IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

Webデザイナーの平均年収は?高収入を目指す方法や年齢別の給料を解説

「Webデザイナーの年収、もっと高くならないものだろうか?」そんな疑問をお持ちのあなたへ。

平均年収から見える仕事の実情、年齢別の給料の変動、そして何よりも大切な年収をアップさせるための具体的な方法について、ご提案します。

WEBデザイナーとしての価値を高め、市場で最大限に評価してもらうための方法をお伝えし、次のキャリアの一手を考えるあなたにさまざまな角度からベストな方法を解説します。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!
  1. WEBデザイナーとは

WEBデザイナーというのは、インターネット上で情報を視覚的に美しく伝えるためのデザインを行う専門家のことです。具体的には、WEBサイトやWEBアプリケーションの外観やレイアウトを作り出す重要な役割を担っています。

WEBデザイナーは、創造性と技術的なスキルの両方が要求されるため、芸術的感覚を持ちつつ、最新のWeb技術に対する理解が必要です。

また、利用者が求める情報に効率的にアクセスできるようにするため、ユーザーインターフェイス(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)についての知識も重要になります。インターネットが日常生活に深く根付いている今日、WEBデザイナーの役割はますます大きくなっており、多様な産業でのニーズも高まっています。

 

  1. WEBデザイナーの仕事内容

 

クライアントの理想を形にする、それがWebデザイナーの役割です。さまざまなプロセスを踏み、ユーザーに響くサイトを作り上げるための具体的な作業内容を見ていきましょう。

 

  1. ヒアリング・調査分析

Webデザイナーはまず、クライアントの希望や目指す方向性を深く探求します。打ち合わせを重ね、ビジネスの目標やターゲットユーザーに求める体験を詳細にヒアリングすることで、サイト制作の基盤となります。

重要になるのが、情報の精度です。正確な情報を元に市場調査や競合分析を行い、成功に導くプランを策定します。例を挙げると、新製品の販売促進を目的としたサイト制作では、同じ市場内の成功事例やユーザーの検索動向を分析して、最適なデザイン戦略を練ることが可能となります。

 

  1. デザインの制作

デザインはサイトの心です。日々変化するトレンドを押さえつつも、クライアントのブランドイメージを活かすことが肝心です。ワイヤーフレームを基にして、サイトの大枠を作成します。

平行して、ユーザーインタフェース(UI)を設計し、サイト訪問者が直感的に操作できるレイアウトにするための工夫を凝らします。色彩、レイアウト、タイポグラフィといった要素はもちろん、ユーザーエクスペリエンス(UX)を高めるデザインが求められます。

スマートフォンやタブレットなど、さまざまな端末での表示にも対応しながら制作します。

 

  1. コーディング

最後に、デザインをWeb上に実装するコーディング作業があります。HTMLやCSS、JavaScriptなどの言語を駆使してWebサイトを形作ります。

視覚的なデザインをプログラミング言語に変換し、ブラウザで正確に表示されるよう細心の注意を払うことが重要です。レスポンシブデザインの対応など、デバイスごとの調整も行い、サイトがユーザーの端末に合わせて変化し、快適な閲覧体験を提供します。

 

  1. Webデザイナーの平均年収

 

Webデザイナーの一般的な年収はどのくらいの水準なのでしょうか。公的なデータに基づいて解説します。

 

  1. Webデザイナーの平均年収は約480万円

日本全国のWebデザイナー給与所得者を対象にした平均は、約480万円とされています。実際は年齢や地域によっても変動します。

出典:Webデザイナー-職業詳細| job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

 

  1. 年齢別に見る平均年収

一般的に、若年層では経験が少ないため年収は控えめですが、経験を積み重ねることで専門性が高まり、年収が上昇します。特に30代で管理職や専門職へのステップアップを果たすと、大幅な年収アップが見込める傾向にあります。

具体的なデータとして、厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、20代前半では平均年収が305.37万円であるのに対し、30代半ばでは535.04万円となり、約230万円の差が生まれています。40代に入ると、キャリアのピークとも言える経験豊富な層として年収はさらに伸び、平均で561.86万円に達します。ただし、50代後半からは若干減少する傾向が見られます。

データから言えるのは、Webデザイナーとしての年収アップを目指すには、20代から30代にかけて技術力やマネジメント能力を高めることが重要であり、長期的な視点でスキルアップやキャリア形成を考慮する必要があります。また、将来的な収入の安定性を確保するためにも、50代以降を見据えたキャリアプランを立てることが推奨されます。

 

  1. Webデザイナーと似ている職業とその年収を比較

 

Webデザイナーを取り巻く業界は多岐に渡ります。同じWebクリエイターと称される職種でも、年収に違いが生まれる場合があります。具体的な生活水準やキャリアアップの指針を検討するためにも、同種職業の年収を比較してみましょう。

 

  1. プログラマー

プログラマーはWebデザイナーと類似しているとされることがありますが、実際にはより専門的な技術を扱い、より高度なプログラミングスキルを求められる職種です。

令和4年の統計によると、全国での平均年収は約550.2万円となっており、Webデザイナーの平均年収よりも高くなっています。プログラマーが取り扱う技術の専門性や市場における需要の高さが影響していると考えられます。

 

  1. グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーはビジュアルコンテンツの製作を専門とする職業で、紙媒体からデジタル媒体まで幅広いジャンルを手掛けます。年収はWebデザイナーと比較しても大きな隔たりはなく、約478.6万円と似た水準にあります。

グラフィックデザイナーのスキルがWebデザインにおいても応用できるため、両職種間でのキャリア移行も可能なケースが見られます。

 

  1. Webディレクター

Webディレクターはプロジェクトの全体管理を担うことから、その責任の重さと専門知識には高い評価がされています。平均年収は約584.4万円と、Webデザイナーを上回っています。

コミュニケーション力、調整能力、問題解決能力といった管理職としての資質が求められるためです。

 

  1. イラストレーター

現代の多様なメディアで要求される創造的なビジュアル表現を提供するイラストレーターは、年収が約486.9万円であり、Webデザイナーと同様に、クリエイティブな才能と個性を活かす点で共通しています。しかし、イラスト専門の技術を生かす場合、プロジェクトや依頼内容による収入の変動が大きくなることもあります。

 

  1. Webデザイナーの年収が低い理由

 

Webデザインの専門家であるWebデザイナーが年収を伸ばすには難しい状況があります。主な理由は、Webデザインの技術だけでは、市場での競争が激しく、人材としての価値が相対的に下がっていることにあります。

 

  1. Webデザインだけの仕事は低い

Webデザインのみに特化したスキルを持つ人材の需要は、近年減少傾向にあります。

クラウドソーシングの台頭やWebデザインを志す未経験者の増加により、市場にWebデザインのスキルを持つ人が多く存在するためです。結果として、Webデザイナーの仕事は供給過多となり、個々が目立つことが難しくなっています。

供給過多の現状、Webデザインだけで高収入を得るのは困難で、年収が低く抑えられる傾向にあるわけです。デザイナーとして年収を上げるためには、他のスキルを身につけ、市場価値を高める必要があります。

 

  1. ニーズの高いWebデザイナーとは

Webデザインの世界で注目されているのは、多角的な能力を兼ね備えたデザイナーです。これからWebデザイナーとしてのキャリアを築きたい方々や、より良い条件で働きたい現職のデザイナーにとっても参考になります。

具体的には、ユーザーインターフェイス(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)の知識があるデザイナーが高く評価されています。UI/UXは、サイトやアプリの使いやすさや満足度を左右する要素で、単に見た目が美しいだけでなく、利用者が快適に操作できるデザインを意味します。

また、検索エンジン最適化(SEO)やデジタルマーケティングの理解があれば、訪問者を増やすための戦略的なデザインも可能になります。これらのスキルを持ち合わせているデザイナーは、市場価値が高く、より高い年収を得るチャンスが増えます。

さて、Webデザイナーの仕事はもともとサイトやサービスのビジュアル面を創出することですが、上記のような付加的なスキルがあれば、自身の専門領域を超えた価値提供が可能となり、市場における需要と供給のギャップを埋めることができます。したがって、こうした能力を磨くことが年収アップの重要な鍵とも言えるのです。

 

  1. Webデザイナーの将来性

 

Webデザイナーという職種が、将来にわたっても引き続き求められ続ける理由は、デジタル化の進展にあります。現在のビジネス環境においてWebサイトは不可欠であり、その役割は益々重要になってきています。特にコロナ禍をきっかけに、さまざまな業界がデジタルシフトを加速させた結果、Webデザイナーのニーズは安定しています。

デジタルシフトの流れは、今後も続くと考えられ、Webデザイナーのスキルを身につければ、仕事の選択肢が広がります。加えてテレワークの普及により、働く場所に縛られることなく自由に職務を遂行できる職種でもあります。多様な働き方が可能であるため、将来にわたってキャリア展開を模索しやすいといえるでしょう。

テクノロジーの発展と共に、Webデザインの領域も変わり続けることから、常に新しい知識を学び続ければ、将来の市場でも活躍できる見込みがあります。

 

  1. Webデザイナーで年収をアップさせる5つの方法

 

Webデザイナーとして、報酬アップを目指すための方策を5つご紹介します。

 

  1. 1.デザインツールに関する最新情報を常に取り入れる

Webデザイナーの年収向上には、デザインツールの最新情報を取り入れることが欠かせません。たとえばPhotoshopやIllustratorといった定番ツールの機能アップデートに留まらず、UIデザインに特化したXDやSketch、ブラウザ上で扱えるFigmaなど新しいツールを早期に学び、現場で活用する必要があります。Webデザイナーとして対応できる範囲が拡がり、求められるスキルセットが増えるため、より高い評価を受ける可能性が高まります。

新しいツールを使いこなすことで、効率的かつ革新的なデザインが可能になり、仕事の質が向上します。また、トレンドを把握しているということは、業界内での最新の動向にも通じており、より多くのプロジェクトや高い報酬を得るチャンスにつながります。

定期的に新機能を学び、従来のやり方に固執せず、柔軟な姿勢で業務に臨むことが、年収アップへの近道となります。

 

  1. 2.グラフィックデザインスキルを身につける

Webデザイナーに求められるグラフィックデザインスキルとは、時にデジタルの世界を超えた平面的な表現力にその根源を持っています。これらのスキルは、視覚を通じたコミュニケーションに欠かせない要素であり、あらゆる人々に感銘を与える力を持っているのです。

たとえばロゴデザイン、パンフレット、Webサイトのレイアウトなど、多岐にわたるデザイン領域において、それぞれに合わせたアプローチができる能力は高い価値を持ちます。

年収向上を意識したWebデザイナーたるもの、ただ単に平面的なビジュアルを作り出すだけでなく、これを如何にしてWeb上で機能的かつ美しく実装するか、そのためのデザイン理論や色彩理論を理解し、創造と技術のバランス感覚を養うことが重要です。知識と技能は、使命感をもって仕事に取り組む姿勢と、変化するマーケットに対応する柔軟性をもたらし、結果として年収アップにつながるでしょう。

幅広いグラフィックデザインスキルを持つことは、プロジェクトごとに求められる要件に応じて適切なデザインアプローチを選択できるという利点があります。グラフィックデザインスキルを駆使すれば、単なるWebデザイナーから市場価値の高い、創造的かつ技術的に優れたデザイナーへと成長する道が拓けるのです。

 

  1. 3.UI・UXデザイン領域の知見を持つ

UIとUXは、デジタル製品やサービスにおいてユーザーの体験を形作る重要な要素であり、UI・UXの知見を持つことは、Webデザイナーとしての市場価値を大いに高めます。UI(ユーザーインターフェイス)デザインが製品の視覚的側面と直接的なインタラクションに重きを置くのに対し、UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインではユーザーの全体的な体験を重視します。

具体的な事例としては、ユーザーが直感的に操作できるように慎重に設計されたナビゲーションメニューや、情報を的確に伝えつつもユーザーの視認性を考慮した色彩の選択など、ユーザビリティの向上に寄与する要素があります。さらに、ユーザーリサーチやアクセス解析を通じてユーザーのニーズを把握し、そのフィードバックをもとにデザインを繰り返し改善していくサイクルも含める必要があります。

とりわけ、WebデザイナーがUI・UXデザイン領域の知見を活かすことは収入増に直結もするため、UI・UX分野のスキル習得はキャリアアップと収入アップのための有効な戦略と言えるでしょう。ユーザーの体験を充実させることができれば、それは使用者の満足度向上にもつながり、結果的にサイトの評価が高まり、収益増に寄与する可能性が高まります。

 

  1. 4.条件の良い企業に転職する

条件の良い企業への転職は、Webデザイナーとしての年収をアップさせる有効な手段です。現代では、多様な転職サービスを利用することで、自分の経験やスキルに見合った職場を探すことが手軽になっています。

特にWeb業界に特化した求人情報を提供しているサイトを活用すると、望む条件にピッタリの職場を見つけやすくなります。転職に際しては、広い視野を持ち、Webデザイン以外の分野の知識も身に付けることが重要です。

例えば、プログラミングやマーケティングのスキルも修得しておくことで、より多くの企業から求められる人材になるでしょう。また、資格取得や定期的なスキルアップは、転職において自身の市場価値を高めるためにも肝心です。

 

  1. 5.フリーランスとして活動する

Webデザイナーがフリーランスとして活動する決意をするならば、稼ぎの上限はないという魅力があります。自身の能力と意欲次第で、多くの仕事を受け、収入を増やすことができます。

フリーランスの柔軟な働き方はライフスタイルに合わせた時間管理が可能であり、自宅での仕事によって出勤の必要性がなくなります。自分のスケジュールに合わせて仕事量を調整できるのは、プライベートの充実につながります。

しかし、独立直後の仕事量や収入の安定しない点は留意すべきリスクです。特定のクライアントに依存してしまうと、そのクライアントがいなくなった時に大きなダメージを受ける可能性も考えられます。

フリーランスとしての働き方は、自らの責任で仕事を獲得し、プロジェクトを管理して収入を確保する、自立した働き方を意味します。プロとしての自信と、精神的、経済的な準備が必要になりますが、その分だけ大きな達成感を味わうこともできるでしょう。自身の目指すキャリアパスと照らし合わせ、最適な選択ができるよう慎重に検討することが求められます。

 

  1. Webデザイナーからキャリアアップする方法

 

Webデザイナーとして働いている皆さんがさらなるキャリアアップを目指す場合、幅広い職種に挑戦する道が開かれています。新たな職務にはそれぞれ専門性が求められますが、Webデザイナーとしての経験を活かし、より高度なスキルを磨くことで自身の市場価値を高めることが可能です。

例えばWebディレクターやUI・UXデザイナー、フロントエンドエンジニアといった職種への移行を視野に入れることが、年収アップに繋がる1つの手段となるでしょう。

以下でそれぞれ解説します。

  1. Webディレクターになる

Webサイト構築の指揮を執るWebディレクターへのステップアップは、管理能力に加えてコミュニケーション能力や調整力も必要とされます。

Webディレクターの職務はプロジェクトの受注から始まり、企画、デザイン、プログラミング、運用まで幅広い範囲での監督が求められるため、各分野に対する知識が必要になります。Webデザイナーの経験を生かし、さまざまな専門職と協力しながらプロジェクトを推進する力がキャリアアップの鍵となります。

 

  1. UI・UXデザイナーになる

デザインスキルを更に伸ばし、ユーザー目線に注目したUI(ユーザーインターフェイス)とUX(ユーザーエクスペリエンス)デザインの知識を深めることで、UI・UXデザイナーへの道も開かれます。

UI・UXデザイナーは見た目だけでなく、使いやすさや満足度を追求するため、ユーザーリサーチからプロトタイピングまで、ユーザー中心のデザインを推進します。Webデザイナーのビジュアルセンスを土台に、さらに分析やテストを行い、魅力的なユーザー体験を創出するスキルが役に立ちます。

 

  1. フロントエンドエンジニアになる

フロントエンドエンジニアへの転身は、コーディング技術を磨くことが欠かせません。

HTML・CSS・JavaScriptを始め、ReactやVue.jsといったフレームワークの知識が求められる業務で、デザインしたインターフェイスを実際に機能する形に落とし込む役割を果たします。ユーザーが触れる最前線の部分を担うため、パフォーマンスの最適化やアクセシビリティの考慮など、技術面のみならず、ユーザーの立場に立った開発も重要なポイントとなります。

 

  1. Webデザイナーは未経験からでもなれる?

Webデザイナーへの挑戦は、実務経験がない方々でも可能です。新たなキャリアを切り開くためには、業界を知りスキルを習得するのが最初の一歩となります。

実際の求人情報を見れば、初心者向けの支援制度を紹介したものも見受けられますが、完全な未経験者が対象外であることは珍しくありません。未経験者でもチャンスがあるのは、新しい環境に飛び込む若者たちが多いです。

年齢が高くなるほど、企業は即戦力を求める傾向にあるため、30代以上であれば、ゼロからのスタートは困難を伴うこともあります。それでも基礎知識を独学で学んだり、Webデザインのスクールに通うなど、デザインに関する情熱と自らの能力を示すことで、未経験ながらも道が開けるケースは存在します。採用で重要となるのが、ポートフォリオの作成です。

ポートフォリオによって、即戦力でなくても趣味や独学によるプロジェクト実績を通じて、可能性をアピールできるのです。

 

  1. まとめ

 

Webデザイナーの仕事内容や、年収の実態、収入アップの方法について詳しく見てきました。

  • ・Webデザイナーの平均年収は約480万円。
  • ・年齢が上がると給料も増えるが、WEBデザインのみでは年収が低くなりがち。
  • ・高収入を目指すには、最新のデザインツール情報の取得、グラフィックデザイン、UI・UXの知見が有効。
  • ・WEBディレクターやUI・UXデザイナー、フロントエンドエンジニアへのキャリアアップが可能。
  • ・良い条件の企業への転職やフリーランスとしての活動も有効。
  • ・20代までは未経験からでもWebデザイナーになることが可能。

高収入を目指し、条件の良い職場への転職をお考えでしたら、IT/Web/ゲームに特化した転職エージェント、弊社アールストーンの利用をご検討ください。

Web業界を熟知するコンサルタントが、あなたのキャリアプランに合わせて最適なポジションを提案し、企業との年収交渉や面接対策もサポートします。 ぜひご利用をお待ちしております。こちらで30秒で無料相談へエントリーできます。

 

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ