システムエンジニア(SE)の契約社員,業務委託700万円〜1500万円の転職・求人・採用情報

  • 残業少なめ
  • フレックス勤務
  • リモート
  • 離職率低い
  • 自社サービス
  • 社内開発
  • 大規模案件

DX コンサルタント(戦略・業務・IT)

非公開求人の企業名は無料転職相談時にお伝えいたします

想定年収 雇用形態 勤務地
700万円~1,500万円 契約社員,業務委託 東京都
職種
システムエンジニア(SE)
求人ID62335

業務内容

▼本ポジションの仕事内容
◯概要
弊社グループにおける、AI やデジタルソリューションを活?した
様々な改?プロジェクト(経営管理改?、営業改?、SCM 改?など)のうち、
個々のプロジェクトのリーダーとして改?を実現していく職責を担って頂きます。

◯詳細
?崎グループ内の経営層?現場レベルまで幅広くコミュニケーションを取りながら、
関係他部?のメンバーや、外部のコンサルタント、IT ベンダー等とチームを組んで進めて頂きます。
具体的には、改?構想の策定、外部コンサルタントや IT ベンダーへの指?出し、
プロジェクトマネジメント、社内報告(関連する資料作成含む)等を実施して頂きます。

必須経験/求める経験スキル

【必須経験】
・コンサルティング会社?は事業会社におけるデジタルトランスフォーメーションのプロジェクト経験
(戦略、業務、ITいずれのフェーズでも可。プロジェクトが多数あるため、スキルと志向がフィットするプロジェクトへのアサインを検討させて頂きます。)
・パワーポイントによる資料作成・プレゼンテーション経験

募集背景

AI・デジタル室では、これまでにない新しいビジネスを創造するため、
AI エンジニアや、モビリティ領域の事業推進経験者等、
各領域のプロフェッショナル?材を外部から積極的に採?していますが、
拡?を続けるプロジェクトに対して、まだまだ?材が不?しています。

お申し込みで、サイトには掲載されない求人情報のご紹介も可能です

この求人について無料転職相談する

担当コンサルタントからのおすすめポイント!!

大手の安定した経営基盤をバックボーンに新規事業へチャレンジ可能

会社概要/事業概要

【AI×ビッグデータでDXを推進!社内ベンチャーを立ち上げたグローバルプライベートカンパニー】

■日本最大のグローバルプライベートカンパニーの新規事業
当グループは、設立80年を迎える日本を代表するメーカー。
特に、ワイヤーハーネス(自動車用組電線)業界では、圧倒的な強さを持ち、
国内すべての自動車メーカーに採用されているだけでなく、
海外の自動車メーカーにも納品しており、世界トップクラスのシェアを誇っています。

【モビリティデータを活用した新規事業の創出!AI・デジタル室の取り組み】
AI・デジタル室で取り組んでいる事業は大きく分けて3つあります。

1.モビリティデータを活用した新規事業の創出
当グループが持つモビリティデータを活用し、
ビッグデータ×AIによる車両事故防止・保険最適化や、
AI画像認識によるバス車内安全確保など、
これまでにないソリューションを生み出していくクリエイティブな仕事です。

当グループにある大量のデータと外部データとの連携で、
データ分析から新事実を導き出して、これまでに解決できなかった社会課題を解決するチャンスもあります。

2.スマートファクトリーの実現
25万人の匠の技をAI化して、全世界に展開する自社工場でオペレーションの効率化と
高付加価値製品の製造に貢献できます。
そのために、全世界の工場から収集したデータを分析しております。

3.業務効率化
先端AI技術を活用し、グローバル規模で業務改善を図り、
ヒトとAIがコラボレーションした新しい業務プロセスを創り出す。

AI×需要予測で生産・製造量の最適化を図ったり、
AI×チャットボットを用いて問合せ業務を効率化したりと、
オフィスワークでもAIの活用は生産性を向上させることができます。

受動喫煙防止措置

屋内原則禁煙(喫煙室あり)

従事すべき業務の変更範囲

会社の定める業務

就業場所の変更範囲

会社の定める場所

情報更新日:2024/6/10
掲載終了予定日:応募が充足次第、掲載を終了することがございます。
アールストーンでは、取り扱いのある
求人の多くが「非公開求人」となっています

アールストーンは、様々な企業様との信頼関係から
一般公開されないコンフィデンシャルな求人も数多くお任せいただいております。
ご経歴をお伺いしてからでなければご紹介できない求人もございますので、ぜひ、コンサルタントと一度お話ししませんか?

「システムエンジニア(SE)」での新着求人情報

▼この求人に関連する検索条件で探してみましょう