IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

エンジニアが転職で年収アップを狙うには?

転職で年収アップするエンジニアとは?

多くの業界・企業で必要とされるエンジニアは将来性の高い職種の一つです。しかし、エンジニアの年収には幅があり、現在の年収に不満を感じている方も多いかもしれません。そのため、今まさに転職活動をおこなっていたり、将来的に転職を考えたりしている方も少なくないと思います。

エンジニアは需要が高いため転職先も多く、自身がアクションを起こしさえすれば、転職による年収アップも十分に可能です。今回は、エンジニアの転職において年収アップを目指す方法について解説してきます。

エンジニアは転職で年収が上がるの?

世の中には様々な種類のエンジニアがいますが、同じ職種のエンジニアとして転職する人もいれば、他のエンジニアにジョブチェンジする形で転職する人もいます。

エンジニアが転職を考える際、そのきっかけになることが多いのが年収です。エンジニアの年収は会社によって大きな差があり、なかには仕事のハードさと釣り合わないほど年収が低い会社もあります。逆に、非常に高い年収を用意して優秀なエンジニアを迎え入れている会社もあります。

また、エンジニアの種類、専門分野によっても年収は大きく変わってきます。たとえば、運用や保守、テクニカルサポートなどをおこなうエンジニアの年収は若干低めなので、同様の仕事内容の会社に転職しても年収アップは難しいかもしれません。また、汎用系のシステム開発やパッケージソフト・ミドルウェア開発をおこなうエンジニアの年収も、どちらかと言うと低い部類に入ります。

エンジニア年収の相場は?

エンジニア年収の相場は?

一般的なITエンジニア(プログラマー)の平均年収

ITエンジニア(プログラマー)は、プログラミング言語を用いて様々なシステムやソフトウェアを作るエンジニアです。求人情報に特化した検索エンジン「求人ボックス」によると、プログラマーの平均年収は「438万円」。ボリュームが多いのは379〜445万円の水準で、全体の給与幅としては313〜843万円となっています。

システムエンジニアの平均年収

システムエンジニア(SE)は、システムの要件定義・設計などの上流工程を担当するエンジニア。システム開発におけるオールラウンダーとしての活躍が求められます。一般的なITエンジニア(プログラマー)からステップアップしてシステムエンジニアになるのが一般的であり、平均年収も500万円前後とプログラマーより高くなっています。ただし、システムエンジニアの年収幅は非常に広く、どんな会社のシステムエンジニアに転職するかによって年収は大きく変わってくるでしょう。

「求人ボックス」によると、システムエンジニアの平均年収は「513万円」。ボリュームが多いのは409〜476万円の水準で、全体の給与幅としては341〜880万円となっています。システムエンジニアの転職については、以下の記事で詳しく解説しています。

>> SEが転職・キャリアアップを考える際に押さえるべきポイント

サーバーエンジニアの平均年収

サーバーエンジニアは、ITインフラのなかでもサーバーに特化したエンジニアのことで、サーバーシステムの設計・構築から保守・運用までを担います。サーバーエンジニアの平均年収は500万円前後で、20代であれば300万円~400万円台、30代・40代であれば500万円~600万円台が相場です。サーバーエンジニアについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>> サーバーエンジニアの仕事内容からスキル、キャリア等徹底解説

ネットワークエンジニアの平均年収

ネットワークエンジニアは、ITインフラのなかでもネットワークに特化したエンジニアのことで、ネットワークの設計・構築から保守・運用までを担います。一般的なITエンジニアと比べると専門性が高いため平均年収も若干高く、600万円程度が相場です。

データベースエンジニアの平均年収

データベースエンジニアは、ITインフラのなかでもデータベースに特化したエンジニアのことで、データベースの設計・構築から保守・運用までを担います。データベースエンジニアの平均年収は500万円~600万円が相場です。

「求人ボックス」によると、データベースエンジニアの平均年収は「547万円」。ボリュームが多いのは434〜504万円の水準で、全体の給与幅としては363〜928万円となっています。経験・スキルを磨いて転職することで、800万円台~900万円台といった高年収も狙えます。

セキュリティエンジニアの平均年収

セキュリティエンジニアは、ネットワークやシステムのセキュリティ確保を主な業務とするエンジニアです。「求人ボックス」によると、セキュリティエンジニアの平均年収は「579万円」。ボリュームが多いのは444〜523万円の水準で、全体の給与幅としては364〜999万円となっています。

クラウドエンジニアの平均年収

クラウドエンジニアは、クラウドサービスを利用してシステムの設計・構築・保守をおこなうエンジニアです。「求人ボックス」によると、クラウドエンジニアの平均年収は「593万円」。ボリュームが多いのは589〜661万円の水準で、全体の給与幅としては376〜945万円となっています。

エンジニアの平均年収

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションの設計・開発を専門とするエンジニアのことで、転職マーケットでも近年需要が増している職種の一つです。Webエンジニアの平均年収は500万円前後が相場です。

「求人ボックス」によると、Webエンジニアの平均年収は「597万円」。ボリュームが多いのは363〜425万円の水準で、全体の給与幅としては363〜860万円となっています。

プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収

プロジェクトマネージャー(PM)は、プロジェクト全体の管理者であり、プロジェクトメンバーやスケジュール、予算、品質などをマネジメントし、プロジェクトを成功に導くことをミッションとする職種です。エンジニアのキャリアパスとして最上位とも言える職種であり、転職サイトでもプロジェクトマネージャーは年収1,000万円を超える求人も少なくありません。

「求人ボックス」によると、プロジェクトマネージャーの平均年収は「618万円」。ボリュームが多いのは471〜568万円の水準で、全体の給与幅としては374〜1,152万円となっています。プロジェクトマネージャーについては、以下の記事で詳しく解説しています。

>> プロジェクトマネージャーとは?必要なスキルと資格を紹介

>> PMの将来性や年収、転職に必要なスキルとは?

※参考:人気職種の給料情報|給料ナビ|求人ボックス(更新日:2021年9月9日)

フリーランスエンジニアの平均年収

フリーランスとして働くエンジニアは「バリバリ働いて稼ぎたい」という人もいれば、「プライベートを大切に自分のペースで働きたい」という人も少なくないため、考え方によっても年収は変わってきます。

一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会が発行している「フリーランス白書2020」によると、29.8%のフリーランスエンジニアが「年収800万円以上」、16.8%のフリーランスエンジニアが「年収400万円~800万円未満」と回答しています。

※参考:フリーランス白書2020|プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会

フリーランスとして高年収を得るには、エンジニアとしてのスキルだけでなく営業スキルや交渉術なども必要であり、少しでも条件の良い案件を獲得することが大切です。

高い年収のエンジニアの特徴とは?

高い年収のエンジニアの特徴とは??

エンジニアにとって転職は年収を上げる手段として有効です。以下の点を心がけることで、より条件の良い転職ができるでしょう。

プラスアルファの能力を身に付けて転職!

多くの人はITエンジニア(プログラマー)としてキャリアをスタートさせますが、いつまでも平凡なITエンジニアでは年収アップは見込めません。年収を上げるためには、プラスアルファの能力を身に付ける必要があります。

専門性を高めるという意味で言うと、サーバーエンジニアやネットワークエンジニア、データベースエンジニアやクラウドエンジニアに転職することができれば、一般的なITエンジニアより多くの年収を得ることができるでしょう。そのためには、新しい知識や新しいプログラミング言語の習得が必要になりますが、エンジニアとして年収アップを実現するためには避けては通れない道です。

リーダーシップやマネジメントスキルを磨いて転職!

エンジニアの志向性として、とことん技術を追求したいタイプの人もいますが、年収アップを目指すのであれば管理職として転職するのが近道になるはずです。エンジニアの世界で管理職と言えば、プロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)です。

プロジェクトリーダーは現場で働くエンジニアたちのリーダーとして、プロジェクトチームをまとめるポジションで、プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの企画、進行、管理、人員配置、クライアントとの交渉など開発プロジェクト全体を統括するポジションです。プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーになるためには、リーダーシップやマネジメントスキルが欠かせません。逆に言えば、転職前にこのようなスキルを磨くことができれば、プロジェクトリーダー候補やプロジェクトマネージャー候補として採用される可能性も高まるでしょう。

実力主義の企業を見極めて転職!

十分な能力・スキルを身に付けているエンジニアは、実力主義の企業に転職することでより多くの年収が期待できます。特に、歴史の長い国内企業の場合、年功序列で給与が決められるケースも少なくありません。年功序列の企業は転職先の選択肢から外し、実力主義で評価される企業に転職できれば、能力・スキルに見合った年収を得やすくなるでしょう。

転職で年収アップするエンジニアとは?の【まとめ】

自分では「正しく評価されていない」「会社への貢献度に見合った年収がもらえていない」と感じている人でも、客観的にスキルや実績を見た場合、現在の年収が妥当であるケースもあります。逆に、客観的にスキルや実績を見た結果、「現在の年収は低い」「転職すればもっともらえる可能性がある」という人もいます。

このようなズレがあると満足のいく転職ができない可能性があるため、転職前に自身の適正年収を知っておくことが大切です。エンジニアが適正年収を知るのにおすすめのツールが「R-Stoneの適正年収診断」です。この診断では、職種や年齢、実務経験年数などから適正年収が算出されます。ぜひ転職前に適正年収診断を受けてみましょう。

>> R-Stoneの適正年収診断はこちらから

エンジニアの求人一覧を見る
求人情報一覧