IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

1年未満の転職は不利になる?退職したほうがいい人の特徴・転職を成功させるコツを解説

仕事を辞めたい、でも1年未満だと不利になるのでは?現職に悩みを抱えている方へ、退職の善し悪しを判断するための明確な基準を紹介します。現職でスキルアップが不足している場合、何が問題なのか。逆に転職がよい判断となるケースとは何か。

パワハラや人間関係に悩んでいるなら、今の仕事を辞めるべき時かもしれません。第二新卒枠の活用法や企業が求める人物像、成功する転職のポイントまで詳細に解説します。

  1. 1年未満で転職すると不利になる理由

まず考えなければならないのは、仕事を1年未満で辞めて転職を希望する行動が、面接官に対してどのような印象を与えるかです。

「ストレス耐性が低い」や「忍耐力が足りない」などのネガティブな印象を与え、転職先で働き始めた場合にも再度、早期退職の可能性を懸念されます。企業は人材に対して先行投資をしているため、短期間で辞められると損失となるため、早めに辞める可能性がある人を雇うことは避けたいと考えるでしょう。

 

  1. 次の転職活動に響く可能性がある

1年未満での転職を考える際、転職活動が難航する可能性を覚悟する必要があります。

難航するのは、前職での短期間の在籍により「早期退職者」のレッテルが貼られてしまい、結果として採用の選択肢から外されることがあるからです。

企業は新人教育や人材育成に費用を投じているため、投資が無駄になる短期退職者を避けたいと考えます。こうした理由で、1年未満の転職は次の転職活動に影響する恐れがあると理解する必要があります。

 

  1. 前職でスキルアップできていない

新卒入社後の1年は研修やOJT(On-the-Job Training)での学習期間であり、一年未満の退職では本業に携わる時間が短く、具体的なスキルを習得できない可能性があります。特に新卒者の場合、早期退職がスキル獲得の機会を阻害し、キャリア形成の遅延につながります。

スキルを習得する前に転職する状況は、転職活動でアピールできるスキルが少なくなり、職務経歴書や面接の場でアピールポイントが乏しくなる結果を招きます。

 

  1. 面接時にアピールできない

仕事を1年未満で辞めた場合、面接時の強力なアピール材料を失ってしまいます。具体的な実績や獲得したスキル、成長の証明ができないため、面接官を納得させるだけの材料が少なくなります。

さらに、仕事への熱意や仕事観を語るとしても、前職を1年未満で辞めているため、説得力に欠けます。面接時に、面接官に響かない内容をいくらアピールしても、採用される可能性は低いでしょう。

 

  1. 履歴書の空白期間が長くなる

1年未満での転職は、履歴書上の空白期間が長くなる可能性があります。職歴の間に空白期間が生じると、空白期間の活動内容を説明する必要がありますが、充実した活動内容を示せないと不利に働きます。

空白期間が長くなるほど、採用の選択から外れるリスクが高くなるため、1年未満での転職は履歴書の空白期間が長くならないよう、前職に在職中から活動を進めるなど空白期間を短縮する方法を意識しましょう。

 

  1. 1年未満で転職している人の割合

   

参考URL:直前の勤め先及び現在の勤め先の状況(厚生労働省ホームページ)

厚生労働省が公表した、令和2年10月1日現在で転職している人に関する個人調査の結果によれば、転職者の直前の勤め先の通算勤務期間を見ると、「6ヵ月未満」が7.8%、「6ヵ月以上1年未満」が9.9%となっています。つまり、前職を1年未満で辞め、転職した人の割合は、全体の17.7%に相当します。

年齢や性別によって割合は異なりますが、例えば20歳から29歳の転職者では、直前の勤め先の通算勤務期間を見ると、「6ヵ月未満」が9.8%、「6ヵ月以上1年未満」が12.3%となっており、20代の転職のうち、1年未満で転職した人の割合は22.1%を占めているのが分かります。

出典:厚生労働省「直前の勤め先及び現在の勤め先の状況」

上記データを見ると、転職者のなかで約18%が1年未満で転職していることがわかります。したがって、1年未満の転職が無謀なものではなく、実際に2割弱程度おこなわれていることが理解できるでしょう。

 

  1. 1年未満でも転職したほうが良い人の特徴

 

1年未満での転職を考える人々に共通する特徴と、背後にある理由を詳しく考察します。自分が転職を検討した方がよい状況にあるのかどうか、以下の情報を参考に判断するとよいでしょう。

 

  1. 職場からパワハラを受けている

パワハラ、すなわち職場での権力による嫌がらせは、健康を損なう深刻な問題であり、嫌がらせを受ける人々にとっては退職が最善の選択となることがあります。

典型的なパワハラには6種類あります。

 

  • 蹴る、殴る、物を投げつけるなどの身体に危害を加える行為が「身体的な攻撃」型
  • 脅迫、侮辱、名誉毀損など、相手の人格を否定する言動や性的指向・性自認に関連する侮辱的な言動などが「精神的な攻撃」型
  • 特定の労働者に対しての隔離、無視、仲間外しなどの行為が「人間関係からの切り離し」型
  • 業務上明らかに不要、または遂行不可能な業務の強制が「過大な要求」型
  • 能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事の命令や、仕事を与えないことが「過小な要求」型
  • 職場外の監視、個人情報の不適切な取り扱いなど、私的なことに過度に立ち入る「個の侵害」型

 

パワハラを行う側は、組織内で上位の立場にあることが多く、更に上の上司や組織のトップに対して苦情を申し立てる場合でも、相手が自らの立場を利用して逆に報復を行う可能性があり、更なる苦境に立たされる恐れもあります。内部告発や相談を検討した場合でも、内部告発制度がうまく機能していない組織では、情報漏洩や告発者への対応に対する不安や疑念があるため、結局パワハラの実態を訴えることをためらう結果になります。

また、パワハラを黙認する組織風土がある場合、仮にパワハラを報告しても対応が適切に行われない場合や、問題のある上司や関係者がそのまま留任される事態が生じる場合もあります。

上記のように、パワハラの状況を自力で変えるのは難しいため、被害に遭っている場合は早めの転職をおすすめします。

 

  1. 仕事内容が合わない

入社後に仕事内容が自分の期待と異なることがある場合、長期的に働くことは困難です。

例えば、応募時に説明された内容と業務が大きく異なる場合や、大学で学んだ専門的な知識やスキルを活かす仕事を期待して入社したのに、実際にはその専門性を活かす機会が少なかったり、アサインされた業務が専門性と全く異なるものだったりする場合があります。

また、入社前に業務の内容や負荷を知るのが難しく、入社後に実際の業務が忙しいものだったり、責任が予想以上に大きかったりして過度なプレッシャーを受けるケースもあります。

他にも、入社時には成長を重視して自分に合った挑戦的な業務を期待していたところ、実際の業務内容が単調で成長を感じられないという場合、自己成長やキャリアアップにつながる仕事を希望していたにもかかわらず、成長機会が得られずモチベーションが低下し、将来への不安感から強いストレスが生じる場合もあります。

ストレスがあるのに無理に働き続けると体調を崩す恐れもあるため、早めに転職を検討するほうが賢明でしょう。

 

  1. 人間関係がうまくいかない

職場での人間関係がうまく築けない場合、ストレスは日々の業務に大きな負担となります。

職場でのいじめも大きな問題です。

特定の社員に対して、他の社員が集団でコミュニケーションを避ける行為をして孤立させたり、他の社員がいる場で必要以上にミスを指摘し社員の自尊感情を傷つける行為、本来自分に責任がないにもかかわらず問題やミスを他の社員から自分のせいにされ責任を押し付けられる行為、特定の社員に対して事実無根の噂を流し、評判や信用を損なおうと根拠のない情報を広める行為が起きてしまう可能性があります。

また、特定の社員だけに重要な情報や会議の内容を知らせず、仕事の進行や意思決定に対して支障をきたすようにする行為、有給休暇や休暇をもっともらしい理由をつけて許可しない行為など、職場のいじめに該当する行為は、健康にも悪影響を及ぼすことがあります。

いじめのある状況では、転職を検討するのが自身の健康と将来のためによい選択となるでしょう。

 

  1. 1年未満で転職しても「第二新卒枠」がある

 

1年未満での転職を考えている方、不安に思うことが多いかもしれません。しかし、1年未満の転職者には特別な枠として「第二新卒」があります。

第二新卒とは、ビジネスマナーが身についているものの、特別なスキルはまだ求められていない方を指します。

1年未満の転職にも、第二新卒の枠組みを利用すると、企業にとってのメリットも多く、個人のキャリアにとっても新たなチャンスが広がります。転職を考えている方は、第二新卒枠を活用して、自分のキャリアを積極的に前へ進めましょう。

第二新卒にチャンスがある3つの理由をご説明します。

企業側から見た第二新卒の採用メリット

第二新卒の採用には、企業側にとっても多くのメリットが存在します。

 

  • 教育コストを抑えられる:一からの教育が不要なため、教育にかかるコストと時間を減らせます。
  • 自社に馴染みやすい:柔軟性が高く、前職の影響が少ないため、自社に適応しやすい。
  • 通年採用が可能:人材が必要なタイミングで採用できます。

第二新卒に求められる人物像

企業は第二新卒に対して、特技や経験よりも意欲や人柄を重視する場合が多いです。意欲があって新しいスキルを身につける態度があるならば、1年未満の転職でも成功につながるでしょう。

転職市場での第二新卒の評価

転職市場でも第二新卒は高く評価されています。就業意欲が高く、教育コストも抑えられるため、企業にとって魅力的な人材となります。また、第二新卒カテゴリ自体がまだ新しいため、よい人材が確保しやすく、将来の幹部候補として期待されることも多いです。

 

  1. 1年未満で転職を成功させるポイント

 

1年未満の転職を成功させるには、ある程度の戦略が必要です。あなたが新たなステージへ進むために役立つ3つのポイントをご紹介します。

 

  1. ポジティブな志望動機や転職理由を考える

 

企業へのアピールの場では、あくまで自分の成長やキャリアアップを目指す転職理由が望ましいと考えられます。

例えば、転職理由を伝える際に「人間関係が嫌で退職」した場合には「より強固なチームで働きたい」、また「ノルマが厳しい」が理由だった場合は「丁寧な仕事がしたい」とポジティブな伝え方を考え、表現する必要があります。

ポジティブな表現は面接時に好印象を与え、採用担当者との信頼を築く基盤となります。

 

  1. 転職の目的を明確にする

転職の目的を明確にするのは大切です。自分が何を目指しているのか、どのような企業で働きたいのか具体的なビジョンを描くためです。

目的を明確化する方法は3つのステップがあります。

 

  • 転職のきっかけを掘り下げる
  • 転職に求める条件の優先順位を付ける
  • 転職の目的が「現職を辞めること」自体になっていないか確認する

 

3段階に分けて考えることで、自分の長期的な目標や短期的な目標を見つけ出し、目標に基づいて企業を選定できます。目的を明確にすれば、自分自身が主体的にキャリアを構築していくことにつながり、前向きな転職を可能にします。

 

  1. 転職エージェントに依頼する

転職を考えている方々にとって、特に1年未満での退職や転職が繰り返される場合、転職エージェントの利用は、求職活動を円滑に進め、適切な求人を見つけるための有効な手段となります。

エージェントは、個人の転職活動を強力にサポートします。

具体的な役割としては、面接の準備や条件交渉のアドバイス、そして転職回数が多い方でも最適な求人を紹介してくれるサービスがあります。こうした支援があれば、転職活動はより安心しておこなえるでしょう。

転職エージェントの一例として、アールストーンが挙げられます。同社はIT・Web・ゲーム業界に特化しており、一人のコンサルタントが求職者と企業双方を担当し、企業の人事や現場の方へあなたの魅力を伝えるサポート体制を提供しています。また、「キャリアドクター」のサービスを通じて、転職者一人ひとりのキャリア設計をおこなう丁寧なヒアリングも実施しています。

転職がうまくいかないと感じている方や、転職の条件が特殊な方に対して、エージェントのサポートは大いに役立つでしょう。アールストーンのような専門のエージェントを活用すれば、効率的かつ安心して転職活動をおこなえます。

 

まとめ:1年未満で転職する際はメリット・デメリットを考えよう

 

1年未満で転職する場合、どのようなメリット・デメリットがあるのか詳しくご紹介してきました。

 

  • 1年未満の転職は前職でのスキルアップが不足しているため面接時のアピールが難しい傾向がある。
  • パワハラや仕事内容の不一致など、1年未満でも転職するべき理由がある場合は、迷わず行動に移すべき。
  • 第二新卒枠を利用すると、転職市場での評価を上げることが可能。
  • 転職成功のためには、明確な目的の設定と、転職エージェントのサポートが効果的。

 

アールストーンでは、業界特化のコンサルタントが転職活動をしっかりサポート。企業様との内定や年収アップの交渉も可能です。個々のスキルや経験に応じた最適なマッチングを迅速に提供します。

優れたマッチング実績が認められ、マイナビの「THE BEST MATCHING OF THE YEAR」やリクルートの「グッドエージェント賞-Good Agent Award-」を受賞しています。真剣に転職者や採用企業のことを考え、質の高いサポートを提供している証です。

アールストーンのコンサルタントは、あなたの強みや転職軸、将来のキャリアの選択肢を一緒に整理します。機械的なマッチングではなく、丁寧なヒアリングによって、あなたの持ち味を活かしたキャリア設計や転職活動をサポートします。

1年未満での転職は、迅速かつ慎重な対応が求められますが、アールストーンが転職プロセスをしっかりサポートします。お気軽にお問合せください。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ