【3分で分かる】オブジェクト指向とは?特徴やメリット等

  • TOP
  • 転職コラム
  • 【3分で分かる】オブジェクト指向とは?特徴やメリット等

【3分で分かる】オブジェクト指向とは?特徴やメリット等

プログラミングは非常に複雑かつ難解な作業ですが、考え方次第で、作業の簡素化や負担の軽減は可能となります。「オブジェクト指向」とは、このようなプログラミング作業の効率性を高める重要な考え方のひとつで、実際の開発現場だけでなく、プログラミングスクールでも取り上げられることは珍しくありません。

しかし、オブジェクト指向の概念を理解することは容易ではなく、とくに初心者にとっては大きな壁となってしまうこともあるようです。ここでは、オブジェクト指向の概念について、可能な限り分かりやすく解説していきます。

 

オブジェクト指向とは

 

オブジェクト指向とはプログラミングにかかわる概念のことを意味し、一言で解説できるほど簡単なものではありません。しかし、基本的な考え方は、オブジェクトという言葉の意味を理解すれば、ある程度把握することが可能です。

 

「オブジェクト(Object)」という言葉には「もの、物体」といった意味があり、人が見たり、手にしたりするあらゆるものがオブジェクトであるといえます。オブジェクト指向とは、プログラミングにおいて開発するものの一つひとつを「もの」としてとらえ、その仕組みをよく考えながら組み立てていくことを意味しています。

 

オブジェクト指向の概念とその仕組みを、よく理解した上で開発がされた「もの」は、それ自体が単独で動作するため、より高度な機能を持った製品を作り出せます。そのため、とりわけプログラミングを伴う現代のものづくりの現場において、オブジェクト指向は欠かせない概念であるといえるでしょう。

 

ただし、オブジェクト指向とは実体を持たない概念であるため、それを理解したり、人に教えたりすることは容易ではありません。したがって、オブジェクト指向をいきなり理解しようとせず、少しずつ理解していけばよい概念だと考えましょう。

 

オブジェクト指向の具体例

 

具体例を交えると、オブジェクト指向の概念が理解しやすくなります。ここではスマートフォン向けの将棋ゲームを例に挙げて考えてみましょう。

 

スマートフォン向けの将棋ゲームは、プレイヤーとコンピューターが操作する駒、さらには時間を計るタイマーなどの付随的なものも含めると多種多様なパーツによって構成されています。このようなゲームの開発では、これらを一括りにしてプログラミングを行っていくのが一般的です。

 

しかし、オブジェクト指向では、これらのゲームを構成するパーツの一つひとつを独立した「もの」として開発します。独立したものとして開発されたそれぞれのパーツは単独で動作するだけでなく、それぞれを連携させることも可能になるため、より複雑な操作や演出をゲームに加えることができるのです。

 

オブジェクト指向の概念は、ゲーム以外のものにも応用ができることから、プログラミング全般に適用可能な、より高度な概念であると捉えるとよいでしょう.

 

 

オブジェクト指向に関連するワード

 

実際の開発現場でオブジェクト指向に基づく作業を行っていると、関連ワードを目にすることが多くなります。したがって、オブジェクト指向の概念を理解し、開発作業で応用するには、以下の言葉の意味を正しく理解しておくことが大切です。

 

・クラス

プログラミングは設計図を踏まえて開発作業を行います。この基本的なことは、オブジェクト指向のプログラミングでも同様です。とりわけオブジェクト指向のプログラミングで使用する各々の「もの」の設計図のことを「クラス」と呼び、その内容を理解することは独立して動作するパーツを開発する上で不可欠となります。

 

・継承

オブジェクト指向のもと開発された「もの」には再利用がしやすいという特長があります。特にクラスを別の製品の開発で再利用する場合、そのことは「継承」と呼ばれ、この言葉もまたオブジェクト指向の概念を応用した開発の現場では多用されています。

 

・カプセル化

クラスをもとに開発された「もの」は複雑な仕組みで成り立っていますが、その細部にいたるまでを、すべての人が理解するのは困難です。そのため、複雑な仕組みを持つ「もの」を抽象化する必要があり、その作業を「カプセル化」といいます。

 

例えば、車の内部には運転する人が理解できないほどの複雑な仕組みがありますが、それを抽象化することで、専門知識を持たない人でも運転することが可能です。よって、私たちが目にしている車もまたカプセル化されたものといえます。

 

・ポリモーフィズム

パーツごとに開発された「もの」は、最終的には各々のパーツが連動するようになる必要があります。すべてのパーツがひとつの指示で、あらかじめ定めた動作をするような仕組みを作ることを「ポリモーフィズム」と呼び、このワードもまたオブジェクト指向とは深い関係にあるのです。

 

オブジェクト指向のメリット・デメリット

 

より高度な概念であるオブジェクト指向は、習得することで多くのメリットをもたらしてくれます。一方で、この概念を用いることで生じるデメリットもあることから、開発現場で活用する際にはそれぞれの詳細を知っておくことが重要です。続いてはオブジェクト指向がもたらす主なメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

<メリット>

・カスタマイズがしやすく、柔軟な対応ができる

オブジェクト指向のもとプログラミングを行うと、完成品にはカスタマイズがしやすくなるというメリットが生じます。そのため、仕様変更などに柔軟に対応ができるという点でも、オブジェクト指向にはメリットがあるのです。

 

・作業者同士での認識の共有がしやすくなる

オブジェクト指向に基づいて行われる開発では、多数のパーツによって構成されるものを細部にいたるまで作業者が理解しながら作業を進めていきます。個々の作業者のクラスに対する理解度が高いことは、作業者同士での認識の共有がしやすくなるというメリットを生むため、スムーズな作業につながります。

 

・再利用がしやすく、開発作業の効率化を図れる

オブジェクト指向で開発された製品、またはクラスには、再利用がしやすいというメリットがあります。このことにより、既製品と仕組みが基本的に同じ製品を作る場合、開発作業の大幅な効率化が可能となるのです。

 

<デメリット>

・理解するのが難しい

作業方法ではなく、概念のことを指すオブジェクト指向を理解するのは難しい。これが最大のデメリットです。したがって、仕事としてプログラミングを行いながらオブジェクト指向を習得したいという方は、習得することばかりを意識すると作業の進捗にも影響が出てしまうことがあるため、特に注意が必要です。

 

・大人数で作業する場合、理解度の差が作業の停滞を生む

理解することが難しいオブジェクト指向には、人によって理解度に差が出ることもあり、作業の停滞を生むというデメリットもあります。そのため、大人数でオブジェクト指向の開発作業を行う場合、個々の作業者のオブジェクト指向の理解度をプロジェクトリーダーらが把握しておくことが大切です。

 

・一から開発する場合、コードが複雑になりやすい

オブジェクト指向には再利用がしやすいというメリットがある反面、一から開発しようとするとコードが複雑になりやすいというデメリットもあります。したがって、再利用に適した既製品がない場合などには、多くの時間を費やすことになります。

 

まとめ

 

プログラミングの現場などで応用されることの多いオブジェクト指向。しかし、この概念を完全に理解することは容易ではなく、時間をかけながら、少しずつ習得していくのがよいでしょう。また、オブジェクト指向にはメリットが多い反面、デメリットもないわけではありません。開発対象とオブジェクト指向との相性を見極めながら、その概念を応用するかどうかの判断も重要です。