面接対策~WEBディレクター編~魅力的な転職理由の伝え方伝授!  

  • TOP
  • 転職コラム
  • 面接対策~WEBディレクター編~魅力的な転職理由の伝え方伝授!  

面接対策~WEBディレクター編~魅力的な転職理由の伝え方伝授!  

企業などがWEBサイトを作成する際に、全体をとりまとめて作業を指揮するのがWEBディレクターです。その業務内容は、コンテンツの企画から開発・管理やSEO施策までと、企業によって異なります。そのため、自身の理想とする働き方を追求し、転職する方も少なくありません。

WEBディレクターの転職活動においては、転職理由を的確に、上手に伝えることが大切です。

今回はWEBディレクターという職種の特徴についても解説しながら、その転職活動におけるポイントを考えてみましょう。

 

WEBディレクターのタイプ

 

WEBディレクターには大きく分けて、「事業会社で働くWEBディレクター」と「受託企業で働くWEBディレクター」の2種類があります。

 

これら2つのタイプには詳細な業務内容において違いがあります。そのため、自身の現在の仕事がどちらに属するのかは転職活動の方向性について考える際に重要な指標のひとつです。ここでは、最初にこれら2つのWEBディレクターの違いについてみていきましょう。

 

・事業会社で働くWEBディレクター

事業会社で働くWEBディレクターとは、WEBディレクターとして入社後、自社のWEBサイトやWEBサービスの制作や保守・点検などを行う職種です。また、自社のWEBサイトの「運用」も重要な業務のひとつと言えます。ページビューやコンバージョンといった数値をベースに改善を行い、WEBサイトが担う機能を明確化し、より効果的なメディアを目指す継続的な業務です。

 

このタイプのWEBディレクターは自社のWEBサイトやWEBサービスのみを業務の対象としており、社内で分業がなされていることもあるため、自社のWEBサイト・WEBサービスに関する深いスキルを身につけることができるという特徴があります。

このような事業会社で働くWEBディレクターの場合は、自身が興味を持っている分野に関係する会社で働けるというメリットがあります。

 

・受託企業で働くWEBディレクター

受託企業で働くWEBディレクターは、クライアントからの要望に応じて、WEBサイトの企画・開発・運用などを行うクライアントワークを担います。

 

事業会社のWEBディレクターとは異なり、複数の企業をクライアントとし、業務を行うため、さまざまなWEBサイトの制作に携わることが可能です。そのため、広いスキル身につけることができます。

単にWEBディレクターといっても、その業務内容は上述した2つのタイプのどちらに属するのかで大きく異なります。WEBディレクターとしての転職を検討されている方は、自身がこれら2つのどちらのタイプに該当するのかをよく考え、それに合った転職活動を行うことが大切です。

 

WEBディレクターに多い転職理由

 

転職理由は人それぞれですが、WEBディレクターの転職理由として特に多いもの3つ挙げながら、それぞれについて解説します。

 

・受託企業でクライアントワークを担当していたが事業会社に転職したくなった

事業会社では、主に自社のWEBサイトに関連した業務に携わります。そのため、長期的な戦略を立てて、継続的にWEBサイトを成長させることができます。このような特徴から、事業会社で働きたいと考えるWEBディレクターも少なくありません。事業会社に転職をすることで、特定の分野に特化したWEBディレクターとして活躍することで、経験・知識・人脈などを得られるというメリットもあるようです。

 

・より大きな規模のメディアに携わりたくなった

現職では携わることのできない、より大きな規模のメディアにWEBディレクターとして関わりたいと考えることが転職の理由となるケースもあり、大企業のマーケティング部門や、大手広告代理店のクリエイティブ局を目指すことが一般的のようです。

 

・より広く・深いスキルを身につけたくなった

上述した2つのタイプのWEBディレクター職のどちらかだけで働いていると「深いスキル」、もしくは「広いスキル」という問題に直面することとなります。「深く・広いスキル」を身につけるために転職を志すというケースも少なくないようです。

 

転職理由は人それぞれですが、応募書類や面接では転職理由の伝え方が重要になることから、どのような伝え方をするかは事前によく考えておく必要があります。

 

面接の前提として…面接官のミッションを意識

 

転職活動では、「その企業へ入社したい」という熱意を直接的に伝えることに重きを置いてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、より具体的な転職理由を面接官に提示する必要があります。

そのためには、面接官が意識している「面接官のミッション」について、よく考えなければなりません。WEBディレクターの転職活動に伴う、面接官のミッションの具体例としては以下のようなものが挙げられます。

 

・スキルの見極め

面接官は、十分なスキルがあるのかどうかを見極めようとします。会社として求めるスキルを持っているのか、そのクオリティーは合致しているか。スキルの「量」だけでなく「質」も重視されます。

 

・転職理由の見極め

ほとんどの面接官は、転職理由の詳細な説明を求めます。これは、転職理由が自社の事業の特徴、将来的展望に見合ったものであるのかどうかを見極めるためです。キャリアにおけるビジョンを転職理由から聞き出し、自社の事業と将来にマッチしているのかを判断します。

 

・前向きな転職の見極め

前向きな転職であることについての判断も面接官の重要なミッションです。前職の職場や待遇への不満が転職理由となっている場合、採用してもすぐに転職されてしまうのではないかと面接官は考えるのです。

 

 

 

魅力的な転職理由の伝え方とは?

 

以上のことを踏まえ、魅力的な転職理由を面接官に伝えるためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

 

・これまでに携わった業務の内容を交える

転職理由を伝える際には、自身の経歴を交えながら、そこから何を考えて、結果として転職をするという判断に至ったのかを説明することが有効です。面接官は転職希望者の経歴やそれによって身についたスキルや思考・価値観などを見極め、会社の求めている人材であるかどうかを判断することができます。

 

・相手企業の業務内容への適性について言及する

転職理由では「なぜその企業へ転職したいと考えたのか」を伝えることも重要です。ここでは相手企業の業務内容を十分に理解していること、自分の希望する業務が叶うのはこの企業であることを伝えましょう。そして、その業務内容に対して自分が適している人材であることを理論的に説明できるよう事前に準備しておくことが大切です。

また、WEBディレクターの業務内容は、上述した事業会社と受託企業により異なります。自身の適性について説明する際には、転職先がどちらのタイプなのかをよく理解し、それに合った転職理由を説明できるよう準備しておく必要もあります。

 

・前向きな転職であることを伝える

採用する企業側には、不満などから転職する人材を採用することに抵抗があるようです。したがって、転職理由を伝える際には、それが前向きな転職であることを強調しましょう。また、そのためには、「転職することで、自身がどのようなスキルを発揮できる。そして発展できる」ことを説明できるよう準備しておくとよいでしょう。

 

まとめ

 

単にWEBディレクターといっても、その業務内容は勤務する会社によっても異なります。WEBディレクターの転職活動では、事業会社タイプ・受託企業タイプのどちらに自分が該当するのかをよく考え、それに見合った転職理由などを面接で伝えられるよう、入念に準備をしておくことが大切です。

また、面接において転職理由を伝える際には、相手企業や面接官の立場から、どのような回答が適切であるのかを考えることも忘れないようにしましょう。