エンジニアが転職で年収アップを狙うには?

エンジニアが転職で年収アップを狙うには?

多くの業界・企業で必要とされるエンジニアは将来性もある職業といえます。しかし、その年収には幅があり、現在の年収に不満を感じている方も多いかもしれません。

エンジニアは需要が高いため転職先も多く、自身がアクションを起こしさえすれば、転職とそれによる年収アップも十分可能であるという特徴もあります。そのため、現在まさに転職活動を行っていたり、将来的な転職を考えたりしている方も多いことでしょう。今回はエンジニアの転職において年収アップを目指す方法について考えていきます。

 

エンジニアは転職で年収が上がるの?

システム、サーバー、ネットワークなど、エンジニアといってもその種類はさまざまです。これらのいずれかのエンジニアとして、転職を考えている方も多いことでしょう。

転職を考えるきっかけとなることが多いのが年収です。

とくにエンジニアの年収は、仕事の多忙さと釣り合わないほど少ないことが多く、年収アップを目指して転職を決意される方も少なくありません。

しかし転職によって年収を増やすためには、自身が携わることのできる業務や企業の規模なども考慮する必要があります。

たとえば運用や保守、テクニカルサポートなどを行うエンジニアは多くの企業で必要とされていますが、その年収はエンジニア全体で見ても少ない傾向にあるため、転職をしても大幅な年収アップは難しいでしょう。

また、汎用機系のシステム開発やパッケージソフト・ミドルウェア開発を行うエンジニアの年収もどちらかというと少ない部類に入り、年収アップを目指して転職を図るのであれば、現在在籍している企業の給与・待遇と比較し、雇用条件に納得できるかよく吟味しましょう。

以上のように、エンジニアとしての転職では年収を増やすことが十分に可能ではあるものの、転職先で任される仕事の種類によっては大して年収が変化しなかったり、逆に減ってしまったりすることも十分にありえます。

このことを考慮したうえで、エンジニアとしての転職では自分が携われる職種をリストアップし、そのなかでもっとも年収が増えそうな職種を募集している転職先を探してみるとよいでしょう。

 

 

エンジニア年収の相場は?

エンジニアの年収は職種やポジションによっても異なります。そこで、数多くあるエンジニアの職種・ポジションのなかから以下の7つを挙げ、それぞれの年収の傾向を見ていきましょう。

 

・システムエンジニア

システムエンジニアには、システム開発におけるオールラウンダーとしての活躍が求められます。そのため、個々のエンジニアの能力は比較的高い傾向があり、平均的な年収も500万円前後とまずまずの相場となっているのです。ただし、システムエンジニアに求められる仕事は多岐にわたることから年収幅は広く、人によっては平均を大きく下回ることがあります。

 

・サーバーエンジニア

サーバーシステムの設計・構築から保守に至るまで、幅広い仕事を担うのがサーバーエンジニアです。その平均的な年収は500万円前後となっており、システムエンジニアとほぼ同等といえるでしょう。ただ、この職種は慢性的な人手不足に陥っている企業が多く、同じような業務でも企業が違うだけで年収が大きく変わるということがあるのです。

 

・ネットワークエンジニア

ネットワークの構築や保守、管理まで幅広い仕事を担っています。ネットワークエンジニアは、ネットワークに特化したシステムエンジニアとの位置づけができるでしょう。そのためシステムエンジニアと比較すると年収は若干高くなっており、その平均額は約600万円です。

 

・データベースエンジニア

データベースの設計・構築から保守までを行うデータベースエンジニアは、データベースに特化したシステムエンジニアになります。この職種の平均年収は500万円前後となっており、企業によっては通常のシステムエンジニアよりも年収が若干高くなっていることがあるでしょう。

 

・Webエンジニア

通常のWebサイトだけでなく、ECサイトを運営する企業が多くなったことなどから需要が増しているのがWebエンジニアです。その担い手は多く、平均的な年収はシステムエンジニアと同等の約500万円となっています。また、この職種も年収の幅が広く、企業によってはこの平均額を大きく下回る可能性があります。

 

・プロジェクトマネージャー

特定のプロジェクトにおいて複数のエンジニアをまとめ上げ、全体をリードする存在であるのがプロジェクトマネージャーです。その年収は一般的なエンジニアより高く、平均額は約750万円となっています。また、このポジションにつけるようになると1,000万円以上の年収を得ることが十分可能です。

 

・フリーランス

フリーランスの年収はその人次第であることから金額幅は広く、「がんばり次第でいくらでも稼げる」と認識しておくのがよいでしょう。ただし、より多くの年収を得るためにはエンジニアとしてのスキルを磨くことだけでなく、報酬の交渉術なども身につけ、少しでも条件のよい仕事を得ることが大切です。

 

高い年収のエンジニアの特徴とは?

エンジニアにとって転職は年収を上げるための手段のひとつとして有効でしょう。また以下の点にも注意すると、より年収を上げやすくなります。

 

・+αの能力を身につける

多くのエンジニアは、最もオーソドックスなシステムエンジニアとしてプロジェクトなどにかかわることで、そのキャリアをスタートさせます。しかし、このようなごく初歩的な能力だけしか身につけていない段階では年収も限定的であるため、年収を上げるためには+αの能力を身につける必要があるのです。

より専門的な能力を身につけ、サーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアなどに転職することができれば、駆け出しのシステムエンジニアより多くの年収を得ることができます。また、キャリアのごく初期に限らずエンジニアとしての年収アップを目指すためには、常に+αの能力を積極的に身につけていくことが大切です。このことから基本的な能力だけでなく、+αの能力を身につけているエンジニアほど年収は高くなる傾向があります。

・マルチに活躍することができるスキルや経験を積む

転職を目指す方にとっては、特定の職種のみで働こうとするのではなく、自分自身がさまざまな職種に対応できるようにしておくことも重要です。たとえばサーバーエンジニア、ネットワークエンジニア、データベースエンジニアのすべてに対応できる人材であれば、採用したいと考える企業は多くなり、その分多くの年収を得ることが可能となります。そして、このようなマルチに活躍するためのスキルや経験を積んでいるエンジニアも年収が高い傾向があるのです。

 

・実力主義の企業・プロジェクトに参加する

十分な能力を身につけているエンジニアは、実力主義の企業やプロジェクトに参加することでより多くの年収を得られるようになります。とくに国内の企業のなかには、年功序列式で給与が決められているところも少なくありません。そのため年功序列よりも実力主義であることが重視される傾向のある外資系企業、あるいは外資系企業のプロジェクトを探すと自分の能力に見合った年収を得やすくなるでしょう。

 

あなたの適正年収をチェックしてみよう!

自分では会社やプロジェクトへの貢献度に見合った年収がもらえていないと感じていても、身につけているスキルや経歴次第では現在の年収が妥当ということもあります。このような認識のずれを防ぐためには、自身の適正年収を知っておくことが大切です。

エンジニアが適正年収を知るのに適したおすすめのツールが「R-stoneの適正年収診断」です。このツールでは職種や年齢、実務経験年数などから適正年収を算出することができます。その結果をもとに、アールストーンのコンサルタントに転職相談をし、転職先探しをしてみるのもよいでしょう。

 

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

エンジニア専門のコンサルタントに話を聞きたい方はこちらから^^

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+