サーバーエンジニアの仕事内容からスキル、キャリア等徹底解説

サーバーエンジニアの仕事内容からスキル、キャリア等徹底解説

エンジニアにはさまざまな種類がありますが、その中のひとつとして「サーバーエンジニア」があります。エンジニアを目指す人の中には、「サーバーエンジニアはどんな仕事をするのか」「サーバーエンジニアは他のエンジニアと何が違うのか」と興味を持つ人も多いでしょう。

そこで今回の記事では、サーバーエンジニアの仕事内容や年収相場、またサーバーエンジニアに求められるスキル、さらにサーバーエンジニアのキャリアパス、将来性について詳しく解説します。

 

サーバーってなに?

 

まずはサーバーエンジニアという職種名にもつく「サーバー」について、解説していきます。

 

・サーバーとは

サーバーとは簡単にいうと、データを格納しているコンピューターのことを指します。企業はさまざまなサービスを展開しており、それらのサービスの提供に必要なデータの格納場所としてサーバーがあるのです。WEBサイトはもちろん、SNS、メール、クラウドサービス、ネットショッピング、オンラインゲームなど、それらのサービスに必要なすべてのデータがサーバーに格納されています。このサーバーがなければ、企業はこれらのサービスを提供できず、サービス自体が停止してしまう恐れがあるのです。そのため、私たちが普段利用しているネットのサービスには、サーバーが必須の存在ということになります。

 

・サーバーとクライアント

サービスを提供する側のコンピューターをサーバーと呼び、反対にサービスを受ける側のコンピューターを「クライアント」と呼びます。クライアントの要求によって、サーバー側はサービスを提供したり、データを供給・保管したりしています。例えば、ネット上で画像加工処理のサービスを利用するとき、クライアント側は「画像をこのように加工したい」といった要求をサーバー側に送り、サーバー側はその要求に沿ったデータを提供します。このように、ネット上のサービスのほとんどは、クライアント側の要求とサーバー側のサービス実行から成り立っているということです。つまり、クライアントとサーバーの関係は「需要と供給」と言うこともできます。

 

サーバーエンジニアの仕事内容

 

サーバーエンジニアの仕事は、基本的に「設計・構築」と「運用・保守」に二つに分かれます。それぞれについて詳しく確認しておきましょう。

 

・設計・構築フェーズ

設計・構築フェーズでは、サービスの提供で必要となるサーバーそのものの設計および構築業務を行います。そのサービスで運用するサーバーのスペック・処理能力、ネット回線の通信速度、必要台数などをプロジェクトのメンバーやプログラマーなどと一緒に検討していくのです。

 

サーバーを構築したあとのラッキングや配線といった物理的作業も、サーバーエンジニアの大事な仕事といえます。実際にサーバーを稼働させるには、サーバーそのものをサーバーラックに配置・固定し、ケーブルの配線をしなければなりません。ラッキングが完了したら、OSの設定やサービスの運用に必要となるアプリケーションのインストールなども行います。

 

・運用・保守フェーズ

運用・保守フェーズでは、サーバーが日々正常に稼働しているかを監視する業務を行います。もしもサーバーが正常に稼働しなくなったら、クライアント側の要求に応えられなくなってしまうため、サービスそのものが停止してしまうのです。そうならないためにも、サーバーエンジニアは日々サーバーの監視やセキュリティーチェックなどを行います。

 

実際にサーバーに障害が発生したら、障害の原因を突き止め、早急に復旧しなければなりません。基本的にネット上のサービスに時間は無関係のため、サーバーの保守・監視も業務も24時間体制となっています。私たちが当たり前のように利用しているネット上のサービスは、実はサーバーエンジニアの日々の保守業務が支えているのです.

 

 

気になる年収相場や求められるスキルは…

 

サーバーエンジニアの年収相場と、サーバーエンジニアに求められるスキルについて説明していきます。

 

・サーバーエンジニアの年収相場

求人サイトにおけるサーバーエンジニアの募集例をいくつかご紹介します。

 

〇株式会社G

仕事内容:WEB系システム、コンソールゲーム、スマホゲームなどのバックエンドシステムの設計・構築・運用
年収:500万円~800万円

 

〇株式会社O

仕事内容:サーバーの構築・運用・障害対応
年収:400万円~600万円

 

〇株式会社N

仕事内容:システム基盤の設計・構築・提案・要件定義。セキュリティー、クラウドシステムの設計
年収:430万円~750万円

 

傾向としては、20代のサーバーエンジニアの年収は300万円~400万円台、30代・40代のサーバーエンジニアの年収は500万円~600万円が相場といえます。

 

・サーバーエンジニアに求められるスキル

上記の求人例の場合、サーバーエンジニアにはどのようなスキルが求められるのでしょうか。

 

〇サーバーの設計・運用・保守における知識

サーバーエンジニアの仕事は、サーバーの設計・構築、運用・保守がメインとなります。そのため、サーバーを設計・構築するための専門的知識はもちろん、運用・保守を行う際の監視ツールの知識が必要です。また、運用・保守においては、当然ながらウイルス対策やファイヤーウォールなどセキュリティー対策についての知識も求められます。

 

〇OSにおける知識

サーバーを構築するにはOSが必要です。OSには、Windows、Linux、Unixなどさまざまな種類がありますが、それらのOSの知識に精通していることもサーバーエンジニアには必要なスキルです。

 

〇クラウドサーバーにおける知識

近年、クラウドサーバーを導入する企業が増加しています。これからのサーバーエンジニアは、クラウドサーバーを利用するための知識も必要になるでしょう。そのようなことから、AmazonのAWS(Amazon Web Services)やマイクロソフトのMicrosoft Azureといったメジャーなクラウドサーバーを扱えるようになれば、サーバーエンジニアとして市場価値はさらに高まります。

 

キャリアパスや将来性

 

最後に、サーバーエンジニアのキャリアパスや将来性について見ていきます。

 

・サーバーエンジニアのキャリアパス

サーバーエンジニアからのキャリアパスとしては、「マネージャー」「管理職」「スペシャリスト」などが挙げられます。マネージャーは、社内のスタッフやエンジニアをまとめる立場です。企画の立案、予算の策定、人員配置、進捗状況の管理など、統率力とリーダーシップが求められます。一般的なエンジニアよりも上位の職種になるので、それだけ年収も高いのが特徴です。マネージャーとしての経験と実績を積めば、そこからさらに上位の管理職、さらには執行役員という道も見えてくるでしょう。

 

サーバーエンジニアのもうひとつのキャリアパスとして、エンジニアとしてのスペシャリストを目指すという道もあります。サーバーやOSに関するより高度な知識、さらに近年注目されているクラウドサービスにおけるスキルまで幅広く習得し、「サーバーのことであれば何でも対応可能」といえるスペシャリストです。サーバーに関する高度な知識を有していれば、企業へのサーバーの構築の提案、改善を行う「コンサルタント」を目指すことも可能です。

 

・サーバーエンジニアの将来性

ITは私たちの生活に深く浸透しており、今後ITインフラがなくなるということは考えられません。ネット上のサービスはサーバーがなければ成り立たないので、これらのサービスが存在する限り、サーバーエンジニアの需要もなくならないといってよいでしょう。とはいえ、最近は、クラウドサービスの導入企業が急増していることから、サーバーの設計・構築だけを専門にしたエンジニアの数は減少傾向にあるようです。そのため、サーバーエンジニアとしての市場価値を維持するためには、クラウドサービスに対する知識とスキルを身につけることがとても重要です。

 

まとめ

 

サーバーエンジニアは、いわばネット上のサービスにおける縁の下の力持ちです。サーバーエンジニアがいるからこそ、私たちはネット上のサービスを利用することができます。そういう意味でも、サーバーエンジニアは多くの人の役に立つ、やりがいのある仕事といえるでしょう。

IT業界の進歩と変化は速いので、サーバーエンジニアとして働く場合は、常にIT業界の動向と流行に敏感になりましょう。サーバーエンジニアとしての市場価値を高めるためにも、クラウドサービスなどの新しい知識とスキルを積極的に習得していくことが求められます。