IT・WEB・ゲーム業界の転職に強いR-Stone

転職コラム

WEBデザイナーは年収1000万稼げる?実現するための稼ぎ方を解説

WEBデザイナーとしてのキャリアを飛躍させ、年収1000万円の高い目標を現実に変えたいと思いませんか?

本記事では、単なる担当者から稼ぎ頭へと進化するための戦略を詳しく解説します。スキルアップの方法からキャリア形成の秘策まで、あなたの夢を叶えるための実践的なアドバイスをお届けします。

高収入を手に入れるためのあなたの旅に、本記事が光をもたらすことでしょう。

あなたに合った仕事が必ず見つかる!
IT・WEB・ゲーム業界の案件が3,000件以上!!

WEBデザイナーの平均年収はいくら?雇用形態別にご紹介

正社員・派遣社員など雇用形態ごとにWEBデザイナーの平均年収を詳しく見ていきましょう。

正社員の平均年収は約480万円

厚生労働省の運営するJobtagによれば、 正社員として働くWEBデザイナーの平均年収は、20代で平均333.61万円からスタートし、経験を積むことで30代で平均483.65万円、40代では569.17万円へと上昇します。

50代になると平均575.07万円となり、キャリアを積むことで収入が増えることが見て取れます。

派遣社員の場合

派遣でWEBデザイナーとして働く場合、時給は平均して1700円前後が相場です。1日8時間、月20日勤務の場合、年収に換算すると約326万円になり、正社員に比べると約150万円程度低く設定されていることがわかります。

スキルは求められるものの、正社員ほどの収入にはならないのが現状です。

アルバイトの場合

アルバイト・パートとしてWEBデザイナーの仕事をする場合、時給は1000円前後となっています。同様に1日8時間、月20日を基準にすると年収192万円で、派遣社員や正社員と比較してかなり低くなっています。

能力を発揮する仕事にも関わらず、雇用形態によって収入に大きな差が出ることが伺えます。

WEBデザイナーで1000万円稼ぐ人の特徴

年収1000万のWEBデザイナーはどのように活動しているのでしょうか。いくつかポイントをご紹介します。

フリーランスとして活躍している

正社員で年収1000万円を得るのは一握りで、年収1000万円を超えるWEBデザイナーの多くはフリーランスとして活動しています。フリーランスの場合、プロジェクトにどれだけ時間を使うかなどの自由度が高く、大きな利益を得られる機会が増えます。

また、人とのつながりは仕事の拡充に直結します。人間関係を大切にし、広げることで、仕事の機会が自然に増加します。

副業している

副業は、WEBデザイナーが1000万円を稼ぐための有効な手段です。メインの収入に加え、副業から収入を得ることで年収を増やすことができます。ただし、副業をおこなう際には、本業への影響を避け、会社の規定に反しないよう注意が必要です。また、副業を通じて新たな技術を習得したり、異なる業界の経験を積むことで、自分自身のスキルアップにもつながります。

CDOやCXOである

組織のデジタル戦略を担うCDO(チーフデジタルオフィサー)や顧客体験の最高責任者としてCXO(チーフエクスペリエンスオフィサー)などの経営陣に近いポジションに就くことを検討するのも1つの道です。

CDOの場合、年収は1000万円から3000万円以上になる場合もあります。高い報酬には、継続的な学習や情報収集が必要で、マーケティングやユーザー体験の専門知識だけでなく、幅広いビジネススキルが求められます。

WEBデザイナーで1000万円稼ぐ5つの方法を解説

プログラミングを学ぶ

WEBデザイナーとしての価値を高めるためには、プログラミング言語の習得が不可欠です。現代のWEB業界では、デザインだけでなく、コーディング能力も求められる傾向にあります。

そのため、HTMLやCSSは必須で、徐々に他の言語も習得していくべきです。以下に主な言語を挙げます。

HTML

HTML(HyperText Markup Language)は、WEBページを構築するための骨組みを提供し、コンテンツや構造を定義します。HTMLをマスターすれば、WEBデザイナーはクリーンでアクセスしやすくSEOに配慮したWEBサイトを顧客に提供でき、訪問者に快適なユーザーエクスペリエンスをもたらします。

CSS

CSS(Cascading Style Sheets)は、WEBページのビジュアルとレイアウトを装飾するために用いられます。WEBデザイナーがCSSを駆使すると、魅力的で一貫したデザインを作成でき、美しさと機能性を加え、ユーザーエクスペリエンスを高める役割を果たします。ブランドイメージを向上させWEBサイト顧客の魅力を高められます。

JavaScript・jQuery

JavaScriptは、WEBサイトにインタラクティブな要素を追加するためのプログラミング言語です。

jQueryはJavaScriptのライブラリであり、さまざまなブラウザで一貫した動きを提供し、複雑なスクリプトをより簡単に書けるようになるため、開発の生産性を高め、デザイナーがインタラクティブな機能をより効率的に実装できるようにします。

PHP

PHPはサーバーサイドで実行されるスクリプト言語で、動的なWEBサイトやアプリケーションを作成するのに欠かせません。PHPを学ぶことにより、WEBデザイナーはデータベースに連携したカスタマイズ可能なコンテンツを提供し、顧客にパーソナライズされたサービスを提案できます。主要なCMSのWordPressをカスタマイズするのにも役立ちます。

経験を積み重ねてスキルアップする

経験豊富なWEBデザイナーになるためには、実際にさまざまなプロジェクトに取り組むことが重要です。実務を通して新しい技術を習得し、職場で求められるスキルや対応力を養うことで、より高度な仕事を任され、能力に応じた報酬が期待できます。

また、WEBデザイナーとしてスキルと経験を積むことで、高い報酬が期待できるアートディレクターやUI/UXデザイナーへのキャリアアップを目指す道もあります。

コミュニケーション能力を高める

どれだけ技術が優れていても、価値を適切に伝えられなければ意味がありません。

クライアントから真の要望を引き出したり、契約条件を交渉するなど、営業力や幅広いコミュニケーション能力は仕事の価値を高めてくれます。

顧客やチームメンバーとの円滑なコミュニケーションを図ることができれば、プロジェクトの成功率を高め、信頼を獲得できます。

写真や動画撮影の知識を勉強する

WEBサイトの魅力を引き立てる写真や動画などのメディアコンテンツを適切に制作・使用すると、訪れた人々に深い印象を与えることができます。

また、コピーライティングやSEOのスキルを磨けば、見た目だけでなく、訪問ユーザー数や売り上げアップに貢献し、WEBサイトの価値を向上できます。

WEBサイトに必要なメディアやコピーライティングは、クライアントの要望への対応力を高め、収益にもつながります。

大手企業に転職する

キャリアアップの一環として、大手企業への転職も考えられます。大企業では一般的に高い技術力や実績が求められますが、スキルに見合うだけの報酬や待遇を得ることが可能です。

しかしながら、大手企業の中途採用では実力が伴わないと採用につながりにくいため、上述したように実務経験やコミュニケーション能力、メディアやコピーライティングのスキルを身につけ、採用につなげましょう。

弊社アールストーンでは、WEBデザイナーの求人をご紹介しています。ぜひご利用ください。

WEBデザイナーのスキルを身につけるためのポイント

WEBデザイナーがスキルを高めていく際に注力すべきポイントをいくつかご紹介します。

企画力を高める

WEBデザイナーとして結果を残すためには、企画面で際立たせるスキルが不可欠です。コンテンツの骨組みを作成する段階では、デザインの美しさだけでなく、ユーザビリティの高さも追求する必要があります。

デザインとユーザビリティのバランスを取りながら、優れたコンテンツを企画する力は、さまざまな専門家との協働のなかで磨かれます。ユーザビリティテストのフィードバックをもとに、企画案を改善していく過程で、企画力を成長させましょう。

運用にも携わる

WEBデザインの創造力を養うために、制作後のアクセス数やCTRを把握し、運用にも関与するのは有意義です。

手掛けたWEBサイトが実際にどのように利用されているかを把握すれば、ユーザーの行動パターンやニーズを深く理解でき、WEBマーケティングの知識を深める契機にもなります。

さらに、運用経験そのものが職務経歴に加える価値ある実績となり、他のWEBデザイナーと一線を画す自己アピールにつながります。

打ち合わせには必ず同行する

実際に勤めている企業の打ち合わせ現場に参加するのは効果的です。営業やクライアントと直接顔を合わせる機会は、企画や提案の実情を学ぶ貴重な経験になります。

提案や会議の場では、クライアントのニーズを的確にとらえ、要望に応える提案をおこなうプレゼンテーションスキルも同時に磨かれます。貴重な予行演習ととらえ、積極的に経験を積むことで、将来スムーズに企画提案を展開していくための足がかりを作ることができます。

WEBデザイナーに転職する際の2つの注意点

本項では、WEBデザイナーとして転職する際の大切な2つの注意点を詳しく解説します。

ポートフォリオを完璧にする

ポートフォリオはWEBデザイナーにとっての顔だと考えましょう。

個性を示し、才能を証明するためには、ポートフォリオの完成度がかなり重要です。優れたデザイン作品はもちろん、あなたがどのような問題を解決でき、価値を提供できるかを見せることが求められます。最新の技術やトレンドを取り入れて、常に更新し続けることで、ポートフォリオを充実させてください。

目標を明確にする

年収1000万円を目標と思うだけでは不十分です。

段階を踏んだ現実的な計画を立てる必要があります。

目標年収

達成時期

行動目標

500万円

20×5年x月

新しいデザインツールや技術の習得

フリーランス案件の開始

顧客との信頼構築

800万円

20×6年x月

ポートフォリオ充実させる

他の専門家と交流

SNSでの発信を増やす

1000万円

20×7年x月

個人ブランドの確立と差別化

チームの構築や効率的なワークフローの確立

それぞれの行動目標に対してさらに具体的な行動計画を立て、実行しましょう。

WEBデザイナー以外でも1000万円は目指せる!

WEBデザイナーとしてのスキルを活かし、別の職種へのキャリアチェンジも可能です。おすすめの職種をご紹介します。

WEBディレクターになる

WEBデザイナーの視覚的センスや技術力を活かし、WEBディレクターへのキャリアチェンジが可能です。

WEBディレクターはプロジェクトのリーダーとして、企画から運用まで幅広い責任を担います。デザイナーとして培ったディレクション能力やコミュニケーション力は重要で、スケジュール管理や交渉、リーダーシップも求められます。クライアントとの折衝も担当し、プロジェクトの方向性を決定する重要な役割です。

ITコンサルタントになる

ITコンサルタントは、企業のIT戦略やシステム最適化を導く仕事です。求められるのは、広範なIT知識に加えて、クライアントの業務課題を理解し、適切な提案ができる能力です。

ITコンサルタントとして成功するためには、コミュニケーション能力や論理的思考力は重要で、身につけることで、収入面でも大きな飛躍が期待できます。また、システム開発の経験があれば、さらに専門性を高め、より高い収益を得ることが可能です。

プロジェクトマネージャーになる

プロジェクトマネージャーは企画から納品までプロジェクトを指揮し、広範な業務範囲が求められます。品質、納期、コストの管理だけでなく、リスクの洗い出しやステークホルダーとのコミュニケーションも重要です。

マネジメントとコミュニケーションスキルを駆使し、プロジェクトを成功に導くことで高収入が期待できます。

加えて、技術的知見も必要とされるため、WEBデザイナーの経験はプロジェクトマネージャーに役立ちます。

WEBデザイナーは未経験でもなれる?

未経験からWEBデザインの道を歩むチャンスは充分にあります。

即戦力となるには基本的なスキル、知識、前向きな姿勢が必要です。実力不足での就職活動は厳しいため、自己研鑽し技術力とアイデアをポートフォリオに反映させましょう。独学や専門学校で培ったデザイン力は企業にとって価値があります。

経験にとらわれず、可能性を前面に出してください。年齢は問題ではありません。情熱を持って取り組み、小さな成果を積み重ねることが大切です。学びと実践を繰り返し、WEBデザイナーとして確かな一歩を踏み出しましょう。挑戦を心より応援しています。

まとめ

WEBデザイナーは専門性と経験により、年収1000万円を目指せる職種です。

  • ・高収入につながるのは、フリーランス、副業、CDOやCXOへの就任、大手企業への転職
  • ・WEBディレクターやITコンサルタント、プロジェクトマネージャーへのキャリアアップも有効
  • ・実務、コミュニケーション、写真・動画などのスキルは重要
  • ・ポートフォリオと明確な目標設定が転職時に重要

WEBデザイナーとしてスキルを高め、働き方を更新し、スキルを高めていくための目標設定をしてみてはいかがでしょうか。

最新の求人情報のチェックはこちらから
求人情報一覧へ