エンジニアが転職で失敗してしまう3つの原因とは?

  • TOP
  • 転職コラム
  • エンジニアが転職で失敗してしまう3つの原因とは?

エンジニアが転職で失敗してしまう3つの原因とは?

エンジニアの仕事は多くの分野で必要とされ、エンジニアが働くSIerには大手の企業から下請け・孫請け・派遣などを行う中小・零細の企業まで、さまざまな規模のものがあります。そのため、ステップアップについて常に考え、よりよい環境で働こうとすることは、エンジニアのキャリアにおいて非常に重要です。今回は、エンジニアのキャリアや転職で失敗しまう理由を3つご紹介します。

 

エンジニアの理想のキャリアとは

一般的に転職を検討し始める理由としては、給与面や職場環境に関する不満といったネガティブなものが多いというイメージを持たれがちです。エンジニアの転職においても、こうしたネガティブなイメージを持たれるケースは少なくありません。しかし、エンジニアの転職においては、ポジティブな側面もあるのです。

 

エンジニアは常に新しい技術に対応し、その時代に適したノウハウを身につけていかなければ長期的に働くことは難しくなってしまいます。そのため、エンジニアのキャリアにおいては、環境を変えることで新たな技術を身につけることが非常に重要です。そのため、転職の理由が必ずしもネガティブなものに限らないという点は、一般的な職種における転職とエンジニアの転職の大きな違いといえます。

 

上記の理由から、SIerでエンジニアとして働く人の間でも転職は頻繁に行われています。なかでも今流行りのエンジニアの転職としては、SIerにてPLやPMを担えるレベルにまでステップアップしたのち、ITコンサルタントとして、エンジニアの業務にとどまらない幅広いIT系業務に携わる仕事を選択するケースや、エンジニアとしての経験や新しい技術を活かせるWEB系企業を新たな職場として選択するケースなどがあります。

 

このように、エンジニアの転職では今持ち合わせている技術を活かせる仕事や、さらに新しい技術を身につけられる仕事を選ぶ人も少なくありません。これらのケースに該当する転職希望者のなかには、現在の職場での待遇などに関する不満を持っている人ももちろんいます。しかし、そのような人のなかにも「どうせ転職するのならキャリアアップが望める転職先を探そう」という意識があることが想定され、エンジニアの転職では総じて新たなキャリアを築くことを重視するのが流行りであり、そのような意識を持つことが転職における成功の秘訣といえます。

 

原因1:残業時間○○以内にこだわりすぎる

特に現在の会社の待遇に対して不満を感じている人が転職で失敗してしまう原因としては、転職先探しにおいて待遇面での細かな条件にこだわり過ぎてしまうことが挙げられます。

 

例えば転職において「ワークライフバランスの担保」を重視する転職希望者は多く、なかには「残業○○時間以内」といった具体的な条件を設定し、それに合致しないというだけで転職先候補を切り捨ててしまう人も少なくありません。この理由として、エンジニアという職種自体に残業が発生しやすいという特徴があり、私生活とのバランスを保てなくなってしまう人が多い点が挙げられます。

 

しかし、残業が少ないという条件を重視して転職先を選んでしまうと、例えばSESの場合は出向先によって残業時間がバラバラで、想定していた以上の残業をしなければ与えられた仕事をこなせなくなってしまうというケースもあるかも知れません。また、逆に残業が少なすぎると残業手当がつかず、想定よりも給料が少なくなり、転職そのものを後悔するというケースもあります。

 

ワークライフバランスを正常に保ちたいと考えることは間違いではありませんが、その一方でエンジニアという職種は階層化が進んでおり、立場によっては期待したような高収入を得られなくなりやすいことも忘れてはいけません。そして、転職において残業時間が少ないことを重視しすぎると、このような下層に属する転職先しか見つからないこともあります。特に収入面においては、現在の会社よりも待遇が悪くなってしまう危険性も考慮しておかなければ、後に転職したこと自体を後悔する結果となってしまうかもしれません。

 

原因2:目先の年収に飛びついてしまう

現在の会社の待遇に不満を抱え、転職を考えている人のなかには、主に給与面での不満を感じているという人も少なくないでしょう。実際、階層化の進むエンジニア界隈では年収格差も広がりつつあり、転職先選びにおいても、どれくらいの年収を得られるかは非常に重要なポイントとなります。しかし、転職で給与面にばかり気を取られ、目先の年収に飛びついてしまうこともまた、失敗を招く原因となるのです。

 

例えばWEB系の企業で働くエンジニアは総じて年収が高い傾向にあり、年収アップを目指してSIerからWEB系企業へ転職する人も少なくありません。しかしながら、WEB系企業ではエンジニアに対して非常に高いレベルの技量を求めるため、いざ入社してみると期待されているほどの技量が自分に備わっておらず、全く仕事をこなせないことから、年収も上がらないというケースがあります。

 

エンジニアに限った話ではありませんが、多くの職業では勤続年数が長い人ほど高い技術を持っており、そのことが給与にも反映されています。しかし、エンジニアの仕事に関しては新たな技術は自ら率先して習得しなければならず、勤続年数と技量は必ずしも比例しません。

 

年収のみを重視した転職の失敗を防ぐためには、自分の技量を客観視し、どれくらいの年収が適正であるかを把握することが大切です。また、転職による年収アップを望む場合、日ごろから常に新しい技術を身につけることを意識することが重要であるといえます。

 

 

原因3:理想のキャリアに近づくための職種がない

エンジニアの転職では、企業が掲げる待遇面での条件や、転職直後に任される仕事の内容ばかりに着目してしまいがちです。当然、これらのことも入社後の働き方に大きく関係することであるため、自分の希望に合致しているかどうかという点においてこだわるべきでしょう。しかし、転職においては、入社から5年後、10年後の働き方についてもよく考えなければなりません。

 

例えばエンジニアとして働きながらキャリアアップし、将来的には起業をしたいという理想を持っている人が開発にしか携われない企業へ転職してしまうと、理想のキャリアアップは叶いません。このことから、エンジニアの転職においては、転職することで自分の理想に近づけるかどうかという点も見極めなければなりません。

 

また、このような将来のことを視野に入れない転職も、現在の会社の待遇に不満を抱え、現状から抜け出したいと考えている人がしてしまいがちです。現状から抜け出すための転職では、特に転職先の待遇をよく調べるとともに、自分がキャリアアップを図る上で必要な職種かどうかも確認する必要があります。そのためには、転職先を探す前に自分がどのようなキャリアを重ね、将来どのような働き方をしたいのか、具体的にイメージすることも大切です。

 

まとめ

エンジニアが転職で失敗してしまう3つの原因について解説しました。エンジニアという職種は勤務先によって待遇に差があり、現在の会社の待遇に不満を感じていることが転職の理由となるケースは少なくありません。

 

しかし、転職で失敗してしまう原因の根本には、「現状から抜け出したい」という気持ちがあることが多く、このような状態では転職先の待遇の精査や、自分の将来のビジョンについてよく考えることができないため、転職後も問題が生じてしまいかねません。

 

このような転職における失敗をしないためには、転職先選びを慎重に行うだけでなく、自分がなぜ転職するのかをよく考えることが大切です。また、自力で転職をすることに不安を感じる場合にはエージェントに相談をしてみるのもおすすめです。