IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

エンジニアの転職に資格は必要か?疑問を解決!

エンジニアの転職に資格は必要?

エンジニアとして転職を考えるうえで「資格を取ろうかな」と考えている人もいるでしょう。一般的に、資格を保有していることは転職活動において強みになりますが、エンジニアの転職において資格は必須のものではありません。もちろん、資格があれば一定のスキル・知識があることの証明になるので、応募する会社によっては有利になる可能性はあります。だからと言って、資格を取ることが最優先の目標になってしまうと、転職活動で機会を逸してしまうリスクもあります。今回は、エンジニアの転職における資格の重要性について考えていきましょう。

Contents

エンジニア関連の試験・資格一覧

エンジニア関連の資格一覧

エンジニア関連の試験・資格は非常にたくさんあります。エンジニアとしての転職活動を少しでも有利に進めたい方はぜひ参考にしてください。

転職に有利な国家試験:ITストラテジスト試験

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つ。経営戦略に基づいてIT戦略を策定し、ITを高度に活用した事業革新、業務改革、および競争優位を獲得する製品・サービスの創出を企画・推進して、ビジネスを成功に導くことができることを認定します。

転職に有利な国家試験:システムアーキテクト試験

システム開発の上流工程を主導する立場で、豊富な業務知識に基づいて的確な分析を行い、業務ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成に導くことができることを認定する試験で、同じくIPAが提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。

転職に有利な国家試験:プロジェクトマネージャ試験

プロジェクト全体の意思決定を実行し、品質・コスト・納期に全責任を持ち、前提・制約のなかでプロジェクトを確実に成功に導くことができることを認定する試験で、同じくIPAが提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。

転職に有利な国家試験:ネットワークスペシャリスト試験

ネットワークの固有技術からサービス動向まで幅広く精通し、目的に適合した大規模かつ堅牢なネットワークシステムを構築・運用できることを認定する試験で、同じくIPAが提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。

転職に有利な国家試験:データベーススペシャリスト試験

企業活動を支える膨大なデータ群を管理し、パフォーマンスの高いデータベースシステムを構築して、顧客のビジネスに活用できるデータ分析基盤を提供できることを認定する試験で、同じくIPAが提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。

転職に有利な国家試験:エンベデッドシステムスペシャリスト試験

ハードウェアとソフトウェアを適切に組み合わせて組み込みシステムを構築し、求められる機能・性能・品質・セキュリティなどを実現できることを認定する試験で、同じくIPAが提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。

転職に有利な国家試験:ITサービスマネージャ試験

顧客ニーズを踏まえ、日々の継続的改善を通じて安全性と信頼性の高いITサービスを提供し、IT投資効果を最大化できることを認定する試験で、同じくIPAが提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。

転職に有利な国家試験:システム監査技術者試験

情報システムにまつわるリスクを分析し、コントロールを点検・評価・検証することによって、組織体の目標達成に寄与できることを認定する試験で、同じくIPAが提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。

転職に有利な国家試験:情報処理安全確保支援士試験

サイバーセキュリティリスクを分析・評価し、組織の事業、サービス及び情報システムの安全を確保できることを認定する試験で、同じくIPAが提供している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。合格者は所定の登録手続きをおこなうことで、国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)」の資格保持者となることができます。

転職に有利なベンダー資格:マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)

サーバーや開発環境など、マイクロソフト社が提供する製品に関する技術的な知識や実務能力を認定する資格です。システムエンジニアやプログラマ、コンサルタントやトレーナーなどのシステム関連の技術者を対象としています。

転職に有利なベンダー資格:LinuC

Linux技術者の認定試験です。Linux技術者認定試験として一般的だった「LPIC」を日本市場のニーズに合わせる形で設けられたのがLinuCで、クラウド時代に求められるLinuxスキルを証明することができます。

転職に有利なベンダー資格:CCNA/CCNP

シスコシステムズ社が提供するネットワーク技術者の認定資格です。主に、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアを対象としており、CCNAは基本的なネットワーク技術を習得していることの証明になり、CCNPは大規模ネットワークの導入・保守・運用ができることの証明になります。

転職に有利なプログラミング言語試験:Ruby技術者認定試験

Rubyの開発者、まつもとゆきひろ氏が理事長を務めるRubyアソシエーションが提供するRuby技術者の認定試験です。基本的な技術レベルを持つことを認定する「Silver」と、より実践的なプログラム設計技術を持つことを認定する「Gold」の2段階に分かれています。

転職に有利なプログラミング言語試験:PHP技術者認定試験

PHP技術者認定機構が提供するPHP技術者の認定試験です。「初級」「上級・準上級」「ウィザード」の3つのカテゴリが用意されています。

転職に有利なプログラミング言語試験:C言語プログラミング能力認定試験

ビジネス能力検定サーティファイが提供するC言語に関する認定試験です。レベルは1級〜3級まで用意されています。

転職に有利なプログラミング言語試験:Oracle 認定 Java資格

Oracle社が提供するJava技術者の認定試験です。「Bronze」は未経験者向けの入門資格であり、「Silver」「Gold」の順にレベルが上がっていきます。

エンジニアの転職に資格は必須ではない!

エンジニアの転職に、資格は必須ではない

タクシー運転手の仕事に就くためには運転免許を所持していることが必須の条件になりますし、医師として働くためには医師免許が必要です。しかし、エンジニアの仕事に就くうえで必須になる資格や免許はありません。

エンジニアとして転職を検討している方のなかには、「企業によっては資格が必須になるところもあるのでは?」と考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、転職サイトでエンジニアの求人広告を調べてみても、特定の資格を所持していることを「必須要件」としている会社はほとんどありません。ただし、特定の資格を「歓迎要件」として掲載している会社は一定数ありました。そのような会社に応募する場合は、該当の資格を持っていることで有利になるでしょう。

なお、ほとんどの会社が資格を必須としていない理由としては、以下のことが考えられます。

実力や経験を重視する会社が多い

エンジニア採用において、特定の資格を必須条件としている企業がほとんどないのは、資格よりも実力や経験を重視しているからだと考えられます。エンジニアという職種は「資格があろうがなかろうが、プログラミングができればいい」という側面があり、転職者に現場での実践力を求める会社がほとんどです。

育成に力を入れており、意欲を重視した採用をおこなっている

会社によっては若手エンジニアの育成に力を入れており、入社時の経験・実力はそれほど重視しないというケースもあります。このような会社では「意欲」や「成長可能性」が重視されるため、転職者が資格を持っているかどうかは必ずしも重要ではありません。

業務への適性を判断できる資格がない

エンジニアの業務は多岐にわたり、会社によっても業務内容が大きく変わってきます。そのため、自社の業務への適性を測ろうにも、基準にできる資格が存在しないケースも考えられます。このような会社の場合も、転職者が資格を持っているかどうかは重要ではありません。

もちろん、エンジニアの転職活動において資格を有していることがマイナスになることはなく、資格の種類によっては好印象を与えられることもあります。どうしても入りたい企業があり、その企業が特定の資格を重視しているのであれば、転職前に資格取得を目指してみるのも良いでしょう。

資格の取得以上に大切なこととは?

エンジニアを必要とするIT業界は、全体として実力主義で評価する会社が多い傾向にあります。「資格を持っている」ということは、必ずしも「実力がある」ということにはならないわけで、エンジニアの転職では資格を取得すること以上に大切なことが多くあります。以下の3つのポイントを意識することで、転職活動を有利に進めることができるでしょう。

プライベートで開発をして実績をつくる

エンジニアとしての経験は仕事だけでなく、プライベートで積むことも可能です。たとえば、プライベートで開発をおこない、実績を積んでいけば、転職においてそのことが大きな強みとなることも十分に考えられます。

実力をアピールするための成果物を揃える

エンジニアとしての実力をアピールするためには、成果物を提示するのが効果的です。エンジニアが転職活動をする際は、Githubなどを活用して自分が積んできた開発実績や、それによって得た実力を相手企業にアピールするのが良いでしょう。

GitHubに関しては以下の記事で詳しく解説しています。

>> エンジニアの転職にgithubって必要なの?丁寧に解説

需要のあるプログラミング言語を身に付けておく

開発現場では多種多様なプログラミング言語が使われていますが、言語ごとに需要の差があります。そのため、特に需要の多いJavaやPHP、Rubyといったプログラミング言語を使いこなせるようにしておくと、転職先候補となる企業も増えるでしょう。

プログラミング言語のニーズは移り変わりが激しいので、最新のニーズを把握したうえで学習を進めるのが賢明です。2021年時点でニーズの高いプログラミング言語に関しては、以下の記事でご紹介しています。

>> 【2021年最新版】求人の多いプログラミング言語やこれから注目の言語とは?

エンジニアの転職に資格は必要?疑問を解決!の【まとめ】

転職活動においては、資格を持っていたほうが有利になるという考え方が一般的です。しかし、エンジニアとして転職するために必須となる資格はなく、転職者には資格の有無よりも実力が求められるケースがほとんどです。転職活動を進める際は、Githubなどを活用して実力をアピールすることに力を入れましょう。

エンジニアの求人一覧を見る
求人情報一覧