IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

CGデザイナーに転職するには?仕事内容・年収・将来性をご紹介

創造性を追求し、技術力で夢を現実に変える。CGデザイナーとしてのキャリアは、創造性と魅力にあふれています。

CG分野での転職は、どのようなスキルが必要か、どのような資格が役立つのか、またどのような年収が期待できるのか。あなたの転職を成功に導くための情報を余すところなくお伝えします。

創造力を生かしたい、技術を磨きたい、熱い願いを持つあなたへ、一歩踏み出す勇気と知識を提供します。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!

Contents

CGデザイナーになるには

CGデザイナーを目指すには、グラフィックデザイン、3Dモデリング、アニメーションなど、幅広いスキルが求められます。

具体的には、CGデザイン関連の技術や知識を身につけるための講座やスクールを検討するのが一般的です。幅広い知識が求められるCGデザイナーの世界では、専門的な訓練が役立ちます。

スクールや学びの場では、アニメーションやゲームの背景制作、モデリングなどの実践的なスキルを学べるだけでなく、業界の最新トレンドを学べ、同じ道を志す生徒との関係も得られるでしょう。また、スクールやコースを通じて作成したポートフォリオは、就職活動で大きな資産となります。

CGデザイナーは、学歴よりも実技が重視される傾向にあるため、定められた道筋しかないわけではありません。専門学校や大学での学びの場を選ぶか、独学で進むかは個人の目標と置かれた状況によって異なりますが、いずれにしても業界で生き残るためには常に自己研鑽を怠らず、最新のソフトウェアツールや技術に精通していることが不可欠です。

また、経験者として転職を考えている場合には、既存の経歴を活かしながら、最新の業界トレンドをつかむことが重要となります。どこで何を学び、どのような経験を積んできたかが大きな判断材料になるため、学んだことや完成させたプロジェクトを明確に伝えられるようにしておくべきです。

そもそもCGデザインとは?

CGデザインとは、コンピュータを利用して作成されたビジュアルアートのことを指します。アニメーションやゲームのグラフィックなど、私たちの生活に幅広く浸透しているビジュアルコンテンツの多くがCGデザインによって作られています。デジタル技術の進歩により、現実さながらの描写が可能になり、リアリズムを追求する作品からファンタジックな世界観を表現する作品まで、多彩なビジュアル表現が可能となっています。

CGデザインの世界では2Dと3Dの両方の知識が要求され、3Dモデリング、テクスチャリング、アニメーション、ライティングなど、さまざまなスキルが求められます。さまざまなスキルは、映画、テレビ番組、ゲームではもちろんのこと、プロダクトデザインや建築、医療など、多岐に渡る分野で活用される技術です。

CGデザイナーには芸術的なセンスを始め、技術的な能力やコンピューターソフトウェアの知識が求められ、複合したスキルを駆使して見る者を引き込む魅力的な作品を生み出すことがCGデザイナーの役割です。ブランドのイメージを高めたり、物語を豊かにしたりする重要な使命を持つCGデザイナーは、クリエイティブ産業で不可欠な存在です。

CGデザイナーの転職に必要なスキル

CGデザイナーが身につけておきたいスキルとは何でしょうか。詳しく見ていきましょう。

デッサン力や観察力

CGデザイナーとしての転職に際し、デッサン力や観察力は必要不可欠です。デッサンのスキルは、物体の形状や質感を正確にとらえ、再現するために必要となります。

例えば、リアルなキャラクターや背景を作成する際には、対象を細かく観察し、ディテールをデジタル上で表現する力が求められます。実際に、多くのCGデザイナーは、自然や物の動きを研究して、リアルな表現を追求しています。

色彩感覚、構図力などのデザインセンス

デザインセンス、特に色彩感覚や構図力は、CGデザイナーにとって切り離せないスキルです。CGの世界では、色や構図は視聴者に与える印象を大きく左右し、作品のクオリティを決定づける要素となります。

効果的な色使いやバランスの取れた構図を作り出すことで、より魅力的な作品を創出できるため、色彩や構図のセンスを磨くことが重要です。

Photoshop、Illustratorなどのソフトウェアスキル

CGデザイナーには、Adobe PhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトウェアを使いこなす技術が必要です。左記のソフトウェアは、デザインの修正や加工、テクスチャ作成など、CG制作の多岐にわたるプロセスで活用されます。また、ツールの高度なスキルを持つことは、転職市場でも競争力を高めるために役立つでしょう。

3ds max、Maya、Shade3Dなどのソフトウェアスキル

3Dモデリングやアニメーション制作には、3ds MaxやMaya、Shade3D、ZBrushなど専門のソフトウェアが不可欠です。左記のソフトウェアを扱うスキルは、CGデザイナーの基本であり、転職でも高く評価されます。3Dソフトウェアを通じて、リアルな3Dモデルを制作したり、動きを付けたりが求められるため、常に最新の知識と技術を身に付けていくことが重要です。

コミュニケーション能力

CGデザインの現場では、プロジェクトメンバーやクライアントとの円滑なコミュニケーションが求められます。

アイデアの提案やフィードバックの受け取り、作業の進捗報告など、さまざまなコミュニケーションを効果的におこなう能力は、チームワークを促進し、プロジェクトを成功に導くために不可欠です。

また、転職面接時にもコミュニケーション能力は高く評価されるポイントとなります。

CGデザイナーの転職に役立つ資格

CGデザイナーが転職で有利になる資格で代表的なものをご紹介します。

カラーコーディネーター検定試験

CGデザイナーとして転職を考えている方にとって、色彩に関する専門知識は重要です。カラーコーディネーター検定試験は、色彩の基本から応用までを学び、ビジネスシーンでの活用を目指す資格です。商品開発やデザイン作業など、さまざまな業務に役立つ色彩の効果的な使い方を身につけることができます。本資格は、ビジュアルコミュニケーションのスキルを証明するものであり、転職時のアピールポイントとして有効です。

CGクリエイター検定

CGデザイナーにとって欠かせないのが、CG制作に関する技術的な理解とスキルです。CGクリエイター検定は、2次元および3次元のCG制作に必要な知識と技術を問う試験で、映像制作やゲーム開発など幅広い分野での活躍を目指す方に適した資格です。本資格を取得すると、CGデザイナーとしての専門性をアピールし、転職市場での競争力を高めることが可能になります。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopは、CGデザイナーにとって基本的かつ強力なツールの1つです。Photoshopクリエイター能力認定試験は、ソフトウェアを使いこなす能力を証明する資格であり、画像編集やレタッチ、コンテンツ制作など、Photoshopの高度な操作技術を有していることを示します。転職時に本資格を持っていると、即戦力として評価されやすくなるでしょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験

デジタルイラストやロゴデザイン、レイアウト作成など、グラフィックデザインの基本を担うIllustrator。Illustratorクリエイター能力認定試験は、Illustratorのスキルを証明する資格で、クリエイティブなビジュアル作成能力を求める職場での転職に有利です。デザインセンスとテクニカルスキルの両方を兼ね備えたCGデザイナーとしての価値を高めます。

CGエンジニア検定

CGデザイナーには、アートワークだけでなく技術的な理解も求められることがあります。CGエンジニア検定は、CGの技術面に焦点を当てた試験で、CGシステムの開発やソフトウェアエンジニアリングに関する知識が問われます。本資格を保有していると、技術的な観点からもCGデザインに貢献できる点をアピールでき、転職時に大きなアドバンテージとなり得ます。

CGデザイナーの年収例

CGデザイナーの年収は、個々のスキルや勤務する企業の規模によって大きく異なります。一般的には、年収は350万円から450万円程度が多いとされ、左記範囲が職種のボリュームゾーンとなっています。

実際のデータをもとに見ると、例えば「転職ステーション」によると平均年収は約379.5万円、年齢が上がるにつれて平均年収は上昇し、40代で約516万円となる傾向があります。また、「給料バンク」では、月給が平均約29万円で、年収では358万円から469万円の間となっています。

企業によっては、年齢や勤続年数を重視し、年数に応じて年収を設定している場合もあります。CGデザインの仕事は、スキルの高さが直接収入に影響するため、スキルアップや資格取得を通じて高年収を目指すことが重要です。

また、フリーランスとして活動する場合、月単価は20万円から100万円までと幅広く、年収も240万円から1200万円となる可能性がありますが、単価は案件の獲得状況や働き方によって変動します。

以上の情報から、CGデザイナーを目指す方は、スキルを磨くとともに、市場価値を高めるためのキャリアプランが重要です。

CGデザイナーに向いている人

活躍するCGデザイナーが共通して備えている特徴があります。以下3つの特徴をご紹介します。

創造性があり、新しい表現に挑戦することが好きな人

CGデザイナーは創造性が求められる職業です。既存の枠にとらわれない新しい表現を追求し、架空の世界を緻密に描き出すことに喜びを感じる人に向いています。

例えば、映画やゲームのために実在しない生物や風景を生み出す作業は、創造力が豊かでなければ成し遂げることができません。想像力と表現への挑戦を楽しめる人は、CGデザインの分野で活躍する可能性が高いです。

デジタル機器を使った作業が得意な人

現代のCGデザインはデジタル技術に大きく依存しています。そのため、パソコンや各種ソフトウェアを駆使して作業をおこなうことに対して抵抗がない人が適しています。

PhotoshopやIllustrator、3ds maxやMayaなどのグラフィックソフトウェアに精通していることは基本中の基本であり、左記のツールを使いこなせる人は、CGデザイン業界で必要とされるスキルを持っています。デジタルツールに慣れ親しんでいる人は、CGデザイナーとしての一歩を踏み出しやすいです。

根気強く作業できる人

CGデザインは、細部にわたる緻密な作業が必要とされることが多く、単調な作業を続ける根気も求められます。

例えば、リアルな質感を出すためには、繊細なテクスチャやライティングの調整が欠かせません。調整には何度も試行錯誤を繰り返す作業であり、根気強さがなければ成果を出すことは難しいでしょう。また、プロジェクトによっては長時間労働が必要になることもあり、集中力を維持しながら作業を完成させることができる人がCGデザイナーには適しています。

CGデザイナーに向いていない人

逆に注意が必要な特徴もあります。どのような特徴があるとCGデザイナーとなる前に検討し直したほうがよいのでしょうか。それぞれ見ていきましょう。

アナログな作業が好きで、デジタル作業が苦手な人

CGデザインはコンピューターを駆使したデジタル作業が主体のため、手描きや物理的な材料を使ったアナログな作業を好む人には不向きです。デジタルツールに馴染めない場合、作業の効率が低下するだけでなく、業界内での競争力も失われる可能性があります。アナログ作業を主軸としたアート活動やデザインに情熱を感じる人は、CGデザイナーとしてのキャリアを見直すことをおすすめします。

長時間の作業に集中できない人

CGデザインは時間をかけて細部を詰める作業が多く、長時間同じ姿勢でコンピューターの画面を見続けることが求められます。そのため、短時間で成果を出せる環境や多様な刺激を求める人には向いていません。長時間にわたる作業に集中できない人は、CGデザイナーとしての効率やクオリティを維持するのが困難です。

ルーティンワークが好きな人

CGデザインの分野では、創造性を発揮し、常に新しい技術や表現方法への挑戦が求められます。そのため、日々変わらないルーティンワークを好む人には不向きかもしれません。決まった処理を繰り返す作業に満足感を見出しやすい人は、CGデザイナーの仕事に刺激や成長を感じにくい可能性があります。

CGデザイナーの転職求人例

実際のCGデザイナーの転職求人例を当社アールストーンの取り扱い採用情報よりピックアップしてご紹介します。

情報は、本記事作成時点のもので、あくまで参考としてご覧ください。閲覧時点で募集が終了している可能性があります。

【ゲームデザイナー】│ 東京都 │ 正社員、500万円〜800万円の転職・求人・採用情報

 

業界

ゲーム

職務内容

・3Dキャラクター制作業務(人型、乗り物など)

・リーダー業務(進捗、クオリティ、外注管理など)

職種

3Dキャラクターデザイナー

勤務地

東京都

雇用形態

正社員

本件は、世界有数のソフト資産をもつ老舗ゲーム企業での、コンシューマ向けゲームキャラクターの制作・リーダーのポジションです。

指定制作ツールの経験、コンシューマ向けタイトルの開発経験、リーダー経験などが必須となっています。

【ゲームデザイナー】│ 東京都 │ 正社員、450万円〜900万円の転職・求人・採用情報

 

業界

ゲーム

職務内容

スマートフォンアプリの新規開発及び運用タイトルのUIデザインや、ロゴやお知らせなどの2Dグラフィック制作・モーショングラフィックス制作を担当していただきます。

共にゲーム体験を形作っていただけるクリエイターをお待ちしています。

職種

UIデザイナー

勤務地

東京都

雇用形態

正社員

本件は、スマートフォン向けアプリの、2Dグラフィック、アニメーション、UIなどのデザイン制作をおこなうポジションです。

デザイナー実務経験が必須となっています。

【その他クリエイティブ系】│ 東京都 │ 正社員,契約社員、490万円〜800万円の転職・求人・採用情報

 

業界

Web

職務内容

当社の中核事業部であるデジタルマーケティング事業部で、クライアントのビジネス及びサービス、ブランドの目的を理解した上で、アートディレクターとしてデザインの方向性を定義しコンセプトデザインの提案、デザインの制作からクオリティ管理までを担っていただきます。

実際に手を動かしてデザインを制作していただくケースが中心となりますので、デザイン力もまた一定水準以上のものが求められます。また、大規模案件においては社内外のデザイナーと協業して進めていくことも必要になります。

職種

アートディレクター

勤務地

東京都

雇用形態

正社員,契約社員

本件は、マーケティング事業のアートディレクターとして、サイトのデザインコンセプト制作、実際のデザイン制作をおこなうポジションです。

Webデザインの実務経験、HTML/CSS/JavaScript基礎知識などが必須となっています。

 

未経験でもCGデザイナーに転職する方法

CGデザイナーになる夢を抱え、未経験からの挑戦を考える人も多いでしょう。未経験からでも可能な転職方法を、具体的に見ていきます。

CGスクールで基礎を学ぶ

CGデザインの世界への第一歩として、専門のスクールで学ぶことをおすすめします。初心者でも基礎から学べるカリキュラムが整っており、デッサン力や3Dモデリングの技術を身につけることができます。また、業界の最新動向に触れながら、実践的なスキルを習得する機会が得られ、就職活動の強みとなります。高額なコンピューターやソフトウェアなどの設備も利用できるでしょう。

関連職種からステップアップする

CGデザイナーを目指す過程で、まずは関連職種への就職を考えてみるのも1つの選択肢です。例えば、アニメーションスタジオやゲーム会社でのアシスタント職など、現場での経験を積みながらスキルアップを目指せます。現場での実務を通じて、CGデザインの知識やノウハウを蓄えることができます。

アルバイトやインターンで経験を積む

前項と同様、実際の制作現場でアルバイトやインターンシップをおこなうことも、実務経験を積むうえで有効です。具体的な制作フローを学びつつ、業界のプロフェッショナルたちから直接技術を学ぶことができるため、未経験からの成長が期待できます。また、実際の職場での人間関係やコミュニケーションスキルも身につけることができます。

独学で学ぶ

CGデザインの知識や技術を独学で学ぶことも可能です。インターネットには無料で学べるリソースが豊富にあり、自宅でも本格的なスキルを身につけることができます。ただし、独学には限界があるため、オンラインのコミュニティに参加して情報交換をおこなうなど、自己学習を補完する工夫が必要です。無料の3Dモデリングソフトウェア「Blender」のように、実務レベルのソフトウェアの操作を学ぶことも、キャリア形成に役立ちます。

また、CGデザインの技術は日進月歩なため、スクールやインターンで実地経験を積んだ方でも、最新技術を学び続ける独学の習慣は推奨されます。

CGデザイナーの転職活動の流れ

本項ではCGデザイナーへの転職活動の手順を大きく3点ご紹介します。

自分のスキルと志望業界を確認する

CGデザイナーとして転職を目指す際、まず現在保有するスキルセットと進みたい業界を明確にします。デザインの基本を理解しているか、使用できるソフトウェアの種類やレベル、過去の実績などを自己分析します。

映像制作からゲーム業界、広告業界まで多岐にわたるCGデザインの領域で、どの分野に強みを持っているかを考慮する必要があります。自身のスキルと市場の需要を照らし合わせ、適切な方向性を定めることがキャリアアップへの第一歩となります。

志望理由とアピールポイントを考える

転職先の企業に対して、自分が職を志望する理由と、自分を採用すべきアピールポイントを明確に伝えます。業界に対する情熱やビジョン、自身のスキルがどのように貢献できるかを検討し、具体的なエピソードを準備します。例えば、特定のCG技術に精通している、チームプロジェクトでの協調性やリーダーシップの経験、独自のデザイン哲学などがアピールポイントになり得ます。転職活動では、自己PRを通じて企業に自分を理解してもらうことが成功へのカギとなります。

自己PRはあらかじめ作成しておくとよいでしょう。以下、自己PRを考える際に役立つSDSフレームワークを紹介します。

SDSフレームワークは、転職時の自己PRで効果的に自分をアピールするための方法で、「Summary(要点)」「Details(詳細)」「Summary(再度の要点)」の三部構成から成り立っています。

  • ・Summary(要点):まずはじめに、自分の強みやアピールポイントを簡潔に述べます。あなたの主要な特徴や能力を端的に表すことが重要です。
  • ・Details(詳細):強みやアピールポイントがどのようにして発揮されたか、具体的な経験やエピソードを紹介します。実際の業務経験、達成した成果、乗り越えた課題などの詳細を語ることで、あなたの能力の具体性を示します。
  • ・Summary(再度の要点):最後に、最初の要点を再度強調し、強みをどのように新しい職場で活かすことができるかを述べます。

自己PRの例

SDSフレームワークを使った、自己PRの具体例は、以下のようになります。

  • ・Summary(要点):私の強みは「創造的な問題解決能力と緻密なデザインスキル」です。
  • ・Details(詳細):以前のプロジェクトで、クライアントの要望に合わせた複雑な3Dモデルを作成する課題に直面しました。時間と人員の制限のなかで、私は次のような手順で取り組みました。①クライアントの要望と目標を深く理解するための詳細な打ち合わせ。②効率的な制作手順を確立し、優先順位をつけることで、作業効率を改善。③技術的なハードルを克服するために、新しいツールと技術を積極的に学習。以上の過程を経て、期限内に高品質な成果物を提供し、クライアントの期待を超えることができました。
  • ・Summary(再度の要点):貴社での業務では、問題解決能力とデザインスキルを活かして、創造的かつ効率的にプロジェクトを推進し、チームの目標達成に貢献したいと考えています。また、新しい技術やトレンドを学ぶことで、貴社のデザイン品質をさらに高め、革新的な成果を生み出すことに貢献します。

求人サイトで募集をチェックする

求人サイトを利用して、CGデザイナーとしての募集情報をチェックするのは、転職活動の基本です。

業界特化型の求人サイトや一般的な転職サイトを見ることで、どの企業がどのような人材を求めているのか、どのようなスキルや経験が重視されているのかを把握できます。また、求人票の内容から自己のスキルや経験がマッチしているかどうかを判断し、応募する企業リストを絞り込んでいきます。頻繁に新しい求人が更新されるため、定期的にチェックし、迅速に応募するのは重要です。

CGデザイナーの転職活動の方法

本項ではCGデザイナーへの転職活動で考慮すべきポイントを3つご紹介します。

職務経歴書とポートフォリオを作成する

CGデザイナーの転職活動で、職務経歴書とポートフォリオの用意は不可欠です。

職務経歴書では、今までに携わったプロジェクトや担当した業務、習得した技術などを明確に記述します。

ポートフォリオは、過去の作品を通じて自身のデザイン能力やセンスを具体的に示すためのツールです。作品の選定には戦略を持ち、求められる職種や企業にマッチした内容を選びます。ポートフォリオは、自分自身の仕事への姿勢や熱意を伝えるための重要なツールとなります。

ポートフォリオに関して、下記の記事で詳しく解説しています。

参考記事:WEB業界クリエイターの転職準備、志望理由からポートフォリオ作成まで

転職サイトや転職エージェントを活用する

転職活動で、転職サイトや転職エージェントの活用は大変有効です。転職サイトでは広範囲の求人を検索できる一方、転職エージェントは個々のニーズに合わせたキャリア相談や、非公開求人の紹介などパーソナライズされたサポートを提供します。

特にCGデザイナーのような専門職は、業界に精通したエージェントを選ぶことで、より適切なアドバイスや求人紹介を受けることができます。転職エージェントを利用する際は、担当者とのコミュニケーションを大切にし、自分の希望を明確に伝えましょう。

面接対策を徹底する

転職活動で重要なステップの1つが面接です。面接では、事前に準備した志望理由やアピールポイントを伝えるとともに、企業の雰囲気や面接官の質問に柔軟に対応する必要があります。

面接対策としては、よくある質問への回答を準備し、自身の経験やスキルを効果的に伝えられるように練習します。また、ポートフォリオを使ったプレゼンテーションの準備や、自分が働くイメージを具体的に伝えることも効果的です。面接官とのコミュニケーションを通じて、自分自身を正確に理解してもらい、ポジティブな印象を残すことが肝心です。

CGデザイナーの将来性

CGデザイナーは、現代社会で将来性が高い職業です。

映画やゲーム、広告などのエンターテイメント産業だけでなく、住宅や自動車などの製造業でも、商品のプレゼンテーションやデザインプロセスにCGが活用されているからです。さらに、バーチャルリアリティ(VR)や拡張現実(AR)など新しい技術の台頭により、今まで以上に多様な分野でCGデザイナーの需要が増しています。

グローバルな視点で見ても、CGデザイナーのスキルは世界共通で通用するため、国際的に活躍するチャンスも広がっています。フリーランスとして独立する道もあり、実力次第で多くの案件を獲得し、高収入を得る可能性も秘めています。

CGデザイナーとCGクリエイターとの違いは?

CGデザイナーとCGクリエイターは、業務内容が重なる部分が多いものの、微妙な違いがあります。

CGデザイナーは主にビジュアルアートを作り出すことに特化しており、2Dや3Dのソフトウェアを駆使して、視覚的なデザインをおこないます。一方、CGクリエイターはデザインだけでなく、アニメーションの作成やゲームの操作性の設計など、より幅広い業務を担当するケースが多いです。

企業やプロジェクトによっては、両者の区別があいまいなこともあるため、CGデザイナーであってもCGクリエイターの業務をおこなう可能性があります。そのため、いずれの職種も、常に最新の知識と技術の習得が求められる職種です。

スペシャリストとゼネラリストはどちらが儲かるか?

CGデザイナーのなかでもスペシャリストとゼネラリストは、それぞれ異なるキャリアパスを歩みます。

スペシャリストは特定の分野、例えばモデリングやモーションデザインなどに特化し、特定分野で高度な技術を持つ専門家として活躍します。彼らは専門性によって高額な報酬を得ることができる場合があります。

一方でゼネラリストは、3DCG全般にわたる広範な知識とスキルを持ち、プロジェクトの管理や進行を含めた多角的な仕事をおこないます。ゼネラリストは、柔軟性によってさまざまなタイプの案件に対応できるため、総合的に安定した収入を確保しやすいです。

結局のところ、スペシャリストとゼネラリストどちらが収入を得やすいのかは個人の専門性、市場の需要、そして本人のビジネススキルに大きく左右されるため、一概にはいえません。

 

まとめ

CGデザイナーへの転職に際して知っておきたい、仕事内容や年収、将来性などをご紹介しました。

  • ・転職に必要なスキル:デザインセンス、ソフトウェアスキル、コミュニケーション能力
  • ・CGデザイナーに役立つ資格:カラーコーディネーター、CGクリエイター検定など
  • ・転職活動の流れ:スキル・志望理由の確認、求人チェック、職務経歴書・ポートフォリオの作成、転職エージェントの活用
  • ・CGデザイナーの将来性:技術の進化にともない、需要が増えている分野

当社アールストーンでは、CGデザイナーの転職をIT/Web/ゲーム業界に特化した専門コンサルタントが全力でサポートします。

一人一人に寄り添ったアドバイスと、直接企業との交渉であなたのキャリアを最適に導きます。年収アップや理想のキャリアパスを実現しませんか?

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ