Warning: The use statement with non-compound name 'RstoneBreadcrumb' has no effect in /home/xs781375/rstone-jp.com/public_html/rstone/wp-content/mu-plugins/rstone-wrapper/rstone-hooks.php on line 3
クリエイティブディレクターの仕事内容は?年収や必要なスキルも解説 - IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone
IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

クリエイティブディレクターの仕事内容は?年収や必要なスキルも解説

広告業界のなかでも「クリエイティブディレクター」と言えば花形の職種。給与水準も高く、近年ますます人気が高まっています。今回は、クリエイティブディレクターについて、その仕事内容や平均年収、求められる知識・スキルなどを解説していきます。クリエイティブディレクターを目指して転職活動をしている方は、ぜひ理解を深めキャリアアップにお役立てください。

クリエイティブディレクターとは?

クリエイティブディレクターとは、広告制作の現場責任者のことで「広告ディレクター」とも呼ばれる職種です。主に、広告代理店や広告制作会社、出版社などに在籍し、企画提案からスタッフ編成、進捗管理、制作指揮、予算管理など、広告が完成するまでの制作工程を統括します。制作する広告は、テレビCMやWeb広告、紙媒体やイベントの広告など多岐にわたります。

クリエイティブディレクターの仕事内容

クリエイティブディレクターは、商品・サービスのPRや企業のブランディングなどを目指し、広告全体における企画・制作を統括します。

広告主であるクライアントと打ち合わせをし、クライアントの意図や要望に基づいて広告戦略やコンセプトを立案。目的とする広告を完成させるために最適なデザイナー、コピーライター、カメラマン、映像クリエイターなどのクリエイティブスタッフをアサインし、進捗管理や品質管理などのマネジメントをするのがクリエイティブディレクターの仕事です。

クリエイティブディレクターと周辺職種について

クリエイティブディレクターに近しい職種としては、アートディレクターや広告プロデューサー、広告プランナーなどが挙げられます。それぞれに明確な定義はありませんが、一般論としてどんな違いがあるのかをご説明します。

クリエイティブディレクターとアートディレクターの違い

アートディレクターは、広告のビジュアル要素に関して責任を持つディレクターです。デザイナーやイラストレーター、カメラマンなどを指揮しながら、企画に基づいたビジュアルを仕上げていきます。一方、クリエイティブディレクターは広告制作全体に責任を持つディレクター。クライアントの要望や課題を把握したうえで、デザインやコピーライティング、動画や写真などのクリエイティブ全般の制作指揮をおこないます。

アートディレクターが広告のビジュアル制作を統括する現場監督だとしたら、クリエイティブディレクターは広告制作全体を統括する現場監督であり、通常はアートディレクターの上位に位置します。

大手広告代理店や規模の大きいプロジェクトにおいては、クリエイティブディレクターとアートディレクターが役割分担して仕事を進めていきますが、会社・プロジェクトの規模が小さい場合は、クリエイティブディレクターを置かず、アートディレクターがクリエイティブディレクターの役割を兼務するのが一般的です。

クリエイティブディレクターと広告プロデューサーの違い

広告プロデューサーは、クリエイティブディレクターのさらに上に位置する職種です。クリエイティブディレクターは広告制作全体の現場監督だとしたら、広告プロデューサーはプロジェクト全体に責任を持つ総監督。主に、クライアントとの折衝や予算配分・予算管理、スタッフの手配などの業務をおこないます。

クリエイティブディレクターと広告プランナーの違い

クリエイティブディレクターは広告の制作指揮をおこないますが、広告プランナーはその前の段階で「どんな広告を作るのか」という企画を立案するポジションです。クライアントの要望やイメージを把握したうえで、ターゲットの心を動かす広告を企画します。

通常、広告プランナーはクリエイティブディレクターの部下にあたります。しかし、クリエイティブディレクターが企画を立案することもあれば、企画したプランナーが広告制作に携わることもあり、どちらかが両方を兼務するケースも少なくありません。

クリエイティブディレクターに必要なスキル

クリエイティブディレクターとして活躍するためには、一般的に以下のようなスキルが求められます。

コミュニケーション能力

クリエイティブディレクターには、クライアントの意図やイメージを的確に汲み取れるコミュニケーション能力が求められます。また、広告プロデューサーや広告プランナーと連携を図り、デザイナーやコピーライターなどのクリエイティブスタッフを束ねていくうえでも、周囲と信頼関係を築くコミュニケーションスキルは必須です。

スケジュール管理能力

クオリティの高い広告制作を目指すのは当然のことですが、だからと言って、納期が遅延してしまってはクリエイティブディレクターとして失格です。クリエイティブディレクターは常にすべての作業の進捗を把握し、問題があれば調整を図り、スケジュールどおりに仕事を進めていかなければいけません。

マーケティング能力

クリエイティブディレクターは、最適なアウトプットで消費者の心を捉える広告を制作しなければいけません。そのためには、時代の流れや業界の動向、トレンドや消費者のニーズを分析したうえで、どのような広告戦略、広告表現が適しているのかを判断するマーケティング能力が必須です。

発想力・アイデア創出力

広告にはいくつものパターンがありますが、常にパターンに当てはめるだけでは効果を最大化することはできません。クリエイティブディレクターには、パターンにとらわれない発想力や、従来の常識を覆すようなアイデア創出力が求められます。ますます価値観が多様化する時代において、発想力・アイデア創出力に乏しいクリエイティブディレクターはクライアントの要望に応えられないでしょう。

 

クリエイティブディレクターの平均年収

DODAが2020年12月7日に公開した「平均年収ランキング(職種別の平均年収/生涯賃金)」によると、「クリエイティブディレクター/アートディレクター」の平均年収は489万円となっています。男女別、年代別の平均年収は以下のとおりです。

クリエイティブディレクターの平均年収(男女別)

男性:527万円

女性:428万円

クリエイティブディレクターの平均年収(年代別)

20代:387万円

30代:506万円

40代:605万円

50代~:682万円

※出典:【163の職種別】平均年収ランキング 最新版 |転職ならdoda(デューダ)

また、求人ボックス 給料ナビが2020年12月28日に更新した「クリエイティブディレクターの仕事の年収・時給・給料情報」によると、クリエイティブディレクター(正社員)の平均年収は499万円となっています。年収の幅は354〜928万円と広く、働く会社や経験・スキルによって差があることが分かります。

※出典:クリエイティブディレクターの仕事の平均年収は499万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス

クリエイティブディレクターのキャリアパス

クリエイティブディレクターがキャリアアップを目指す場合、選択肢は「広告プロデューサー」か「独立・起業」のいずれかになるでしょう。

 

広告プロデューサーに転身する

経験・実績を重ねたクリエイティブディレクターは、広告プロデューサーに転身するケースが目立ちます。広告プロデューサーは、各種広告媒体を取りまとめる総責任者。制作現場から離れ、広告全体に関わるヒト・モノ・カネを管理します。

独立・起業する

クリエイティブディレクターとして一定以上の実力を備えたら、フリーランスとして独立したり、自分の事務所を立ち上げたりする人も少なくありません。独立・起業することでそれまでの仕事に縛られず、幅広いクライアントの広告案件を手がけるチャンスが生まれます。実力次第で年収アップも見込めますし、今まで以上に大きなやりがいを持って仕事に取り組むことができるでしょう。

もちろん、独立や起業はリスクをともないます。決断には勇気が要りますが、すでに既存のクライアントから指名でオファーをもらっていたり、自分の手腕で新しい仕事を獲得できていたりするのであれば、独立・起業によってキャリアアップを目指せる可能性は高いでしょう。

クリエイティブディレクターになるには?

クリエイティブディレクターになるために資格は必要ありませんが、経験・実績は必要です。未経験からいきなりクリエイティブディレクターになれることはまずありません。デザイナーやコピーライター、動画クリエイターや広告プランナーとして広告制作の経験を重ねたうえで、クリエイティブディレクターにステップアップするのが通常です。

まずは、広告代理店や広告制作会社で特定の職種に就き、現場経験を積むことが第一。自分のコアスキルを磨き、一定のディレクション経験を積んだうえで、クリエイティブディレクターというキャリアにチャレンジしましょう。

転職するならプログラミングの知識が武器になる!

近年の広告業界は、WebやSNSを活用したプロモーションが全盛になっており、クライアントから求められる広告物もWebサイトやアプリなどが増えています。このような時代の流れのなかで、プログラミングの知識を有するクリエイティブディレクターが重宝されるようになっています。

Webサービスやアプリを開発する際、実際にコードを書くのはエンジニアですが、プログラミングに関する基礎知識がなければエンジニアに的確な指示を出すことはできませんし、進行管理や品質管理もエンジニア任せになってしまいます。今後、クリエイティブディレクターとして有利な転職をしたいのであれば、プログラミングに関する知識を身に付けるのがおすすめです。

まとめ

 

冒頭でも触れたとおり、クリエイティブディレクターは平均年収も高く人気の職種です。それゆえ、転職活動を進めるうえでもライバルがたくさんいます。「他のクリエイティブディレクターと差別化できるポイントはどこなのか?」といった自己分析をしたうえで、候補となる企業の特色や求める人物像を把握し、自分がもっとも活躍できる職場を選びましょう。

>> クリエイティブ系職種の求人情報一覧はこちら

 

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ