IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

WEBエンジニアの平均年収​は?高収入の企業に転職する方法をご紹介

Webエンジニアの世界で成功したいと思いませんか?

デジタルシフトが加速し、技術の進化とともに、Webの需要は高まり続けており、報酬も魅力的です。平均年収550万円は、ただの始まりに過ぎません。未経験からのスタートでも、成長の道は無限に広がっています。

本記事では、Webエンジニアの仕事内容から年収の実態、年収アップのための転職戦略まで、あなたのキャリアアップに役立つ情報をお伝えします。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!

 

  1. Contents

    WEBエンジニアの平均年収

WEBエンジニアの平均年収を、厚生労働省のデータをもとに詳しく見ていきましょう。

 

  1. WEBエンジニアの平均年収は550万円

厚生労働省が公表する「賃金構造基本統計調査」では、WEBエンジニアを含むシステムエンジニアの平均年収が556万円と報告されています。一般の給与所得者の平均年収461万円と比べて、かなり高い水準にあります。統計からは、WEBエンジニアが技術者として高い評価を受け、評価に見合う報酬が支払われていることがうかがえます。

月々の給与や賞与に加えて、年齢や勤務時間などのデータも集計されており、各エンジニアの勤務状況を考慮したデータの集計がおこなわれています。

平均38.5歳で11.7年の勤務経験を持つエンジニアが、月給約37.5万円、年間賞与で約105.9万円を得ている現状は、WEBエンジニアを目指す多くの人にとって魅力的な情報ではないでしょうか。

ただし、あくまで平均値のため、地域や企業規模、経験年数によって年収には差があることを理解しておく必要があります。

 

  1. 20代の平均年収は392万円

20代WEBエンジニアの平均年収は392万円となっています。スキルや経験が浅い段階の初任給も含まれ、一般的なスタートラインを示しています。

全体の平均との比較をおこなうと、20代後半で全職種の平均年収362万円と同様の金額帯にあります。20代ではまだ経験による給与の差が少なく、一般的な年収を得ることが見込めます。WEBエンジニアとしてのキャリアを築き始めるには、20代が基礎を固める大切なときです。

 

  1. 30代の平均年収は563万円

若手を卒業し、さらなる高みを目指す30代。WEBエンジニアとしてキャリアを重ねると、平均年収は563万円に跳ね上がります。

専門的スキルやプロジェクトマネジメント能力が身につき、さまざまな経験を積んだ結果、個の価値が高く評価される傾向があります。全国平均年収と比較しても、30~34歳の平均が約553万円なことから、同年代の平均を上回り、専門職としての恩恵を感じられる年代です。また、経験年数に応じた役職への昇進も見込め、30代で年収がグンと上昇するのは、昇進の結果とも考えられます。Webエンジニアとして勤勉に努力を積み重ねれば、やがて成果が年収として具体的に現れる時代です。

 

  1. 未経験の場合は300万円〜400万円

Webエンジニアに興味を持ち始めた方にとって、初めての職としての年収は大きな関心事です。未経験からWebエンジニアを目指す場合、多くの企業では年収300万円から400万円の範囲が一般的です。

具体的には、月給がおおよそ18万円程度からスタートし、一年を通じた賞与や残業代を含めてみると、年収は約320万円ほどになるでしょう。実務経験を積み重ねることでスキルも上昇するため、2年から3年の間に年収が400万円から500万円まで飛躍するケースもあります。

エンジニアのキャリアは実績に応じて給与が上がる実力主義の側面が強く、スキルが市場で認められれば、急速に収入を増やすことも夢ではありません。

例えば、責任ある役職に就けば、年収が100万円以上跳ね上がる可能性があります。自分の努力と成果が給与として反映されることを望むのであれば、未経験からのエンジニアへの道は、ひとつの選択肢です。もちろん、企業によってはよりよい条件を提示する場所もありますから、複数の選択肢を検討する必要があります。

 

  1. WEBエンジニアの年収が高い職種

 

WEBエンジニアのなかでも、年収が高い職種が存在します。

  • ・フロントエンドエンジニアの平均年収は599万円
  • ・フルスタックエンジニアの平均年収は600万円
  • ・バックエンドエンジニアの平均年収は600万円

本項では、3つの職種を詳しく見ていきましょう。

 

  1. フロントエンドエンジニアの平均年収は599万円

デジタルトランスフォーメーション(DX)が進むなかで、多くの企業がWebでの集客強化に注力しており、WEB体験の中心を担うフロントエンドエンジニアの平均年収は599万円とされています。

フロントエンドエンジニアはWEBサイトやアプリケーションの見た目だけではなく、動作・操作性を含めたユーザー体験の質を左右する役割を果たします。重要性が市場に認識され、フロントエンドエンジニアの技術力や対応するプロジェクトの規模に応じた高い報酬が設定されています。

更に、スキルに応じて、高い報酬を得ることができる環境もあり、特に大手企業や外資系企業では、年収1000万円を超えるフロントエンドエンジニアも珍しくはありません。プログラミング言語やフレームワークの知識、加えてUI/UXデザインに関する理解が彼らの市場価値を高める要因となっています。

 

  1. フルスタックエンジニアの平均年収は600万円

フルスタックエンジニアの仕事は多岐に渡り、能力が年収に大きく反映されます。フロントエンドとバックエンドの双方に渡る開発スキルを持ち、ときにインフラ構築や保守、アプリ開発も手がける特徴から、平均年収はおおむね600万円と算出されています。

幅広いスキルを認められる結果であり、経験や担当領域の広さによってさらなる年収増が期待できます。

関東地方を中心に年収が高い傾向にあり、年齢が増すにつれて経験値が積み重なり、年収にも反映されるのがデータから確認できます。フルスタックエンジニアは、転職市場でも需要が高く、企業からの引く手あまたの状態が続いているのが現状です。スキルアップに努めることが、更なる年収アップのポイントです。

 

  1. バックエンドエンジニアの平均年収は600万円

バックエンドエンジニアは、WEBサイトやアプリケーションの裏側で動くサーバーサイドの技術を担当します。データベース管理やサーバーのセットアップ、バックエンドロジックの記述など、利用者が直接目に触れない重要な仕事が含まれます。使用されるプログラミング言語にはRuby、Python、PHP、JavaScript(Node.js)などがあります。

具体的には年収として、日本のバックエンドエンジニアの平均は約600万円で、経験やスキルに応じて800万円近くになる場合もあります。特にフリーランスとして活動する場合や、特定の専門分野で高い能力を持つエンジニアは、年収1,000万円を超えることも珍しくありません。

要するに、バックエンドエンジニアはサーバーサイドの専門技術を有し、スキルに見合った収入を得られる職種です。現在の市場では専門的な能力を持ったエンジニアの需要が高く、高い平均年収にもつながっています。

 

  1. WEBエンジニアで年収を1,000万円以上目指す5つの方法

 

WEBエンジニアの平均年収は550万円ですが、なかには1,000万円を超える年収の方も存在します。

  • ・ITスキル標準レベルを上げる
  • ・営業力を身につける
  • ・副業で稼ぐ
  • ・将来性のある企業に転職する
  • ・フリーランスとして活動する

本項では年収1,000万円越えを目指すための上記5つの戦略を解説します。

 

  1. 1.ITスキル標準レベルを上げる

経済産業省が定めたITスキル標準は、WEBエンジニアがキャリアを形成していくうえでの「ものさし」となっており、能力や仕事の進め方をはかる1つの基準を提供しています。ITスキル標準は、業務に必要なスキルを7段階のレベルに分類し、各レベルごとに必要とされる実務能力や知識項目を明確にしています。例えば、レベル1は新人レベルで基本的な知識を備えていることが求められ、レベル7では国際的に認められたプロフェッショナルとなることが必要です。

ITスキル標準に沿って自身の能力を向上させることで、Webエンジニアとしての価値が市場でも高まり、年収向上へと直結します。調査によると、ITスキル標準のレベルが高くなるほど、平均年収も向上する傾向にあり、特にレベル4以上になると、1,000万円を超える年収を受け取るエンジニアが増えてきます。

自己のスキルアップ、すなわちITスキル標準レベルの向上を目指すことは、高年収を達成するための実践的なアプローチとなりえます。

 

  1. 2.営業力を身につける

WEBエンジニアが年収をアップさせるためには、テクニカルなスキルだけでなく、営業力の強化も不可欠です。クライアントとの信頼関係を築くことは、長期的な利益やキャリアアップに直結するからです。

例えば、新たな技術経験や知見を活かして提案できれば、評価され新しいプロジェクトを任される可能性が高まります。また、クライアントの事業理解を深め、自社サービスがどのように役立つかを効果的に伝える能力は、競合との差別化につながるでしょう。

ヒアリングを通じたクライアントのニーズの把握や課題解決の提案は、評価されるだけでなく貴重な学びを経験する機会にもなります。評価も高まるため、結果的に年収向上に直結するわけです。信頼を得るには人間性も重要であり、コミュニケーションスキルは技術力に匹敵する価値を持っています。

 

  1. 3.副業で稼ぐ

Webエンジニアの副業は、本業とは異なる方法で収入を得ることができる手段です。技術を活用し、柔軟な働き方で、自らのスキル向上と並行して経済的な自由を実現可能です。

副業で得られるのは金銭だけでなく、新たなプロジェクトに携わることで経験を幅広く積み重ねることができます。副業の経験は、交渉や価格設定など仕事上の重要なスキル向上に寄与します。

また、フリーランスや起業を視野に入れていない方でも、副業を通して得られる人脈や知識は将来的に大いに役立つでしょう。例えば、副業で開発したアプリが成功すれば、輝かしい実績となり、キャリアアップへとつながります。

 

  1. 4.将来性のある企業に転職する

転職を検討する際に、将来性の豊かな企業を選ぶことが、年収向上に結びつく重要な要素です。企業が成長しているか、技術や市場で競争優位に立っているかは、給与レベルに大きく影響します。労働条件が良好で、従業員のスキル向上に努める企業は、社員のモチベーションや仕事に対する満足度も高め、結果として高い成果を出すことができるでしょう。

具体的な指標として、割安感ではなく付加価値を提供する戦略を採る企業や、働く環境が整っている企業は魅力的です。また、社内勉強会の開催や積極的な技術情報の発信など、従業員同士が互いの技術を高め合い、成長を促進する文化が確立されている企業も注目に値します。こうした企業は給与面での見返りだけではなく、キャリアアップの道も広がります。

年収の高い求人に応募する際、求人詳細や企業の公式サイト、さらには社員の口コミなどから、上記のポイントを確認し、自らの価値を高める機会をもたらす可能性のある企業へ転職するのが、一層の成功につながります。

 

  1. 5.フリーランスとして活動する

WEBエンジニアとしてフリーランスで活動するのは、柔軟な働き方と経済的な報酬を求める動機になります。自分の努力が直接収入に反映されるので、やりがいを感じられます。会社員と異なり、月額単価の高い案件を獲得すれば、収入アップの機会も豊富にあり、豊かなキャリアパスを築くことができます。

しかし、不安定な収入や社会保障の欠如、案件確保にともなう継続的な努力が必要になります。特に案件を逃すと収入が途絶えるリスクもあるため、自己管理能力や高度なスキルが求められます。また、業務量の波や、顧客との折衝によるストレスに耐えられる心構えも大切です。

フリーランスとしてキャリアを進める場合は、高いモチベーションを維持し、持続的な収入源を確保するための計画を立てることが大事です。一方で、自らの技術と経験を市場価値に置き換え、自由に働くことが可能です。自分の目標と現実のバランスを見極め、フリーランスとしての道を歩む覚悟を持つことが重要です。

 

  1. WEBエンジニアの将来性は?

 

先進国では、ビジネスや日常生活のオンライン化はますます拡大傾向にあり、WEB技術に対する需要は高まり続けています。現代ではあらゆる情報がインターネットを通じて提供される時代であり、WEBエンジニアに要求される役割は拡大しています。

経済産業省の調査によれば、今後もIT人材の不足は続くと予測されているため、WEBエンジニアにとっても大きなチャンスです。特に新しいビジネスモデルを支えるWEBサービスやアプリの開発は、エンジニアにとって重要な仕事の1つです。

社会がデジタル化を進めるなかで、小売業や金融業など従来型のビジネスから、AIやIoTを駆使したインノベーションに至るまで、多岐にわたる産業でWeb技術の利用が進んでいます。AIやIoTはインターネットやクラウドが前提となることが多く、こうした状況は、Webエンジニアが活躍できるフィールドが広がっていることを示しています。

変化し続ける市場ニーズに応じて、継続的な学びと技術の向上ができるWebエンジニアは、かなり将来性の高い職種です。

 

  1. 未経験Webエンジニアが覚えたい言語

 

Webエンジニアとしてキャリアを築くにあたり、重要なのはマークアップ言語のHTMLやCSS、プログラミング言語のRubyやJavaScriptなどが挙げられます。

上記の言語は、Webエンジニアとしてのキャリアを形成するうえでのベースとなります。初心者は上記の言語から学習を始めるとよいでしょう。

それぞれの言語をご紹介します。

 

  1. HTML

HTMLはWebコンテンツの基本構造を作成するマークアップ言語であり、Webブラウザによって解釈され、ページの形として表示される重要な技術です。タグを用いた構造化を学ぶことで、あらゆるWebページの骨組みが作れるようになります。

 

  1. JavaScript

JavaScriptはWebサイトに動的機能を追加するプログラミング言語です。例えば、ユーザーの操作に基づく動きやデータのやり取りを担います。JavaScriptを理解すれば、インタラクティブなWebアプリケーションの作成が可能になります。

 

  1. CSS

CSSは、HTMLで構築されたページのデザインを担当する言語です。フォントのスタイルやレイアウト、色合いなどを調整し、ユーザビリティやアクセシビリティを高めるための技術です。Webサイトの見た目のカスタマイズには欠かせません。

 

  1. Ruby

Rubyは読みやすく記述しやすいことが特徴のプログラミング言語です。Ruby on Railsと呼ばれるフレームワークを利用して、効率的かつ迅速にアプリケーション開発が進められるため、特にWebアプリケーションの開発で定評があります。

参考記事:プログラミング言語【Ruby】とは?Rubyの特徴や使用の注意点を解説

 

  1. 「Webエンジニアはやめとけ」と言われる6つの理由

 

Webエンジニアの道は選ばないほうがよい、と言われる理由は何でしょうか?

本項では、Webエンジニアのよくあるリスクと対策を採り上げ、詳細に解説します。

 

  1. スキルがないと高年収を目指せない

仮に自分が持つ技術力が低い状態であれば、望むほどの高い収入を得ることは難しくなります。

具体的には、新しい言語やフレームワークを学び、日々進化する技術に対応できるスキルを身につけることが求められます。

業界では絶えず新しい技術が登場し続けているため、学習を怠れば取り残されるリスクがあります。特に、あとから入社してくる新人が最新の知識を装備して仕事に臨む中、停滞していると競争で劣勢に立たされがちです。

成長する業界では、自己研鑽を怠らずスキルを高めることが、Webエンジニアとして成功するための重要な鍵となります。

 

  1. 競争率が激しい

Webエンジニアを目指す人が増加する中、市場では激しい競争が起きています。特に、単純なコーディングの仕事は供給過多になりがちで、結果として単価が抑えられてしまう傾向にあります。

つまり、求められる作業が仕様書に沿ったプログラミングだけに留まると、技術力を充分に評価される機会が少なくなり、良質な案件を獲得するのが困難になってしまいます。

一方で、市場には高度な技術力を必要とする案件も存在し、高額な報酬が得られます。しかし、そうした案件は一定レベル以上のスキルが要求されるため、専門知識や経験がなければ参入すら難しいのが現状です。

Webエンジニアとして飛び抜けた成果を上げるには、市場の需要に応えられるだけの高度なスキルや専門性を身につけることが、競争を勝ち抜く資本となります。求められるのは、継続的な学習と自己のスキルセットのブラッシュアップです。

 

  1. トレンドに左右される

Webエンジニアの仕事は、常に新しいトレンドに挑戦する必要があります。デザインや使い勝手から生まれる新傾向に加えて、コーディング技術の進化も止まることがありません。例えば、タッチやスワイプ操作などのユーザーインターフェイスが普及するにつれて、Webサイトの設計は大きく変化しました。また物販サイトでは、微妙な操作性の改善が直接売上につながるため、細かなユーザーエクスペリエンス(UX)の追求が求められます。

更に技術面に目を向けると、フロントエンドを中心としたプログラミング言語やフレームワークは日々更新されており、新しいバージョンの導入は旧バージョンとの互換性の課題を抱えながらも、進むべきときに古い技術を捨てて最新のものにキャッチアップする決断が必要です。

以上のような状況は、Webエンジニアにとっては技術習得が一度きりで終わるものではなく、絶えず学び続けなければならない環境なことを意味しています。不断の技術更新の必要性が、安定を求める方々の「Webエンジニアはならないほうがよい」意見につながる理由の1つです。

現在身につけたスキルが将来にわたってずっと通用するとは限らないと認識し、柔軟な姿勢で技術の変化に対応していくことが重要です。

 

  1. 残業が多く激務になりやすい

Webエンジニアを目指す方にとって重要なのが、仕事の負荷と残業時間です。平均して年間245時間、月に約20.4時間の数字が出されていますが、つまり毎営業日に1時間余分に働くことを意味しており、実情はさまざまです。

「普段は残業なしでも納期前は徹夜対応」などの働き方や、日常的に3時間以上の残業が発生する環境の職場も存在します。さらに、システムの緊急トラブルや、想定外のバグ対応で休日出勤を余儀なくされる場合もあり、こうした状況は精神的な負担にもつながります。

ただ、一概に残業が多いからといって悪い面だけではありません。緊急時の対応能力や協力体制の強化など、濃厚な仕事体験を通じて成長できる側面も見逃せません。重要なプロジェクトを任されることが多い点で、スキルアップの場ととらえられることもあるでしょう。

 

  1. 一人で作業できない

Webエンジニアが卓越したプログラミング能力を有していても、チームで協力して作業を進める機会が多いため、絶えずコミュニケーションが必要になります。

プロジェクトの初期段階で機能や仕様を定めるときはもちろんのこと、開発プロセスのさまざまな局面でステークホルダーと意見を交わさねばならないことがあります。チームやプロジェクトリーダーとの密な連絡は重要です。

また、ユーザーが直面している問題を把握したり、自身が開発したシステムがどのように役立つのかを説明するためにも、他者との対話が不可欠です。特に、技術の専門性が高まるほどに、専門用語を一般的な言葉で解説し、ITに疎いクライアントや同僚にも理解されるよう配慮が求められます。配慮を怠ると、誤解が生じたり、プロジェクトの遅延につながる可能性もあります。

Webエンジニアは、個人の技術力と同等か、技術力以上に協調性とコミュニケーション能力を持ち合わせていることが、重要となります。

 

  1. スケジュール管理が難しい

スケジュール管理の難しさは、Webエンジニアにとって大きな課題の1つです。小さなタスクが積み重なり、予期せぬ仕様変更が頻繁に発生するため、計画通りにプロジェクトを進めることが困難になります。

Web開発でよく採用される開発スタイルに「アジャイル開発」があります。

アジャイル開発では、速やかに顧客の要望に応えるため、継続的な改善と柔軟な対応が求められますが、うまく運用できない場合、スケジュール管理を複雑化させる原因になります。

例えば、ある機能の開発中に別の重要な機能への変更要望があり、急遽スケジュールを見直さなければならない場面が起こりがちです。スケジュール見直しが多発する状況下で、納期を守りつつ品質の高い成果物を提供するには、日々の作業を細分化し、優先順位を常に見直しながら進める必要があります。

アジャイル開発の望ましい運用方法は、下記の記事でご紹介しています。

参考記事:アジャイル開発とは?開発手法や開発の流れをわかりやすく解説

 

  1. Webエンジニアに向いている人の特徴

 

Webエンジニアとして適性がある人は、どのような考え方をしているのでしょうか。本項では4つの観点からご紹介します。

 

  1. 物事を柔軟に対応できる

Webエンジニアは、開発プロセスで予期せぬ状況が訪れることがしばしばあります。急な仕様変更やバグ対応など、計画にないトラブルにも動じずに対応可能な柔軟性が必要です。計画通りにことが運ばない場合でも、問題解決に向けて冷静に対応し、スピーディーに適切な判断を下せる能力が求められます。

また、クライアントの職場で働く際には、職場のルールや文化に適応できる柔軟性が重要です。異なる環境やチームのなかで、協調性を持って業務をおこなうことができれば、プロジェクトの遂行に大きな強みとなります。

実際に、Webエンジニアが現場で対峙する問題の多くは決まった答えを持ち得ず、創造性と迅速な対応力が一層の成果を生み出すことになるでしょう。臨機応変な対応力はWebエンジニアにとって不可欠な資質であり、エンジニアとしての価値を高め、プロジェクトの成功を左右すると言っても過言ではありません。

 

  1. 地道に作業する仕事が好き

Webエンジニアになる道は、小さな試練と忍耐の積み重ねです。1文字1文字のコードが未来のプログラムを形作っていくため、目の前のタスクに集中する力が、成果を生み出すのに欠かせません。地道な作業を忍耐強くこなせる人は、Webエンジニア分野での成功が期待されます。プログラムを書く際には、長時間にわたって複雑な課題に没頭し、正確性を求められるからです。コード一つひとつに意味と働きがあり、それぞれが結集して機能するアプリケーションが生まれます。

ですから、細かい作業を淡々と進めることに喜びを見出せる方は、まさにWebエンジニアとしての素質があります。集中力が求められる仕事に向け、長時間座り続け、精巧なシステムを創り上げる喜びを分かち合える人材が重宝されます。

 

  1. 英語が得意

Webエンジニアにとって英語の理解は必須のスキルになります。なぜなら、プログラミング言語の構文やドキュメントは大抵、英語で書かれているからです。例えば、JavaScriptではlist.sort();のように、英語による命令文でプログラムを構築します。英語で書かれたコードは、プロジェクトに応じて数百、ときには数千行にも及ぶことがあります。

英語への苦手意識がない人は、日々の作業で直面する英語の壁を軽々と越え、スムーズに業務を遂行できるでしょう。加えて、最新の技術トレンドや外部のライブラリを理解する際にも、英語力が役立ちます。

英語に強いWebエンジニアは、日本語ではなかなか得られない情報にアクセスできるため、プロジェクトへの応用や、自身の専門性を高めることも可能になります。コーディングのみならず、海外とのコミュニケーションが求められる場面も多くなるため、英語を得意とする方にはWebエンジニアがうってつけです。

参考記事:英語力のあるITエンジニアになるメリットとは?

 

  1. 流行り物が好き

新技術に飛びつく心意気は、Webエンジニアにとって必須です。IT分野は目まぐるしく進化を遂げ、昨年まだ世に存在していなかったような技術が、瞬く間にトレンドとなり拡がっていくのが常です。例えば、コンテナ型仮想環境技術「Docker」が巷に登場してからは、革新性が瞬く間に評価され、世界中で多くの開発者たちに採用されています。

しかし、業界のトレンドは移り変わりが速く、かつては注目されていた「Ruby on Rails」のようなフレームワークが、ある日突然に時代遅れと言われる日も来るかもしれません。つまり、特定の技術にのみ依存するのはリスクをともないます。

確かなキャリアを築くためには、トレンドに敏感であり、新しい技術や流行りに対する好奇心と学習意欲を持ち続けることが大切です。興味をもって取り組めば、Webエンジニアとしての市場価値を維持し続ける原動力となります。

 

  1. Webエンジニアで年収の高い企業へ転職するためのコツ

 

Webエンジニアが年収アップの見込める企業へ転職するには何が必要でしょうか?

  • ・プログラミング言語を習得しておく
  • ・ポートフォリオを作成しておく
  • ・転職エージェントに依頼する

3つのポイントをご説明します。

 

  1. プログラミング言語を習得しておく

プログラミング言語を習得するのは、年収アップや転職にとって重要です。特定の言語を使いこなせると、高い年収が期待できます。例えば、ScalaやTypeScriptなど需要が高く、供給が限られている言語を習得すれば、よりよい条件での転職が実現しやすくなります。

paizaの調査によれば、Scalaの平均年収は約683万円に達し、ニーズの高さが示されています。企業が転職市場で希少なスキルを持つエンジニアを獲得するために、報酬額を引き上げており、高い収入を目指す方にはチャンスがあるでしょう。

一方、昔流行した言語は需要が少なくなり、市場価値も低下している傾向があります。JavaScriptやPHPなど、現在も使われ続けている言語を習得するのも重要です。

市場動向に合わせたスキルの習得は、転職で有利な立場を確保できます。エンジニアとして将来のキャリアを見据えた際、どの言語を習得するか選ぶことも、高年収での就職を目指すうえで、必要な戦略となります。

 

  1. ポートフォリオを作成しておく

Webエンジニアとして活躍するために、自身の能力を証明できるポートフォリオの準備は欠かせません。ポートフォリオは、独自プロジェクトや自分の技術を示す窓口であり、雇用主に対して自身の実績と技能を具体的に示せます。

作成したWebサイトやアプリケーションを1つにまとめることで、技術力だけでなく、プロジェクトの進行管理や成果物の質もアピールできます。ポートフォリオを継続的に更新すれば、技術の進化にともなう自己成長も記録できます。

ポートフォリオにはエンジニアの専門性や個性が詰まっているため、採用担当者にとっても評価の材料になります。就職活動や転職時には、強力なアピール材料として機能し、競争が激しい業界で自分を他の候補者と差別化するための手段となります。

さらに、ポートフォリオを作る過程で自身の過去の作品を振り返ることができ、新たな着想を得たり、スキルを再評価したりするきっかけにもなるでしょう。自分自身の進歩を客観的に見つめることができるため、キャリア形成にも有意義なツールです。

 

  1. 転職エージェントに依頼する

Webエンジニアのキャリアをさらに飛躍させるためには、転職エージェントの利用をおすすめします。専門知識を持つエージェントは、転職活動の手厚いサポートを提供してくれます。

転職エージェントは、あなたのスキルや経験を企業に向けて正確かつ魅力的に伝える推薦文を作成します。推薦文により、書類審査を通過しやすくなります。

また、応募書類の添削や面接の練習など、選考プロセスの具体的なアドバイスが受けられます。情報量が豊富なエージェントは、各企業の求める人材像に合わせた戦略的な対策を教えてくれるため、採用される確率が高まるでしょう。

面接や面接後のフィードバック段階でも、転職エージェントは重要な役割を果たします。あなたが面接でうまく伝えられなかった点を、エージェントが企業に伝え直すことにより、ポジティブな印象を残しやすくなります。

転職先から提示された条件が満足いくものでない場合、エージェントはあなたの代わりに交渉をおこない、望ましい結果を得られる可能性を高めます。エージェントは、交渉のプロフェッショナルとして有利な条件で働けるようサポートしてくれます。

他にも、面接の日程調整や企業とのやりとりは、エージェントが処理してくれるため、あなたは面接準備に集中できます。また、複数企業と選考プロセスを進行する際もタイミングを調整してくれるので、冷静な転職活動が可能になるでしょう。

参考記事:Webエンジニアの転職は未経験からでも大丈夫?必要なスキル・適した人などを解説

 

  1. 転職エージェントで失敗しない選び方

 

転職エージェントの重要性は理解しつつも、どの転職エージェントを使えばよいか、よく分からない方も少なくないでしょう。本項ではエージェントの選び方をご説明します。

 

  1. 未経験なら大手・総合型エージェント

未経験からWebエンジニアに飛び込もうと考える人は、転職活動のノウハウを身につけるため大手・総合型エージェントを選ぶとよいでしょう。大手エージェントでは、豊富な求人があり、さまざまな業界に精通した専門家から、履歴書の書き方や面接対策などの基本的な指導を受けられます。

さらに、多彩な職種からベストな選択肢を提示してもらえるため、自分の能力や期待に応じたアドバイスがもらえます。未経験の職種でも、所有スキルを活かせるポジションを提案してもらうことにより、実際に足を踏み入れたい業界への理解を深めるきっかけになります。

 

  1. 目標が明確なら特化型の転職エージェント

転職で、Webエンジニアとして特定の技術や業界でのポジションを目指している場合、特化型の転職エージェントの利用が適しています。こうしたエージェントは、特定の分野に深い知見を持ち、業界内での最新の需要やトレンドを把握しています。したがって、専門的なアドバイスや、少数精鋭の求人情報を得ることができます。

ターゲットとする業界で求められるスキルや実務経験に関して具体的な指導を得ることができ、目指すキャリアパスを実現させるための近道となりえます。

 

  1. まとめ

Webエンジニアの年収の実態と、高年収を目指すための方法をご紹介しました。

  • ・平均年収は約550万円、年代・職種別で異なる。
  • ・未経験者は基本的なプログラミング言語を学ぶことから。
  • ・年収1,000万円以上を目指すには、スキルアップや転職が有効。
  • ・転職ではエージェントは目的に応じて選ぶとよい。

年収アップのため、好条件の企業へ転職をお考えの方へ、当社アールストーンをご紹介させてください。

アールストーンでは、IT・Web・ゲーム業界に特化した経験豊富なコンサルタントが、あなたの強みを活かしたキャリア設計と転職活動を全力でサポートします。業界での専門性を生かした個別のアドバイスや、直接企業との交渉もお任せください。

無料相談をぜひご利用いただき、一緒に理想の転職を実現しましょう。アールストーンは、あなたの新たな一歩を全力で支援いたします。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ