資格です。試験をクリアすると、豊富な業務知識と分析能力に基づき、適切にシステムの要件を定義し、高度なアーキテクチャを設計できる能力があると認められます。

具体的には、全体システム化計画の具体化、要件定義、システム方式の設計、ソフトウェア開発の主導などが主な業務になります。

試験は、複数の選択肢から選ぶ問題から、より深い知識と技術を問う記述・論述式問題までさまざまな形式があります。

システムアーキテクトとしての役割は、企業にとって価値が高く、報酬も見合ったものとなります。

 

  1. ITコーディネータ試験

ITコーディネータ試験は、経営とITの橋渡し役として、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する専門家を育成するための資格試験です。企業のIT経営を推進し、経営課題の解決にコミットすることが求められます。

試験は年2回実施され、コンピュータベースでおこなわれるため、受験者は事前に日時と会場を予約できます。内容は経営戦略、業務改革、IT戦略など幅広い知識が問われ、100問の多岐選択問題として出題されます。特定の資格保持者は特別認定試験を受験でき、試験科目が一部免除される特典があります。

戦略的な役割は報酬も高く、高年収が期待できます。

 

  1. まとめ

プログラマーで年収1,000万円を目指す方法をご紹介しました。

  • ・フリーランスとしての活躍
  • ・企業・業種の選択
  • ・プログラミング言語の習得と実務経験の蓄積
  • ・地域や雇用形態による収入の差
  • ・ヒットプロジェクトへの参加
  • ・継続的なスキルアップと資格取得

年収アップにはさまざまなアプローチが考えられますが、自分のスキルや経験を育てる以外に、所属先企業や業種を変え、正社員として大規模プロジェクト・自社プロダクトに携わるのは年収アップへの近道です。

転職を通じて年収アップを検討されている方は、当社アールストーンの利用をご検討ください。

IT・Web・ゲーム業界に特化した経験豊富なコンサルタントが、あなたのキャリアとスキルに合わせた最適な企業を見つけ、年収アップ交渉もあなたに代わっておこないます。一人一人に寄り添った支援で、理想の転職を実現しましょう。

 

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ