IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

WEBディレクターの年収は低いって本当?収入アップする方法を解説

デジタル化が加速する現代では、Webディレクターは多くの企業にとって欠かせない存在です。ですが、具体的に何を学び、どのようにキャリアを積むべきか、理想の年収への道筋は明確ではないかもしれません。

年収の現状と、収入を増やす具体的な手法、資格取得のメリット、効果的な収入アップ戦略、転職エージェントを選ぶ際のポイント、さらには業界の将来性やキャリア形成のアドバイスまで、あなたの知りたい情報を詳細にお教えします。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!
  1. Contents

    Webディレクターの平均年収は低い?

Webディレクターの年収は低いとの声も有りますが、実際の所どうなっているのか、本項で詳しく見ていきましょう。

 

  1. 平均年収は400〜500万円

Webディレクターの年収は、一般的には年間400万円から500万円程度とされます。

国税庁の「令和元年分民間給与実態統計調査」によると、日本国内で働く一般的な給与所得者の平均年収は約436万円となっており、比較しても決して低くはなく、むしろ一定の水準を保っています。

しかし、年収には個人のスキルや勤務する企業の規模、業界の動向など多くの要素が影響を及ぼします。そのため、同じWebディレクターでも収入に大きな開きがあるのが実情です。

 

  1. 年代別で見る平均年収

次に、年代による年収の違いを見ていきましょう。

 

  1. 20代の場合

20代のWEBディレクターの平均年収はおよそ371万円とされています。

若手でありながら、WEB業界では比較的高いスタートラインに立っています。ただし、若手の段階で高い専門性やプロジェクト管理能力が求められるため、さらなるスキルアップが収入アップに直結する可能性が高いです。

 

  1. 30代の場合

30代になると、平均年収は471万円へと上昇します。

経験や実績の蓄積により、より大きなプロジェクトを任される機会が増え、責任にともない収入も増加する傾向にあります。30代はキャリアの築き方によって年収が大きく変動する分かれ道です。

 

  1. 40代の場合

40代以上では、平均年収が559万円に達するデータもあります。

40代では、経験豊富なディレクターほど高い評価を受けることが多く、企業内でのポジションや役割の拡大、独立してのフリーランス化など、多様なキャリアパスが開ける時期でもあります。

 

  1. WEBディレクターの平均年収が低い理由

 

WEBディレクターの平均年収が低いと感じられる理由の1つに、求人市場の需要と供給のアンバランスが挙げられます。

特にWebデザインの技能のみを持つディレクターは、需要よりも供給が多いため市場価値が低くなりがちです。また、競争が激しい業界のため、低価格での仕事受注を余儀なくされることもあります。

一方、UI/UX設計やマーケティング、SEOなど、Webデザイン以外のスキルを併せ持つディレクターは需要が高く、年収も高くなる傾向にあります。

 

  1. WEBディレクターの仕事内容

 

WEBディレクターは、WebサイトやWebサービスを構築する際の要望を叶えるプロフェッショナルです。

Webサイトの目標を達成するために、クライアントの思い描くビジョンを把握し、具体的なWebサイト設計に落とし込み、サイトとして実装し、更なる品質改善を指揮する役割を果たします。

以下、項目別に見ていきます。

 

  1. 要求定義・要件定義・設計を行う

クライアントからの要望を受け、Webサイトで達成すべき目標や要素を洗い出し、プロジェクトの方向性を定めます。

Webディレクターは要望を引き出し設計に落とし込む段階で、クライアントとのコミュニケーション能力と、Webサイトの目的を具現化する設計力が求められる場面です。要求定義や要件定義をおこなうことで、プロジェクトの成功に向けた基盤が築かれます。

 

  1. プロジェクト進行・管理を行う

プロジェクトの計画が立ったら、Webサイトの制作にあたり、デザイナーやエンジニアなど関連するスタッフを適切に配置し、プロジェクトの進行を管理します。

スケジュールを確実に進行させるためには、細かなタスク管理とコミュニケーションが不可欠です。Webディレクターは、チームが一丸となって目標に到達できるように指揮を執る必要があります。

 

  1. 運用・改善を行う

Webサイトが公開されたあとも、Webディレクターの仕事は続きます。ユーザーの反応を受け、改善をおこなってWebサイトの質を高めることが求められます。

アクセス数の分析やユーザーの声から、改善点を見つけ出し、更なる成果を目指します。Webディレクターは、サイトが生き続けるための努力を怠らないことが重要です。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!
  1. Webディレクターの年収をあげる3つの方法

 

Webディレクターの年収をアップさせるためには、以下が有効です。

  • ・専門スキルの習得
  • ・大手企業への転職
  • ・フリーランスへの転向

本項ではそれぞれの方法を具体的に解説します。

 

  1. 高いスキルを身につける

Webディレクターとして高い年収を目指すには、市場価値を高めることが重要です。

具体的には、プロジェクトを円滑に進行させるためのマネジメントスキルや、ユーザーの視点を重視したUI/UX設計の知識、サイトの分析や改善をおこなうためのマーケティングスキルが挙げられます。

高いスキルは、現在の仕事のなかで経験を積むこと、専門書籍を読むこと、または関連する研修やセミナーに参加して身につけることができます。継続的な学びにより、業務の幅を広げ、年収アップにつながる可能性が高まります。

 

  1. 大手企業に転職する

大手企業への転職は、Webディレクターの年収アップに有効な手段の1つです。大手企業は待遇がよい場合が多く、前職での経験を活かして即戦力として活躍できます。

転職活動にあたっては、自分の実績を正しく評価してくれる企業を見つけることが重要ですが、年収だけでなく企業の文化や働きやすさも考慮する必要があります。キャリアアップを図る際には、具体的な事業内容やビジョンが自身の価値観と合致する企業を選ぶようにしましょう。

 

  1. フリーランスとして活動する

フリーランスとして活躍するWebディレクターは、年収600万円から900万円の範囲で収入を期待できることがあります。

フリーランスの働き方は自身の時間を自由に管理できる大きなメリットがあります。さらに、さまざまなプロジェクトを手掛けることで、専門スキルを磨き続けることができ、キャリアアップにもつながります。

しかし、フリーランスとしての活動は案件獲得の不安定さや、自らでおこなう管理業務の増加などのデメリットも抱えています。案件の安定供給は確約されておらず、ときには収入が途絶える可能性もあります。また、請求管理や税務処理など、会社員時代には関わらなかった雑務にも対応しなければならないでしょう。

それでも、多様なクライアントとの出会いや、新しい技術との接点を持ちやすい環境は、自己成長の大きなチャンスとなります。フリーランスのWebディレクターとして成功するためには、スキルと市場ニーズの理解、そして自己管理能力が重要です。

 

  1. Webディレクターとして高収入が期待できる資格

 

高い年収を目指すWebディレクターにとって、専門知識や技能を認定する資格を取得するのは、キャリアの成長と収入アップの両方に大きく貢献します。

  • ・ウェブ解析士認定資格
  • ・Webディレクション試験
  • ・PMP®(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)
  • ・Webリテラシー試験

本項ではWebディレクターとして高収入が期待できる上記の資格を解説し、資格が収入アップに役立つ理由を明らかにします。

 

  1. ウェブ解析士認定資格

 

ウェブ解析士認定資格は、ウェブデータの分析スキルをもとにしたマーケティング施策を立案して成果を出すための知識を身に付けることができます。詳細な分析を通じて、顧客の行動やニーズを把握し、Webサイトやキャンペーンの最適化に貢献する能力を証明する資格です。ウェブ解析の専門家として、データ駆動型のディレクションを実践できるため、収入アップに直結するスキルが習得可能となります。

Webマーケティングの需要が高まる中、ウェブ解析士認定資格所持者は、データに基づく意思決定が求められる職場での重要な役割を果たすことで、収入向上へとつながり、確かなキャリアアップのチャンスを持つことができるわけです。

 

  1. Webディレクション試験

Webディレクション試験を通じて取得できる「Webディレクター」資格は、Web制作の管理工程やプロジェクト全般に関わる深い知識が評価される資格です。プロジェクトの企画から運営まで幅広い知識が身につくため、Webディレクターとしての専門性がさらに増し、より大きなプロジェクトや複雑な要件を持つクライアントのニーズに応えられるようになります。

資格取得者は、一定の品質が保たれた制作管理を担保する能力を持つため、より高い価値を提供できるディレクターとして評価され、収入増に役立ちます。

 

  1. PMP® (プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル) 

PMP®はグローバルスタンダードの資格で、プロジェクトマネジメントの知識と経験を証明します。資格を取ることで、プロジェクトマネジメントの専門知識があると国際的に価値が認められるため、キャリアと収入の大幅な向上が見込めます。

Webディレクションの現場でも、プロジェクトを効率的に管理し、成功に導くスキルが評価されるため、大規模な案件の獲得やマネジメントポジションへの昇進の可能性が高まります。

 

  1. Webリテラシー試験

Webリテラシー試験は、Web業界に求められる基本的な知識、標準知識を身につけることで、「Webアソシエイト」としての資格が取得できます。本資格は、Webに関する標準的な知識が必要とされるすべてのビジネスパーソンにとって重要なもので、デジタルマーケティングの領域でもWebリテラシーの知識は基盤となります。

資格取得者はWebディレクションに関する多様な課題に適切に対応できるため、専門家としての信頼性が増し、収入アップにつながる可能性があります。

 

  1. Webディレクターの将来性はある?

 

Webディレクターの職は、デジタルシフトが進む現代では、将来性があると考えられます。インターネットが日常生活に欠かせないツールとなり、企業や個人がオンラインでの存在感を高めようとする中、Webディレクターはオンラインの中心を担う重要な役割です。デジタル技術の進化は一層の加速が見込まれ、進化の波に乗るWebディレクターの需要は増すばかりです。

具体的に3つの視点から、見ていきましょう。

 

  1. EC市場の拡大による需要が増加

EC(電子商取引)市場は拡大の一途をたどり、多くの商品やサービスがオンラインで取引されるようになりました。EC市場の成長は、ECサイトの設計や運営、改善を担うWebディレクターに対する需要を飛躍的に高めています。

ECサイトの成功はユーザー体験の質に直結し、ECサイトの質を高めるためにはWebディレクターの専門的な知識と経験が不可欠です。市場の拡大は今後も続くと予測されるため、Webディレクターの仕事はより一層の重要性を帯びるでしょう。

 

  1. AI時代でも代わりが利かない

AIの台頭により多くの仕事が自動化される中、Webディレクターの業務は人間特有の創造性や感性を要するため、AIにとって代わられることは少ないとされています。

プロジェクト管理やクリエイティブな判断、人間関係の構築などの業務は、AIよりも人間のほうが適していると考えられるからです。

クライアントとの対話を通じてニーズを理解し、形にするプロセスには、人間ならではの柔軟性と洞察力が求められます。

以上の理由から、WebディレクターはAIに取って代わられにくい職種の1つです。

 

  1. ほとんどの媒体がオンラインで行われている

現代社会では、情報の発信や受け取りが主にオンラインでおこなわれるようになったことが、Webディレクターの重要性を高めています。

企業のプロモーション、ニュースの配信、教育コンテンツの提供など、あらゆる媒体がデジタル化され、Webディレクターはオンラインコンテンツの質を向上させるための中心的な役割を担っています。

また、ソーシャルメディアの普及による情報の拡散速度は、優れたWebディレクションの必要性を一層強調しています。オンラインでの情報発信が増加するほど、Webディレクターのスキルはより価値を持つことになります。

 

  1. Webディレクターは未経験でもなれる?

Webディレクターへの道は、未経験からでも開かれています。特に、Webデザイナーやコーダー、プログラマーとしての経験がある方は、前職の知識がプロジェクトを円滑に進めるために役立ちます。Web制作に関わる進捗管理の経験があれば、ディレクション業務で重宝されるため、採用されるチャンスが広がります。

Web関連の経験がない場合でも、プロジェクトリーダーや顧客折衝の経験がある方は、顧客対応スキルを活かせる可能性があります。さらに、Webに関する資格を取得するなどして自己研鑽をおこない、努力をアピールして、転職への道を切り開くことができます。

求人情報に目を通す際は、職務内容や募集条件に自身の経験がどれだけ合致しているかを考え、自分の強みを明確にするのが重要です。また、転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーに相談するのも、適切なアドバイスを得るために有効です。

面接では、「なぜWebディレクターになりたいのか」との質問に対する明確な回答が求められます。自身の志望動機やPRをしっかりと準備し、熱意を伝えることで、未経験からでもWebディレクターへの一歩を踏み出すことが可能です。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!

 

  1. Webディレクターが向いている人

 

Webディレクターに向いている人の特徴を見ていくことは、自らの適性を知るうえで役立ちます。本項では、特徴を具体的にご説明します。

 

  1. 想像力が豊か

Webディレクターには、柔軟な発想で新しいアイデアを生み出す想像力が必要です。多様な要望に応えるため、斬新な企画を考案する力が求められます。

想像力は、ユーザーにとって魅力的なWebサイトを構築し、競合との差別化を図るうえで重要です。想像力が豊かな人は、常に新しい可能性を追求でき、Webディレクターとして成功する可能性が高いでしょう。

 

  1. 論理的な考えができる

Webディレクターは、プロジェクトの進行中に起こりうるさまざまな課題に対して、論理的に対処する必要があります。

スケジュールの遅れや仕様変更などのトラブルに冷静に対応し、効果的な問題解決を図ることができる人は、Webディレクターに最適です。また、クライアントやチームメンバーに対して論理的に課題を説明し、理解を促すことも求められます。

 

  1. すぐに流行りを取り入れられる

IT業界は常に変化しており、新しい技術やトレンドが続々と登場します。Webディレクターは、新しい動きをいち早くキャッチし、実務に取り入れることができなければなりません。

新しい技術への好奇心を持ち、継続的な学習意欲を持っている人は、常に業界の一歩先を行くWebディレクターとして成功しやすいです。

 

  1. Webディレクターが向いていない人

 

Webディレクターの仕事は柔軟性とチームワークが求められるため、特定の性格や働き方の傾向を持つ人には不向きです。

以下で解説します。

 

  1. 融通が利かない

プロジェクトは常に変化するため、柔軟な思考と対応が求められます。融通が利かない特性を持つ人は、予期せぬ変更への対応が難しく、プロジェクトの成功を妨げる可能性があります。

例えば、クライアントからの急な要望変更に柔軟に対応できず、プロジェクトの流れを滞らせることが考えられます。そのため、柔軟性を持ち合わせていない人にはWebディレクターの職は適していません。

 

  1. コミュニケーションを取るのが苦手

Webディレクターは多くのステークホルダーとのコミュニケーションが不可欠です。コミュニケーションを取るのが苦手な人は、チーム内外の情報共有が円滑におこなわれず、プロジェクトの遅延や誤解を招くことになりかねません。

例えば、エンジニアやデザイナーとの意見の相違をうまく調整できず、プロジェクトの進捗に影響を及ぼすことがあるでしょう。したがって、コミュニケーション能力が低い人は、ディレクター職には向いていません。

 

  1. 職人気質

個々の職務で高い専門性や熟練度は重要ですが、Webディレクターは職人気質が強すぎるとプロジェクト全体の視点を欠いてしまうことがあります。

例えば、自分の得意分野にこだわり過ぎて、プロジェクト全体のバランスをとることがおろそかになることが想定されます。プロジェクトを俯瞰して管理し、チーム全体をリードする役割を担うため、自分の考えに固執しすぎる職人気質のある人は、Webディレクターとしての役割を果たすことが難しいでしょう。

 

  1. Webディレクターのキャリアパス

 

Webディレクターを続けていくと、どのようなキャリアパスが考えられるのでしょうか。

  • ・Webプロデューサー
  • ・コンテンツディレクター
  • ・Webコンサルタント

本項では、ありうるキャリアパスとして3つを取り上げ、ご説明します。

 

  1. Webプロデューサー

Webプロデューサーは、Webサイト制作の全体を見渡し、プロジェクトを成功に導く役割を担います。クライアントの要望を聞き取り、要件定義から企画、スタッフ選定、スケジュール管理、クオリティコントロールに至るまでの一連の流れを統括。

重要なのは、予算と納期を見極めながらの、クライアントと制作チームの橋渡しです。Webプロデューサーのポジションは、制作現場での実務経験を活かし、プロジェクトを大局的に見る視点とコミュニケーション能力が求められます。

また、Webプロデューサーは、完成したサイトが世に出て成果を上げる実感を得やすいため、大きなやりがいを感じることができる一方で、納期のプレッシャーやクライアントとの折衝によるストレスもともないます。

 

  1. コンテンツディレクター

コンテンツディレクターは、Webサイトやメディアに掲載されるさまざまなコンテンツの質を高める役割を持ちます。クライアントからの目的や要望を理解し、クリエイターに的確に伝え、優れたコンテンツ制作を指揮します。

プロジェクトの進捗管理、品質維持、効果測定まで一貫しておこない、必要に応じてSEOをはじめとするマーケティングの観点からコンテンツを最適化。コンテンツのクオリティが直接ユーザー体験に影響を与えるため、詳細なチェックが不可欠です。

クリエイティブな仕事を通じて、ユーザーに価値ある情報を届けることにやりがいを感じますが、細部にわたる管理とクオリティへのこだわりが求められるため、細心の注意を払う必要があります。

 

  1. Webコンサルタント

Webコンサルタントは、企業がWebを活用して成果を上げるための戦略立案と実行支援をおこないます。クライアントのビジネスを深く理解し、Webマーケティングを通じて売上やブランディングの向上を目指します。

SEO対策やWeb広告運用、SNS活用など、デジタルマーケティングの各分野で具体的な施策を提案し、施策の効果測定と分析をおこない、継続的な改善に取り組みます。

Webコンサルタントは、広範なWeb知識と市場分析能力、さらにクライアントとの長期的な信頼関係構築が求められるため、戦略的思考とコミュニケーションスキルが欠かせません。

結果としてクライアントのビジネスが成長する過程をともに歩むことは大きな達成感を与えてくれますが、常に最新のWebトレンドを追い、変動する市場環境に応じた提案が求められるため、常に学び続ける姿勢が必要です。

 

  1. Webディレクターの年収をアップするための転職サイト選び

 

Webディレクターの方々が年収をアップさせたいと考える際、適切な転職エージェントの選び方は大きな鍵を握ります。

本項では、転職エージェントを選ぶポイントを4つの側面から見ていきます。

 

  1. 複数の転職エージェントに登録する

年収アップを実現するためには、複数の転職エージェントに登録するのが推奨されています。なぜなら、複数登録によって得られる情報量は増大し、自身に最適な求人やアドバイスに出会える可能性が高まるからです。

エージェントごとに特色がありますし、提供される求人も異なります。例えば、一部のエージェントは未公開求人を多く抱えている場合もあり、希少な求人にアクセスできるかどうかが年収アップのチャンスを左右する場合もあります。

また、キャリアアドバイザーの質や相性も重要です。転職活動では、信頼できるキャリアアドバイザーのサポートが転職成功への道を拓くことが多いため、複数のエージェントで面談をおこない、自分に合ったアドバイザーを見つけることが重要です。

転職を成功させた人のデータによれば、転職エージェントの利用平均社数は4.2社※です。

多岐にわたる情報源を持ち、さまざまな角度から転職に向き合うことが成功への近道です。

※出典:リクナビNEXT「転職エージェント(人材紹介会社)を使った転職活動ガイド」

 

  1. 親身に相談に乗ってくれるか

転職を成功に導くため、転職エージェント選びで特に重要なのが、自分のキャリアに真摯に向き合い親身になって相談に乗ってくれるかどうかです。自分の過去の経験と将来の希望を深く理解し、充実した転職支援を提供するキャリアアドバイザーの存在が、大きな力となります。

例えば、ただ求人情報を紹介するだけでなく、個々の経験やスキル、価値観を踏まえたキャリアプランを一緒に考えてくれるアドバイザーは、まさに理想的なパートナーです。候補者自身が見落としがちなポテンシャルを見つけ出し、新たなキャリアの可能性を開く手助けをしてくれるでしょう。

実際に転職エージェントを選ぶ際は、初めに複数のエージェントに登録し、それぞれとの面談を通じて相性を確かめることが大切です。個人のキャリアに関する話をじっくり聞いてくれ、あなたの意向に基づいて具体的なアドバイスや道筋を示してくれるエージェントが、転職活動の強い味方になるでしょう。

最終的には、転職活動をともにするエージェントを選び出すため、初回面談の印象やアドバイスの質、提案される求人の適合性などを総合的に比較し、自分にとって適したエージェントを見極めることが大切です。エージェントの選択が、目指すキャリアを実現するための大きな一歩となるでしょう。

 

  1. 転職成功の実績が豊富

転職エージェント選びでは、エージェントが今までどれだけの転職成功者を生み出しているかが重要なポイントです。成功実績が多いことは、多くの転職者が信頼し、価値のある情報やサポートを受けている証拠であり、自身の転職でも望む成果を期待できるでしょう。

豊富な成功実績を持つ転職エージェントは、多くの企業との太いパイプを持ち、膨大な求人情報を有していることが多いです。特に、Web業界に特化した転職エージェントでは、Web分野に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、求職者のスキルや経験、キャリアプランに合わせた適切なアドバイスや求人紹介が得られます。

 

  1. 希望の年収に見合った求人が多いか

求人を選ぶ際、ときには仕事内容や企業文化と同じくらい、年収は優先したい点です。そのため、多くのエージェントの中から選定し、希望にマッチした求人を持つエージェントを選ぶことが大切です。具体的な業界知識を有し、目指す年収範囲での豊富な求人情報を誇るエージェントは、年収アップを目指すなら特に頼りになる存在です。

また、Webディレクターの市場価値を正確に把握し、市場価値に見合った求人提案をおこなうエージェントを探すことも、収入アップを図るうえで欠かせません。エージェントが提供する求人情報のなかには、経験やスキルにマッチした高収入のポジションが含まれていることもあります。エージェントを見極める際は、経験やスキルにマッチしたポジションの情報が充実しているか、実際に提供される求人内容を細かくチェックしましょう。

求人が希望の年収に見合うものかを判断するためには、市場での需要や平均的な年収データを把握するのも重要です。信頼できる機関が提供する統計データを参考にするとよいでしょう。

Webディレクターとして理想のキャリアを築くために、エージェント選びは慎重におこなうべきです。もし不安ならば、複数のエージェントに登録し、情報を比較しながら最適な選択をおこなうのが賢明です。希望の年収に見合った求人が多いエージェントを見つけることで、転職を成功に導く可能性はぐっと高まります。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!
  1. まとめ

 

Webディレクターの職種の年収や仕事内容、キャリアパス、転職サイト選び方などを解説しました。

  • ・平均年収は400〜500万円、年代が上がると年収も上昇
  • ・専門スキルを習得し、大手企業への転職やフリーランスへの転身で収入がアップ
  • ・職務内容は多岐にわたり、デジタルシフトの進む中、将来性も期待される
  • ・転職成功者は平均4.2社の転職エージェントを利用

私たちアールストーンは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを提供しております。

当社のコンサルタントは、Web業界の豊富な知識と経験を持ち合わせており、あなたの業界経験、スキルセット、そしてキャリア目標に基づき、現実的かつ実現可能な転職計画をご提案します。平均年収のデータや市場動向を踏まえたうえで、年収アップの交渉も可能です。

「年収を上げたい」「Webディレクターへの転職」「Webディレクターからキャリアアップしたい」など転職をお考えの方は、アールストーンの利用をぜひご検討ください。 

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ