IT,WEB,ゲーム業界の転職に強い転職コラム

プログラマーの平均年収は?年収を上げる方法は?

プログラマーの平均年収は?年収を上げる方法は?

プログラマーは、プログラミング言語を使ってシステムを開発する職種ですが、具体的にはどのような業務をおこなうのでしょうか。また、プログラマーはどのくらいの年収を得られるのでしょうか。今回は、プログラマーとしての転職をお考えの方に向けて、プログラマーの仕事内容や平均年収、また年収を上げる方法などについて解説していきます。

プログラマーの仕事内容とは

プログラマーの仕事は、プログラミング言語を使用してシステムやソフトウェアなどを開発することです。プログラマーの開発対象は多岐にわたります。社内業務のIT化や公共インフラに関わるような大規模なものから、スマートフォンのアプリ、Webサービスなども開発対象になります。

システムやアプリの開発工程は、大きく分けると「設計」「プログラミング」「テスト」「運用」の流れで進むのが一般的で、各工程で複数のエンジニアが作業を分担します。このうち、プログラマーは主にプログラミングとテストを担当します。

プログラミングを担当するプログラマーは、システムエンジニアが設計の工程で作成した「設計書」に基づいたプログラミングをして必要な機能を構築します。設計書を読み解いてプログラミングするだけではなく、プログラムの動作も検証します。設計書に気になる箇所があった場合には、プログラミングを始める前にシステムエンジニアに確認することも重要です。自分の解釈でプログラミングを進めてしまうと、後から大きな修正や手戻りが発生する可能性があるからです。

システムやアプリなどの開発で用いられるプログラミング言語は十数種類あり、代表的な言語としては「Java」「PHP」「Python」などが挙げられます。プログラミング言語の特性は様々であり、どんなシステム・アプリを開発するかによって最適なプログラミング言語は変わってきます。もちろん、すべてのプログラミング言語を習得することは不可能ですが、1つでも多くのプログラミング言語を習得していたほうがプログラマーとしての価値も高まり、転職時にも有利になります。

近年、Webアプリケーションやモバイルアプリを使ったサービスが急増しています。また、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、機械学習など、専門性の高い技術を用いたシステム開発も盛んになっています。こういった背景からも、特定分野に特化したプログラマーや最新技術に対応できるプログラマーの需要は今後も拡大していくと考えられています。

プログラマーの平均年収

厚生労働省が2016年(平成28年)に発表した賃金構造基本統計調査では、プログラマーの平均年収は414万円となっています。一方、国税庁が2017年(平成29年)に発表した民間給与実態統計調査においては、プログラマーの平均年収は432万円となっています。

また、求人情報に特化した検索エンジン「求人ボックス」によると、プログラマーの平均年収は約438万円となっています。
※参考:人気職種の給料情報|給料ナビ|求人ボックス(更新日:2021年8月4日)

これら3つのデータを見ると、おおよその年収相場は400万円台前半と捉えることができます。しかしながら、プログラマーの年収は、年代や性別の違い、企業規模の違い、スキルの違い、雇用体系の違い、地域の違い、プログラミング言語の違いなどによって大きく変わってくるのが現状です。

年代や性別の違い

厚生労働省が公表している「賃金構造基本統計調査」によると、プログラマーの男女別・年代別の平均年収は以下のようになっています。

男性 女性
年代 平均年収 年代 平均年収
20~24歳 315万円 20~24歳 312万円
25~29歳 390万円 25~29歳 369万円
30~34歳 445万円 30~34歳 406万円
35~39歳 499万円 35~39歳 418万円
40~44歳 524万円 40~44歳 412万円
45~49歳 591万円 45~49歳 414万円
50~54歳 591万円 50~54歳 467万円
55~59歳 608万円 55~59歳 537万円
 

企業規模の違い

同じく「賃金構造基本統計調査」によると、プログラマーが勤務する企業規模別の平均年収は以下のようになっています。

 
企業規模(従業員数) 平均年収
10~99人 389万円
100~999人 416万円
1,000人以上 506万円

※参考:賃金構造基本統計調査 | ファイル | 統計データを探す | 政府統計の総合窓口

スキルの違い

スキルの違いによって年収に差が出るのは、他の職種と同じです。当然ですが、高度なスキルを身に付けているプログラマーは市場価値が高く、転職にも有利で、平均年収も高くなります。開発に携わったシステムの実績や取得している資格などが評価対象となり、年収に影響するケースも多いようです。また、優秀なプログラマーは作業をシステム化して作業時間を短縮することも可能です。このような効率化手段の開発も評価され、年収に反映される場合があります。

雇用体系の違い

正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、フリーランスといった雇用体系が違えば、平均年収は変わってきます。「求人ボックス」によると、派遣社員のプログラマーの平均時給は2,144円、アルバイト・パートのプログラマーの平均時給は1,197円となっています。

地域の違い

勤務する地域によっても、プログラマーの平均年収は前後します。同じく「求人ボックス」によると、エリアごとのプログラマーの平均年収は以下のようになっています。

エリア 平均年収
北海道・東北 383万円
関東 422万円
甲信越・北陸 390万円
東海 408万円
関西 428万円
中国 382万円
四国 376万円
九州・沖縄 393万円

プログラミング言語の違い

需要が高いプログラミング言語を習得しているプログラマーほど転職に有利で、年収が高くなる傾向にあります。ニーズの少ないプログラミング言語を使えても高収入を得るのは難しいため、できるだけ需要の高いプログラミング言語を習得するようにしましょう。

TECH Streetがおこなった「2020年プログラミング言語別年収ランキング」では、年代別にプログラミング言語の年収ランキングが公開されています。上位のプログラミング言語を抜粋してご紹介します。

・20代

  プログラミング言語 平均年収
1位 R 476万円
2位 Scala 440万円
3位 Objective-C 407万円
4位 COBOL 406万円
5位 Perl

405万円

・30代

  プログラミング言語

平均

1位 R 569万円
2位 Go 562万円
3位 Perl 555万円
4位 F# 550万円
5位 Python 546万円

・40代

  プログラミング言語

平均

1位 R 753万円
2位 C++ 633万円
3位 Python 624万円
4位 C# .NET 616万円
5位 Scala/Java 608万円

・50代

  プログラミング言語

平均

1位 C++ 635万円
2位 Java 629万円
3位 C 621万円
4位 COBOL 61⑧万円
5位 Scala 600万円
 

プログラマーの将来性

プログラマーに限らずIT技術者全般が今、深刻な人材不足に陥っています。その一方で、社会のIT化は急ピッチで進んでおり、ますますIT技術者の需給バランスは開きが出てきています。このような時代背景や日本の状況を見ても、しばらくは転職マーケットにおけるプログラマーの需要は高まり続けていくと考えていいでしょう。

プログラマーの需要が高くなれば、それに比例して平均年収も高くなっていくのが通常であり、その意味でもプログラマーは将来性のある職種だと言えます。上述したように、ニーズの高いプログラミング言語を習得するなどしてスキルアップできれば、転職でも有利になりますし、高収入を期待することができるでしょう。

プログラマーが年収を上げる方法

プログラマーが年収を上げる方法

プログラマーの年収は様々な要素によって変動しますが、一般的には習得しているスキルが大きく影響しやすいのが特徴です。

資格を取得するのも一つの手ですが、業務経験を通して実績を重ねながらスキルアップするのが理想的なアピール方法です。スキルアップして「できること」の幅を広げていけば、転職による年収アップも実現しやすくなるでしょう。また、プログラマーの領域にとらわれず、システムエンジニアの領域を支援することで社内や顧客からの評価が高まり、その結果、年収アップにつながるケースも多いようです。

また、プログラミング以外の業務に携わり、プログラマーよりも平均年収が高い職種に転職するという選択肢もあります。プログラマーとして十分な経験を重ねたうえで、設計を手がけるシステムエンジニアに転職したり、プロジェクト全体を管理するプロジェクトマネージャーに転職したりできれば、間違いなく年収は上がります。特に、プロジェクトマネージャーの平均年収は670万円と高い水準にあります。プロジェクトマネージャーには、人員・予算・スケジュール・品質を管理するマネジメントスキルや高度なコミュニケーションスキルが求められますが、目標として目指す価値のある職種だと言えるでしょう。

プログラマーの平均年収とは?年収を上げる方法は?の【まとめ】

プログラマーの平均年収は、年代や性別、勤務する企業の規模、勤務する地域、雇用体系、個人のスキルや習得しているプログラミング言語などによって大きく変わってきます。とはいえ、年収を上げる近道はやはり使えるプログラミング言語を増やしてスキルアップすることです。需要の高いプログラミング言語を身に付けて、ぜひ有利な転職を実現しましょう。

将来的には、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーを目指すのもおすすめです。自分のキャリアプランを明確にしたうえで、そのキャリアプランを実現するために必要なスキルを磨き、経験を重ねていきましょう。

プログラマーの求人を見る
求人情報一覧