プログラマーの平均年収は?年収を上げる方法は? | IT,WEB,ゲーム業界の転職支援サービス│ R-Stone

プログラマーの平均年収は?年収を上げる方法は?

プログラマーの平均年収は?年収を上げる方法は?

プログラマーは、プログラミング言語を使用してシステムを開発します。しかし、具体的にはどのような仕事を行う職業なのでしょうか。また、実際にプログラマーになったときの年収も気になるところ今回はプログラマーの仕事内容、年収事情を説明するとともに、年収を上げる方法も紹介します。

プログラマーの仕事内容とは

プログラマーの仕事は、プログラミング言語を使用してシステムやソフトウェアなどを開発することです。プログラマーの開発対象は多岐にわたります。社内業務のIT化や公共インフラに関わるような大規模なものから、スマートフォンのアプリ、Webのサービスなども開発対象に挙げられます。

システムやアプリの開発工程は、大きく分けると「設計」「製造」「テスト」「運用」で、各工程で複数のエンジニアが作業を分担します。このうち、プログラマーは主に製造とテストを担当します。

製造を担当するプログラマーは、システムエンジニアが設計の工程で作成した「設計書」に基づいて、プログラミングで必要な機能を構築します。設計書を読み解いて、プログラム化するだけではなく、プログラムの動作も検証します。さらに、その設計書に気になる箇所があった場合には、プログラムを始める前にシステムエンジニアに確認することも重要です。確認しないでプログラミングを進めてしまうと、後から大きな修正や手戻りが発生する可能性があるためです。

システムやアプリなどの開発で用いられるプログラミング言語は十数種類あり、代表的なものにJava、PHP、Pythonがあります。しかし、プログラミング言語の特性は様々。開発するシステムやアプリによって、プログラミング言語は異なります。すべてのプログラミング言語を習得することは困難ですので、まずは1つ以上のプログラミング言語を習得しておきましょう。

近年はWebアプリケーションやモバイルアプリを使ったサービスが増えています。また、AI(人工知能)・IoT(モノのインターネット)・機械学習など専門性の高い技術を用いたシステム開発なども進められています。そのため、ある分野に特化したプログラマーや最新技術に対応できるプログラマーの需要は今後も高まるでしょう。

プログラマーの平均年収

まずは、プログラマーの年収についてみてみましょう。

・プログラマーの平均年収

厚生労働省が2016年(平成28年)に発表した賃金構造基本統計調査では、プログラマーの平均年収は414万円となっています。一方で、民間給与の平均額は、国税庁が2017年(平成29年)に発表した民間給与実態統計調査で432万円です。両者を比較してみると、若干民間給与の平均額が高いですが、同じくらいの結果といえそうです。

しかし、中には平均を大きく超えて1,000万以上の年収のプログラマーもいます。なぜ年収が大きく変動するのでしょうか。これにはいくつかの理由があるのです。

・スキルの違い

スキルの違いによって、年収に差が出ることがあります。高度なスキルを身につけているエンジニアは、その分評価が高まり、給与が上がる傾向があるからです。プログラマーで特に重要なスキルはプログラミングスキルで、開発したシステムの実績や取得資格などが評価対象となるようです。

また、プログラマーが豊富なプログラミングスキルや有効なツールに関する知識を持っていれば、作業をシステム化して作業時間を短縮することも可能です。このような効率化手段の開発も評価される場合があります。

・雇用体系の違い

同じ仕事をしていた場合でも、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、フリーランスといった雇用体系が違うだけでも、年収が変動する可能性があります。さらには勤務先の企業規模や経営状態によって、年収にはバラつきが発生するでしょう。

・プログラミング言語の違い

需要が高いプログラミング言語の案件や、人材が不足している希少性の高いプログラミング言語の案件などでは、高収入を得やすくなる傾向があります。これは特にフリーランスで顕著な傾向です。簡単なプログラミング言語だけでは、本人の能力が高くても、高単価は難しい場合もあるので、できるだけ需要の高いプログラミング言語を習得することをおすすめします。

プログラミング言語別の平均年収を紹介しましょう。プログラミング言語別平均年収の1位はPythonで651万円です。続いて、2位のPerlが633万円、3位のRubyが606万円となります。知名度が高いPHPは538万円、java言語は499万円と、言語によっても平均年収に差が出るということがわかります。Pythonの平均年収がずば抜けて高いのは、機械学習といった注目の技術に関連するプログラミング言語だからです。

このように、プログラマーはあらゆる理由から年収差が大きくなりやすい職種でもあります。知名度の高いプログラミング言語を習得しても、年収を上げることにはつながらない可能性も。そのため、使用率が上昇傾向にある言語や、開発できるものが多い言語を習得しておくとよいでしょう

では、プログラマーやほかのIT技術者についての将来性はどうでしょうか。これらの職種には慢性的な人材不足が懸念されている一方、社会のIT化は進んでおり、将来的にプログラマーの需要はより高まる可能性があります。プログラマーの需要が上がれば、連動して平均年収も高くなる可能性があるでしょう。このように、プログラマーは将来性が期待できる職種のひとつでといえます。需要の高い言語を習得してプログラマーとしてスキルアップすれば、高収入を得ることも可能といえそうです。

プログラマーが年収を上げる方法

プログラマーが年収を上げる方法

プログラマーの年収というのは、企業により変動する場合もありますが、一般的には技術力などの習得しているスキルが大きく影響しやすいのが特徴です。

自分で資格を取得し、企業にアピールするのもひとつの手ですが、業務経験を通して実績を積みながら、スキルアップするのが理想的なアピール方法でもあります。できることを広げていくことで、年収アップが期待できるでしょう。

例えば、プログラマーの領域にとらわれず、システムエンジニアの領域を支援することで、社内や顧客からの評価が高まる可能性があります。評価がアップすると年収のアップにつながるケースも多いようです。

また、プログラミング以外の業務に携わり、プログラマーよりも平均年収が高い職種にキャリアチェンジするという選択もあります。設計を行うシステムエンジニアやプロジェクト全体を管理するプロジェクトマネージャーになれば業務範囲が広がり、プログラマーよりも年収が高くなる可能性があります。

特にプロジェクトマネージャーの平均年収は670万円。平均年収が高い分、プロジェクトマネージャーには、プログラミングスキルや開発スキルよりも、人員・予算・スケジュール・品質を管理するマネジメントスキルや、クライアントやメンバーとのコミュニケーション力が求められます。

また、IT技術者には専門スキルを要求されることから、経験年数が増えるほど、スキルアップに伴い、年収が上がる可能性が期待できます。年収がアップするということは、それだけモチベーションのアップにもつながるはずです。

プログラマーの平均年収とは?転職して年収を上げる方法を紹介につてのまとめ

プログラミングスキルや雇用形態、あるいは作業範囲などによってプログラマーの年収には幅があるのが特徴です。しかし、需要の高いプログラミング言語や専門性の高いプログラミング言語を身につける、あるいはプログラミング以外の業務も担当するなどの方法で、年収を上げられる可能性があります。これからプログラマーを目指す方は、まずはどのような企業で、どのような開発に携わりたいのか、というキャリアプランを念頭に学習するプログラミング言語を選びましょう。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ