MacBookを持ち歩くならこんなバッグ デザインと使いやすさを重視!

パソコン利用持ち歩きの必須アイテム

webディレクターはクライアントとの打ち合わせなどで、外出することも少なくありません。その際、取引先に企画書やカンプを見てもらうため、パソコンを持参する必要も機会も多いといえます。また、常にパソコンを持ち歩き、移動中や空いた時間で仕事をする人も増えているようです。 特にスリムなタイプの「MacBook」は軽量ということもあり、外での使用に向いています。そこで気になるのが「落下」や「衝突」といった物理的なアクシデントです。

用途に応じてスタイルを選択

最近はニーズの高まりもあり、パソコンを持ち運ぶための専用バッグがそろっています。中でも使いやすいのが「トートバッグ」と「リュックサック」のタイプです。トートバッグとは、基本的に大きめの四角形で、持ち手が2本あり、何にでも使えるバッグ。手持ち、肩掛け、両方できるものもあります。一方のリュックサックは荷物を入れて、背中に担ぐためのバッグです。両手が空くので荷物が多いときに適しています。 おすすめのブランドは、トートバッグ派なら「HEX」や「MANHATTAN PASSAGE」、 リュック派には「ARC’TERYX」や「Cote&Ciel」が人気です。 また世界で初めてパソコン用バッグを開発した「Targus」も要チェック。トートバッグ・タイプはありませんが、リュックサック、メッセンジャーバッグは多機能、多ポケットを採用した使い勝手の良い製品に仕上がっています。

パソコンケースでさらに安心

専用パソコンバッグなら、周囲を緩衝材などで包まれたスペースに入れれば、本体が固定され、パソコンを衝撃から守ってくれます。しかし、女性の場合、パソコンバッグは無骨過ぎると敬遠する人も多いようです。自分のバッグでパソコンを運ぶなら「PCケース」をみえて見てはいかがでしょう? そのまま入れるより断然安心ですし、種類豊富ですから、自分のニーズに合ったものが見つかります。 webディレクターにとって、パソコンは大切な仕事道具。重すぎず、使いやすさ負担がかからないよう、安全かつ快適に持ち歩きたいものですね。