インフラエンジニア、大手企業と中小企業での役割の違いをご紹介

  • TOP
  • 転職コラム
  • インフラエンジニア、大手企業と中小企業での役割の違いをご紹介

インフラエンジニア、大手企業と中小企業での役割の違いをご紹介

同じインフラエンジニアでも、大手企業と中小企業とでは任せられる業務が異なります。プロジェクトの規模、作業時間、待遇、さらにエンジニアとしてスキルアップの環境も変わってくるため、転職する際はさまざまな点を加味して、自分にとって最適な職場を選ぶことが重要です。

今回の記事では、インフラエンジニアの基本的な業務内容、インフラエンジニアとしてのスキルアップの方法、また転職するときに気をつけるべき大手企業と中小企業の違いについて解説していきます。

 

基本的なインフラエンジニアの業務内容

 

インフラエンジニアの業務は、大きく分けて「設計」「構築」「運用・保守」の3段階です。

 

○設計

設計は、クライアントの要望を聞き、具体的に「どんなシステムをつくるか」を決定する業務です。インフラ開発には必ずその目的がありますが、その目的をクリアできる要件を書き出す作業を「要件定義」といい、要件定義が完了したら、それに沿って「設計書」を作成していきます。

設計書は、機能や性能といった要件だけでなく、想定されるユーザー数、通信量、使用するネットワーク、さらにはクライアントの予算も踏まえて作成しなければなりません。また、稼働後にどのような取り決めで運用を行っていくのかといったことも併せてこの段階で検討します。

 

○構築

設計書を元に、実際にインフラを構築していく段階です。インフラの構築には機器やソフトウェアなどが必要になるので、まずはそれらの調達から始めます。機器の調達と運搬が完了したら、機器の組み立て、機器の取り付け(配線や接続など)、ソフトウェアのインストール作業などを行い、環境が整ったら、動作確認テスト・負荷テストを実施します。

 

○運用・保守

運用・保守業務は、実際に稼働したシステムが、日々正常に動作しているかを監視する業務です。基本的にインフラには24時間の稼働が求められるので、サーバーのダウンやトラブルでシステムが使えなくなるということがあってはなりません。そのために日々の監視、および障害が発生した際のトラブル対応が求められます。

いつ、いかなる時でも問題なくシステムを稼働させる必要があるという点では、設計や構築よりも重要な業務といえるかもしれません。

 

インフラエンジニアのスキルアップとは

 

インフラエンジニアとしてのスキルアップの方法についてご紹介します。

 

○最新の情報収集を行う

IT業界は日々新しい技術が生み出されています。それによって今現在、業界で流行っている技術、これから伸びそうな技術も変わってくるので、どのスキルを学ぶのが自分にとって有利かということを把握する必要があります。情報収集の方法は、SNS、業界雑誌、メールマガジン、ブログなど。IT技術のトレンドに詳しい人の発信を常に注目しておくのもよいでしょう。

 

○スクールやセミナーに参加

自分が学びたいスキルが明確ならば、平日夜や週末に開催されているスクールやセミナーに通うのもスキルアップの手段です。スクールによっては「ネットワークスペシャリストコース」など、インフラエンジニア専門の講座を開設しています。

 

○大手企業のトレーニングサービスを活用

GoogleやMicrosoft、Amazonなどの大手企業では、オンラインおよびオフラインでのトレーニングサービスの提供を行っています。それぞれの企業が販売している製品のスキルを身につけることが可能なだけでなく、トレーニングには資格試験の内容も含まれているので、IT系の資格取得を考えている人にとってもメリットは大きいでしょう。

 

○エンジニア同士のつながりをつくる

1人で勉強するだけでなく、エンジニアの知り合いをつくることで、そこから情報を獲得し、またスキルを教えてもらう(教え合う)という方法もあります。自分よりもはるかにスキルの高いエンジニアと知り合い、指導者になってもらうことができればスキルアップもはかどります。エンジニア同士のつながりをつくる方法としては、セミナーやスクールで積極的に声をかける、職場の友人に紹介してもらう、SNSでつながりをつくる、といった方法があります。

 

これらのほか、中には「大手企業に転職する」こと自体がスキルアップにつながると考える方もいますが、大手企業への転職がスキルアップにつながるかはケースバイケースと言えます。次の章からは、大手企業と中小企業の業務内容を比較してみましょう。

 

 

 

インフラエンジニアにおける大手企業と中小企業の違い

 

インフラエンジニアにおける大手企業と中小企業の違いについて見ていきましょう。

 

○プロジェクトの規模

プロジェクトの規模は当然ながら大手企業のほうが大きいと言えますが、規模が大きい分、自身の担当領域が狭くなる、あるいは裁量権が小さくなるといったことも起こりがちです。中小企業の場合、プロジェクトの規模は大きくなくても、エンジニアとしての担当領域や裁量権が大きくなることも多く、「こちらのほうがやりがいを感じる」という人もいます。

担当の範囲にかかわらず、とにかく大きなプロジェクトに参加したいという人には大手企業が向いており、規模は小さくてもできるだけ自分が担当できる範囲を増やしたいという人には、中小企業が向いていると言えるでしょう。

 

○業務内容

業務内容には、大手の場合はディレクション中心、中小企業の場合はプログラミング中心の傾向があります。ここで重要なことは、自身はエンジニアとしてジェネラリストを目指すのか、それともスペシャリストを目指すのかという点です。

ジェネラリスト(管理職)として、大事な意思決定ができる立場で仕事がしたいという人には大手企業が向きますし、エンジニアとしてプログラミングのスペシャリストを目指したいという人には、中小企業が向いていると言えます。

 

○作業時間

大手企業のエンジニアの業務はディレクションが中心なので、必要最低限のマネジメント業務を行うだけでよく、作業時間は大幅に減ります。一方、中小企業の場合、成果物の納品に向けて、作業(プログラミングなど)が集中することもあり、残業が多くなる傾向があります。
余裕を持って働きたいという人には大手企業のほうが向いています。しかし、大手企業でディレクションを担う人はそれだけ責任重大な立場になるため、プレッシャーは大きくなります。

 

○年収・福利厚生

年収は大手企業のほうが高くなりますが、年収よりも技術力の向上を重視したいならば企業規模にこだわる必要はありません。どちらかというと中小企業のほうが技術を磨きやすいですし、将来的にフリーランスを希望するなら中小企業で技術を磨いたほうが有利です。このあたりも「自分はエンジニアとして何を目指しているか」が判断材料になってきます。

大手企業の福利厚生は充実していますが、中小企業の中には、有給や産休の取得が難しいところも多いようです。福利厚生の充実を重視するならば、大手企業を選んだほうがよいでしょう。

 

インフラエンジニアとして転職時に気を付けること

 

最後に、インフラエンジニアとして転職時に注意すべき点を見ていきます。

 

○大手企業への転職はスキルアップにつながる?

大手企業ほどレベルの高いエンジニアが多く在籍していますから、大手企業に転職してスキルアップを目指したい、スキルを吸収したいという人も多いようです。また、単純に大手企業のほうが大きな案件に携わることができ、自身のスキルアップにつながるのでは、と考える人もいます。

しかし、実際のところ、大手企業でそれが可能かどうかはその企業によります。大手企業によっては、社内でプログラミングを教えてくれない場合もあるのです。エンジニアとして「分からないことは自分で解決する」ことが求められることも多く、大手企業だからといって簡単にスキルアップできるとは限りません。また、すでに上で説明したように、大手企業の場合、担当できる範囲が小さくなって、かえってスキルアップがはかどらないというケースも多々みられます。

 

○自分のスキルを存分に活かせる企業を選ぶ

大手企業に入っても、自身の持っているスキルが活かせなければ宝の持ち腐れになります。そのため、企業の大小にかかわらず「自分のスキルを存分に活かせるかどうか」が重要です。得意分野の案件を任せられれば、それだけ担当範囲も広くなりますし、社内での評価が高まれば、規模の大きいプロジェクトを任されることもあるでしょう。

大きなプロジェクトを任せられるということは、そのエンジニアに対して会社が「チャンスを提供している」ということです。大きなプロジェクトをものにして成功できれば、社内での評価はさらに高まります。簡単な案件ばかりではなく、かといって自分のスキルでは難しい案件を押し付けられることもない、適度な案件を任せられる職場ほど、エンジニアとして最も成長しやすいと言えます。

 

○優秀なエンジニアが多数在籍している企業を選ぶ

優秀なエンジニアが多数在籍し、かつ社内でスキルを教え合う土壌になっている企業であれば、エンジニアとしてスキルアップできる可能性は非常に高くなります。そのような企業は自然と優秀なエンジニアが集まりやすく、相互作用でスキルアップを図りやすいのです。

たとえ中小企業でスタッフの数は少なくても、ベテランのハイレベルなエンジニアが在籍しているケースもあるので、大小問わず「優秀なエンジニアが在籍しているかどうか」は転職時のチェックポイントです。

 

まとめ

 

インフラエンジニアとして職場を探す場合、まずは大企業と中小企業それぞれの仕事内容の違い、双方のメリット・デメリットを見極めることが大切です。そのうえで、エンジニアとして自身が何を目指しているのか、自身の能力が最大限に活かせる職場はどこか、ということを考えましょう。ジェネラリストを目指すのか、スペシャリストを目指すのかで選択肢も全く異なりますから、その点も踏まえて、大小といった企業規模を問わずに自分に最も適した職場を探してみてください。