IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

サーバーエンジニアに転職するには?仕事内容や必要なスキル、キャリアパスを解説

サーバーエンジニアに転職するには?仕事内容や必要なスキル、キャリアパスを解説

サーバーエンジニアは、転職マーケットでもニーズの高い職種の一つで、よりよい条件を求めて転職を希望する人も少なくありません。

今回は、サーバーエンジニアを目指す方や転職をお考えの方に向け、仕事内容や平均年収、またサーバーエンジニアに求められる知識・スキルや取得しておきたい資格などを解説していきます。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!

Contents

サーバーエンジニアとは

サーバーの設計・構築や運用・保守を手がける専門職で、さまざまなシステムやアプリケーションの安定稼働を支える存在です。

フロントエンドエンジニアとの違い

フロントエンドエンジニアは、WEBサイトやアプリケーションの見た目とユーザーインターフェースの実装を担う職種です。

一方、サーバーエンジニアは、データ処理やシステムの運用・保守をおこない、WEBサービスなどの裏側で動作するサーバーの管理を担当します。

フロントエンドエンジニアがユーザーに直接触れる部分を作成するのに対し、サーバーエンジニアはユーザーからは見えない部分でサービスの基盤を支えています。

 

バックエンドエンジニアとの違い

バックエンドエンジニアは、サービスやアプリケーションのデータ処理、ビジネスロジックの実装、データベースの管理など、ユーザーが直接見ることのないシステムの根幹部分を構築する職種です。

対して、サーバーエンジニアは、バックエンドエンジニアが開発したシステムが稼働するサーバーの構築・管理をおこないます。具体的には、サーバー機器の設置、OSやネットワークの設定、セキュリティ対策、障害発生時の対応などを担当しており、バックエンドエンジニアとは異なる専門的な技術やスキルが求められます。

両者は連携を取りながら、安全で快適なWEB環境をユーザーに提供するための基盤を築いています。

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアの仕事のうち、「設計・構築」と「運用・保守」に2つのフェーズについて簡単に解説します。

・設計・構築フェーズ

設計・構築フェーズでは、サービスを提供するために必要になるサーバーの設計、構築をおこないます。サーバーのスペック・処理能力、ネット回線の通信速度、必要台数などをプロジェクトのメンバーやプログラマーなどと一緒に検討していくフェーズです。

サーバーを構築後はラッキングや配線などの物理的作業をおこないます。サーバーをサーバーラックに配置・固定し、ケーブルの配線します。ラッキングが完了したら、OSの設定やサービスの運用に必要となるアプリケーションのインストールなどもおこないます。

・運用・保守フェーズ

運用・保守フェーズでは、サーバーが日々正常に稼働しているかを監視する業務がメインになります。サーバーに障害が発生した際は、障害の原因を突き止め、早急に復旧に当たります。24時間稼働することが求められるサービスでは、保守・監視業務も24時間体制となります。

・サーバーエンジニアと似た職種

サーバーエンジニアに似た職種に「ネットワークエンジニア」と「インフラエンジニア」があります。

ネットワークエンジニアはネットワークシステムに特化したエンジニアのことで、インフラエンジニアはサーバーからネットワークまでITインフラ全般を設計・構築するエンジニアのことです。インフラエンジニアは、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアなどのインフラを扱うエンジニアの総称ということもできます。ただし、転職サイトでの表記は企業によって異なるので注意が必要です。

サーバーエンジニアの現状

令和4年通信利用動向調査によれば、クラウドサービスを利用する企業の割合は7割を超えており、ファイルの保管やデータ共有など、業務の効率化に貢献していると報告されています。

クラウドサービスが高く評価されている背景には、利便性やコスト削減などのメリットが認識されているからでしょう。さらに、IoTやAIを活用したデジタルデータの収集や解析をおこなう企業も13.5%存在し、IoTやAIの導入効果に約85.9%の企業が肯定的です。

上記の動向をみると、データ中心のビジネス展開を目指す企業が増える今、サーバーエンジニアにはサーバーの設計や運用、セキュリティ強化など複雑な課題が求められ、専門性と技術力が欠かせません。サーバーエンジニアの役割は一層重要になり、需要はますます高まるでしょう。

サーバーエンジニアの年収相場

求人サイトアールストーン掲載のサーバーエンジニアの募集例をいくつかご紹介します。

想定年収

400万円~650万円

業務内容

課題抽出・要件定義のコンサルティングフェイズから運用・保守チームのリーディングまで、お客さまの要望に応じた業務をご経験に応じてお任せします。

求められるスキル・経験

インフラエンジニアとして設計・構築のご経験がある方

インフラ運用・保守にてリーディングのご経験がある方

 

想定年収

350万円~800万円

業務内容

要件を理解し設計から構築、運用設計、セキュリティの実装まで、サーバー、クラウド、仮想化環境やメインフレーム環境でのシステム開発と運用設計を担当していただきます。マネジメント業務も含みます。

求められるスキル・経験

インフラ基盤の設計、構築、運用保守、監視のご経験

 

想定年収

600万円~1,000万円

業務内容

SI業務における設計、構築、オンサイト作業、試験、ドキュメント作成等の品質向上施策を担当いただき、品質向上のための社内ガイドラインを策定します。

策定したガイドラインを社内に浸透させる教育・研修をおこない、将来的には提案書レビュー、ドキュメントレビュー、納品物チェックなどを通じて、提供するサービスの品質向上を図っていただきます。

求められるスキル・経験

SIプロジェクトのプロジェクトマネジメント経験

PMとして提案書、ドキュメント、作業前の各種レビュー経験

傾向としては、20代のサーバーエンジニアの年収は300万円〜400万円台、30代・40代のサーバーエンジニアの年収は500万円〜600万円台が相場となっています。

IT業界に特化した転職エージェント、R-Stone調べによるサーバーエンジニアの平均年収は550万円となっています。また、全体の年収幅は300万円〜1,200万円となっています。

サーバーエンジニアへの転職に必要な知識

サーバーエンジニアとして転職する際に求められる知識についてご説明します。

OSに関する知識

サーバーを構築するためにはOSが不可欠です。そのため、サーバーエンジニアは、WindowsやMac OS、LinuxやUNIXなど、OSごとの特徴や仕組みに精通していなければいけません。加えて、適切なインストール作業やパラメータ設定、テスト、トラブルシューティングなどができる必要があります。

クラウドサービスに関する知識

近年、クラウド技術の発展により、従来のようにオンプレミス環境でサーバーを構築するケースが減り、クラウド上にサーバーを構築する企業が増えています。クラウド上にサーバーを構築することでコストを削減できるほか、スピーディーかつ柔軟にサーバーを運用できるようになります。また、重要なデータが消失するリスクが低減し、万が一の災害時も復旧が容易になるなど、BCP対策を考えるうえでもメリットがあります。

クラウド上にサーバーを構築する際によく使われるクラウドサービスとして、AmazonのAWS(Amazon Web Services)や、MicrosoftのMicrosoft Azure、GoogleのGoogle Cloud Platform(GCP)があります。サーバーエンジニアとして転職するためには、主要なクラウドサービスに関する知識を持っておいたほうがよいでしょう。

セキュリティに関する知識

サーバーエンジニアにとって、セキュリティ関連の深い知識は必須です。OSのパッチ適用やアクセス権限の設定、ファイアウォールや侵入検知システムの配置など、幅広いセキュリティ対策に精通している必要があります。

特に、データ漏洩やサイバー攻撃から保護する対策は、信頼性の高いサービス提供に不可欠です。さらに、コンプライアンス遵守や監査対応も重要な責務であり、セキュリティ関連のスキルはキャリアを形成していくうえで、かなりの重要性を持っています。

また、攻撃発生時には即座に対応をおこない、システムを迅速に復旧させるためのインシデントレスポンス能力も求められます。サーバーエンジニアに求められるセキュリティスキルは、技術進歩とともに進化し続けるため、常に学習を続ける姿勢が必要です。

サーバーエンジニアへの転職に必要なスキル

サーバーエンジニアとして転職する際に求められるスキルについてご説明します。

サーバーの設計・構築、運用・保守のスキル

これまで解説してきたように、サーバーエンジニアの仕事は設計・構築、運用・保守がメインの業務となるため、そのためのスキルは必須です。未経験者などスキルが低いうちは運用・保守を担当し、経験を積んでから設計・構築を担当するようになる、というのがサーバーエンジニアの一般的なキャリアパスとなります。

セキュリティ対策のスキル

サーバーは常に外部からの脅威にさらされています。例えば、サイバー攻撃などがそれに該当します。外部からの脅威だけでなく、内部からの漏洩などもセキュリティリスクの一つです。このように、あらゆるセキュリティ上の問題を考慮し、対策していくための知識とスキルが求められます。

サーバーエンジニアが取得しておきたい資格

サーバーエンジニアになるために必要な資格はありませんが、サーバーエンジニアとして有利な転職をしたいなら資格を取得するのがよいでしょう。サーバーエンジニアにおすすめの資格をいくつかピックアップしてご紹介します。

LinuC

LinuCは、Linuxオペレーティングシステムに関する専門性を証明する資格で、日本のNPO法人LPI-Japanが提供しています。

実際に、多くのサーバーはLinuxを基盤として稼働しているため、LinuC資格はLinux環境の設計、構築、運用における実践的な技能のひとつとして評価されます。

資格は難易度に応じて、基本的な概念の理解を問うレベル1から高度な技術知識を要求するレベル3まであり、サーバーエンジニアがキャリアの進行とともにスキルアップを目指す際の道しるべとなるでしょう。

MCP

Microsoft製品の専門知識とスキルを認定するMicrosoft Certified Professional(MCP)資格は、Windows Serverなどの製品に携わるサーバーエンジニアには特に重要です。

資格を持つことで、システム設計、運用、トラブルシューティングまでの技術力を証明し、転職市場での競争力が高まります。

MCPは多岐にわたる専門分野に細分化されており、個々の興味やキャリアパスに合わせたスキルアップが可能になるため、サーバーエンジニアのキャリア形成にとって有益な資格です。

ITIL®認定資格

ITIL®認定資格は、ITサービスマネジメントに関する国際的なベストプラクティスを学び、サーバーエンジニアが提供するサービスの質を向上させるための知識を得られる資格です。

業務プロセスの設計から改善までの一貫した枠組みを提供し、ITサービス全体の品質と効率を高めることに貢献します。基礎から高度なレベルまで段階的な資格があり、ITサービスマネジメントのエキスパートとしての地位を築くのに有用です。国際的な認知を持つITIL®は、グローバルなキャリア展開にも有効な資格となります。

CCNA・CCNP認定

サーバーエンジニアのキャリアで、ネットワーク技術の知識は欠かせません。ネットワーク機器大手CISCO社のCCNAとCCNPは、ネットワーク分野の国際的に認知された資格で、サーバーエンジニアに推奨されています。

CCNAは基礎、CCNPは上級ネットワークスキルを証明し、保有者はネットワークの構築と運用に関する専門性を示せます。

ネットワーク設計やセキュリティ対策をおこなうサーバーエンジニアにとって、CISCOの資格はキャリアの強みとなり、転職市場で優位に立つための重要な資格です。

クラウドベンダーの認定資格

クラウドコンピューティングは、サーバーエンジニアにとって避けて通れない技術分野です。

Google Cloud、AWS、Microsoft Azureなどのクラウドプラットフォームの認定資格は、それぞれの環境における専門知識と運用能力を証明し、サーバーエンジニアのキャリア発展に必須のものとなっています。

資格は、クラウドサービスのベストプラクティスを学べ、転職市場で有利になります。プラットフォーム別の資格取得は、サーバーエンジニアのスキルセットとしておすすめです。

Google Cloud認定資格

Google Cloudプラットフォーム(GCP)に関する深い知識を持つサーバーエンジニアは、大きな競争力を持ちます。

Google Cloud認定資格は、GCPのサービスとツールの効果的な使用によるシステム設計・構築・管理能力を示します。資格を保有すれば、サーバーエンジニアは、求められる専門技術を証明し、職場や転職市場での価値を高めることができます。

ますます拡大するGCPエコシステムのなかで、Google Cloud認定の取得は、サーバーエンジニアのキャリアで有利になります。

AWS認定

Amazon Web Services(AWS)は、世界的に広く利用されているクラウドプラットフォームであり、AWS認定はAWSの利用経験と専門性を証明する手段です。AWS認定を取得すると、サーバーエンジニアがAWSの豊富なサービスを熟知し、実際にクラウドインフラを構築、運用する能力を持っていることを示すことができます。

AWS認定資格を取得するのは、サーバー関連の仕事でクラウドサービスのスキルを要求されるケースが増えている現在、とても有効なキャリアアップの道です。

Microsoft Azure認定資格

MicrosoftのクラウドサービスAzureの専門知識を持つことは、クラウドが主流となるITの世界でサーバーエンジニアの価値を高めます。Microsoft Azure認定資格は、Azureのサービスとアーキテクチャを扱う専門技能があることを証明し、サーバーエンジニアとしての専門性と信頼性を高める手助けとなります。

転職市場でも、Azure認定を持つことは、自らの技術的背景を際立たせ、よりよい転職機会を獲得するための強力な武器になるでしょう。

サーバーエンジニアに向いている人とは?

サーバーエンジニアの適性があるのは、一般的に以下のような人だといわれます。

機械が好きな人

サーバーエンジニアには、機械を扱うのが好きな人が向いています。サーバーエンジニアの仕事のなかには、サーバーのラッキングや配線など、物理的な作業もたくさんあります。機械に触れることが多いので、機械が好きで、緻密な作業を苦にしない人のほうが向いているでしょう。

責任感が強く完璧を求める人

サーバー障害が起きると、そのサーバー上で動いているシステムやアプリケーションが使えなくなります。企業の場合は、業務がストップしたり、サービスを提供できなくなったりするため、莫大な損失が発生するケースもあります。このようにサーバーエンジニアは非常に大きな責任がともなう仕事なので、責任感が強くないと務まりません。障害発生時は、残業や休日出勤も厭わず復旧に努めるような責任感が必要です。

また、少しのミスが命取りになるという意味では、細部まで完璧さを求めることができる人もサーバーエンジニアの適性が高いといえるでしょう。

好奇心・探究心の旺盛な人

ITテクノロジーは日々、目まぐるしいスピードで進化を遂げています。サーバーエンジニアとして活躍するためには、常に好奇心・探究心を持って最新技術を追いかけ、必要に応じて取り入れていく姿勢が重要です。逆に、既存の技術に固執して技術をアップデートできない人は、サーバーエンジニアとしての適性は低いでしょう。

柔軟に問題解決ができる人

エンジニアはよく、問題の答えよりも解決方法を知っているほうが重要だと言われます。これは、サーバーエンジニアも例外ではありません。毎回同じ問題が起きることは稀であり、常に新しい問題に直面するのはエンジニアの宿命です。新たな問題に直面したときに答えを探すのではなく、論理的に原因を考え、それまでの経験則から解決方法を導き出せる人なら、サーバーエンジニアとしての活躍が期待できるでしょう。

サーバーエンジニアのやりがい

サーバーエンジニアのやりがいとしてよく聞かれるのが以下の2点です。

自身のスキルで周囲へのサポートができる

サーバーエンジニアの大きなやりがいは、自分の技術力を活用してプロジェクトをサポートし、課題を解決できることです。システムやインフラのトラブルを技術で対処すれば、プロジェクトの進捗をスムーズにし、他のメンバーの作業効率を上げることができます。

自分のスキルが組織の成果に貢献している実感と、技術力を振るう喜びが大きな達成感をもたらします。サーバーエンジニアは自身の力で組織を支える重要な役割を担っており、責任とやりがいは大きいです。

大きな達成感を得られる

サーバーエンジニアが手がける仕事は多岐にわたり、大規模な開発プロジェクトになると半年から数年にわたるケースもあります。その間、業務に従事するのは大変なことですが、プロジェクトが完結し、サーバーが正常稼働したときの喜びはひとしおです。実際にクライアントやユーザーがシステムを使い、その感想が寄せられたときなども大きな達成感を得られるでしょう。

サーバーエンジニアに転職するには

サーバーエンジニアへの転職は未経験でも目指せますが、計画的なスキルと知識の習得が必要です。

未経験なら、プログラミングスクールに通い基礎を学び、派遣会社で実務経験を積みましょう。

また、資格の取得は技術力の証明にもなり、転職競争力を高めます。

転職活動では、明確な志望動機を伝え、良好なコミュニケーションでポジティブな印象を心がけます。

サーバーエンジニアのキャリアパス

サーバーエンジニアのキャリアパスや将来性について見ていきます。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、情報がスムーズに流れるためのネットワークの基盤を構築し、運営する役割を担います。サーバーエンジニアとしての経験はネットワークの設計や管理に直結し、回線構築やプロトコル設定など上流工程に関わることで技術的なスキルアップと収入向上が見込めます。

プロジェクトをリードし、クライアントと交渉する際にはコミュニケーション能力も重要です。デジタル社会の基盤を支える技術者として、将来的には不可欠な存在に成長するチャンスがあります。

セキュリティエンジニア

サーバーエンジニアとして培ったネットワークの知識が土台となり、セキュリティ技術を学ぶことで、サイバー空間の守護者となるセキュリティエンジニアへの道が開けます。

情報漏洩防止やインシデント対策など重要な役割を担うセキュリティエンジニアは、幅広い業界から引く手あまたの存在です。

セキュリティ分野への転職は専門性を高める絶好の機会となるでしょう。さらに技術と知識を磨き続けることで、最高峰の情報セキュリティコンサルタントを目指す道も拓けてきます。

データベースエンジニア

データベースエンジニアは、膨大なデータの蓄積庫を構築し、安定した運用を支える重要な役割を担います。

サーバーエンジニアの経験は、データベースのパフォーマンス最適化と障害対応に必要な知識とスキルを身に付ける土台となります。データの管理と保護の技術は、企業にとって計り知れない価値のある資産です。

データベースエンジニアへの転職は、蓄積したデータをいかに効果的に活用しビジネスに貢献するかの新たな挑戦を意味しています。サーバーからデータベースへと専門性を高めることで、ソフトウェアへの理解が深まり、キャリアを戦略的に発展させられるチャンスとなるでしょう。

サーバーエンジニアの将来性

サーバーエンジニアの需要は今後ますます高まると予想されます。デジタルトランスフォーメーションの進展にともない、企業はITインフラの強化を迫られており、新しいテクノロジーを導入するためにサーバーエンジニアが重要な役割を担うでしょう。

また、クラウドコンピューティングの利用拡大により、クラウド環境の設計や運用管理が求められ、サーバーエンジニアの需要は高まると考えられます。

さらに、セキュリティ対策の重要性が増す中、サーバーのセキュリティ確保は欠かせず、セキュリティ脅威への対応力がサーバーエンジニアには特に要求されます。

IoTやリモートワークの普及によっても、堅牢なサーバーインフラ構築の専門家としてサーバーエンジニアへの依存度は高まることが予想されます。サーバーエンジニアはITインフラを支える中核的存在として、今後益々重要性を増す職種といえそうです。

サーバーエンジニアの仕事内容からスキル、キャリア等徹底解説の【まとめ】

サーバーエンジニアとして有利な転職をしたい方や、未経験からサーバーエンジニアになりたい方は、IT業界に強い転職エージェントに相談するのがおすすめです。

R-StoneはIT業界に特化した転職エージェントで、これまで数多くのシステムエンジニアの転職を成功へと導いてきました。

あなたにとって最適な求人案件をご紹介するのはもちろん、書類選考や面接での自己PR方法など、選考・面接対策でも手厚いサポートをしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事を監修したコンサルタント

速水 泰史 Taishi Hayami

新卒でこの会社に入り、コンサルタントを支える仕事を経験した後に、2019年9月から現場で働いております。

コンサルタントを目指したきっかけは、高校時代にお世話になった教師です。
元々部活ばかりでキャリアも何も考えていない自分に対して、 色々調べて大学や仕事を紹介してくださり、キャリアの相談から方向性まで定めてくれた教師の姿を見て、
こういった人になりたいと思い、この業界を志望しました。

元々は教師を目指していた時もあるのですが、
・よりキャリアに寄り添った仕事がしたい
・人生のターニングポイントとなる転職活動の支援がしたい
と考えるようになり、この職業を選択しております。

サーバーエンジニアの求人情報一覧はこちらから
求人情報を見る