日本最大級のクラウドソーシング「Lancers」を中心に、デジタルマーケティング支援、地方創生など、多角的にサービスを展開しているランサーズ株式会社

ランサーズのビジョンである「時間と場所にとらわれない働き方を創る」というその可能性に共感し、各方面から第一線の技術者達が集まってきている。

CTO 横井氏とプロダクト開発部副部長 秋好(聡)氏に対談という形式で語っていただく中で明らかになったこと、それはビジョン実現を支えているのは「個のエンパワーメント」の浸透が大きく影響しているということだ。

 

創業からどのようにカルチャーが作られていったのか、今回のコンテンツでは二部構成でランサーズという会社に迫る。
第一部ではアーリー/グロース/レイターの各ステージで注力した戦略テーマについて。
第二部ではシェアリングエコノミーの可能性について。

 


 

第一部

アーリー(2008~2014)

 

– 技術 –

秋好聡 / プロダクト開発部副部長 / エンジニアとしてランサーズの創業から事業を牽引してきた。現在は組織開発から基盤構築に至るまで幅広くミッションを担っている。

横井:早速ですが創業メンバーの秋好さんにお伺いします。創業当時、秋好さんはエンジニアとしてジョインされたと聞いています。

秋好:そうですね、最初は社長(秋好陽介氏)と2人でひたすら開発していましたね。当時はスキームなどは当然あってないようなものなので、疲れるまで開発を繰り返す日々でした。

横井:開発のしすぎでマウスに穴が開いた話は有名ですよ笑。そして創業の年の2008年末には「Lancers」がローンチされてますよね。

秋好:そうですね、案件の第一号はなんとLancersのロゴ制作を依頼しました。翌年以降は露出の増加とともに依頼件数が伸びていき、サービスが落ちることもありました。立ち上げの時期は発生する問題を力技でシューティングするといったことを繰り返していました。

これは今だから言える話ですが、2012年に専用サーバーからAWSへ移行した際、顕在化したスロークエリが悪さをしてパフォーマンスが悪化したことがありました。indexを張って回避したり高度なチューニングにチャレンジしたり、当時は上から下まで本当になんでもやっていました。

 

– 採用 –

横井:続いて採用についてですがこの時期の採用って本当に苦労しますよね。

秋好:実際2008年から2011年までは正社員2名で続けていました。当時の採用を振り返ると、「本当に自分達と同じ熱量でできるのか」という強烈な想いがないと絶対に成し遂げられないのでそこだけはこだわっていました。求人があるわけでもないのにイベントで直接声かけてもらったり、鎌倉のオフィスに来てまで一緒にやりたいって言ってくれる屈強なメンバーが少なからずいましたね。

横井:それでいうと苦労しながらもサービスの成長に伴いスタッフの人数をなんとか増やしていますね。

秋好:そうですね。社長もずっと開発だけをやっているわけにもいかなくなりましたし、サービスが拡大し組織としてしっかり動かしていく必要がでてきましたので。

採用の観点でいうと2013年以降は渋谷に拠点を移したことで圧倒的に応募数が増えました。今でも採用は苦労しますが、この時期にたくさんの方とお会いできるようになったのはインパクトが大きかったですね。

また採用への投資や事業のスケールのために2013年に資金調達を実施しかなり戦略的に立ち回れるようになりました。

横井:資金調達ってVCの方と面談ありますよね。みんなどうでした?

秋好:そりゃもう浮足立って笑 ざわざわしていましたよ。

 

 

Lancers_grow

 

グロース(2015~2016)

 

– 横井氏の参画 –

横井聡 / CTO / 早稲田大学商学部を卒業。Webデザイナーからキャリアをスタートさせ、サーバサイド・フロントサイドの開発に転向するなど多岐にわたる開発業務に従事。現在は責任者として開発の全てを統括している。

秋好:横井さんはどうしてランサーズに合流しようと思ったのでしょうか。

横井:もともとランサーズのことは知っていてクラウドソーシングの印象が強かったのと、あとは「何か変えようとしている集団」というイメージはありましたね。

合流を決めたポイントは「ビジョンや想い」に共感できたことと、エンジニアとして考えたときにチャレンジングなことができる確信があったからです。
特にビジョンを体現しているなと思ったのは、「エンドユーザーに近い距離で仕事をしている」ということ。

社内でランサーさんの名前をバイネームで呼んでいるんですよ!?WEBサービスの会社でありえます!?ありえないですよね。ランサーオブザイヤーもこの会社の象徴的な取り組みだと思います。

秋好:横井さんがジョインされてから本当に会社が変わっていったのを覚えています。どんなことを意識されていたんですか。

横井:今でもそうですが、数ある課題を1つでも多く解くことに掻き立てられていましたね。結果としてそれが自分のバリューになっているという実感がありました。

例えば、あるビジネスアイデアの提示に対して実現イメージやプロトタイプを3時間で作ってフィードバックをもらう、みたいなスピード感でとにかく周りを巻き込む意識をしていました。

 

– CTOの誕生 –

秋好:CTOになるまでそれほど時間があったわけではないですよね。

横井:正直に言うとプレイヤーとしての時間はもう少し欲しかったですね笑

最初にオファーがあった時は断ったのですが、改めて真剣に考え抜いて決めました。当時組織戦略も関与していましたし、責任を持つことから逃げてはいけないと思いました。一方で以前から在籍している他のみんなの存在も無視できるものではなく、ただとにかく「覚悟」が気持ちを動かしたのだと思います。

秋好:ウルトラ宣言ですね。

横井:そうそう、背負う覚悟みたいなものが芽生えました。「ウルトラ宣言」で全社レベルでの施策をドライブさせたいという想いを宣言した結果、みんなの気持ちも変わってくれたのだと思っています。

DSC01370

– 開発への変革 –

秋好:CTOとして横井さんが取り組んだ施策と背景について具体的に教えてください。

横井:世の中的にはランサーズがどんどん有名になり事業もメンバーも進化を続ける中、開発だけは進化が遅れていました。

このままだと事業のオーダーに対して緊急感も統一感もなくばらばらと舞い降りてくるものをただ受けるだけになってしまうということに危機感を感じ、事業のエンジニア集団として意思をもって開発をしていくために、いくつかの組織横断施策を展開しました。

秋好:他にも開発チームの改革に着手したことは大きかったですよね。デザイナーチームとインフラチームのミッションの自由度や役割が大きく変わりました。

横井:もともとデザインチームやインフラチームへのオーダーは正面からくるものや差し込みのものなどが混在し、関係者からのプレッシャーで徐々にディフェンシブになっていったのですが、それを改善しようと試みました。

 

<開発の改革>

中身を4つ(大規模系、改善系、障害系、基盤系)に分類し、あらかじめ配分を決めて開発するように改善したことで意思決定と施策の精度を圧倒的に改善。

 

<組織の改革>

開発チームのエンパワーメントを加速することで、自分事として施策がどんどんと進み開発生産性への大きな貢献を実現。

変革対象 ソリューション
インフラチーム

・Docker環境の構築
・アプリサーバーのコード化
・Aurora移行
・サーバースペック導入

デザインチーム

・スタイルガイドの導入
・UIガイドの導入

 

秋好:この取り組みがあったからこそ、自分たちのサービスが社会課題を解決しそのためにはシステムアーキテクチャを磨かなければという意識が定着しましたよね。エンジニアとしてビジネスに向き合う機会を作りにいく文化ができ始めた時期です。

 

レイター(2017~)

秋好:率直にこれからどうなると思いますか。

横井:世界を見るべきだと思います。

日本でどれだけやっても解決できないことがたくさんありますが、外に目を向ければ海外では似たような課題を解決している事例がありますよね。僕たちが先頭を歩いて社会に向き合っていきたいですね。

秋好:わかります。そのためにランサーズという会社で働くエンジニアが何よりも使命感を持っていてもらいたいですよね。エンジニアのクレドを作ったり、充実した環境を用意するのも「わくわくする組織」でありたいからですし。

これからは正義や開発とはどういうことなのかを自分たちで決めていくし、評価も含めてどんどん進化させていきたいですね。

ちなみに横井さんが想うこれからのエンジニア組織ってどんなイメージですか?あるいはどんな人と一緒に働きたいですか?

 

横井:いかに課題を解決できる可能性があるか、ですね。イシューを解決するための実現能力を有している技術者だからこそ新しい発想やチャレンジを繰り返していくことを期待しています。

今の世の中、努力しなくても何とかなる世界だったりしますが、「昨日より今日」という精神で向かい合ってくれる人と一緒にやりたいです。また、 新しく迎えるという意味でいうと既存の社員だけでは解けな課題を広げたり一緒に説いてくれる人を仲間にしたいと考えています。

 

LancersMTG


 

クラウドソーシングというビジネスモデルは非常に複雑だという。

自分達だけで解決できることは少なく、行政が副業に対して動くなど社会への関わりが大きいことなどが特徴的であり、難易度の高いこの領域に対してエンジニアの視点からいかに向き合っていくか、覚悟をもって業界を牽引している。

 

第二部

ショート企画コンテンツ

~持ち時間5分でテーマに沿って企画ブレストをしてもらい、技術者の思考にアジャストする~

「成長戦略を描くベンチャー企業において、オフィスの増床問題は頭を悩ます」

引用元:Gaiax「シェアリングエコノミーラボ」

<設定>

・人材紹介R社、50人規模、成長率200%を維持、渋谷への移転を計画

・今のオフィスはスペース的に限界を迎えている

・2年後の100人規模に合わせたオフィスよりも、5年後の300人に合わせたい

・借りてから約3年間のスペースと固定費を有効活用したい

・他社とシェアするにしてもコスト面やセキュリティ問題がつきまとう

 

お題:「シェアリングエコノミーのようにピボットしやすい形での提供など実現できないだろうか」

 

ここから先は2人の矢継ぎ早のアイデアブレストが始まり話者の特定が困難であったため、会話の流れを体感してください。。。

 


 

「まずこれって場所を取り巻く問題だと思うんだけど、思い浮かぶ差別性ってなんだろう」

「オフィス環境のすぐ横にあるという特徴はありますね。それを活かしたい」

「カタいところから攻めるならVCを始めて起業家のメンターをしつつ場所を貸すパターンですね」

「事業に縛られない活用法を考えるなら採用文脈で、地方から来た人を泊めるとか」

「なるほど。目的が何かによりますね。そもそもこの問題って世の中的に顕在化しているのに、今の時点でうまく解決できていないのはなにかネックがあるんじゃないか」

「デッド時間が大きいのはありますね。セミナーをやるにしても貸し出すにしてもデッド時間が発生してしまう。時間貸しの概念というかバイアスを壊さないといけないと思う。」

「であれば機会を作っていくような観点ならどうか、正面からキャッシュリターンで考えるのではなく少し飛び地の目的を置いてみるとどうだろう」

「市場分析目的に使えないか、場所を解放させてリアルなテストマーケティングが実施できるとか」

「渋谷という立地を活かせば若者のトレンドを補足できますね、センサー技術やIoTを組み合わせれば無人でもデータ収集はできます。」

「せっかくデータを収集するなら1拠点だけではなく同じようなオフィス問題を抱えている企業と連携したいですね。加えて位置情報データと掛け合わせて狭域での行動解析にも役立てよう!」

 

ここまでで3分程度。
アイデアはさらに広がり続ける。

・親和性の高い領域でのリアル店舗の設営や個展の展開
・余剰マシンを利用して分散処理を利用するようなサービスを提供
・産学連携で研究室を横に設置し、人材(インターン)と事業を提携

 

ランサーズ企画ブレスト

実際のビジネスプランの起案現場は、上記のようなブレストのシーンから生まれる場合もあれば、企画LTや経営会議などいろいろな経路があるとのこと。

気を付けなければいけないのは、アイデア勝負ではないということ。スピード感を重要視する一方で、ランサーズが向き合っている社会(特にクラウドソーシング)においては、それで生活をしている人もいるということを忘れてはいけないという。

ユーザーの生活とともにサービスがあることを自分たちの責任感におきかえて企画をしていきたいと横井氏と秋好氏は語る。

 

最後に

 

対談を通じてLancersというサービスは、多くの人々に対してあきらめていた夢を希望につなげ、新たな人と人とのつながりを生み出すことができるということに気づかされた。

かつてgoogleが新しい情報の探し方をつくり、Amazonが新しいものの買い方をつくり、Facebookが新しい人との関わり方をつくったように、ランサーズは日本企業の代表として新しい働き方を創造しようとしている。

 

時間と場所にとらわれない働き方を創る「ランサーズ」。

数年後、想像もできない世界を構築していることだろう。

  • LancersWay/大切にすべき価値観や行動ポリシー、成長の軌跡が描かれている。行動に迷ったらこのLacersWayを手に取って立ち返ることができる。

  • デジタルマーケティングの新規事業としてリリースしたコンテンツマーケティングシステム 「Quant」。マーケティング効果をクリエイター単位で可視化することができる等、データ生成の技術が認められ、2つの特許取得。

  • 奄美大島での全社合宿の様子。年一回、社員全員で合宿に行くのが恒例行事です。場所は毎年変わりますが、この合宿では地方創生事業で「フリーランスが最も働きやすい島化計画」を掲げて提携を結んだ奄美市へ。

 

 

Project Executiveその他の記事