ネットワークエンジニアの必要なスキルと仕事とは? | IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone

ネットワークエンジニアの必要なスキルと仕事とは?

ネットワークエンジニアの必要なスキルと仕事とは?

ITシステムにはネットワークが必要不可欠です。このネットワークの設計から運用保守、監視などを担当するのがネットワークエンジニアです。ITシステムを支えるネットワークエンジニアを目指す方へ向けて、具体的な仕事内容や業務に必要なスキルを解説します。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの主な仕事内容をフェーズに分けて説明します。

・ネットワーク設計

「ネットワーク設計」では、企業へのヒアリングを基に、構築するネットワークの要件定義を行い、設計書の作成をします。企業のコストやスケジュールなども考慮したうえで、具体的なネットワークの構成、機器の数やスペック、セキュリティー対策や権限の付与範囲などを決めます。ネットワーク設計のフェーズは上流工程のため、開発経験の豊富なネットワークエンジニアが担当することが多いようです。

・ネットワーク構築

「ネットワーク構築」では、設計フェーズで決められたスケジュールに合わせて、設計書を基に機器の設置や設定を行います。構築するネットワークの規模にもよりますが、大規模ネットワークの構築の場合、数か月かかるケースも少なくありません。

実際の作業には、ルーターやハブ、スイッチやブリッジのコンフィグ設定や機器同士のケーブル接続、IPアドレスやDNSなど、アプリやサーバーでの送受信に必要な各種設定などが挙げられます。なお、それぞれの設定作業時には、動作検証もあわせて行います。

このように、構築フェーズではネットワークに関するソフトウェアとハードウェアの両方の知識とスキルが求められますが、ネットワーク設計に比べると、開発経験の少ないエンジニアが担当するケースもあるようです。

・ネットワーク運用

ネットワークの構築が済んだら「ネットワーク運用」に移ります。ネットワークシステムは、構築が完了した後も、機器の設定変更や構成自体の変更などが発生することがあります。ネットワーク構築後の運用は、クライアント側で行うことが一般的ですが、大規模なネットワークシステムの場合は、ネットワークエンジニアがクライアント先に常駐して運用を担うことも少なくありません。ネットワークシステムに追加で機器を組み込む際は、運用担当のネットワークエンジニアが設計構築まで行うケースもあります。

・ネットワーク監視

「ネットワーク監視」では、運用後のネットワークシステムを監視ソフトでチェックします。監視ソフトが検知したエラーについては、運用や保守を担当しているネットワークエンジニアに報告し、解決に向けて業務を行います。企業によっては運用と監視を同時並行で行うケースもあるようです。

監視業務では、エラーを検知したら、マニュアルに沿って正常の状態に復旧させ、一連のレポートを作成します。マニュアルがあれば一定のトラブルを解決できることが多いため、新人のネットワークエンジニアが担当することも少なくありません。マニュアル通りの対応をしても解決しないトラブルが発生した場合は、運用や保守を行うネットワークエンジニアと協力して対応することになります。

また、クラウドサーバーの監視を行う場合は、使用されているプログラミング言語を理解できる学習をしておくことをおすすめします。

・ネットワーク保守

「ネットワーク保守」では、運用開始後のネットワークシステムに障害が発生した際に、復旧作業を行います。導入機器やソフトウェアが原因である場合は、それぞれのメンテナンスはもちろん、状況により、機器の交換をしなければなりません。したがって、様々なトラブルの対処や原因を突き止める能力などが求められます。

ネットワークシステムの規模にもよりますが、基本的にネットワークシステムは24時間365日稼働しているため、保守フェーズを担当する場合は、夜勤なども含めた交代制の勤務になる場合があります。

ネットワークエンジニアは、システムエンジニアやサーバーサイドエンジニアと混同されることがありますが、三者の業務内容は異なります。システムエンジニアの主な業務は、システムに導入されるソフトウェアなどの設計や開発、運用などです。ネットワークエンジニアのようにネットワーク自体の設計や構築などを担当することはほとんどありません。

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアに必要なスキル

ネットワークエンジニアに必要なスキルには、以下の3つが挙げられます。

・論理的思考能力
・コミュニケーション能力
・プログラミングスキル

「論理的思考能力」とは、情報を整理して筋道立てて考える力です。ネットワークエンジニアは、トラブルが発生した際に原因の特定や復旧作業を行いますが、このとき論理的思考能力が必要となります。構築フェーズでは無駄のない効率的なネットワーク構成を求められます。運用保守ではトラブルシューティングのマニュアルなどの資料作成を担当することがあり、資料を作成できる論理的思考が必要となります。

ネットワークエンジニアには「コミュニケーション能力」も必要です。設計では発注企業へのヒアリングを通じて、要望などを聞き出し、構築ではサーバーサイドエンジニアなどと連携して設計や構築を進める必要があります。運用、保守ではユーザーとのコミュニケーションも発生するため、社内だけでなく社外とも円滑にコミュニケーションを取れることが求められます。

また、クラウドサービスの普及により、ネットワークエンジニアにも「プログラミングスキル」が求められるようになっています。クラウドサービスのサーバー開発では、Java、Python、PHPなどの言語が用いられることがあります。また、企業によってはPythonのライブラリを用いてネットワーク機器の管理を行うこともあるようです。

どこまで使用するのかは現場にもよりますが、まずは書いてある言語の内容が多少理解できる程度にはしておくとよいでしょう。

ネットワークエンジニアの年収

ネットワークエンジニアの年収の目安は、20代は約376万円、30代は約554万円です。ただし、企業や勤務時間、担当業務の内容やスキルなどによって幅があります。

設計、構築を担当する場合は、納期間近に一時的に残業が増えることがあり、運用、監視、保守を担当する場合は、夜勤の多い月やトラブルの発生頻度などで残業が増えて月収がアップすることもあるようです。

ほかにも、スキルアップが年収アップにつながるケースもあります。たとえば、下流工程だけでなく上流工程を担当できるようになれば、エンジニアとしての評価がアップして年収アップにつながる可能性があるでしょう。

ネットワークエンジニアのキャリアパス

ネットワークエンジニアのキャリアパス

ネットワークエンジニアからのキャリアパスにでは、以下のものが挙げられます。

・プロジェクトマネージャー
・ITスペシャリスト
・フリーランスとして独立

プロジェクトマネージャーへのキャリアパスは、ネットワークエンジニアの多くの人が目標にしているようです。プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト全体を管理する役職です。プロジェクトメンバーの選定をおこない、工程やスケジュール、コストなどをとりまとめて管理し、クライアントやそのほかの対外的な対応も担当します。

そのため、プロジェクトマネージャーは、技術的なスキルだけでなく、チームをまとめるマネジメント力が求められます。上流工程やプロジェクトリーダーなどの実務経験を積むことで、マネージャーになるチャンスが訪れるでしょう。進行管理が得意な人に向いているキャリアパスです。

ITスペシャリストは、ネットワークやアプリケーション、データベースといった特定の分野に特化したITエンジニアです。ネットワークに関する高い専門知識とスキルを持っており、要件定義や設計、開発、運用、保守などの実務にあたります。一般的なプロジェクトよりも規模の大きな「アーキテクチャ設計(企業の要求に基づいて最適化されたITシステム全体を設計すること)」で、ネットワーク設計の課題解決することもあります。ネットワークエンジニアとしての技術をさらに極めていきたい人に向いているキャリアパスです。

最後はフリーランスとして独立するキャリアパスもみられます。実務経験を積み、スキルが十分身に付いたら、独立して自分で案件を受注するスタイルです。会社員よりも働き方の自由度が高く、スキルがあれば、その分収入を増やしやすいというメリットがあります。一定年数の実務経験があり、上流工程から下流工程まで一通りの業務を担当できる人に向いているキャリアパスです。

ネットワークエンジニアの必要なスキルと仕事とは?についてのまとめ

ネットワークエンジニアは、ITのインフラともいえるネットワークの開発や保守を行う職種です。既存のネットワーク保守業務はもちろん、現在のクラウドサービスの発展もあり、将来性がある職種といえるでしょう。ネットワークエンジニアでプロジェクトマネージャーを経験し、ITスペシャリストやフリーランスを目指してみてはいかがでしょうか。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ